公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
この映画、面白いですよ。でも苦いですよ。
マンハッタン・ニヒリズム。
3D映画というやつを、これで初めて観た。
資本主義修正とテロリズムの時代。暴力とイデオロギーはほとんど無意味であることを、ゴダールはまた知っている。
動物だ、動物、動物。
人間のドラマはあまりにもやられ過ぎた。ドラマツルギーと資本主義はほとんど同じ意味だ。
人間は、裸でいるしか意味がない。動物が常に裸であるように。いや、動物に裸の概念はない。だからこそ、動物は偉大だ。
飛行機ではずいぶん映画を見た。
行きは、「バードマン」、「ゴーン・ガール」。
帰りは、「ゼロ・グラヴィティ」、「インターステラー」、「フューリー」、そして久しぶりに「スケアクロウ」を見た。行きの二本が面白かった。宇宙物の二本はがっかりだった。
で、久しぶりに映画館で映画を見た。
「アメリカン・スナイパー」。
まあ、よく出来た映画だった。アメリカ寄り過ぎる、タカ派過ぎという意見もあるようだけど、そうでもない。
登場人物が、イラク人の事を、野蛮人と言っているからといって、作る側がそう思っているわけではない。アメリカ兵が言っているのだ。これはまっとうな反戦映画だ。
それにしても、戦争映画は面白い。「フューリー」も面白かった。アメリカ寄りだとか、イラク側が描かれてないとかではなく、戦争映画はやはり儲かるという現実の方が重要のように思われる。
一国が戦争をすると、武器商人だけではなく、回り回って色々な人が潤う。
最近のイーストウッドの映画は、妙に上手い。上手すぎて物足りない思いもする。この映画でもまた、かつての畸形の娯楽作といったテイストは影を潜めている。
映画館がなくなっていくなか、こういう館が新宿にできていたとを今回初めて知った。
渋谷あたりでしか上映しない類の映画が、こうして新宿で見られるのがうれしい。
で、『グランド・ブタペスト・ホテル』を見た。以前この監督ウエス・アンダーソンの『タージリン急行』がやたら面白かったので期待した。期待通りだった。こうしたエンタメが出てくるところに、アメリカ映画の厚みを感じる。
で、続いて『リアリティーのダンス』を見て感涙してしまった。
寺山修司テイストを久々にスクリーンで見たという感触があったが、もとは寺山が、ホドロスキーの『エルトポ』を見て、自分の映画にそのテイストを導入したというほうが正しいか。
寺山はアラバール、マルケスが好きだったし、マジック・リアリズムをやろとしていたからね。
『サンタ・サングレ』はグロ過ぎてまいったけれど、この最新作は、マジック・リアリズムが冴えに冴えていて、匠の技のようにも思えた。
ウッディ・アレンのこの新作は、れいによって、だからどうした?とツッコミ可能な映画なのだが、語り口が上手いので面白く見てしまう。最近のアレンのサスペンス、シリアス路線は、ほとんど浮気をすると痛い目に遭うってことを描いてるばかりなのだが、80年代の、代表作と呼ばれているコメディより面白い。その時代ですら、私は『インテリア』というベルイマンばりの暗い映画が好きだった。
本人が出てくるコメディは、具合が悪い具合が悪いばかりわめいていて、鬱陶しいことこの上ない。そのくせ大抵本人が演じる登場人物は本当には具合悪くはならない。
登場人物がボロボロになっていくもののほうが、アレン映画はいい。
『マッチポイント』とか好きですね。
『雲の階段』最終回は見られなかった。
ウッディ・アレンの『ローマでアモーレ』はまあまあってところか。初期のアレンのものより最近のほうが好きだ。『マッチ・ポイント』とか『恋するバルセロナ』とか語り口が上手い。
『ホーリー・モーターズ』は面白かった。レオス・カラックスの映画もまた『ポンヌフの恋人たち』よりこっちのほうがいい。若いころの映画はガキのお祭り騒ぎのようだ。最新作の絶望感のほうが断然いい。
お分かりのこととは思うが、『黒い報告書』の撮影である。
今回の監督は、いつもの深作健太氏と初の望月六郎監督。
望月監督って人もケッサクな方で、このシリーズ、当たり前のことながら、
監督によって作品のタッチが違うので出来が楽しみだ。
望月さんのは、これまた随分今までのと違うテイストだと思うよ。
働いております。大泉の東映撮影所で、昨日は朝から晩まで、ドラマ二話分、私の場面撮り終えました。
まるでフルマラソン、最後のカットを撮り終えた時は、共に走り抜いた者どうしとばかりに、石黒賢さん、監督の深作さんとかたく握手。飲もうと監督に誘われたのだが、私ここで飲むとまた突っ走りそうなので、ということは、その後数日使い物にならない日々になりそうなので、辞退。
深作君、近いうちにメシでも食べよう。
『ピュラデス』の上演台本にかかっている。『カルデロン』は上がった。
昨日は三月五日、夜パゾリーニの誕生日だと気がつき、興奮してウイスキーを飲み過ぎた。別に興奮することもないのだが。

WBC、今年はまず優勝無理だろうと冷めていたところが、始まるとはまって応援している。

クエンティン・タランティーノの新作『ジャンゴ』は期待を裏切らない面白さだ。
冒頭ジャンゴのテーマ曲が流れ、そのジャンゴが黒人とわかるところで、つかみはオーケー。
ジャンゴと旅をする賞金稼ぎの歯医者のドイツ人が、なぜ人種差別を憎むのか、この男のその理由が描かれず、語られていないところが、いい。そんなことが見事に不要に思えるのが、タランティーノ映画の醍醐味だ。まあ、ここいらあたりが、アカデミー賞の委員がいまいち不満に思うところなのだろうが。
マカロニ・ウエスタンへのオマージュのみならず、リチャード・フライシャーのすさまじい怪作『マンディンゴ』への敬意もあって実に気持ちいい。
レオナルド・ディカプリオの悪役ぶりがまたいい。こういう役をやると、時折ジャック・ニコルソンに似た表情になる。手から血を流しつつ怒るシーンは本当に割れたグラスで切ったのを止めずに撮ったというが、すばらしい場面だ。
いつ銃をぬくか、じりじりと登場人物たちが神経戦を繰り広げるのは、もうタランティーノの十八番、名人技の語り口だ。
しかし、時折、やけにゆるいショットがある。わざとなのだろうか。
イタリア映画が昔よくやっていた、人物への速いズームアップは、もう今の映画ではほとんど見られなくなった撮り方で、うれしくなって思わず、わっと声を上げてしまった。
ついに逝ってしまわれた。
さっそく若松孝二監督が呼んだのだろうか。
一本選べといわれたら『儀式』だろうか。
しかし、『絞死刑』もあり、『少年』もあり、『愛のコリーダ』もある。
『戦場のメリークリスマス』のラスト、たけしのアップにあの曲がかぶさるシーンは今でも涙が出る。
大島渚その人と大島映画への思いを書こうとすると、十代のころにさかのぼる。
ここでは書ききれない。どこかで書こう。
本当にひとつの時代が終焉していく実感がある。
「わかりにくい」映画の時代はもうやってこないのだろうか。
嗚呼。
合掌。