公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
この映画、ほんっと見ている最中、気分悪くて、胸糞悪映画とはよくぞ言ったもので、人には決して奨めないが、力のこもったいいものだ。この手の映画、ってどの手かというと、徹底したアンチヒューマン故の真実を露骨に露出させる映画は、日本では絶対受けないものだ。こういうものに接するとヨーロッパがあって良かったとつくづく思う。
虚飾によって成り立つ家庭の崩壊は、物語の定型の一部であるが、半端なくやってくれると新たな貌で迫ってくる。絆と口にすれば安心する日本はとことん毛嫌いする光景だろう。
さて『万引き家族』はいかなる家族を見せてくれるのだろうか。まだ見ていない。楽しみだ。
しっかしニコール・キッドマン老けたなあ。
2018-06-09 14:19 この記事だけ表示
がっかりした。
冒頭のカーチェイスから、あーあとうんざりした気分になった。いかにもありがちだからだ。
がっかりしたことをわざわざ書かなくてもいいのだが、書かなければと使命感に燃えてしまうのは、この映画が致命的なことをやってしまっているからだ。
それは前作で死んだ主人公級の登場人物をのうのうと生き返らせていることだ。
これはシリーズ物として続けていく上でやってはいけないのではないか。
これが許されるのなら、抹殺した悪玉も次回で活躍する可能性があり、倒すか倒されるかで手のひらに滲ませた観客の汗にどう落とし前をつけてくれるのか。

1970年代に大ヒットしたパニック物『ポセイドン・アドベンチャー』に主演したジーン・ハックマンは来日の折り、この映画の続編の出演依頼を断ったいきさつをインタビュアーの淀川長治に語ったことがある。映画で死んだ主人公が実は生きていたと始まるストーリーに納得いかなかったという理由だ。それを聞いた淀川長治は「あんたはエライ」とハックマンを褒めた。
そういうことだ。
それがシリーズ物、続編作りの仁義というものだ。
2018-02-23 14:39 この記事だけ表示
アラン・レネの『二十四時間の情事』は今見直すと、非常に図式的でわかりやすい映画だ。そのわかりやすさはラスト、男女が各々の戦争体験の街の名前で呼び合うシーンに象徴されている。わかりやすくて笑ってしまうようなラストだ。

フランチェスコ・ロージの『シシリーの黒い霧』も子供の頃見て以来の映画だが、これほどまでにまっとうなネオ・リアリズモだったんだと今更のように驚く。『黒い砂漠』もまた随分と見ていない映画だ。再見したい。

ディック・リチャーズの『さらば愛しき女よ』もまた、子供の頃熱狂した映画だ。フィリップ・マーロウ役のロバート・ミッチャムが、「年を取った」とつぶやく冒頭に痺れた。シャーロット・ランプリングとけだるいテーマ曲に当時は痺れまくった。
そして現在見直してみると、チャンドラーを相当に読み込んだと自負する身にとって、ミッチャムのマーロウ像は年を取り、疲れすぎている。当時のミッチャムに当ててそういう設定にしたと推測するが、この映画のミッチャムは本当に疲れて見える。アルコール疲れをしている顔つきだ。
そしてラストの、殺された男の、白人と黒人のハーフの遺児に事件決着の報酬を与えようとするマーロウには違和感を覚える。黒人と結婚して社会から疎遠になっていくという登場人物は確か小説にはないはずで、こういう設定の人物を作り上げるところが、製作時1975年という時代を感じさせる。このとってつけたようなリベラル感がチャンドラーの世界にそぐわない。

伊藤大輔監督、大川橋蔵主演の『この首一万石』という映画は初めて見たのだが、うわっ傾向映画!とかけ声を放ちたくなるような反乱劇で、その臆面のない傾向ぶりに驚き、堪能した。久しぶりに竹中労の『傾向映画の時代』のページをめくってみた。伊藤大輔の長いインタビューがある。
いやはや見ていない映画がやまほどある。

アンリ・ヴェルネイユの『冬の猿』もまた堪能した。ジャン・ポール・ベルモンドが酒場でやるピンコとビールのハーフというのを今度試してみようと思う。そしてなんといってもジャン・ギャバンである。老人という役柄だが、この映画に出た時のギャバンは58歳である。今の私と同い年である。なんという堂々とした老人っぷりであろうか。私も、柄本さんと同い年ぐらいですかと聞かれてむっとしたりせずに、恥知らずなまでに老人をやって周囲に迷惑をかけようか。

そして遅れた話題だが、『スター・ウォーズ・最後のジェダイ』。私はとりたててこのシリーズの熱狂的なファンではないものの全作品を見ており、前作のレイア姫の登場とラストに振り返った男、ルーク・スカイウォーカーに興奮してしまった人間だから、今回のルークの活躍には、ほんと、見ながら、生きていたのかマーク・ハミルと涙なくては見られなかった。
マーク・ハミルはルーク・スカイウォーカー以外にこれといった当たり役はなく、文字通り一発屋なわけだが、情報によるとルーク・スカイウォーカーのおかげで出演以後悠々自適の人生を送り、今回の出演には「『スター・ウォーズ』シリーズはすごい。なんたってぼくに年金もくれようというのだから」と素晴らしくクールなコメントをしている。いやあ、よくは知らないが、薬物依存とかならずによく生き延びていてくれたものだ。
そういうわけでマーク・ハミルが剣劇やってるだけで満足なので、映画自体が中盤まで退屈だったとか、結局さして面白くなかったとかは気にしない。ラストのタイトルロールに流されるレイア姫のキャリー・フィッシャーへの追悼の言葉にわっと涙があふれた。
2018-02-05 13:33 この記事だけ表示
テレビドラマの『ファーゴ』のシーズン3が終わったが、シーズン2で明らかに失速し、3は前作のテイストとコーエン兄弟のおよそどうでもいい哲学趣味をなぞったものにしかなっていなくて、がっかりした。
シーズン1はストーリーとキャラクターが躍動しまくっていた。予測不可能の殺人に驚愕、震撼したが、シーズンも2となると自然に見ているほうが予測可能になり、さらにキャラの中心に母親をボスとするギャング集団を置いたところで、妙に納得させられてがっかりする。
ギャング集団の行動において、殺人は予測不可能ではないからだ。
さらに、母中心の息子達の犯罪集団となれば、『傷だらけの挽歌』、『ビッグ・バッド・ママ』(アンジー・ディキンソン!)などが自然と思い起こされ、一瞬わくわくしたのだが、このクリシェとしての犯罪集団が、まさしくクリシェとして物語の躍動にうまく機能されない。
まことに残念だった。
シーズンも3となると、やたら映像をスタイッシュに凝るばかりで、ストーリーは踊らず、気の毒になってしまった。
要所要所で人を煙に巻く展開は、『ツイン・ピークス』の、曖昧さで謎解きカルト・ファンを産み出そうとする戦略のつもりだろうか?
コーエン兄弟がどのくらいまで中身に関わっているかはわからないが、『ツイン・ピークス』のムードとしての不条理とコーエン兄弟の、これもまたいたずらに人を煙に巻くだけの哲学談義の呪縛ばかりを感じるシーズン3だ。
気の毒だ。もうやることがなかったのだろう。

呪縛と言えば、『2001年宇宙の旅』の呪縛から、多くのSF映画は自由ではなくなってしまっている。
宇宙と未来は、ビジュアル・アートの開陳でしかなくなってしまった。
『ブレード・ランナー2049』がいい例で、映像作家たちの野心で、アンドロイドたちは消えてなくなってしまった。
どうだ、凄いだろ、きれいだろという映像を長々と見せられるだけのスクリーンは空しい。
2017-12-28 14:24 この記事だけ表示
まあ、いいですけれど、作り手が自己満足的にビジュアルアートをやり過ぎ。
アートの垂れ流しだから長くなる。1時間は短くできる。
まあ、いいですけれど。
2017-11-26 12:52 この記事だけ表示
カッコイイ俺様を見ろい!って映画。
この題材には監督以外の脚本家が必要に思える。ギャグと逸脱を控えてる分、尚更にそう感じる。
2017-11-25 16:26 この記事だけ表示
ポール・ヴァーホーヴェンの新作『エル』は面白い。実に面白い。
主人公のキャラ、語り口がいい。日本では受けないだろう。共感できる人があまりいないだろう。
カオスを生き抜く女主人公が素晴らしい。演じたイザベル・ユベールは相変わらず勇気がある。
ユベールといい、シャーロット・ランプリングといい、ヨーロッパの女優達は年齢を気にせず、素敵に過激だ。
ヴァーホーヴェンには『ブラックブック』という気合いに満ちた傑作がある。
ビザールな事物、ストーリーを華麗にぶちかますヴァーホーヴェン映画!
好きだ!
2017-11-03 12:40 この記事だけ表示
『何がジェーンに起こったか?』という映画は幼少期に見て、ほとんどトラウマのようになったもので、これを元にかつて私は『クリシェ』という劇を書いた。これはいずれ再演したい。
映画では、ベティ・ディビスとジョーン・クロフォードという二大女優の共演なのだが、このふたりがぶつからずにやり終えたのかねという興味と疑問がかねてよりあり、スカッとその問いに答えてくれるかのようなテレビ・ドラマが秋より放映される。
『フュード』といい、まさに『何がジェーン』撮影時のふたりの確執とケンカを描いたものだという。やはり、そうだった。仲良くやっているはずがない。
ベティ・ディビスをスーザン・サランドンが、ジョーン・クロフォードをジェシカ・ラングがやるという。
わくわく。ロバート・アルドリッチは誰が演じるのだろう?
わくわく。
ジョーン・クロフォードといえば、その養女の自伝をもとにした『愛と憎しみの伝説』という伝説の映画がある。
最近見たのだが、これももう幼少期に見たとしたらトラウマ確実の映画ですよ。
フェイ・ダナウェイが演じるジョーン・クロフォードが顔に化粧パックをしたまま、養子の少女を異常なヒステリーで叱るシーンの恐ろしさといったらない。
母という異常なヒステリー。なんだかデジャヴだ。わかる人にはわかるだろう。わからない人は幸福だ。
当時は大酷評で主演のフェイ・ダナウェイ、監督のフランク・ペリーはこの一作以後干されたという。
が、しっかりした映画だ。今見るとフェイ・ダナウェイの演技が凄すぎて笑える。日本のアングラ演技のようだ。
ただシナリオが弱い。あまりに養女視点であり過ぎる。

そんなこんなでこれから稽古だ。
映画のことを書いてる場合か。
2017-08-24 13:50 この記事だけ表示
『レッド・サン』を見直したが、悪い映画じゃない。キャスト、スタッフ、みんな頑張ってる。テレンス・ヤングというひとも、やはり軽視できない。
ジョン・フォードの『わが谷は緑なりき』も子供の頃見た映画だが、今見直すと、語り口の巧さに感動した。見事な省略話法である。子供時代はジョン・フォードより圧倒的にセルジオ・レオーネだったのだが、やっとフォードと出会える刻がきた予感がする。いや、正確に言えば、『捜索者』とか『リバティ・バランスを射った男』とかは大好きだった。殴り合いが正当化される故に嫌いだった『静かなる男』も今見直したい。
『ソイレントグリーン』を久しぶりに観て、リチャード・フライシャーに火がつき、『10番街の殺人』、『見えない恐怖』を観た。『10番街』のジワっとした恐怖のシブいことシブいこと。このプロ技に痺れる。『見えない』のキャメラワークに、ああ、これぞ映画と堪能する。即刻『センチュリアン』、『ラストラン』を見直したい。

アラン氏の『さらば友よ』も見直す。子供の頃観たが、さっぱり内容がわからなかった。ブロンソンとの派手なアクションを期待したところ、二人閉じ込められて裸になり、 脱出したと思ったらブロンソンは早々に捕まり、あくびばかりしていて、観ている方もあくびの連発だった。今回観て色々判明したが、脚本に根本的な不備があり、以前様々な謎を呼んでいる。確かに犯人の女二人がレズビアンということから、対比として男二人がゲイだという解釈が出来る。そう解釈するとブロンソンのドロンへの異様なまでのつきまといも理解出来るが、果たして現場でブロンソンはそれを納得して演じていたのだろうか?
アラン氏のラストの叫びもまた様々な解釈を呼ぶ。
なんだかんだと面白い映画ではある。観て損はない。
冒頭数分の、船から降りて来るドロンとブロンソンを追うシーンの演出、キャメラワーク、そして音楽が実にカッコいい、クールだ!傑作の予感をここで覚えるが、そこまではいかない。ストーリーが展開すると停滞する。展開すると停滞するという謎の深い映画である。

マイケル・ウィナーの映画も見直したい。アラン氏とバート・ランカスターが出ている『スコルピオ』という傑作がある。