公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
映画の前半でシャロン・テートが夫のポランスキーに読ませたいと、本屋でトマス・ハーディーの『テス』を買うシーンがあって、こういうところがタランティーノはいい。
ポランスキーはシャロンの死後、だいぶ経ってナスターシャ・キンスキー主演で『テス』を撮り、その冒頭に「to Sharon」とクレジットを入れる。
たぶん1982年あたりだと思う。クレジットに感動した私は『ラディカル・パーティ』という新作戯曲に高輪のテスというヒロインを登場させる。その奥方はシャロン・テートが乗り移ったようなキャラクターだった。
チャールズ・マンソン・グループのこの凄惨たる事件の時、私は小学生だったが、強烈な記憶として刻印されている。
大人の週刊誌に描かれた被害者の惨殺遺体のイラストを覚えているし、ロマン・ポランスキーという妙に蠱惑的、悪魔的な名前の響きがまた強烈で、その名前だけでポランスキーが好きになってしまった。そして、シャロン・テート事件は以後、ポランスキーのどの新作を見ても頭から離れなくなる。
ほぼ同世代のタランティーノがシャロン・テートを扱うと聞いた時は、ますますこの映画小僧に親近感を持ったが、結末は意外というより、「ぼくが撮るから大残酷になると予想したでしょ、でも」という自己言及性が感じられる。
この映画で一番感心したのは、当時そうだったと思われるロスアンジェルスの陽光の具合と空気感だ。光も空気も乾いている。
車の窓から差し込む光は、どこか、現在にはない、あっけらかんとした明るさがあり、その明るさは空虚感でもある。
とにかくみんなパカスカタバコを吸って、がぶがぶ酒を飲んで実にいい。
これは喫煙シーンを入れ込むだけで文句を言われる現在への批評として機能する。思えば現在とは窮屈な時代になってしまったものだ。
褒めるとすれば、タランティーノの映画人への愛とやさしさに満ちた映画ということになり、くさすとすれば郷愁以外何も無し、となる。
レオナルド・ディカプリオはジャック・ニコルソンに似てきた。怒った時の表情などそっくりだ。いいことだ。
2019-09-07 14:27 この記事だけ表示
新作公開にあわせてケーブルテレビでクエンティン・タランティーノの特集をやっていて、今回再見したのは、『レザボア・ドッグス』、『ジャッキー・ブラウン』、『デス・プルーフ』、『イングロリアス・パスターズ』だった。
映画小僧(シネフィルでなく映画狂でもなく映画ファンでもなく)にとってタランティーノのファンになるのは簡単なことだから、ファンは自称しないが、1992
年オーストラリアのアデレード国際演劇フェスティバルで『マクベスという名の男』を上演した際、現地の方々から『レザボア・ドッグス』の影響などを質問され、当時はなんのことやら知らずにいたら、その後まもなく『パルプ・フィクション』が日本公開されて、『レザボア・ドッグス』を見てなるほどと合点した。
当時は時系列そのままに展開しないストーリー運びがかなり新鮮だったが、今となるとこうしたスパイスはあちらこちらで見られることになったので、ちょいと旧さを覚える。
『ジャッキー・ブラウン』は今回再見して圧倒的によかった。
公開当時は、ボビー・ウーマックの「110番街交差点」に乗ってパム・グリアが歩く横顔を移動撮影するという出だしが、もうクール極まりなくて、もうこれで十分と後はほとんど寝ていた。この映画は派手な銃撃戦がなく、タランティーノの新作というので期待した多くの観客を裏切ったものであり、自然と私も眠ったのだが、これは今確認するとすぐれたバラードである。
主要登場人物がほとんど五十代の初老であり、半ば人生を諦めつつも、あがいてもがいて生きている。
刑務所から出たばかりとという設定のロバート・デニーロ演じる男は新たな犯罪計画現場でへまばかりをして、ヤク中のブリジット・フォンダ(目から額のあたりが親父のピーター・フォンダとそっくり。ピーター・フォンダはこのあいだ亡くなったなあ。合掌。)に馬鹿にされ、かっとなって虫を潰すように殺してしまい、自身もサミュエル・L・ジャクソンに同じく虫けらのごとく殺される。
その時にジャクソンがデニーロに放つ台詞が泣かせる。
「あんなにシャープだったおまえが今はどうして」
そう、タランティーノの映画で人はみんな虫が手のひらで潰されるように殺され死んでいく。派手な銃撃戦がないと芯にある無常観が露わになる。
タランティーノが『座頭市』ゃ『子連れ狼』で学んだのは無常観ではなかろうか。
パム・グリアとロバート・フォスターの最後の別れも泣かせる。共に高飛びしないかというジャッキーの誘いをこの保釈保証業者といういかがわしい職業の57歳は、そういう若いことはもう手遅れだという表情で断るのである。
ひとり空港に向かう車でハンドルを握る、ジャッキー・ブラウン。ラジオからは「110番街交差点」が流れ、涙を滲ませたジャッキー・ブラウンはやがて静かに「110番街交差点」の歌詞を口ずさむ。
なんともバラードである。
タランティーノはこの映画が一般大衆に受け入れられなくてさぞ落胆したと想像する。しばらく映画製作には沈黙を保ち、六年後『キル・ビル』を発表し、てめーたちゃよーするに人がたくさん殺され死ねばマンゾクなんだろーが、と開き直って大殺戮を描き、思惑通り復活を果たすのである。

2019-09-05 14:18 この記事だけ表示
ジョン・ウォーターズは自分の恥ずかしい趣味をアート映画好きとして数本の映画を挙げている。そのなかにはかなり私と被る映画があって、にやにやしてしまう。
先日、ウォーターズの『ア・ダーティー・シェイム』を見たが、ほっておくと私もこういう舞台をやりそうだ。困ったものだ。
ウォーターズは好きな映画に『テオレマ』、『インテリア』、『マドモアゼル』と共にブレッソンの『湖のランスロ』を挙げている。
定期的に私はブレッソンに帰還する。がちゃがちゃしたものにうんざりしてブレッソンに立ち返る。
いやいやウォーターズの映画に嫌になってという文脈ではない。

ブレッソンの『バルタザールどこへ行く』は生涯の数本のうちに入る。
『抵抗』、『スリ』、『田舎司祭の日記』、『ジャンヌ・ダルク裁判』、『少女ムシェット』と共に『バルタザールどこへ行く』は虐げられし者の原理的な詩である。
形容詞がほとんどない、記号で刻まれたような詩である。単純で深いのである。
ブレッソンの映画を見ると、深いという意味の深さがしみじみとわかる。
ジャン・ピエール・メルビルの映画にもそうした思いが強い。
メルビルはブレッソンの『田舎司祭の日記』の文体は自分の『海の沈黙』が先だと断言している。
深く理解できる。
メルビル/ブレッソンである。メルビルのギャング映画を見ると落ち着いた気分にさせられるのもこのあたりにあるのだろう。
『サムライ』はアラン・ドロンの映画のなかでベストである。
2019-08-17 13:45 この記事だけ表示
思うにドキュメンタリーには、いい意味でだらだらした緩い時間が必要なのだ。
テレビよりラジオが刺激的で自由なのは、だらだらと緩い時間が可能だからだ。
テレビは死んでいる。
2019-08-02 14:38 この記事だけ表示
およそ4時間のドキュメンタリーだが、まったく飽きなかった。語られる話に聴き入ってしまう。ひとりひとりの話、レクチャーを過不足ない長さで編集している。例えばこれが日本のテレビだと、ディレクターが重要とみなす二、三言で切る。その前後に語られたことは無惨に無視される。
優れたドキュメンタリーは長くならざるをえない。小川紳介、土本典昭を観よ。

ニューヨーク私立図書館は、かつて短編『マスクマン』を書いた場所でもある。私のお気に入りである。
ホテルが近かったせいもある。朝飯後、ブライアントパークをぶらぶらして、図書館のフリースペースに向かった。
ノートに万年筆で『マスクマン』を書いたものだった。旧い建物で広々とした天井の高い部屋は、相性が良かったのか、筆が進んだものだった。
2019-08-02 12:14 この記事だけ表示
映画月刊誌「映画秘宝」8月最新号にわたくし、ロバート・オルドリッチについて書いております。興味ある方はお手にとってください。
2019-06-21 22:02 この記事だけ表示
GW後、ドキュメンタリー映画を三本見た。
『主戦場』はGW中のこのこ行くと満席だった。いやはやと、チケットを別日で予約した。
実に面白い映画だった。ジャーナル・ドキュメンタリーとでも呼びたいこの手法の映画はアメリカではけっこうあるようで、マイケル・ムーアゼミの出身者の面々と言いたくなる。
かつて舞台演出をやっていたニューヨーカー、ジョシュ・フォックスも今や映画監督となってトランプ政権を批判するジャーナル・ドキュメンタリーを撮っている。
さて『主戦場』だが、小気味よいテンポでぐいぐい引き込まれて、あっという間に見終えてしまう。しかし、気をつけなければならないのは、インタビュー映像が切り取りであることだ。当たり前のことながら、編集という撮り手サイドのフィルターが掛けられていて、さらに最後に叩き出された結論が性急過ぎる。
私は安倍政権支持者ではないが、映画というのは、語り口が上手いと、やすやすと語られる「真実」に乗せられてしまうので、中身の主張とは別次元で、怖い。
ジャーナル・ドキュメンタリーで重要なのは語られることより、語り口だ。

『新宿タイガー』は新宿のかの有名人、新聞配達員タイガーを素材にしたドキュメンタリーだ。まさかこうも簡単に素顔を開陳してしまう人とは知らなかった。全共闘世代、ゴールデン街、こだわりの人、稀代のロマンチスト。
とまあ、けっこう私、苦手タイプみたいだが、会うといい人なんだろね。

『ビル・エヴァンス』もノコノコ出かけたら満席で、GW後に日を変えた。
よかったです。クラプトンのドキュメントより語り口が慎ましやかでいい。
2019-05-20 12:45 この記事だけ表示
ゴダールの『映画史』で映画は断片で見るのが、一番楽しいと教えられたものである。確かにストーリーだテーマだ感動だと垂れ流される以前の断片は、どこか裸の映画とでも呼びたくなる。
今回は断片の多くに加工がされて原映画が不明な故、無意識の流れというか、意識無意識の表象が映画の断片によってしか表せなくなった人間の脳内イメージというか。
こんな映画ない。勇気をいただく。
ジャン・リュック・ゴダール、88歳。クリント・イーストウッドと同い年。ふたりを思うと、私にはまだまだ時間がある。

2019-05-02 11:58 この記事だけ表示
クリント・イーストウッドは『スペース・カウボーイ』、『グラン・トリノ』とすでにジジイファンタジーの傑作をモノにしているが、今回のジジイファンタジーはまた格別である。イーストウッド88歳、掛け値無しのジジイだからである。まあ、色々なおかしみが各所に散在している映画だ。
この老人が、ポリティカル・コレクトをまるで無視しており、そうした老人をジェームス・スチョアートに似ていると人に言わせるところがケッサクだ。ニグロ、ダイク、タコス野郎とか平気でのたまう。
『グラン・トリノ』のマイノリティへの視線がここでも、さりげなく描かれる。
無論ジェームス・スチュアートらしさはイーストウッドの立ち姿の意味だ。少し丸まった猫背の背中が確かにスチュアートっぽい。イーストウッドの背広姿はクールだが、丸くなった背中に涙が出る。ラストのクレジットロールで見つけるまで気がつかなかったアンディ・ガルシアも泣かせる。太り様に過酷な人生を思わせる。
仕事人間だった男が老境、家族の絆に目覚めるという、どうということないストーリーだが、イーストウッドがやっているので許せる。
老人の女遊びのシーンがある。さすがにその詳細は描かれない。88歳がふたりの女を相手にするのである。
ふぁんたじい!
2019-04-03 12:25 この記事だけ表示
ファスビンダーの『13回の新月のある年に』と『第三世代』を見た。『13回』が愛の原理で『第三』が情動の原理とでも言えばいいのだろうか。
これまで日本で未上映でDVD化もされていなかったのは、その原理の強度故の難解さを危惧されてのことなのだろうか?上映された今となっては、そんな問いはどちらでもいいといえばいいが、果てしなく幼稚になってしまった現在における、「わかりにくい」「わかりやすさ」を巡る低級な言説にあえて乗るとすれば、二作とも難解故に批判されるとしたらお門違いも甚だしい。第一に、この映画たちは難解ではない。第二に、難解だとしても、それは映画のせいではなく、人間の人生を描くという無謀な行為においては至極当然だということだ。わかりやすい人生があるものか。あったとしても、それは難渋さを突き抜けた境地につぶやくことのできる、わかりやすさだ。
そうしたわけで、この二作を咀嚼するには、ファスビンダー原理丸出し故の噛みごたえがあり、口当たりはよくない。
しかし、口当たりのいい映画ばかりの昨今、ファスビンダー原理に、しかも映画館で接すると本当にうれしい。今はどこもかしこもセンスのいい映画ばかりだ。思想とセンスが同線上でしのぎを削り合う映画はなくなってしまった。今やある映画を褒めるということは、思想の存在をはなから諦めてセンスの強度にとりあえず満足する素振りを見せることに他ならない。
老婆心ながら注釈しておくと、思想とは政治的スローガン、社会的メッセージを意味するものではない。
まあ、しかし、映画は40年前のものをこうしてきちんと見られるのだからまだいい。
新しく開場されたアップリンク吉祥寺で見た。味気ないシネコンに寄るでもなく、カルト・シアターに安住するでもない、その造りがいい。

さて、ファスビンダーに久しぶりに接して、演劇人クリストフ・シュリンゲンジーフのことを思い出した。去年の八月、イメージ・フォーラムで『フリークスター3000』、『友よ!友よ!友よ!』、『外国人よ、出て行け!』を見た。後の二作はシュリンゲンジーフの行為のドキュメンタリーである。いずれ、これらのことを長文で書きたいと思っている。相当厄介である。が、今となっては単純とも言える。厄介なのはやはり時の経過であって、例えば『友よ!』で開設されたシュリンゲンジーフ主導のホームレス・シェルターは現在どうなっているのだろうか、ということを知らされなければ論じることができない。
『外国人よ』で撮られた難民申請者コンテナは、天井桟敷の市街劇『ノック』の進化型であるが、難民申請者たちが本当のその人たちであったのか、仕込みであったのかあたりを知りたいところである。現地及び研究者のあいだではそれらのことは了解済みなのであろうが、私は知らない。そこらへんの事情などを上映に併せて、どなたか語ったり書いてくれればいいものを、この手のものを手がける人種はやたらもったいぶって情報を小出しにしか知らせない。
それにしても、『外国人よ』で映された市街劇というか「演劇」も、今となっては、こうしたものがまだ成立し得る時代であったという意味合いで、どこかのどかに見えてしまう。
2019-02-15 14:15 この記事だけ表示