公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
ファスビンダーの『13回の新月のある年に』と『第三世代』を見た。『13回』が愛の原理で『第三』が情動の原理とでも言えばいいのだろうか。
これまで日本で未上映でDVD化もされていなかったのは、その原理の強度故の難解さを危惧されてのことなのだろうか?上映された今となっては、そんな問いはどちらでもいいといえばいいが、果てしなく幼稚になってしまった現在における、「わかりにくい」「わかりやすさ」を巡る低級な言説にあえて乗るとすれば、二作とも難解故に批判されるとしたらお門違いも甚だしい。第一に、この映画たちは難解ではない。第二に、難解だとしても、それは映画のせいではなく、人間の人生を描くという無謀な行為においては至極当然だということだ。わかりやすい人生があるものか。あったとしても、それは難渋さを突き抜けた境地につぶやくことのできる、わかりやすさだ。
そうしたわけで、この二作を咀嚼するには、ファスビンダー原理丸出し故の噛みごたえがあり、口当たりはよくない。
しかし、口当たりのいい映画ばかりの昨今、ファスビンダー原理に、しかも映画館で接すると本当にうれしい。今はどこもかしこもセンスのいい映画ばかりだ。思想とセンスが同線上でしのぎを削り合う映画はなくなってしまった。今やある映画を褒めるということは、思想の存在をはなから諦めてセンスの強度にとりあえず満足する素振りを見せることに他ならない。
老婆心ながら注釈しておくと、思想とは政治的スローガン、社会的メッセージを意味するものではない。
まあ、しかし、映画は40年前のものをこうしてきちんと見られるのだからまだいい。
新しく開場されたアップリンク吉祥寺で見た。味気ないシネコンに寄るでもなく、カルト・シアターに安住するでもない、その造りがいい。

さて、ファスビンダーに久しぶりに接して、演劇人クリストフ・シュリンゲンジーフのことを思い出した。去年の八月、イメージ・フォーラムで『フリークスター3000』、『友よ!友よ!友よ!』、『外国人よ、出て行け!』を見た。後の二作はシュリンゲンジーフの行為のドキュメンタリーである。いずれ、これらのことを長文で書きたいと思っている。相当厄介である。が、今となっては単純とも言える。厄介なのはやはり時の経過であって、例えば『友よ!』で開設されたシュリンゲンジーフ主導のホームレス・シェルターは現在どうなっているのだろうか、ということを知らされなければ論じることができない。
『外国人よ』で撮られた難民申請者コンテナは、天井桟敷の市街劇『ノック』の進化型であるが、難民申請者たちが本当のその人たちであったのか、仕込みであったのかあたりを知りたいところである。現地及び研究者のあいだではそれらのことは了解済みなのであろうが、私は知らない。そこらへんの事情などを上映に併せて、どなたか語ったり書いてくれればいいものを、この手のものを手がける人種はやたらもったいぶって情報を小出しにしか知らせない。
それにしても、『外国人よ』で映された市街劇というか「演劇」も、今となっては、こうしたものがまだ成立し得る時代であったという意味合いで、どこかのどかに見えてしまう。
2019-02-15 14:15 この記事だけ表示
実によく出来たホラー映画だ。
『エクソシスト』、『エルム街の悪夢』、『スクリーム』などなど、ホラーの傑作数あれど、そのどれにも似ていない恐怖に彩られた世界だ。
一時たりとも目が離せない。
本当に怖い。途中で嫌になるほど、じっとり怖い。
難を言えばラストだ。もっとなんとかならなかったものか。
気をつけて。後味悪いっすよ。
でも脚本、演出の展開、一流。
妹役の女優、この個性、オソロシ。
2019-01-15 23:41 この記事だけ表示
主人公が出てきた時、笑ってしまった。
明石家さんまの物真似かと。前歯。
ライブエイドの再現の迫力に尽きる。
後はもう、こんなにベタ、こんなに雑なのと呆れる。
泣いたけど。音楽と病気があれば、なんだって泣ける。
2019-01-12 15:40 この記事だけ表示
クラプトンのドキュメンタリー映画である。俳優が演じるミュージシャンの伝記映画が概ねつまらないのは、奏でられる音楽が嘘くさいからで、その点、このドキュメンタリーではマディ・ウォーターの歌う姿が見られたり、もちろんクラプトンの曲が聴きたりでいいのだが、まあ、波瀾に満ちた人生もこうしてまとめられてしまうと、なんだかクリシェなヒューマン・サクセス・ストーリーだ。
見ている最中は感動するが、見終わって5分ほど経つと、サァっと引いて、結局ひとりの有名人が歌う「マイ・ウェイ」を聴かされた気分になってくる。
クラプトンのせいではないのですがね。
ま、人の人生の大半を2時間強で見せようって腹が野蛮と言えば野蛮でして。
2018-12-01 15:42 この記事だけ表示
マーティン・マクドナーの脚本、監督のこの映画、やはり脚本が圧倒的に面白い。ストーリー展開がいろいろあるのだが、いざそれを説明しようとすると難しいというか、話してみると納得のいかない展開としてしか開陳されないところがいい。
観客にわかりやすくするために、チラシ等にストーリーを書けと主張する方は、根本的に筋とセリフに見え隠れするゴーストの存在をわかっていない。
ところでマクドナー、監督の腕はまだまだだと思うのは、演出の文体の獲得には未だと見た。
撮り続けるうちに獲得するもんなのだな。
2018-11-19 18:18 この記事だけ表示
『ミッション・インポッシブル』の新作、いやあ新世紀バスター・キートン、その名もトム・クルーズ、変わらず快調に走ってますね。
前作ローグネイションと同様、スリルのあからさまな古典をやっていて、良い!
なんたってラスト・スリルが時限装置だもんね、泣かせる!
でも前作のほうが古典作法がしっくりいってたな。
2018-08-21 19:23 この記事だけ表示
やっと見た。新宿の映画館には上映1時間前に着いたのだが、すでにほぼ満席で最前列しかなく、久々にスクリーンを見上げて見た。
ストーリーを聞いた時から私は漠然と大島渚の『少年』を思い起こしていた。あの映画の一家(確かこちらは本当の家族だったと思う)も疎外された存在だった。
『万引き家族』で雪だるまが出た時に、やはり『少年』への眼くばせがあると思った。最も今回の映画では雪だるまはそう重要ではないが。
さらに男女が下着姿で素麺を食べるうちに欲情するシーンに今村昌平を思った。シュミーズ姿がさまになる女優はそうそうはいない。
またリリー・フランキーの箸の持ち方が秀逸だ。演技でなく、本物なのだろうか。
『空気人形』を見た時、この監督はにっかつロマンポルノを勉強していると感じたが、今回の映画でも先輩監督への眼くばせがあり、それが心地よい。
きれいごとがまったくない映画で、見ていて本当に心地よかった。
2018-08-20 18:46 この記事だけ表示
ジェームズ・キャグニー主演のミュージカル『ヤンキー・ドゥードゥル・ダンディ』を見た。
まあ、驚いた、驚いた。
まずキャグニーがこれほどダンスがうまいとは知らなかった。ブロードウェイ・ミュージカルの原型を作ったとされるジョージ・M・コーハンの伝記映画で、フレッド・アステアが断ったのをキャグニーが引き受けた役だという。つまり、キャグニーはアステアと同レベルの踊り手だったのである。
あとでキャグニーがボードビル出身と知って、なるほどと合点した。世の中にはまだまだ知らないことがたくさんある。

しかし、真に驚いたのは実はこのことではなくて、この音楽映画が臆面もない国威高揚映画であることだった。
製作年は1942年、映画が説くのは、まさしく悪い日本人征伐のための「よい戦争」への銃後を含めての賛同と参加推進である。
映画は、ラスト、兵士の行進シーンで終わるが、彼らはまさしく太平洋戦線に向かわんとする米兵である。
こうしたことは置いておいて、キャグニーのダンスの才に瞠目すべし、といった見方もあるが、別物ではないと私は見る。
物語のなかで描かれたイデオロギーは画面、舞台すべての要素が請け負っている。
だから、これもラスト近くの、ルーズベルト大統領から勲章をもらって喜色満面の主人公がタタタと官邸の階段を下りるあのリズムは、戦場での小銃の銃声なのだ。唖然と口を開けて見入ってしまうアメリカ愛国、ナショナリズム映画だった。能天気に傑作ミュージカルなどと言っていられるものか。
津野海太郎氏の『ジェローム・ロビンスが死んだ』によると、当時キャグニーは非米活動委員会から目をつけられていて、自分は共産党シンパではないと証明するためにも、この映画に出る必要があったという。かの赤狩りから逃れるためというわけだ。
まあ、理解はできますがね。というのは自分だってそういう立場になればそうするかも、という意味合いで理解というのだが、無政府主義的ギャングスター、キャグニー像が彼の全体像ではなかったことを知って見方を変えさせられた。
ブロードウェイという場所の本質もまた、単純さ故に複雑だ。
ショービズはかくも簡単にイデオロギーと結託する。
資本主義と政治は常に兄弟杯を懐に隠し持っている。
ブロードウェイだ、ウエストエンドだかには気をつけろ。

だから演劇をベルリンで学べ、というのがドイツ演劇(ベルリン演劇)至上主義者達の、相も変わらぬ挑発だが、こうした念仏にも聞き飽きた。日本はドイツではない。
と飛躍してしまったのは、ここ数日イメージフォーラムで、シュリンゲンジーフを見ているせいだ。

2018-08-09 14:43 この記事だけ表示
イメージフォーラムでシュリンゲンジーフが連続上映されている。今日『ボトロップの120日』を見た。ファスビンダーとパゾリーニへの愛に満ちた見事なゴミ映画である。このトラッシュテイストにはさまざまな既視感がある。
野放しにされた私もまたやりかねない悪ふざけである。
2018-08-05 20:02 この記事だけ表示
この映画、ほんっと見ている最中、気分悪くて、胸糞悪映画とはよくぞ言ったもので、人には決して奨めないが、力のこもったいいものだ。この手の映画、ってどの手かというと、徹底したアンチヒューマン故の真実を露骨に露出させる映画は、日本では絶対受けないものだ。こういうものに接するとヨーロッパがあって良かったとつくづく思う。
虚飾によって成り立つ家庭の崩壊は、物語の定型の一部であるが、半端なくやってくれると新たな貌で迫ってくる。絆と口にすれば安心する日本はとことん毛嫌いする光景だろう。
さて『万引き家族』はいかなる家族を見せてくれるのだろうか。まだ見ていない。楽しみだ。
しっかしニコール・キッドマン老けたなあ。
2018-06-09 14:19 この記事だけ表示