公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
茨城のロケ地で先ほど無事終了。実はこれ一部では、あっと驚きのキャスティングなんですが、今はまだ言えない。お楽しみにね。
朝6時、スバルビル前集合。ロケバス出発場所。懐かしい、映画のロケバス出発も大抵ここだったなあ。今日は暖かいから助かる。
そういえば当時、映画館上映の最終日、銀座で最終回を見終えた私は、感傷的になって原田さんの声を聞きたいと思い、ご自宅に電話をした。ご長男とおぼしき方が出て、もう寝てますと言われた。けっこう早く寝るもんだなと思った。
段取りの悪い現場だったんだが、原田さん、怒鳴り散らすってことなかったなあ。映画完成後、原田邸の深夜の飲み会とか年末の餅つきとか誘われたんだが、行けなかった。それが悔やまれる。劇団やってると時間の自由がきかないんだよね。
すみませんでした芳雄さん!ありがとうございました、芳雄さん!
私はまた撮ります!!
渋谷で『ラスト・フランケンシュタイン』を見た。20年ぶりだろうか。こういうラストであったのをすっかり忘れていた。主役の柄本明さん、原田芳雄さんに本当に支えられた幸福な映画であることを再確認した。唐十郎さんも若い、俺も若い。この若造に皆さん本当によく付き合ってくれた。
映画のゆったりしたリズムと間合いは確信したものであり、当時の私の舞台のスピード感とは真逆で、大いに人々を戸惑わせたものだった。今のほうが先入観なく見られるかも知れない。27日が最後なのだが、もう一度見ようかな。
渋谷のシネマ・ヴェーラで「柄本明の流儀」という特集で21年前の私の初監督映画『ラスト・フランケンシュタイン』が上映される。
柄本明、原田芳雄、余貴美子、唐十郎、六平直政という豪華キャストである。
ちなみに私も出演している。他に私と縁の深い方々がちょこちょこ出ている。それらの方々をすべて発見しながら見るのもオツというものだ。
1月21、24、27日。
詳しくは
http://www.cinemavera.com

それにしても寒いっすね。
パゾリーニのAffablazioneは『騙り。』というタイトルにしました。ただいま、いろいろ準備中。
トリュフォーの『野性の少年』は小学生の折り、上野の映画館で見た。今回再見したが、やはり素晴らしい。トリュフォーのフィルモグラフィーのなかでは、あまり語られることのない小品だが、トリュフォーという人の真実がストレートに表されている。野生児とその教育者イタール、両者がトリュフォー自身だ。
ヴェンダースの『パレルモ・シューティング』も良かったが、やっぱりこの人は生真面目なひとだ。セックスシーンは撮らないし、最後にお説教を言わないと映画を終わらせない。いつもこのお説教、余計だと思うんだが。
ドイツの舗道でのオレンジ色の灯り、パレルモの町並みに陶然とした。
このふたりのポーランド人監督の新作が同時に渋谷で上映されていると知って、これは同じ日に見なければと、数年ぶりに映画館のはしごをした。
スコリモフスキはポランスキーの長編処女作『水の中のナイフ』のシナリオに加わっている。
ポランスキーは言っている。
「私はスコリモフスキとその才能が好きだ。もちろん彼は生意気なやつだが、それがどうしたというのだ。彼は神経症だ。だがこういう仕事をするには、クセがあるくらいじゃなきゃいけない」

ウイキで見ると、ポランスキー1933年生まれ、スコリモフスキ1938年生まれと、ポランスキーが年上なのが意外だった。スコリモフスキのほうが苦労人の巨匠という風情があるからだ。もっともポランスキーも苦労人といえば苦労人だが、苦労の内実が尋常ではない。
なんといっても少年期に見たポランスキーは『吸血鬼』、スコリモフスキは『早春』が強烈に記憶に残っている。

で、『ゴースト・ライター』見た。面白かったです。追い詰められる男を描くと、その神経症的な不安感、この人でないと描けない重みと迫力がある。イアン・マクレガーが港にぽつんと取り残された時のショットはちょっとすごいな。『フランティック』も私、好きでした。あと、『テナント』か。今回の映画でも自殺か事故死かわからない前任者の部屋を使わされる展開は、『テナント』を思い起こさせた。部屋に身も知らない死んだ人の服が残っているって、じわっと嫌だよなあ。その変なじわっとした感じ、うまくていいんだよなあ。
『赤い航路』とか『死と乙女』あたりでもうほとんど見るのをやめようかと思った監督だけど、やはり好きです。
終映後、おばはん集団のひとりが、「なんであのひと、悪いことしてないのにねえ、かわいそ」とかしゃべってた。そうなんだよね。悪いことしてないのに、いろいろ巻き込まれちゃうのが、ポランスキーの主人公たちなんだよね。それは彼自身の実人生の実感からきているとも推測できる。

で、お次は『エッセンシャル・キリング』
ポランスキーの奥さんエマニュエル・セリエが出演しているところを見ると、ふたりはいまだに交友があるのかな。
これもまたすごい映画だ。よく撮ったねえ。こういう映画が撮られていることは、希望だ。
プロデューサーにジェレミー・トーマスの名前がクレジットされているのも、なんとも感慨深かった。私が知らないだけで、みんな、どっこい生きてるでやってんだなあ。
『アンナと過ごした四日間』を見直さないとなあ。

久々のはしごでくたびれているはずなのだが、興奮してなかなか寝付けなかった。
タランティーノの、この映画をやっと見ることができた。
大傑作ですね。まぎれもなく。
子供モノ、家族愛モノ、難病モノばかりで、やたら感動の涙ばっか流してる日本では、まちがいなく受けないだろうが。
とにかく、大傑作。
新宿で新しい映画館Ks cinemaをうろうろ捜していたところ、なんだ昭和館のあったところじゃないの。感激だったわ。で、内装もなかなかいいっすね。新宿でアート系はほとんどなく、渋谷ばかりに集中しているが、この手の映画館、新宿でどんどん増えてほしい。コマ劇跡もアート系入れて欲しい。
Ks cinema、応援しまっせ。

てなわけで、『ふたりのヌーヴェルバーグ』見た。
『大人は判ってくれない』のラストシーンが何度も出て、もう涙なくして見られなかった。
おもしろかったなあ。トリュフォー、ゴダールの映画の断片が多数出てくるが、映画ってもしかすると全編通して見るより、こういうフラグメントとしての見方がいっとう面白いのかも知れない。全編見ていると見落としがちの面白さを発見できる。
ふたりが決裂した原因の手紙の応酬が面白いよねえ。
ゴダール、さんざっぱら『アメリカの夜』をけなしておいて、最後にフランソア金貸してくれって笑えるよねえ。
確かに『アメリカの夜』って、いい映画だけど、血気盛んな人間にとっちゃ、ヌルイゼこれって感じなんだよね。公開当時、私は高校生だったんだけど、血気盛んな頃だから、なんか物足りなかっな。大体本人が演じている映画監督がかっこよすぎるしさ。
でも、借金申し込むんなら、親友とはいえ礼節を尽くせってんだよな。
しかし、さすがトリュフォーも負けてないというか、相当頭にきたんだろう、ゴダールよ、君はいつも犠牲者ぶって結局うまく立ち回っている、てな返信をするわけ。
これ、あたってるよなあ。笑えるよなあ。
プログラムでトリュフォーが死んだのが52歳と改めて確認して、びっくりだな。若かったんだなあ。うーん、もっと撮れたよなあ。

トリュフォー亡き後のゴダールのことなどを、もっと描いて欲しかった、もっと生々しいごつごつしたドキュメンタリーでもよかったとも思うが、ま、脚本がカイエ・デュ・シネマの編集長、ほんまもんのおふらんすですからね、かっこつけた出来ですよ。
そのかっこつけかたが徹底してて、よかった。
泣ける映画だよなあ、もうひとりの主役ジャン・ピエール・レオのせいかな。もしかしたらこのドキュの主役はレオかも知れないな。