公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
アマゾンで予約していたアントニオーニの『砂丘』のDVDが届いたので、32年ぶり、さっそく見るが、単純なメッセージでおもしろいねえ。
この単純さのために公開当時はけっこう不評でアントニオーニのなかでも失敗作という位置づけなんだけど、いいよ、十分だよ。アントニオーニ・ポップ・アートってなところで、いいよ。
ヴェンダースの『パリ、テキサス』は『砂丘』だったんだな。
『砂丘』の脚本には『パリ、テキサス』のサム・シェパードが参加してるしね。

ってなわけで体力回復しつつあり、田之倉稔氏の『林達夫・回想のイタリア旅行』など読了して、いよいよイタリア・モードに入りつつある。
ああ、この老人は一体どこまで奇跡を生み出せばすむのだろうか。
イーストウッドの『グラン・トリノ』は素晴らしい。
私たちは彼の映画によって今のアメリカの断面を啓蒙され、さらに今や永遠に続くのではとも思わせる終わらない彼自身の映画史の運動に興奮させられる。
贖罪。復讐。凌辱される女性。マイノリティーへの視線。正統なる保守性。
とイーストウッドの映画はすでに幾度となく描かれた主題を再び繰り返す。この繰り返しの運動は大いに私に勇気を与えてくれる。
共和党支持の老人が、こういう映画を余計な重厚さに陥ることなく、軽いステップを踏むかのようなリズムで撮ってしまうのだから、やはりアメリカの保守は侮れない。思えば、ダーティー・ハリーも偉大なる保守主義者であったのだ。そしてかつての暴力主義者が今9.11を経て苦悩と内省の末選んだ道は、自己犠牲なのであった。
この憎しみの連鎖の断ち切り方は、例えば井上ひさし氏の『ムサシ』と比較するとき、より悲痛であるが故によりリアルに胸に響いてくる。
あるいは、これは憎しみの連鎖を直接に招いた国の映画人故に生み出せる皮肉な強度であろうか。

映画館では、同じ列で離れたシートに座っていた二十歳前後と思われる女子二人組みのひとりが、映画の終盤、あたりをはばからずにしゃくりあげだして、それがなんともうれしかった。私もまた涙が止まらなかったからだ。
見終えてからバーで飲んだウイスキーの美味いことといったらなかった。
いやはや、イーストウッドはまた傑作をつくってしまった。
『チェンジリング』。いやー、心臓ばくばくさせながら見ました。すっごいねー。偉大にして非凡なるオーソドキシーとでもいうか。
イーストウッドの文体はなんかもう神がかってきたなー。
このひと、どこまでいってしまうんだろうな。
すごい79歳だ。見習おう。
叩かれても叩かれてもめげない主人公。
そして、売春婦への視線。売春婦の描き方がイーストウッドってひとはうまいというか、暖かく描くんだよねー。自らがかつて演じたヒーローの暴力への贖罪と、男たちへの断罪なんだよね。
変わらないです。イーストウッドは変わらずに進化し続ける。
すばらしいよ!
もう涙ぼっろぼろでした。
深夜、京都のホテルで、テレビをつけたらたまたまトリュフォーの『アメリカの夜』が放映されてて、そのつもりはなかったのだが、つい全編見てしまった。
子どもの頃、見たが、今見るとびんびん響いてきて、子ども当時はあまり理解していなかったのではないかと思う。
こういうことはしばしばあって、若い頃、見たから読んだからといっても、それが本当に見、読んだことにはなっていないのではないか、と思う。
そういうわけだから、『突然炎のごとく』、『隣の女』とかも子どもの時見て感動したのだが、今もう一度見直したい。
トリュフォーの映画を初めて見たのは、上野の映画館で『野生の少年』。小学生の時でピーター・オトュールが主演の『チップス先生さようなら』と二本立てだった。
『チップス先生』のほうが目的だったのだが、『野生の少年』のほうが断然おもしろくて、トリュフォーの名前がガキの私に刻印されたのだった。

それにしても、わたくしめ、49才。まだ老いを考える年齢ではないが、母親のことなどあり、老いについて考察、思索してしまう日々ではある。
しかし、若い頃に戻りたいなどとはまったく思わない。
20代、30代など苦しいばかりだった。
などと思うのだが。
ストローブ=ユイレの編集作業を撮ったペドロ・コスタの『あなたの微笑みはどこに隠れたの?』を見る。
まあ、もちゃもちゃ編集しているふたりもふたりだが、それをじっと撮ってるペドロもペドロだし、そのDYDを買ってじっと見ているやつも見ているやつだ。
お詫びと訂正。
「素浪人 花山大吉」のタイトルが一部間違っておりました。関係各位に訂正とお詫びをいたします。
「自分で自分を探していた」
「棺桶かついで笑っていた」
でした。
そいで、
「死んで花実が咲いていた」
と続いて、昨晩のが、
「坊さんまるまる損をした」
で、来週が、
「その一言に弱かった」

なんか夜中日々見てて疲れてきたが、やっぱり見てしまう。
近衛十四郎の笑顔がたまらなくいい。
子供の当時は、この前身「素浪人 月影兵庫」ってのも見てて、こっちは近衛十四郎は黒っぽい着物で、花山より少しまじめふうだった印象がある。
それにしても花山大吉、たまにしゃっくりがとまらなくなって、酒を飲むと治まるってのは、暗にアル中ってことなのだろうか。

で、いきなり話題は変わるのだが、ヴァレリオ・ズルリーニの映画のDVDが「高校教師」しか出てないってのは問題じゃないかなあ。
「激しい季節」とか「家族日誌」とか、このひと、人付き合いが悪くって結局九本しか撮ってないってんだから、全作DVD化、紀伊國屋書店さん、よろしくお願いします。
「アキレスと亀」を見たが、うーんと、だな、これは。
これでベネチア映画祭グランプリってのはできない相談ですよ。
なんか、監督、絶対これを撮る、撮らねばならないという衝迫力が希薄になっているように感じるのだが。
それにしてもミッキー・ロークの「レスラー」っての見たいな。

で、見終わって歌舞伎町でプロレス見て帰る。
思えば忙しい日だった。
人に薦められて、テレビ番組『ソプラノズ』をDVDで見始めたが、けっこうおもしろい。アメリカのテレビ・ドラマの質は高いねー。映画がドラマとして軒並みだめになってるのは、テレビ・ドラマのせいかもね。
ごりっとした映画が観たい。ペドロ・コスタの新作とか見たいが、この手のは渋谷あたりでひっそりやっててひっそり終わっちゃうから、いつも見逃してしまう。新宿、吉祥寺あたりでやってくれるシアターが出来るといいのですが。

書く日々。やや頭がおかしくなってきた。
左耳が聞こえないというあゆが心配だ。
サンドウィッチマンがこれからやっていけるのかどうか、心配だ。上手の人は大谷亮介氏にちょっと似ている。

『セリ・ノワール』を見る。アラン・コルノーが監督で、原作が、ジム・トンプソン!の『死ぬほどいい女』だから、否が応でも期待が高まっていたが、まあまあだな。ラストにひねりが欲しいな。原作の小説のラストはすさまじいんだからさ。それにしても死ぬほどいい女ってどんな女なんだろって考えて、読んだ時は終日、死ぬほどいい女とつぶやいていた時期があった。

で、『ワニの涙』、第二稿上がる。
今三茶の映画館でペドロ・アルモドバルの「ボルベール帰郷」を見終えたところだが、なんとも素晴らしい。アルモドバルはまた女のドラマの傑作を撮ってしまったな。ヴァギナとペニスに関する科学的メロドラマである。すがすがしい夜なり。しなければならないことが山積みだが、今夜はこの余韻に浸っていよう。

帰宅する。
気が付けば、多頭飼いの世界である。