公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_kari1705.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/蘭妖子

7月前売開始予定!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
アラン・ドロンの映画で何本か挙げるとしたら、『サムライ』、『高校教師』、『パリの灯は遠く』の三本。ジャン・ピエール・メルビル、ヴァレリオ・ズルリーニ、ジョセフ・ロージーと、いい監督達との仕事である。『パリの灯は遠く』でアラン氏はカンヌでの主演男優賞を狙っており、取れずに大いに落胆したという。賞というものは狙うと取れない。

子供の頃、『レッド・サン』という大話題の映画があって、三船敏カ、チャールズ・ブロンソン、アラン・ドロン三大スター共演だからだった。大いに期待して見に行ってあまりのつまらなさに愕然とした。ドロンはちょろっとしか出ないし、ブロンソンが武士の三船の携帯する弁当のメザシを「不味い」と投げ捨てるシーンだけよく覚えている。
スター共演映画というのは大抵ハズレで、これも子供の頃、マーロン・ブランド、ジャック・ニコルソン共演の『ミズーリ・ブレーク』があったが、あまりのつまらなさに茫然とした思い出がある。監督がアーサー・ペンだから期待したのだが。『小さな巨人』と聞くとアーサー・ペンの映画のほうを思い出す。ダスティン・ホフマン主演の傑作だ。中身は全く似てないけど、長谷川、がんばれよ。

今夜はアラン氏の『チェイサー』を見る予定。
アラン氏は大抵映画の最後で死ぬが、今夜もそうなるのだろうか。
暑気、湿気、時差ぼけでほとんどぐたぐだで一週間が過ぎた。
いきなりだが、アラン・ドロン81歳が引退を発表した。スターチャンネルでは一年かけて全作品放映を企画している。アラン・ドロンが演じる、孤独でなにかしらの都合で銃弾を浴び、その傷をこじらせながら(なぜなら医者にいけない事情があるのだ。殺し屋だったりとか)ついには自己犠牲で死んでいく主人公たちが、私の少年期のヒーローであったことをまざまざと思い出す。ジャン・ポール・ペルモンドは明るすぎる。もっとも実生活でつきあうには圧倒的にベルモンドがいいやつだろう。フランス男優ではジャン・ルイ・トランティニアンのあの神経質な表情がいいですね。
アメリカ男優ではロバート・ミッチャム、リチャード・ウィドマーク、マーロン・ブランド、ジャック・ニコルソンなどが青少年期の憧れでしたね。
女優となると、ロミー・シュナイダー、ナタリー・ドロンなどでこのふたりはなんとアラン・ドロンが一度愛した女性達だ。なんという偶然!ってドロンを通して知ったのだけれど。

ドロンの引退映画はパトリス・ルコント監督作品ということで、そこそこの仕上がりにはなるだろう。最後の舞台もあるらしく、引退の花道を飾っての書き下ろしと聞いたが、作者はわからない。タイトルは『野獣の黄昏』。これだけ聞くとあまり期待できないが、これを見にパリに赴くという贅沢をしてみたいものだ。
ケン・ローチのl映画をこれまで一本も見ていない。
左翼の社会派というレッテルから積極的に見ようとは思わなかった。
ところが、監督80歳の渾身の作と聞いて映画館に向かったところ、慎ましやかな撮り方でありながら、画面から伝わってくる圧倒的な気合いに感動してしまった。何も新しいわけでもなく、ストーリーもまさにプロレタリア映画なのだが、教条的でないのがいい。
80歳の気合いに元気が出る。
ローチのこれまでの作を追ってみようと思う。
ドラマの感動とは、ストーリーや登場人物に自分と重ねることが出来る要素が多ければ多いほど強まる。
私は原爆の体験者でもなく、戦前戦中の世代でもないのに多くの方々と同様に心動かされた。
最後にタイトルロールが流れ出すと、ああ、こうして祖父祖母たちは、両親は戦争の時代を過ごしたのだなと思い、さらに思いは拡がって、これだけ破壊破滅の世界からよく日本人は生き延びたものだといった万感の思いが胸に去来した。広島に原爆が投下される前の呉市の空襲の挿話が効いている。呉市にこんなに空襲が遭ったということも驚きだが、東京の大空襲もこんなふうだったのだろう、これ以上だったのかも知れないと、一気に自分の生地の過去と重なってくる。祖父祖母、両親の人生を想う。
アニメの力がまた強い。ヒロインが実在の人間ではないから、ある種の抽象性を帯びていて、見る人それぞれの想像力の導入の幅が広い。実在の女優がやっていたとしたら、どんなに演技が上手い方でも、この抽象性には適わなかっただろう。
昨年はこの映画と『シン ゴジラ』と二本の国民映画が誕生したといっていい。
どちらも原爆と放射能と戦争が深く関係している。日本人の深層にはそれらが止みがたく刻まれているということだ。
ただ国民映画という呼び方には若干の批評性も含まれていて、日本国外では国内のような共感と賛辞はないかも知れないという保留が添えられている。
『シン ゴジラ』はまずアメリカ人には受けないだろう。無論『この世界の片隅に』もだ。
さらに他のアジアの国の方々はどう見るのだろうか?
多くの方々の感動に水を差す気はないが、黒澤明の『八月のラプソディ』完成時の記者会見でひとりの外国人記者が「日本の加害者としての立場はどうなのか?」と質問していた光景を思い出してしまう。
そういうふうに見る映画ではない、といった空気でその外国人記者の質問は穏やかに無視されていた。
『この世界の片隅に』にそうした質問が浴びせられたら、恐らく日本国民はやはり、つぶやくに違いない。
そういうふうに見る映画ではない。
その答えは正解だが、見る人によっては正解ではない。
そこいらへんが常に難しい。表現というものの難しさ。国民映画の限界もまた覚悟していなければならない。
涙をこぼしながらも、そう思ったのである。
『沈黙』を見た。三時間と聞いて、これはdvdでもipadでも見られないと思い、映画館へ向かった。
いやはや映画館で見てよかった。うちでdvdで見たとしたら、まあ途中でやめてしまっていただろう。ゆったりとしたリズムでしかも拷問シーンばかりだからだ。
スコセッシ、スタイリッシュな絵作りは抑えている。ところどころ溝口健二を思わせる。
私はおもしろかった。原作はかなり昔に読んだきりなので、よく覚えていないが、脚本がいい。お奉行と司祭の議論の中身が面白い。
およそ三時間、退屈せずに見た。映画館でしか見られないであろうと思わせることにおいて、まぎれもなくこれは立派な映画だ。

HBO制作の『ナイト・オブ・キリング』はテレビドラマというのに、いやはや渋く、ハードで驚いた。アメリカ映画の現在、映画製作は大作指向で、中身が複雑な人間ドラマはほとんどケーブルの連続テレビドラマが請け負っているという情報に納得させられる。
もっとも同じHBOの『ウエスト・ワールド』、『エクソシスト』は途中で見るのをやめた。両方とも元の映画のストーリーの水増しで、連続物として飽きる。

それにしても『沈黙』、日本人俳優、みんながんばっててよかったな。
『アイ アム ア ヒーロー』は優れたゾンビ映画でこのレベルのゾンビモノが日本映画で遂に誕生したことは喜ばしい。最近の日本映画の監督はみんな見せ方が上手い。ほんっと上手くて舌を巻く。しかも一人や二人ではない。これは日本のマンガが貢献しているように思う。原作の面白さのみならず、マンガのコマ割りの巧さが映画のカット割りに影響を与え、実にリズムのある展開を映画に及ぼしているということだ。
日本映画、エンタメ度は負けない。これでいい。しかし一方でかつてのATG映画の如き難解モノが恋しいわたくしである。

さて、年末まだゴタゴタあるが、メインは活字の荒野へと向かう。
OJシンプソン事件を扱った『アメリカン・クライム・ストーリー』はいやはや面白かった。
アメリカンはこういうエンタメ社会ドラマの作り方が上手いね。
検察側の女性検察官を演じたサラ・ポールソン、黒人検察官のスターリング・K・ブラウンが実にいい、上手い!
HBOのテレビドラマ『ウエストワールド』は鳴り物入りの放映だったのだが、いっこうに面白くならない。やたら凝ったシナリオが錯綜気味でわかりにくく、登場人物も複雑で躍動しない。創り手がカッコつけ過ぎなのだ。キューブリックにでもなったつもりかと悪態をつきたい。

映画『クリーピー』のつまらなさには、見終わって呆然とした。黒沢映画なので多少の事は目をつぶって敬意を表したいところだが、なんだか登場人物がみんなおマヌケ過ぎる。冒頭から刑事達は簡単に取り調べ中の容疑者に逃げられてしまう。主人公を含めて以後刑事達はサイコパスの家に無防備でのこのこ上がってっては簡単に殺害されたり、ヴェテランの刑事もまたのこのこ上がってって落とし穴にはまる。なんというおマヌケさ!
主人公の妻もまた男達に劣らずおマヌケで、感じの悪い隣人にわざわざ余ったシチューを持っていかなくてもいいだろう。おマヌケというか、ここでおかしいのは明らかに妻のほうで、もらう方はサイコパスでなくても、越して来たばかりの隣人の作ったシチューなど恐ろしくて口に出来ないだろう。つまりここは、おかしくなっていく妻の伏線ということなのかも知れないが、見ていると、なんたるおマヌケとつぶやいてしまう。
ラストはサイコパスもまたおマヌケでしたで終わる。
イタリアンホラーテイストに徹した『ロフト』のほうが、理不尽な展開にそれなりに釈然とした。
『クリーピー』は釈然としない。本格派のサスペンスを期待させるかのような装いだからだ。やはり最初から黒沢映画だからと思って見なければいけなかったのね。
ペドロ・アルモドヴァルの新作である。私にとって『ボルベール』以来だ。
よかったよねえ、『ボルベール』。
そして『ジュリエッタ』、母、娘、秘密ともうアルモドヴァルにとって手慣れたもの、
ほとんど手練れの作りだが、よかったですよ、よかった。
見終えてから強いスピリッツをしみじみ飲みたくなる映画ですよ。
女優達がまたイイ。アルモドヴァルの映画の女達は、傷つけば傷つくほど
深い美しさを獲得していく。本人達は冗談じゃないわよってくらい大変であろうが。
野球終わってしまって寂しいねえ。
黒田と大谷の投げ合い見たかったっす。昨日の日ハム、当人達も「あれ〜勝っちゃった」って感じじゃないの。

ベルイマンの自伝を大昔に買ったまま読まないでいたのを今頃読んだらえらく面白くて、映画を見直しているのだが、ほんっと変な映画だな。昨夜は『夏の遊び』を見て、今日は『ペルソナ』を四十年ぶりに見た。中学生の時に見た『ペルソナ』はそれはそれは強烈でトラウマになった。なるはずだと再認識した。
自伝に『秋のソナタ』の撮影時、イングリッド・バーグマンに「なんでこんな楽しくない映画を撮るの」と文句を言われたというエピソードが書かれているが、ほんっと楽しくない。こんなに楽しくない映画を撮り続けられたのは、ある意味奇跡だ。時代が良かったのか、スエーデンという地域の特殊性か。
とにかく今の邦画の漫画原作映画はみんな同じに見える。マーベルコミックのアメリカ映画も何本も見ていると、みんな同じだ。こういった状況だからパリあたりで北野映画がやたら受けるのだろう。畸形の映画だからね。ベルイマンの映画も畸形。残るものは畸形。