公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
左耳が聞こえないというあゆが心配だ。
サンドウィッチマンがこれからやっていけるのかどうか、心配だ。上手の人は大谷亮介氏にちょっと似ている。

『セリ・ノワール』を見る。アラン・コルノーが監督で、原作が、ジム・トンプソン!の『死ぬほどいい女』だから、否が応でも期待が高まっていたが、まあまあだな。ラストにひねりが欲しいな。原作の小説のラストはすさまじいんだからさ。それにしても死ぬほどいい女ってどんな女なんだろって考えて、読んだ時は終日、死ぬほどいい女とつぶやいていた時期があった。

で、『ワニの涙』、第二稿上がる。
今三茶の映画館でペドロ・アルモドバルの「ボルベール帰郷」を見終えたところだが、なんとも素晴らしい。アルモドバルはまた女のドラマの傑作を撮ってしまったな。ヴァギナとペニスに関する科学的メロドラマである。すがすがしい夜なり。しなければならないことが山積みだが、今夜はこの余韻に浸っていよう。

帰宅する。
気が付けば、多頭飼いの世界である。
『あるいは裏切りという名の犬』という映画を観た。
極上のフィルム・ノワールとまではいかないまでも、よかった。
老いた娼婦をやってるミレーヌ・ドモンジョが泣かせるねえ。
まあ、アラン・コルノーとまではいかないなあ。アンリ・ベルヌイユの新版ってとこかな。コルノーの『真夜中の刑事』とか『メナース』とかよかったよねえ。それとジャック・ベッケルの『現金に手を出すな』みたいなフィルム・ノワール観たいよねえ。あと初期のメルビルとか。
それにしても、『あるいは裏切りという名の犬』って邦題はけっさくだよ。原題は『36分署』みたいなもんだから、配給元がつけたのだろうか、最近の邦題ではダントツだよ。
昔は、配給元がいい邦題いっぱい考えてた。『旅情』とか『慕情』とか、『恋のエチュード』なんか監督のトリュフォーが原題よりいいって言ってたっていうじゃないの。
今は原題をカタカナにしただけで怠慢だぞ。
『ダイ・ハード』なんてわかんねえよ、『死んでたまるか!』とかにしろよ。
あと『マイアミ・バイス』ってのもわかんねえ。『海水浴刑事』にしろ。
あとちょっと古いけど『ナイン・ハーフ』なんてのも、わかりにくいから『やってばっか』ってのはどうだい。『オーシャンズ11』なんて気取りやがって『11人の泥棒』でいいだろ。『シリアナ』とか『シッコ』ってのは、まあそれなりに印象深いからいいか。
で、新作の劇のタイトルを『あるいは小夏という名の猫』って、そのままだろがっ。
このタイトルいろいろ応用できる。
『あるいはカワムラという名の馬鹿』
とか
『あるいは絶倫という名のちんぽ』
とか。
失礼しました。