公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
『ソーシアル・ネットワーク』を見た。クリストファー・ノーランに比べて,この監督は、テレビサイズだな。
でも、今の話題だから面白く見てしまう。日本だったら確実に潰されているであろう若者だよな。
今だにふられた彼女に未練があるってラストは本人、頭にくるだろうな。
ipadでムービーをレンタルして新幹線車内や深夜ホテルで見たりしていて、調子がいい。「トイストーリー3」、「第9地区」、「クレージー・ハート」、「シャッター・アイランド」、「ディパーデッド」。
スコセッシの二本、シャッターはすぐオチがわかった、自慢じゃないが。ディパーデッドも いいじゃない。レオと組み始めて、スコセッシは普通になったという批判もあるが、この二本は「アビエイター」よりは、面白い。でも、もうマニア好みのものは撮れないだろうな。
これは紛れもなく、若松孝二と足立正生の映画だ。
『日本暴行暗黒史 異常者の血』のストレートな昏さが画面にみなぎっている。
世界においても唯一無二の文体だ。
こんな不思議な映画を堂々と撮るひとはいない。
凄いコンビだ。泣けたよ。
評判どおり、おもしろいねえ。
おもしろいとしか言えないし、その一言で十分という気もする。
ひとりの人間の意識のなかの人物になるという私の小説『リハーサル』にちょいと似ている。小説は来年初頭発行予定だが、連載していたのは二年前からだから、私のほうが先よ。あしからず。
それにしても渡辺謙の英語のうまさにびっくり。

で、ペドロ・コスタの『コロッサル・ユース』を見たのだが、前作『ヴァンダの部屋』が断然いい。今回は人物たちが登場人物としてふるまい過ぎており、故に視覚的に美しい画面作りが鼻につく。まあ、これは家でDVDで見たもんで、集中力の問題とかあるんですけどね。すいません。

もうさして外出する気なく、猫生活やってます。
仕事する気なんねえ。
一生盆休みでいてえ。
このルネ・クレマンの晩年の映画を公開当時は見ていなかったので、DVDで今回初めて見た。公開時は評価がやたら微妙で、少年の私も『雨の訪問者』がなんだか期待したものとは違うので見なかった。
今見ると、当時の不評も理解できるし、今の再評価も実にわかる。
遺作の『危険なめぐり逢い』はよくなかったと記憶するが、『パリは霧にぬれて』と『雨の訪問者』は見直してみようと思う。
『狼は天使の匂い』はよくできている。これが当時酷評だったというのは、監督、こたえただろうな。
セルジオ・レオーネの『夕日のギャングたち』のアルティメット版を見た。
これまで短縮版でしか見られなかったので、謎が多かったのだが、今回特典DVDのおかげもあって、この映画がこれまでたどってきた運命ゆえの謎の真相が次々と明かされていく。

私はラスト・シーン、ロッド・スタイガーが遠くまで走り去っていくものとばかり記憶していたのだが、これは『群盗荒野を裂く』のジャン・マリア・ボロンテだったことも判明した。
どちらもメキシコ革命を舞台にしていたゆえの記憶違いだった。
しっかし、ロッド・スタイガーとジャームズ・コバーンのこのコンビが吉田鋼太郎と笠木誠に見えた。
イエジー・スコリモフスキーといえば『早春』なわけで、期待して『アンナと過ごした4日間』を見たが、画面にねばりがないので、少々がっかりした。みんな、年とるとそうなんのかな。
で、次にロベール・ブレッソンの『たぶん悪魔が』を見た。緊張感に充ち満ちた映画であった。この緊迫は美だ。

そういうわけで、だらだらと過ごした。
竹書房から出た『談志大全』も買い、早速『粗忽長屋』を聴く、見る。
なにか、こっちの頭がおかしくなってくる。

テレビじゃ政治家たたきをやってるが、もし今自分が政治家だったら、まず何をどう手をつけたらいいのかと呆然としてしまうだろうなどと考える。
何か言ったり、やったりすると一斉にバッシングがくるわけで、一億総クレーマーのニッポンだ。みんながみんな、今の大学の学生みたいにお客様気分なわけだ。
まあ、暑いからいらいらとして、こういうことをのたまってるわけだが、前向きにいこうや、前向きに。
ちょっと前のことなんだけど、このアルモドバルの新作見たんですわ。
水曜のレディースディにぶちあたったこともあってか、最前列の席しか残ってなくて、やめようかとも思ったのだが、その日を逃すと見られないので、我慢して見た。
いやー、おもしろかったねえ。もうアルモドバル、メロの名手だね。
で、今稽古は飛び飛びでやっててその合間に『インビクタス』見た。

稽古はもう33名の熱気にでなんかすごいっすよ。

で、映画なんだけど、いいっすよ。
でも見る前に普段のイーストウッド映画よりかは食指が動かなかったのは、題材が偉人伝らしいということで、その予感が少し当たった。やっぱりイーストウッドの主人公は、性格的に欠点のある市井のアメリカ人がぴったりだ。
でも、最後のラグビー会場のシーンがすごいのは、これ観客本当にこの人数エキストラ集めたのかってことで、CGじゃないよね、これ。それとも実映像との合成?パンフレット買わなかったから、このあたりまったく情報不足なのだが、もし全員エキストラなのであれば、まあ、すごいもんだわ。

それにしても終日曇天で寒い日々が続き、パリの冬みたいだ。ってあまりパリの冬も知らないのだが。
『ターミネーター』はおもしろかったし、『エイリアン』も好きなのだが、なぜか『タイタニック』は見ておらず、当時感動したと言う人を小馬鹿にしていたわけは、ちょうど私がニューヨークにいた時期、アカデミー賞授賞式があってテレビでその実況を見ていたのだが、ジェームス・キャメロンがオスカー像を抱えて「私は王だ」とのたまっていたのを、なんて不遜なやつだと憤慨したからだった。
『タイタニック』はまだ見ていないが、もっと後になって監督のこの言葉は映画からの引用だと知った。なんだ、そういうことだったのかと、ジェームス・キャメロンに悪いことをしたと思った。
マンハッタンにはその時期ちょうど柄谷さんも自著の英訳出版の件で滞在していて、『タイタニック』を見て泣いたという話を聞いて、二の句が継げなかった。柄谷さんの映画の趣味はかなり独特というか、おもしろくて、『八甲田山』も大好きで泣いたという。あとお好みは『大脱走』、『ナバロンの要塞』。要するに男たちが共に難題に取り組む話が好きなようだ。

で『アバター』を2Dで見たが、おもしろかったねえ。3Dで見なかったのは別に理由があるわけではなくて、近所の映画館がそうだったから。
おもしろいっすよ、単純に。
でも、これがまたアカデミー賞を取るのだったら、アメリカはアフガンから撤退すべきだし、京都議定書に関してももっと積極的に協力すべきだよなあ。

イーストウッドとアドモドバルの新作を早く見たい。