公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
セルジオ・コルブッチのこのスパゲティウエスタン、これまで未見であった。なんとも凄まじいウエスタンだ。ラストはもう口あんぐり。衝撃のラストとはこの映画のためにある。
雪の中でのマカロニ、舞台はなんとファーゴ!コーエン兄弟はさてはここから取ったと確信する。
さらにタランティーノの新作『ヘイトフル8』はこの映画へのオマージュに違いない。
『殺しが静かにやってくる』はアメリカの二大暴力監督に多大な影響を与えているのだ。
なんか梅雨前ということもあってか、公演の疲れなかなか取れずぼんやり。
三日間酒を断つ。平気だ。今日も飲まずに夜を過ごそうか。
蜷川幸雄氏の死は公演初日だった。
しっかりと話したことはなかったが、パーティー会場なとでは、氏の方から近づいて話しかけてくれた。
今はもうないベニサン・ピットでは公演後、氏がどこからともなく現れて、「お疲れさまです」と言って去っていった。私はといえば、「へい」とか「はあ」とか言ったたけだった。
人見知りどうしが向き合っても会話は弾まずということか。
パーティー会場で一度、私の戯曲でという立ち話しがあった。そこで平身低頭でもして、「ぜひ、よろしくお願いします」とかやれば実現していたかも知れないが、結局そうしたことはなく終わってしまった。
いや、平身低頭は関係ないだろう。ご縁がなかったのだ。
氏について、いろいろ書きたいこともありそうだが、墓穴を掘りそうなのでやめとく。
しかも、今はぼんやりだ。ぼんやりだと本心でもないことを本心のようにつぶやいてしまうことがある。
だから、私はツイッターをやらない。

『ズートピア』を見た。さすがディズニーの協同脚本、ストーリー作り。飽きさせず、巧みだ。
アメリカの警官礼賛映画かよ、闇はもっと深いぜとかとかつっこみどころ満載だが、そのつっこみもディズニー映画を前にしてすると、恐ろしくクリシェな批判に思える。つっこみたがり屋はディズニー映画を見なければいいのだ。
でも、あまり主人公のうさぎ、可愛くないな。駐車禁止をがつがつ取り締まる、新人警官うさぎのシーンは、田舎で優秀だった若者の焦りとマニュアルでしか判断しない融通のなさが的確に出ていて秀逸だった。

『レヴェナント』を見た。
レオナルド・ディカプリオの演技と撮影の凄み。
それだけ。それだけってこれだけで充分だけど。
熊のシーンにびっくりしたがCGに決まってるよね。思えば、この監督、前作の『パードマン』でもCGを上手に使っていた。
でもなんか最近ながーいワンシーンワンカット流行ってるな。どうだ、すごいだろというつぶやきがスクリーンの背後から聞こえる気がする。
『ファーゴ』シーズン2はシーズン1と比べるときつかったね。ギャング団どうしの抗争にしてしまうと、そうそう奇想天外な展開にはならないんだな。コーエン兄弟がどのくらいまで関わっているかは知らないが、余計な哲学風台詞で収めようとして、なんかいかにもコーエン兄弟風で安逸だな。
で、映画館でタランティーノの『ヘイトフル・エイト』を見て気がついたのだが、銃撃で頭部か顔面を撃って確実な殺害をするというのは、コーエン兄弟、タランティーノ、どちらが先に始めたのだろうか。あるいはこれはゾンビ映画の影響なのだろうか。ゾンビは頭部を撃ち壊さないとだめだからね。
なんてことを考えながら見ていた。コーエン兄弟もタランティーノも深遠そうな台詞を言わせたりするが、どうも、「殺しばかり描いているアホとお思いでしょうが、私らただの馬鹿じゃないんですよ」と一生懸命弁解しているかのように見える。
この映画監督達のやりたいことは殺害場面の映画的快楽の追求である。人はなぜ映画を見たいのか、人殺しを見たいのだと断言しているかのようだ。『ヘイトフル・エイト』は70ミリ大画面で頭破裂殺しを描きたかったのだなとしみじみわかる。
すさまじくまじめに悪ふざけをしていて、石井輝男とか60、70年代の東映映画を思わせる。
見終わって、だからなんなのだ?と問うてはいけない。ただ見る者は殺害を巡るスリルとサスペンスとグロテスクという映画的興奮に身を任せていればいいのだ。

グロテスクと言えばテレビドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』も相当のエログロだ。見ているうちに飽きたので、見るのをやめた。
なんか面白くない。退屈はしないが、面白くない。
登場人物がみんなヒーローだからだろうか。アメリカのいい面ばかり強調しているようで面白くない。
つらい、厳しい時でも粋な冗談言いつつ切り抜けるってな、アメリカーンなクリシェが鼻につく。
世界でエライのはアメリカと中国だと言ってるようなストーリー展開だ。そんなに簡単に中国が協力してくれるかよ。馬鹿馬鹿しい。くだらない。
やっと見ました。というか人のあまりいない映画館が好きなので、じっと祭り騒ぎが終わるまで待つわけ。その間、前情報は一切耳に入らないようにしている。

やあ、よっかたですよ。十分ですよ。私、別に熱狂的なファンってわけではありませんが、シリーズ全作品見ています。
ハン・ソロとチューバッカが出てきた時は「あ!」って声上げて、レイラ姫登場ではどっと涙が出てしまった。
年月、生きているということの重要さ。なんだかレイラ姫登場からずっとポロポロ見ていた。
いいですよ。十分ですよ。
この映画館大好きです。五日市街道沿いにたつ古い映画館です。シネコンでない生粋です。従業員の皆さん、暖かいです。是非このひなびた感じを保存していただきたい。
ここで『キャロル』を見た。主演のふたりが本当に綺麗で大満足。監督のトッド・ヘインズはダグラス・サークをよおく勉強しているからメロの呼吸、間合い、リズムが上手い。吉祥寺プラザで『キャロル』を是非!
面白かった。これまでほとんど知らなかったN.W.Aのことを学習できて実に良かった。
ギャングスタでも人気が出て売れればOKというアメリカンショービズの凄まじさ。
もっとも背後には差別、警官暴力、貧困といったことがあるわけだが。
実話ということだが、現実はもっとエグいに違いない。
これを日本の若者はどう見るのだろうか?
私という馬鹿者は、生来の反逆心と悪態癖を煽られるようだ。
ラップってのは要するに悪態だ。ってこのラップ解釈は正しいだろうか?
コーエン兄弟のこの最近作は、実は猫が主人公で、猫を大切にしない者に幸運は訪れない、ということを描いた素晴らしい映画だ。
「金の匂いがしない」という音楽プロデューサーの台詞は苦いな。
テーマ主題歌が妙に甘ったるいので嫌な予感がした。
どうも脚本が雑で演出のテンポも良くない。ジェームス・ボンドのトラウマ探しは前作スカイ・フォールでたっぷりやり切ったので、もういい。中途半端に出自の事を出すので、ストーリーがスィングしない。ゆったりとしたリズムはムーディーなゴージャス感を狙ったのだろうか。ただもっさりしているようにしか見えない。
トム・クルーズと比べると、このダニエル・クレイグはナルちゃんのデクノボーに見える。ボンドが本気で惚れる女性は、そこいらの女子学生にしか見えない。それとも、さんざ遊んだボンドのたどり着いた境地がこれだという事なのだろうか。
ラストシーンが車のCMに見えた。
『ミッション.インポッシブル・ローグネーション』、『キングスマン』の方が断然いい。
『007スカイフォール』が良かったので期待したが、それほどではなかった。
観客ってのは作ってる方の苦労も知らずに勝手な事書くよな。と自分で書いててつくづく思う。
映画『ファーゴ』をもとにしたテレビ版『ファーゴ』は、無類の面白さだ。
これこそ新手のフィルムノワールだ。脚本、演出、俳優、全てがいい。パーフェクトだ。
これがテレビドラマとは、なんというアメリカン・エンタメの底力だろうか。
『ファーゴ2』を見るためにスターチャンネルに加入してしまった。