公演情報
■ティーファクトリー
『オール・アバウト・Z』
川村毅新作・演出
z_webチラシ_表.jpg
【公演日】
2021/11/6(土)〜14(日)
【会場】
ザ・スズナリ(下北沢)
ティーファクトリーHP
■ティーファクトリー
『4』
川村毅2012作・初演出
平成24年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、第16回鶴屋南北戯曲賞受賞作品
0614ポスターweb.jpg 
【NHKプレミアムステージ】
2021/11/7(日)23:20〜翌1:31
NHKプレミアムステージ
【作・演出】川村 毅
【出演】
今井朋彦
加藤虎ノ介
川口 覚
池岡亮介
小林 隆
CD/DVD/BOOK情報
クリシェ書籍表紙.jpg
1,200円(税別)
――――――
2,200円(税込)
ーーーーーーー
¥2,200(税別)
ーーーーーーー
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
そして去年五月刊行予定だった『大島渚全映画秘蔵資料集』が、やっとというか、とうとう出版された。
図書刊行会が『映画監督神代辰巳』に続いてやってくれた。
アメリカでよく出されるタイプの文字通り重い大型本である。
ワクワクさせてくれる。
2022-01-08 11:52 この記事だけ表示
今、林達夫の著作を読み直すと本当に面白い。
世界全般についての言説はもちろんのこと、この人は早くから歌舞伎に親しみ、以後もけっこうな演劇通で、演劇に関しての思想も半端ない。
このように確かな知識と見識と、独自の思想をもって演劇を語れる方が今いるだろうか。
とにかく新年よりページを開いている林達夫・久野収の『思想のドラマトュルギー』がやたらに面白い。
すぐれた哲学者、思想家は必ず演劇に通じているという言葉が元気を与えてくれる。

大晦日から三が日にかけて、くたびれていて気分はドツボ。悪態ばかり吐き続けて過ごしていてが、ここへきてやっと通常通りになってきた。
もっとも四日には吉祥寺で人とわいわい飲んだ。
感染者が増えだしたので、また当分は、あのようなわいわい飲みはできないだろう。
今年もまたろくなことはないだろう。
たまにいいことがあればもうけもんだ。
ぐらいに考えて生きるのが正解だろう。
と思いつつ淡々と、しかし懸命にやっていこうと思っています。

今年は去年やったTcrossroad短編戯曲祭の拡大編やります。二月あたりからいろいろ公募の情報が出ると思うので、Tfactoryのホームページをお見逃しなく。
あと、路上シリーズ、『路上6・そして私たちは生きている』っちゅうのを八月にやろうと目論んでいます。
2022-01-07 13:41 この記事だけ表示
あけましておめでとうございます。
今年はTCrossroad、短編戯曲祭を重点的に活動します。
拠点は新宿、ガンガンやりますのでTFactoryの情報をお見逃しなく!
2022-01-01 01:24 この記事だけ表示
小林秀雄が若いころ武者小路実篤に私淑していた時期があるというので、久しぶりに武者小路実篤を取り出して戯曲『愛欲』を読んで、たいして面白くはないが、けっこうおもしろいと思い、ちょうど仙川に講義に行くので武者小路実篤記念公園に行った。桐朋学園芸術短期大学のすぐ近くなのだ。
公園には私ひとり。日暮れ前の竹林に佇み、『真理先生』は武者小路実篤にとっての福音書なのだと思う。
これがクリスマス前のことである。

今週はじめには、一橋学園の一糸さんのカフェを訪ね、いろいろ喋り(生臭い話ではない)、中野に出て髪を切ってもらい、吉祥寺の花屋に寺山ヘンリクさんを訪ねて、お手製のしめ飾りを購入する。これは暮れの恒例行事である。
次の次の日には小野の芝居を見てナポリタンを食べて『ラストナイト・イン・ソーホー』を見る。
次の日は新宿は雑遊で篤さんと打ち合わせ。来年のことである。
近くのパブでギネスとフィッシュアンドチップスをひっかける。
家のガラス窓ふきも完遂させた。
この二年間、稽古最中、稽古準備で出来なかった掃除である。
くたびれる。
思い通りにいかなかった一年だったが、思い通りに出来たことなど、コロナ禍でなくても滅多にないというものだ。
やたら興奮、熱弁する輩からは極力遠く離れて、粛々と生きたいものだ。

正月は三猫と寝て過ごす。
2021-12-31 13:56 この記事だけ表示
大して期待せずに観たら、まあ、面白い。掘り出し物。
小粋なホラー。60年代ロンドンの音楽、ファッションと21世紀のフェミニズムの盛りつけがミソ。
あと田舎出の主人公造形が大いに共感力を発動させるに違いない。おっかない都会というクリシェが嫌味なく作動する。
とにかく面白い!
2021-12-29 20:36 この記事だけ表示