公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
いい天気で、吉祥寺でも出て、いせやで一杯やりたいところなのですが、ギリシャ悲劇に取り組んでて、つらおだわ。
つらおっちゅうのは、ルーさんの口癖で、「そりゃ、つらおだな」とか言ってた。マチネ、ソワレとかあるとき。
そういうわけで、これちゃりったら、また原稿用紙に戻るけど、やめて吉祥寺行っちゃうかも知れない。

朝、歯を磨き出すと妙な味なので、はっとした。間違えて湿疹のクリームを歯ブラシに絞り出したのだった。

で、「アメリカン・アイドル」はやっぱりサンジャヤ落選だった。
この頃になると、出演者、サイモンの毒舌に反論したり、司会者とサイモンがほぼ本気モードでやり合ったりとまた違った展開を見せていておもしろい。出演者も最初の時期と比べると格段とあか抜けてきているのでしみじみする。技量ではもう圧倒的にメリンダが頭ひとつ出ていてほぼ優勝決まりだと思うのだが、本命がなぜか優勝しないというのが、この番組の今までのシーズンでは見られるそうなので予断を許さない。まあ、男性陣はみな小粒のように思えるし、私はラキーシャが好きなので応援したい。私の優勝予想はラキーシャということにしておこう。でもメリンダの歌声は圧倒的だ。

で、今は意味も理由もなく、斉藤龍鳳の映画批評本なんか開いて呆然としている。
原稿、書かなくちゃ。
で、今日は夕刻、インタビューと打ち合わせが二件だ。

ところで、これも別に何の理由があるわけではないのだが、四方田犬彦氏の例の『先生とわたし』のなかで、自分(四方田氏)は比較的早い年齢でデビューした者なのだが、同年代で遅れて出た人にたまに想像だにしなかった嫉妬の感情から発生する仕打ちを受けたりすることがあり、まさかと思う反面びっくりする、と言った件が書かれていて、私も同様の思いと経験をしたことがある。
別に昨日今日見舞われたってことじゃないんだけど。ふと思い出したので、書いた。

いやあ、昨夜のBSの『怪奇大作戦』もおもしろかったなあ。
『青い血の女』、『白い顔』ってやつ。何度もいうけど、もう子供番組なんて枠組み最初から放棄しているようで、もうやりたい放題だなあ。『白い顔』なんて、事件が解決してから、とってつけたように子供が出てきて、平穏日常の会話シーンが添えられるのだが、運ばれてきたケーキに顔を突っ込んでしまって白い顔になってしまって、ワハハハハってことなんだが、子供が自分の顔を拭うと不気味な白い仮面の顔になって、それでタイトル・ロールというこの神経逆撫でする演出の趣味はたまらんよなあ。また全編、ストーリー展開のテンポ、リズムがよくて、つまりこのテンポってのは突拍子もない展開を許容してしまうリズムで、ダリオ・アルジェントの映画も明らかにこれなんだよねえ。
今夜もまた違う回のが見られるんだ。楽しみだなあ。

で、今夜は勝也さんと『路上』の打ち合わせ。いよいよ始動でっせ。たくさんの応募ありがとうございます。これから書類選考させていただきます。
でも、『怪奇大作戦』には間に合うように帰ろうっと。

昨日は吉祥寺をぶらぶらしていろいろ本とか買いあさっちゃった。
この街は明大和泉校舎に通学するときの途中下車駅だったから、学生時代よく遊んだのだが、ほんっと進化したね。で、いいねえ。渋谷とか原宿とか違って粋だよ。どっかまだ田舎っぽくていいって意見があるけど、そうじゃなくて田舎者があまり歩いていないのよ。渋谷、原宿なんて田舎者ばっかじゃない。だから歩くのにも苦労するんだけど、そういう嫌なストレスが吉祥寺にはないわけよ。中高年も普通に歩けるってなね。

ところで、28日付の東京スポーツに「新宿歌舞伎町で刀狩り、カッターナイフ所持だけで逮捕者が続出!!」って記事が出てて、今歌舞伎町で職務質問が多発していて刃渡り6センチ以上の刃物を所持していると銃刀法違反、以下だと軽犯罪法違反、これはやり過ぎだってことなんだけど、私、これに引っかかってるんですよ、実は。
去年の六月あたりだったっけな。ちょうど『オトコとおとこ』の稽古見た帰り、歌舞伎町の信濃屋でシングルモルト買って駅に向かおうとしたところ、交番前あたりで、警官に鞄の中身見せろって言われて、見せて、刃物は持ってないかって聞かれたので、なにげなく、「ああ、持ってますよ」って、スイス製のヨーロッパで買ったちっこい万能ナイフ、とげぬきとかはさみとかついてて便利だから持っていたのを出したら、急に交番来いって言われて、そのまま新宿警察、パトカーで連れて行かれて、聴取とか指紋とか取られたのよ。まあ、私に前科ないとわかってナイフも戻してもらって書類送検もされなかったけど、ひとり小太りの若い警官の横柄さにはあったまきた。まざまざと警察権力だったね。
ま、私はこれもいい経験だと思って、わーパトカー乗ってるとか、聴取、指紋採りとか、好奇心まんまんで観察していたんだけど、それが妙に聴取慣れしているように見えたらしく、ほんとに前科ないね、なんて聞きやがって。
ナイフだって刃渡り四センチのちっこいやつよ。でも、これでも殺傷能力があるからとか説明された。
つまり、今歌舞伎町、秋葉原では職場で使う刃物以外、しかもそれも厳重に梱包されていないと持ち歩いては駄目だということなのだ。
さて、みなさん、これをどう思う。怖い世の中だから仕方ないか、あるいはやり過ぎか。
いわれのないいちゃもんをつけられた格好の私は、やりすぎだって思うよ。歌舞伎町を普通の街にって計画なんだろうが、逆にこんなことやってると人が寄りつかなくなるって。
調子に乗るなよ、新宿警察!これも石原慎太郎の方針ってことか。
なんか街とか教育に権力、国家が介入してくるってのはいい傾向だと思わない。教育再生会議っての、ほんと気持ち悪いのだが。メンバーがまた気味悪い連中ばっか。

とにかく、わが新宿、わが歌舞伎町よ、君を愛していた者を君はこういう目に遭わせたのだぞ。
もう『新宿八犬伝』でなくて、『武蔵野八猫伝』にしちゃうぞ。