公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
噂に違わぬ面白さ。アクションの凄さと同時に絵が綺麗だ。
攻撃、防御共々、どこか懐かしいアナログさがいい。
シリーズ1から踏襲されている素朴な神話系物語のエネルギー、効力は健在である。
マカロニウエスタン的な繊細な雑駁さも好きだ。思えばセルジオ・レオーネのマカロニウエスタンの暴力もまた、神話性に依拠しているものだった。
『ホドロフスキーのデューン』を見た。
ハリウッドのプロデューサー達に、企画はいいがホドロフスキーの監督はダメだと言われて、撮れなかったというエピソードは、他人事ではない。
デヴィッド・リンチが撮った『デューン』を恐る恐る映画館で観て、失敗作だ万歳と叫んだというシーンはいい!
そういうわけで、『エルトポ』、『ホーリーマウンテン』を再見した。以前見たが、ほとんど覚えていないのは、家で観ていて途中で寝てしまったからだろう。『リアリティーのダンス』も映画館で見なかったらぐっすり眠っていただろう。
今回、iPadで新幹線の往復間、頑張って見た。まあ、退屈、幼稚な所多々あり、やれやれだが、最終的には、天晴れだ。よくこんなの撮ったよ。馬鹿馬鹿しくて好きだ。
まっとうな娯楽作品。面白い。くだらないけどね。くだらないの大好き。最近のドラマ全般、いいこちゃん過ぎだから、このアンモラル、すかっとする。
藤竜也と近藤正臣が、色気があってとてもいい。
意地悪な見方をすれば、死、感傷、懐古、虚無、デカダンを巡っての観光映画。
『甘い生活』の世界の21世紀ヴァージョンとも見れるが、すでにここには社会批評は、一切ない。
そんなことをやっても虚しいからだ。
だから、この映画には、恐ろしいまでに何も無い。何も無さがいい。
見ていて、どっぷり無に浸れる。ただただ美しいイタリアと、イタリア語の美しさに、陶然としてしまう。
虚しさは、美である、といったことを、見る者に洗脳する危険な映画でもある。
主人公のファッションがまたいい。
手放しで肯定は出来ないが、堪能した。
この映画、面白いですよ。でも苦いですよ。
マンハッタン・ニヒリズム。
3D映画というやつを、これで初めて観た。
資本主義修正とテロリズムの時代。暴力とイデオロギーはほとんど無意味であることを、ゴダールはまた知っている。
動物だ、動物、動物。
人間のドラマはあまりにもやられ過ぎた。ドラマツルギーと資本主義はほとんど同じ意味だ。
人間は、裸でいるしか意味がない。動物が常に裸であるように。いや、動物に裸の概念はない。だからこそ、動物は偉大だ。
飛行機ではずいぶん映画を見た。
行きは、「バードマン」、「ゴーン・ガール」。
帰りは、「ゼロ・グラヴィティ」、「インターステラー」、「フューリー」、そして久しぶりに「スケアクロウ」を見た。行きの二本が面白かった。宇宙物の二本はがっかりだった。
で、久しぶりに映画館で映画を見た。
「アメリカン・スナイパー」。
まあ、よく出来た映画だった。アメリカ寄り過ぎる、タカ派過ぎという意見もあるようだけど、そうでもない。
登場人物が、イラク人の事を、野蛮人と言っているからといって、作る側がそう思っているわけではない。アメリカ兵が言っているのだ。これはまっとうな反戦映画だ。
それにしても、戦争映画は面白い。「フューリー」も面白かった。アメリカ寄りだとか、イラク側が描かれてないとかではなく、戦争映画はやはり儲かるという現実の方が重要のように思われる。
一国が戦争をすると、武器商人だけではなく、回り回って色々な人が潤う。
最近のイーストウッドの映画は、妙に上手い。上手すぎて物足りない思いもする。この映画でもまた、かつての畸形の娯楽作といったテイストは影を潜めている。
映画館がなくなっていくなか、こういう館が新宿にできていたとを今回初めて知った。
渋谷あたりでしか上映しない類の映画が、こうして新宿で見られるのがうれしい。
で、『グランド・ブタペスト・ホテル』を見た。以前この監督ウエス・アンダーソンの『タージリン急行』がやたら面白かったので期待した。期待通りだった。こうしたエンタメが出てくるところに、アメリカ映画の厚みを感じる。
で、続いて『リアリティーのダンス』を見て感涙してしまった。
寺山修司テイストを久々にスクリーンで見たという感触があったが、もとは寺山が、ホドロスキーの『エルトポ』を見て、自分の映画にそのテイストを導入したというほうが正しいか。
寺山はアラバール、マルケスが好きだったし、マジック・リアリズムをやろとしていたからね。
『サンタ・サングレ』はグロ過ぎてまいったけれど、この最新作は、マジック・リアリズムが冴えに冴えていて、匠の技のようにも思えた。
ウッディ・アレンのこの新作は、れいによって、だからどうした?とツッコミ可能な映画なのだが、語り口が上手いので面白く見てしまう。最近のアレンのサスペンス、シリアス路線は、ほとんど浮気をすると痛い目に遭うってことを描いてるばかりなのだが、80年代の、代表作と呼ばれているコメディより面白い。その時代ですら、私は『インテリア』というベルイマンばりの暗い映画が好きだった。
本人が出てくるコメディは、具合が悪い具合が悪いばかりわめいていて、鬱陶しいことこの上ない。そのくせ大抵本人が演じる登場人物は本当には具合悪くはならない。
登場人物がボロボロになっていくもののほうが、アレン映画はいい。
『マッチポイント』とか好きですね。
『雲の階段』最終回は見られなかった。
ウッディ・アレンの『ローマでアモーレ』はまあまあってところか。初期のアレンのものより最近のほうが好きだ。『マッチ・ポイント』とか『恋するバルセロナ』とか語り口が上手い。
『ホーリー・モーターズ』は面白かった。レオス・カラックスの映画もまた『ポンヌフの恋人たち』よりこっちのほうがいい。若いころの映画はガキのお祭り騒ぎのようだ。最新作の絶望感のほうが断然いい。