公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
フィリップ・ガレルの『愛の残像』を見た。久々に映画を見たという興奮を覚えた。
しかし、主人公にはまるで共感を覚えない。まあそうしたものだ。映画の興奮とは主人公に共感できるかどうかではない。
ガレル伝説とは無縁のそこいらのにいちゃんやらねーちゃんたちが見たら主人公のこのひきずりぶりに、ボーゼンとするだろう。しかし、主人公のキャラを焦点にこの映画を見たとしても、それはそれでガレルが最後のヌーヴェル・バーグという呼ばれ方がいかに正しいかが証明できる。ひとりの女性への未練たらたらぶりは、ゴダール、トリュフォーお得意のキャラだからだ。
死ぬこたあない、忘れろよと言いたいが、これをいっちゃあ身も蓋もないのだな。
夕方、5時6時あたりになると、急激に眠気に襲われる。ほとんどまぶたを開けてられないほどの強烈なものだ。30分ほど熟睡するとさっぱりするが、それができない状況だとつらくて仕方がない。その30分のシェスタが気持ちよくて気持ちよくて…

『ドラゴン・タトゥーの女』はオリジナルのスエーデン版の『ミレニアム』のほうがいい。
ハリウッド版には猫族にとっては許せないシーンがあり、オリジナルにもそれがあった時にはどうしようかと思ったが、なかった。まったくハリウッドの映画屋は余計なことをする。ラストもハリウッド版はシリーズ化するつもりがはなからないせいか、メロで終わらせている。これがどうかと思う。

『トラウマ映画館』の影響でラリー・ピアースの『ある戦慄』のDVDを購入してしまい、早速見たが、思いの外おもしろくない。地下鉄で暴れるチンピラの、こいつら注射ウッとんのかというほどの、疲れを知らない元気ぶりがなんか不自然で、このふたりがご丁寧に車両のさまざまなそれぞれの事情を抱えた乗客達に絡むのだが、その律儀さが下手くそな戯曲のようだ。なんでこのちんぴらこんなに元気なのかと思う。その元気さに律儀につきあっている乗客が不自然だ。恐怖のため、自己保身のためというのが社会批評ポイントなわけだが、相手は酔っぱらいだろ、どうにかできるはずだと思うのだが。
『トラウマ映画館』の文章のあらすじのほうがおもしろい。もっともこういう映画は子供のころテレビで見た記憶のなかでのおもしろさなんだよな。大人になって再見すると、アレッなわけだ。
私にとっては『ジェーンに何が起こったか?』、『顔のない目』がそうだな。

話は変わるが、大学生の親のなかでも大学に理不尽なクレーム、悪態をついてくるモンスター・ペアレンツが存在するということだ。私は被害を被ったことがないが、そうした親たちは聞くと、私とほぼ同世代だ。情けない限りだが、ふと思ったのは私の世代とは学校内暴力容認の時代を生きており、教師にはばしばし殴られ、いかに教師側が明らかに理不尽であってもまったくそれを立証、主張できる機関も機会もなく、卒業式の日に、あの馬鹿センコーをぼこぼこにしてやろうかと相談するも、現実には実行せずといった、教師に対しては泣き寝入り世代であり、学校と教員にはもともと不信感しか持っておらず、わが世代は自分の子供を通して、今学校と教員に復讐しようとしているのではないか。
もっとも、そうした体験も私の場合、主に小学校、中学校の時点で終わっていて、大学ではすでに学生として勝手に生きていたわけであり、大学生の親が出てくるという事態は、学生及び大学本体の幼稚化、広げれば社会の大人の幼稚化現象に他ならない。
やれやれ、まったく大学はどんどん高校のようになっていく。研究者、学者として生きようとする生粋の大学人は、本当に気の毒だ。すぐれた学者がすぐれた高校教師になれるとは限らない。
そいで昨日はiPadで『ミッション・インポッシブル』を新幹線車内で見た。トム・クルーズが衝撃時に見せる白痴のような表情がいい。トム・クルーズはどの映画でもこの顔をする。その時がいい。
調子に乗ってホテルで夜、『ピラニア』を見て、気分悪くなる。ひさしぶりのエロ・グロ・ナンセンス!
こういうのをエロ・グロっていうの、パゾリーニはエロ・グロじゃないの、エロスと残酷っていうの!
旧聞になってしまったが、人並みに金環日食を見て感動した。何かが憑依したようだ。前日までどうせ曇りで見えないだろうと何も準備していなかったのだが、夜になって急に近所のコンビニに走って専用メガネを買った。起床して晴れ間があるのに興奮した。

その日はカリウスマキの『ル・アーヴルの靴みがき』を見たが、巨匠然とした語り口に驚いた。晩年の仕事のようだ。成功者の余裕が感じられる。
このスピルバーグの新作はアメリカ映画のなかの一ジャンルとでもいうべき動物感動モノとして実によくできている。見ていて、クラレンス・ブラウンの『仔鹿物語』とか思い出した。まあ、この監督、相変わらず泣かせところがうまいや。前半はもたもたしてて、けっしてうまくないけど、やっぱり戦闘シーンになると冴え渡る。
とにかく馬がきちんと表情を持って描かれているのがよかった。以前『シー・ビスケット』って馬の映画があって、けっこう褒めてる人いたんだけど、どこがいいんだと思った。肝心の馬がほとんど映らないからだった。
映画じゃ犬も泣かせるけど、馬も泣かせるねえ。そう考えると猫の動物感動モノってあまりないんだよな。そう、猫は違うの、猫は複雑だからメロドラマには合わないの。メロドラマという場所に置いても、ぴょんとどこかに移ってしまうのが猫だもの。
それとも『長靴をはいた猫』はメロドラマか?
俄然見たくなってきた、『長靴をはいた猫』。

そういうわけで、最近けっこう映画館で映画見てるな。
『ヒミズ』見たし、『生きているものはいないのか』も見た。
あと『ニーチェの馬』、『ドラゴン・タトゥーの女』
茨城のロケ地で先ほど無事終了。実はこれ一部では、あっと驚きのキャスティングなんですが、今はまだ言えない。お楽しみにね。
朝6時、スバルビル前集合。ロケバス出発場所。懐かしい、映画のロケバス出発も大抵ここだったなあ。今日は暖かいから助かる。
そういえば当時、映画館上映の最終日、銀座で最終回を見終えた私は、感傷的になって原田さんの声を聞きたいと思い、ご自宅に電話をした。ご長男とおぼしき方が出て、もう寝てますと言われた。けっこう早く寝るもんだなと思った。
段取りの悪い現場だったんだが、原田さん、怒鳴り散らすってことなかったなあ。映画完成後、原田邸の深夜の飲み会とか年末の餅つきとか誘われたんだが、行けなかった。それが悔やまれる。劇団やってると時間の自由がきかないんだよね。
すみませんでした芳雄さん!ありがとうございました、芳雄さん!
私はまた撮ります!!
渋谷で『ラスト・フランケンシュタイン』を見た。20年ぶりだろうか。こういうラストであったのをすっかり忘れていた。主役の柄本明さん、原田芳雄さんに本当に支えられた幸福な映画であることを再確認した。唐十郎さんも若い、俺も若い。この若造に皆さん本当によく付き合ってくれた。
映画のゆったりしたリズムと間合いは確信したものであり、当時の私の舞台のスピード感とは真逆で、大いに人々を戸惑わせたものだった。今のほうが先入観なく見られるかも知れない。27日が最後なのだが、もう一度見ようかな。