公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
吉祥寺で、再見した。小学生の時初めて映画館見た怪獣映画だ。ずっと記憶に強く残っているのは初めての怪獣映画という理由のせいだけではなかったのだと確認した。
ビシッとした緊張感が全編貫かれた傑作だ。
ガイラ、サンダの造型デザインが素晴らしい。
レーザーでバタバタと倒される木々の特撮が素晴らしい。
ガイラの出現で避難する村々、交通渋滞が起きる都会の光景は今の東日本を思い起こさせる。
素早い自衛隊の行動が、素晴らしい。
ガイラとサンダの街、海での格闘場面が圧倒的に素晴らしい。
要所要所、苦笑を引き起こすとぼけた台詞が圧巻。
やる気のないアメリカ人俳優の脱力感がみものだ。
あっけないラストがまた凄い。

全編に漂う哀しみ。この哀しみこそ怪獣映画の本質であり、優れた怪獣映画の真骨頂だ。

それにしても復興大臣辞任か。おらおら系は総じて批判に弱い。というか人相学的に見ると、口が小さく、唇の薄い男子は心が狭い傾向がある。
コーエン兄弟のこの新作はおもしろいが、こんなに語り口うまくていいのか、とも思う。
でも『勇気ある追跡』だと単に勇気ある少女であった少女ヒロインが、実に頑迷な性格で、そのような大人の女性として育ったというところを描いているのが、なんとも苦いし、しぶい。
だが、やっぱり、うますぎるよなあ。

平倉圭氏の『ゴタール的方法』というのを一気に読んでしまった。
それにしてもパゾリーニと比べてゴタールは日本にいっぱい論じる人がいてシアワセだねえ。ヨーロッパにいるより日本に来たほうが尊敬されるんじゃないの。でも、今はもう原発こわいとかいって来ねえだろうな。

サンドラ・ジュリアンのトリプルDVDを買い、まずは『色情日記』を見たが、おもしろいねえ。
日活ロマンポルノテイストだな。ってこっちのほうが先なんだが。
サンドラ・ジュリアンという名前と煽情的なポスターの図柄は、70年代少年だった者たちには、憧れつつ見られなかった成人映画なわけです。すごいもんに思えたよなあ。
それを今やっと見られるという感激。しかもAVのずっさこんずっこん映像には飽き飽きしているむきには、このソフトポルノは新鮮で、よほど刺激的です。
サンドラ・ジュリアン、可愛い!!
当分サンドラの名前を叫び続けようと思う。

とこれを書いているのは京都の大学の研究室。
『豚小屋』、スタッフ京都入り。春秋座の仮設舞台、仕込中。

東京公演が成功裡に終わったことを四方田犬彦氏にメールすると、それはそれは丁寧にしてうれしい返信をいただいた。
夕刻、見た。途中揺れたが、中止になることなく最後まで上映された。
いやはや、老人の独り言、私を含めた五人の観客、物好きだねえ、よくこんなもん見に来るよなあ。
子供が出て来るのが、ゴダール映画としては、不思議な感じがする。心地良い違和感ではある。
後半、急に『映画史』テイストになるのも不思議だ。不思議だが、『映画史』のリズムは、もうお茶の子さいさいってな感じだな。
まったく日々いろいろなことがある。
今に全部べたな私小説に書こうかとも思うが、おいら私小説はやっぱり無理だな。

そういうわけで京都の行き帰り、iPadで鈴木清順三本立て。
「関東無宿」、「東京流れ者」、「殺しの烙印」を見て、もうゲップ。
やはり、「東京流れ者」が傑作だな。「関東無宿」の伊藤雄之助はおもいろいねえ。

で、今日は『豚小屋』絡みで高円寺で伊藤キム氏と対談。
で、その足で吉祥寺へ『ゴダールソシアリスム』見に行ったんだけど、今週やってるのはゴダール特集で『ソシアリスム』は来週からなんだと。なんだよ、バウスシアターの電話のねーちゃんよお、『ソシアリスム』が二週間上映っていったじゃねーかよ。そいで、この映画二週間上映するバウスってやはりえらいとか思っちゃったじゃねーかよ。
で、まあせっかく来たんだしと思って、『勝手にしやがれ』見たよ。
これ何度か見たけど、おもしろいのは、ラストだろ、やっぱり。途中ベルモンドがジーン・セバーグとなんだなんだ、いちゃいちゃぐだぐだしてるばっかで、いっこうにおもしろくない。

で、明日は大好きな『はなればなれに』を見に行く予定。
前作の『インビクタス』同様、なんかよくわからない映画だ。
うーん、なんなんだろうねえ、これは。
もっともイーストウッドの映画って、昔っから人を当惑させるもので、
その当惑させられる感じがなんとも見る方にとっては快楽だったのだが、
なんか、今までと違った当惑だ。
でも、マット・ディモンの孤独なシスコの霊能力者の感じがすごくいい。
この若者がディケンズの大ファンで傷心を癒そうとロンドンのディケンズ・ツアーに参加するところ、よかったなあ。どこかうらぶれた寂しい街と、感情を抑えて淡々と暮らす人の風情を描くのは、うまいよねえ。さて、イーストウッドさん、さらにもう一本!まさかこれが遺作ってことにはならないよな。
『ソーシアル・ネットワーク』を見た。クリストファー・ノーランに比べて,この監督は、テレビサイズだな。
でも、今の話題だから面白く見てしまう。日本だったら確実に潰されているであろう若者だよな。
今だにふられた彼女に未練があるってラストは本人、頭にくるだろうな。
ipadでムービーをレンタルして新幹線車内や深夜ホテルで見たりしていて、調子がいい。「トイストーリー3」、「第9地区」、「クレージー・ハート」、「シャッター・アイランド」、「ディパーデッド」。
スコセッシの二本、シャッターはすぐオチがわかった、自慢じゃないが。ディパーデッドも いいじゃない。レオと組み始めて、スコセッシは普通になったという批判もあるが、この二本は「アビエイター」よりは、面白い。でも、もうマニア好みのものは撮れないだろうな。
これは紛れもなく、若松孝二と足立正生の映画だ。
『日本暴行暗黒史 異常者の血』のストレートな昏さが画面にみなぎっている。
世界においても唯一無二の文体だ。
こんな不思議な映画を堂々と撮るひとはいない。
凄いコンビだ。泣けたよ。
評判どおり、おもしろいねえ。
おもしろいとしか言えないし、その一言で十分という気もする。
ひとりの人間の意識のなかの人物になるという私の小説『リハーサル』にちょいと似ている。小説は来年初頭発行予定だが、連載していたのは二年前からだから、私のほうが先よ。あしからず。
それにしても渡辺謙の英語のうまさにびっくり。

で、ペドロ・コスタの『コロッサル・ユース』を見たのだが、前作『ヴァンダの部屋』が断然いい。今回は人物たちが登場人物としてふるまい過ぎており、故に視覚的に美しい画面作りが鼻につく。まあ、これは家でDVDで見たもんで、集中力の問題とかあるんですけどね。すいません。

もうさして外出する気なく、猫生活やってます。
仕事する気なんねえ。
一生盆休みでいてえ。
このルネ・クレマンの晩年の映画を公開当時は見ていなかったので、DVDで今回初めて見た。公開時は評価がやたら微妙で、少年の私も『雨の訪問者』がなんだか期待したものとは違うので見なかった。
今見ると、当時の不評も理解できるし、今の再評価も実にわかる。
遺作の『危険なめぐり逢い』はよくなかったと記憶するが、『パリは霧にぬれて』と『雨の訪問者』は見直してみようと思う。
『狼は天使の匂い』はよくできている。これが当時酷評だったというのは、監督、こたえただろうな。