公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
『ミッション・インポッシブル』の新作、いやあ新世紀バスター・キートン、その名もトム・クルーズ、変わらず快調に走ってますね。
前作ローグネイションと同様、スリルのあからさまな古典をやっていて、良い!
なんたってラスト・スリルが時限装置だもんね、泣かせる!
でも前作のほうが古典作法がしっくりいってたな。
2018-08-21 19:23 この記事だけ表示
やっと見た。新宿の映画館には上映1時間前に着いたのだが、すでにほぼ満席で最前列しかなく、久々にスクリーンを見上げて見た。
ストーリーを聞いた時から私は漠然と大島渚の『少年』を思い起こしていた。あの映画の一家(確かこちらは本当の家族だったと思う)も疎外された存在だった。
『万引き家族』で雪だるまが出た時に、やはり『少年』への眼くばせがあると思った。最も今回の映画では雪だるまはそう重要ではないが。
さらに男女が下着姿で素麺を食べるうちに欲情するシーンに今村昌平を思った。シュミーズ姿がさまになる女優はそうそうはいない。
またリリー・フランキーの箸の持ち方が秀逸だ。演技でなく、本物なのだろうか。
『空気人形』を見た時、この監督はにっかつロマンポルノを勉強していると感じたが、今回の映画でも先輩監督への眼くばせがあり、それが心地よい。
きれいごとがまったくない映画で、見ていて本当に心地よかった。
2018-08-20 18:46 この記事だけ表示
ジェームズ・キャグニー主演のミュージカル『ヤンキー・ドゥードゥル・ダンディ』を見た。
まあ、驚いた、驚いた。
まずキャグニーがこれほどダンスがうまいとは知らなかった。ブロードウェイ・ミュージカルの原型を作ったとされるジョージ・M・コーハンの伝記映画で、フレッド・アステアが断ったのをキャグニーが引き受けた役だという。つまり、キャグニーはアステアと同レベルの踊り手だったのである。
あとでキャグニーがボードビル出身と知って、なるほどと合点した。世の中にはまだまだ知らないことがたくさんある。

しかし、真に驚いたのは実はこのことではなくて、この音楽映画が臆面もない国威高揚映画であることだった。
製作年は1942年、映画が説くのは、まさしく悪い日本人征伐のための「よい戦争」への銃後を含めての賛同と参加推進である。
映画は、ラスト、兵士の行進シーンで終わるが、彼らはまさしく太平洋戦線に向かわんとする米兵である。
こうしたことは置いておいて、キャグニーのダンスの才に瞠目すべし、といった見方もあるが、別物ではないと私は見る。
物語のなかで描かれたイデオロギーは画面、舞台すべての要素が請け負っている。
だから、これもラスト近くの、ルーズベルト大統領から勲章をもらって喜色満面の主人公がタタタと官邸の階段を下りるあのリズムは、戦場での小銃の銃声なのだ。唖然と口を開けて見入ってしまうアメリカ愛国、ナショナリズム映画だった。能天気に傑作ミュージカルなどと言っていられるものか。
津野海太郎氏の『ジェローム・ロビンスが死んだ』によると、当時キャグニーは非米活動委員会から目をつけられていて、自分は共産党シンパではないと証明するためにも、この映画に出る必要があったという。かの赤狩りから逃れるためというわけだ。
まあ、理解はできますがね。というのは自分だってそういう立場になればそうするかも、という意味合いで理解というのだが、無政府主義的ギャングスター、キャグニー像が彼の全体像ではなかったことを知って見方を変えさせられた。
ブロードウェイという場所の本質もまた、単純さ故に複雑だ。
ショービズはかくも簡単にイデオロギーと結託する。
資本主義と政治は常に兄弟杯を懐に隠し持っている。
ブロードウェイだ、ウエストエンドだかには気をつけろ。

だから演劇をベルリンで学べ、というのがドイツ演劇(ベルリン演劇)至上主義者達の、相も変わらぬ挑発だが、こうした念仏にも聞き飽きた。日本はドイツではない。
と飛躍してしまったのは、ここ数日イメージフォーラムで、シュリンゲンジーフを見ているせいだ。

2018-08-09 14:43 この記事だけ表示
イメージフォーラムでシュリンゲンジーフが連続上映されている。今日『ボトロップの120日』を見た。ファスビンダーとパゾリーニへの愛に満ちた見事なゴミ映画である。このトラッシュテイストにはさまざまな既視感がある。
野放しにされた私もまたやりかねない悪ふざけである。
2018-08-05 20:02 この記事だけ表示
この映画、ほんっと見ている最中、気分悪くて、胸糞悪映画とはよくぞ言ったもので、人には決して奨めないが、力のこもったいいものだ。この手の映画、ってどの手かというと、徹底したアンチヒューマン故の真実を露骨に露出させる映画は、日本では絶対受けないものだ。こういうものに接するとヨーロッパがあって良かったとつくづく思う。
虚飾によって成り立つ家庭の崩壊は、物語の定型の一部であるが、半端なくやってくれると新たな貌で迫ってくる。絆と口にすれば安心する日本はとことん毛嫌いする光景だろう。
さて『万引き家族』はいかなる家族を見せてくれるのだろうか。まだ見ていない。楽しみだ。
しっかしニコール・キッドマン老けたなあ。
2018-06-09 14:19 この記事だけ表示
がっかりした。
冒頭のカーチェイスから、あーあとうんざりした気分になった。いかにもありがちだからだ。
がっかりしたことをわざわざ書かなくてもいいのだが、書かなければと使命感に燃えてしまうのは、この映画が致命的なことをやってしまっているからだ。
それは前作で死んだ主人公級の登場人物をのうのうと生き返らせていることだ。
これはシリーズ物として続けていく上でやってはいけないのではないか。
これが許されるのなら、抹殺した悪玉も次回で活躍する可能性があり、倒すか倒されるかで手のひらに滲ませた観客の汗にどう落とし前をつけてくれるのか。

1970年代に大ヒットしたパニック物『ポセイドン・アドベンチャー』に主演したジーン・ハックマンは来日の折り、この映画の続編の出演依頼を断ったいきさつをインタビュアーの淀川長治に語ったことがある。映画で死んだ主人公が実は生きていたと始まるストーリーに納得いかなかったという理由だ。それを聞いた淀川長治は「あんたはエライ」とハックマンを褒めた。
そういうことだ。
それがシリーズ物、続編作りの仁義というものだ。
2018-02-23 14:39 この記事だけ表示
アラン・レネの『二十四時間の情事』は今見直すと、非常に図式的でわかりやすい映画だ。そのわかりやすさはラスト、男女が各々の戦争体験の街の名前で呼び合うシーンに象徴されている。わかりやすくて笑ってしまうようなラストだ。

フランチェスコ・ロージの『シシリーの黒い霧』も子供の頃見て以来の映画だが、これほどまでにまっとうなネオ・リアリズモだったんだと今更のように驚く。『黒い砂漠』もまた随分と見ていない映画だ。再見したい。

ディック・リチャーズの『さらば愛しき女よ』もまた、子供の頃熱狂した映画だ。フィリップ・マーロウ役のロバート・ミッチャムが、「年を取った」とつぶやく冒頭に痺れた。シャーロット・ランプリングとけだるいテーマ曲に当時は痺れまくった。
そして現在見直してみると、チャンドラーを相当に読み込んだと自負する身にとって、ミッチャムのマーロウ像は年を取り、疲れすぎている。当時のミッチャムに当ててそういう設定にしたと推測するが、この映画のミッチャムは本当に疲れて見える。アルコール疲れをしている顔つきだ。
そしてラストの、殺された男の、白人と黒人のハーフの遺児に事件決着の報酬を与えようとするマーロウには違和感を覚える。黒人と結婚して社会から疎遠になっていくという登場人物は確か小説にはないはずで、こういう設定の人物を作り上げるところが、製作時1975年という時代を感じさせる。このとってつけたようなリベラル感がチャンドラーの世界にそぐわない。

伊藤大輔監督、大川橋蔵主演の『この首一万石』という映画は初めて見たのだが、うわっ傾向映画!とかけ声を放ちたくなるような反乱劇で、その臆面のない傾向ぶりに驚き、堪能した。久しぶりに竹中労の『傾向映画の時代』のページをめくってみた。伊藤大輔の長いインタビューがある。
いやはや見ていない映画がやまほどある。

アンリ・ヴェルネイユの『冬の猿』もまた堪能した。ジャン・ポール・ベルモンドが酒場でやるピンコとビールのハーフというのを今度試してみようと思う。そしてなんといってもジャン・ギャバンである。老人という役柄だが、この映画に出た時のギャバンは58歳である。今の私と同い年である。なんという堂々とした老人っぷりであろうか。私も、柄本さんと同い年ぐらいですかと聞かれてむっとしたりせずに、恥知らずなまでに老人をやって周囲に迷惑をかけようか。

そして遅れた話題だが、『スター・ウォーズ・最後のジェダイ』。私はとりたててこのシリーズの熱狂的なファンではないものの全作品を見ており、前作のレイア姫の登場とラストに振り返った男、ルーク・スカイウォーカーに興奮してしまった人間だから、今回のルークの活躍には、ほんと、見ながら、生きていたのかマーク・ハミルと涙なくては見られなかった。
マーク・ハミルはルーク・スカイウォーカー以外にこれといった当たり役はなく、文字通り一発屋なわけだが、情報によるとルーク・スカイウォーカーのおかげで出演以後悠々自適の人生を送り、今回の出演には「『スター・ウォーズ』シリーズはすごい。なんたってぼくに年金もくれようというのだから」と素晴らしくクールなコメントをしている。いやあ、よくは知らないが、薬物依存とかならずによく生き延びていてくれたものだ。
そういうわけでマーク・ハミルが剣劇やってるだけで満足なので、映画自体が中盤まで退屈だったとか、結局さして面白くなかったとかは気にしない。ラストのタイトルロールに流されるレイア姫のキャリー・フィッシャーへの追悼の言葉にわっと涙があふれた。
2018-02-05 13:33 この記事だけ表示
テレビドラマの『ファーゴ』のシーズン3が終わったが、シーズン2で明らかに失速し、3は前作のテイストとコーエン兄弟のおよそどうでもいい哲学趣味をなぞったものにしかなっていなくて、がっかりした。
シーズン1はストーリーとキャラクターが躍動しまくっていた。予測不可能の殺人に驚愕、震撼したが、シーズンも2となると自然に見ているほうが予測可能になり、さらにキャラの中心に母親をボスとするギャング集団を置いたところで、妙に納得させられてがっかりする。
ギャング集団の行動において、殺人は予測不可能ではないからだ。
さらに、母中心の息子達の犯罪集団となれば、『傷だらけの挽歌』、『ビッグ・バッド・ママ』(アンジー・ディキンソン!)などが自然と思い起こされ、一瞬わくわくしたのだが、このクリシェとしての犯罪集団が、まさしくクリシェとして物語の躍動にうまく機能されない。
まことに残念だった。
シーズンも3となると、やたら映像をスタイッシュに凝るばかりで、ストーリーは踊らず、気の毒になってしまった。
要所要所で人を煙に巻く展開は、『ツイン・ピークス』の、曖昧さで謎解きカルト・ファンを産み出そうとする戦略のつもりだろうか?
コーエン兄弟がどのくらいまで中身に関わっているかはわからないが、『ツイン・ピークス』のムードとしての不条理とコーエン兄弟の、これもまたいたずらに人を煙に巻くだけの哲学談義の呪縛ばかりを感じるシーズン3だ。
気の毒だ。もうやることがなかったのだろう。

呪縛と言えば、『2001年宇宙の旅』の呪縛から、多くのSF映画は自由ではなくなってしまっている。
宇宙と未来は、ビジュアル・アートの開陳でしかなくなってしまった。
『ブレード・ランナー2049』がいい例で、映像作家たちの野心で、アンドロイドたちは消えてなくなってしまった。
どうだ、凄いだろ、きれいだろという映像を長々と見せられるだけのスクリーンは空しい。
2017-12-28 14:24 この記事だけ表示
まあ、いいですけれど、作り手が自己満足的にビジュアルアートをやり過ぎ。
アートの垂れ流しだから長くなる。1時間は短くできる。
まあ、いいですけれど。
2017-11-26 12:52 この記事だけ表示
カッコイイ俺様を見ろい!って映画。
この題材には監督以外の脚本家が必要に思える。ギャグと逸脱を控えてる分、尚更にそう感じる。
2017-11-25 16:26 この記事だけ表示