公演情報
■ティーファクトリー
『4』
川村毅2012作・初演出
平成24年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、第16回鶴屋南北戯曲賞受賞作品
tf_4_a4-omote_200228.jpg 
【公演日】
2020/5/29(金)〜6/7(日)
【会場】
シアタートラム(三軒茶屋)
【作・演出】川村 毅
【出演】
今井朋彦
加藤虎ノ介
川口 覚
池岡亮介
小林 隆
http://www.tfactory.jp/
・京都芸術劇場 春秋座
2020/6/13(土)〜14(日)
CD/DVD/BOOK情報
クリシェ書籍表紙.jpg
1,200円(税別)
――――――
2,200円(税込)
ーーーーーーー
¥2,200(税別)
ーーーーーーー
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
ジム・ジャームッシュの新作ゾンビ映画が公開中止になってしまった。延期なのだろうか。
ゾンビはまさに感染だから、この世界では不謹慎というわけか。
だが、不謹慎というのは個人の気分ではなかろうか。
そもそも興行とは個々人の気分に左右されるものだが、見ていない人間は何も判断できない。
個々人の気分を優先的に考えて、ここは公開して欲しいものだ。
たかだかゾンビ映画に構ってる場合か、不謹慎と非難されるだろうか。
恐らくとことんくだらない映画と想像できる。ジャームッシュの映画はどれも無意味でくだらなくて、それがいつも素晴らしいわけだが、こういうときこそ、疲弊した気分にとっては、一見不必要なものが重要だと思うが。

2020-04-03 12:20 この記事だけ表示
アニエス・ヴァルダの長編処女作『ラ・ポワント・クール』はロッセリーニの『ストロンボリ』、『イタリア旅行』を思い起こさせる。
ロッセリーニがヌーヴェル・バーグを導いたということをしみじみ確認できる。
私など『勝手にしやがれ』、『大人は判ってくれない』より前に『ラ・ポワント・クール』があるのを初めて知った。まだまだ知らないことがあるのだろう。知ったかぶりはできない。

『顔たち、ところどころ』はよかった。実によかった。
『アニエスによるアニエス』でも取り上げられていた浜辺のシーンは残酷なまでに美しいスワンソングだ。
そしてヴァルダの映画に現れる猫はいつも慎ましい存在感とパーソナリティを醸し出す。まさに猫である。
そして最後にあの男の存在が現れる。ネタバレになるので書かない。
「あの男」の存在が、この映画にヌーヴェル・バーグのスワンソングといった影を宿らせる。
『ダゲール街の人々』とともにヴァルダはドキュメンタリー劇映画が断然いい。

その後、同じ日、『シティ・ハンター』を観たのだが、吹き替えで唖然とし、隣の男がどうでもいいシーンでやたら笑うのでシラけて途中退出してしまった。
フレンチアクションコメディと聞いて、かつて大好きだったルイ・ド・フィネス、ジャン・マレーのファントマシリーズを勝手に期待したのだったが、笑いがほとんどアメリカまがいなのでがっくり。
吹き替えのせいもあるのかも知れない。フランス語でもちゃもちゃ、このくだらなさをやってくれていたらもう少しのれたのかも知れない。北条司のファンならば楽しい映画なのだろう。ごめん。お呼びでなかった俺が悪い。
あの、往年のファントマ映画を映画館で観たい。

2020-03-13 15:32 この記事だけ表示
ダゲール街の一角で開かれるマジックショーの場面があって、いかかがわしげなマジシャンが披露するネタはほとんど今となっては素朴なのだが、剣を腕に貫通させて血がどばどば出るマジックは思いの外、リアルで目をそむけてしまった。
あの仕掛けはどうなっているのだろう。
2020-02-27 14:01 この記事だけ表示
『ダゲール街の人々』は意図された、あるいは演出されたドキュメンタリー、すなわち撮る側の意志があらかじめ明確なドキュメンタリーとして(それはドキュメンタリーとは呼ばないという議論はさておき)実に素晴らしい。
時代は1975年、この時はパリ、ダゲール街のみならず、東京でもまだ住居と店頭が一緒である小売店、肉屋、魚屋、八百屋、団子屋、時計店、個性あふれる店が界隈にひしめいていた。
私にとっては北区田端の動坂の商店街、田端銀座がそれに当たる。
見る者たちは映画を見ながら自分にとってのダゲール街はどこだろうと考えざるを得ない。そこが面白い。

続けて『アニエスによるヴァルダ』を見る。
まあ、これが90歳の遺作とはなんと見事に完結した一生、出来すぎの幕引きだろうか。
ラスト近くの浜辺の砂の上に置かれたドュミと自身の映画賞のブロンズ、それにヴァルダの声が重なる。
「数々の賞を取った。残るのは空しさ…」
砂嵐に消えていくヴァルダ。
お見事。
ヴァルダにとっての浜辺のような場所とは、自分にとってはどこだろうとまたここで考える。
森だな。
鬱蒼とした木々のなかのぽつんと空いた空間。
2020-02-27 13:49 この記事だけ表示
とにかく脚本が巧みだ。時折ベタすぎる小アクシデントによる展開が気になるが、まあ次々に繰り出してくるドラマの波のエネルギーが凄い。
もちろん演出も黒澤明を彷彿とさせる骨太ぶりが、ドラマの荒波をしっかり支える。
脚本も演出も情緒に頼らない構築力で、それが国境を越えるのだろう。
しかしもう一点気になるところを挙げると、この家族の仲の良さ、団結力である。
まあ、ここからヒューマニズム溢れるラストが導かれ、万人受けという成功が獲得されたわけだが、この家族の結びつきは非現実的に思える。みんな、物分かりがいい。
そして見事に悪役がいない。富裕家族も悪意を持って描かれてはいない。
ここらあたりもマジョリティに受け入れられた要因だろう。
2020-02-16 12:04 この記事だけ表示
夫婦(元夫婦)のすさまじい罵り合いシーンはリアリティがあり、ベルイマンの『ある結婚の風景』を彷彿とさせる。

で、舞台監督問題だが、映画監督という言葉があるから無知な素人は舞台を演出する人間を舞台監督と思うのだろう。
それに似たことで劇作家は劇作家であって脚本家ではない。広義では合っているだろうが、脚本家は映像畑、シナリオライターのことだとみなしておくのが、お互いの仁義というものだろう。以前、日本映画で戯曲作家などという名称を使っていたのにも出くわしたことがある。ならば小説家は小説作家だとでもいうのだろうか。
2019-12-25 16:17 この記事だけ表示
ノア・バームバックの映画は『イカとクジラ』が面白くて、次の『フランシス・ハ』も見て、これもそこそこ面白かった。
で、新作『マリッジ・ストーリー』を見た。いいですよ。面白いですよ。
でもね、離婚に際して裁判所で裁判官が、「事情はわかりましたが、裁判はあなた方より悲惨な状況にある方々がやまほど待っているので。それに比べればあなた方夫婦は恵まれているほうで…」といったようなこと言うのだが、この台詞に共感した。
子供の親権は重大事だが、所詮恵まれた白人のおふたりの話しですよ。
男はマッカッサー天才助成金を貰っているし、女は監督として成功するしで。
あいだに挟まったアホ面の子供のこれからが心配です。
ま、バームバックという人の映画には身近なことしか描けないという決意が感じられるから、これはこれでいいが、スパイク・リーに言わせると、所詮白人至上主義映画ですよ。スパイク・リーは言ってないけど、言いそうなこと、ということで。
ところで、日本語字幕がひどい。舞台を演出することを「監督」と訳しているし、「演出家」をなんと「舞台監督」と訳している。
舞台、演劇に無知な方がやるとこうなる。

ノア・バームバック、ウエス・アンダーソンは仲がいいらしく、ピーター・ボグダノビッチのことが好きなようだ。
ピーター・・ボグダノビッチはサミュエル・フラーと仲がよかったようで、ここいらのアメリカの映画監督は実にいい。
まあ、白人至上主義を免れているのは唯一フラーだと思うが。

そこでボグダノビッチの『ラスト・ショー』を再見したが、実によかった。初見は中学生の時でさっぱり良さがわからなかった。
アメリカの崩壊の過程をテキサスの田舎町を通して実によく描いている。
タンブルウィードが転がる砂嵐の視界不良のせいで、精神薄弱の少年ビリーがトラックに轢かれてしまうシーンにははっとさせられた。
タンブルウィード、砂嵐は西部劇のある種の醍醐味であり、それがもう少年が轢死する原因にしかならないという絶望だ。
このようにしてアメリカは弱者を排除していくことになる、という象徴的なシーンだ。
まあ、若いうちにこれほど感傷を描いてしまったボグダノビッチは、さぞやその後創作に苦労するだろう、現実に映画製作には苦労したようだ。ボグダノビッチは現在80歳だ。
2019-12-25 15:21 この記事だけ表示
ホアキン・フェニックスの上半身の裸は『タクシー・ドライバー』のロバート・デ・ニーロの肉体と被る。
この映画はほとんど『タクシー・ドライバー』へのオマージュだ。
だからジョーカーは功成し遂げてぷくぷくと肥えたデ・ニーロを殺さなければならなかった。
『ジョーカー』を見る前にほんと偶然にナサニエル・ウエストの小説『いなごの日』を読み、その映画化、ジョン・シュレジンジャーの『イナゴの日』を見た。
これもまた暴動で終わる物語だ。
時代の閉塞、停滞を暴動でご破算にしようというのは、ほとんど物語のクリシェだ。
これもたまたまBSで報道番組を見ていたら、映画『ジョーカー』と世界の暴動という特集をやっていて、映画と各国の暴動を連動させようとしていたが、何を馬鹿なことを伝えているのだろうか。香港のデモ参加者のなかにジョーカーのお面を被っている数名を挙げたりしているが、そんなもんはただのおふざけであろうし、何を重要視することがあるのだろうか。『ジョーカー』の暴動と香港のそれは本質的にまるで異質だろうが。
よくできた娯楽大作だが、たかだか、この程度の映画に興奮していてはいけない。
精神を病んだ人で金儲けしようというこの映画製作者たちの品性が嫌だ。
2019-11-29 13:40 この記事だけ表示
3時間20分、まったく飽きない。
新しいものは何もないが、演技、脚本、演出、キャスト、スタッフすべてがうまくいっている。気合いが画面から満ち溢れている。
傑作。
2019-11-27 18:19 この記事だけ表示
映画の前半でシャロン・テートが夫のポランスキーに読ませたいと、本屋でトマス・ハーディーの『テス』を買うシーンがあって、こういうところがタランティーノはいい。
ポランスキーはシャロンの死後、だいぶ経ってナスターシャ・キンスキー主演で『テス』を撮り、その冒頭に「to Sharon」とクレジットを入れる。
たぶん1982年あたりだと思う。クレジットに感動した私は『ラディカル・パーティ』という新作戯曲に高輪のテスというヒロインを登場させる。その奥方はシャロン・テートが乗り移ったようなキャラクターだった。
チャールズ・マンソン・グループのこの凄惨たる事件の時、私は小学生だったが、強烈な記憶として刻印されている。
大人の週刊誌に描かれた被害者の惨殺遺体のイラストを覚えているし、ロマン・ポランスキーという妙に蠱惑的、悪魔的な名前の響きがまた強烈で、その名前だけでポランスキーが好きになってしまった。そして、シャロン・テート事件は以後、ポランスキーのどの新作を見ても頭から離れなくなる。
ほぼ同世代のタランティーノがシャロン・テートを扱うと聞いた時は、ますますこの映画小僧に親近感を持ったが、結末は意外というより、「ぼくが撮るから大残酷になると予想したでしょ、でも」という自己言及性が感じられる。
この映画で一番感心したのは、当時そうだったと思われるロスアンジェルスの陽光の具合と空気感だ。光も空気も乾いている。
車の窓から差し込む光は、どこか、現在にはない、あっけらかんとした明るさがあり、その明るさは空虚感でもある。
とにかくみんなパカスカタバコを吸って、がぶがぶ酒を飲んで実にいい。
これは喫煙シーンを入れ込むだけで文句を言われる現在への批評として機能する。思えば現在とは窮屈な時代になってしまったものだ。
褒めるとすれば、タランティーノの映画人への愛とやさしさに満ちた映画ということになり、くさすとすれば郷愁以外何も無し、となる。
レオナルド・ディカプリオはジャック・ニコルソンに似てきた。怒った時の表情などそっくりだ。いいことだ。
2019-09-07 14:27 この記事だけ表示