公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
そういえば、昨日ニュースで上野の聚楽第が閉店したと知った。いずれ閉まるとは聞いていたが、昨日とはしらなんだ。こんなに忙しくなかったら近日中にでも行ったところだったのになあ。
レストラン聚楽は、田端の祖父祖母らに連れられて幼少の折り行き、なんと豪華な食堂だろう!と幼き私が感激した場所であった。
最後に行ったのは去年だったっけかな。今年の最初だったっけかな。
ナポリタンに生ビールと電気ブラン。
おいしゅうございました。

で、今日は初夏の陽気ですな。
愛の発情はまだおさまんないよ。

馬鹿みたいに忙しくて、馬鹿になりそうだよ。

t&a&m0804.JPG

ほんっと、まんなかの疲れた酔っ払いの顔がコワイ!
左が愛、右が睦。

t&k0804.JPG

いとしの小夏。
で、あたたかくなって睦も愛もしっかり発情している。愛はじっくり発情という感じだが、もう睦は激しくて、興奮してそこいらにおしっこしてしまうんだな。

で、今は京都で卒業式。初めて卒業式に立ち会った。
とはいうものの、本番直後で教員モードにならず、ふざけてばかりだ。

来週からは『毛皮のマリー』の稽古だ。精神分裂気味で、情緒も不安定だ。って別にどーってこともないんだけど、何かこのままだと現代演劇は滅びるという気がしてならない。
本格的な稽古は来週からってわけで、今日はいろいろ準備。
吉祥寺へいろいろ資料探し。
タワーレコードいって、ヴィレッジ・ヴァンガードいって、バサラ・ブックいって、古本屋もひっかけて。
暖かくて気分がいい。
起きてニュースで今日が仕事始めと聞いて驚いた。世間はそうなのか。私はまだなにもやる気が起きない。

親戚の訃報が届く。亡くなったこのひとは、私の縁者のなかで恐らく一番、ある意味劇的なひとである。このひとについては、ここでは書けない、語れない。来週、葬儀である。

それにしても浅川マキの音楽性は重層的だ。ジャズ、ブルース、ポップスであり、同時にジャズでもブルースでもポップスでもない。陶然とする。

で、小夏の食欲はすごくて顔も丸くなり、太ったな。ま、冬だからね。
睦と愛も元気でなにより。
とかいって、猫を巡る私のこのブログのストーリーは全部虚構だったりしてね。
写真の猫と家は全部友人の家で演出したものだったりしてね。
私は所詮ブログなんてもんは真実を書くもんじゃないと思ってるからね。私ならやりかねない。
で、事実の私とは歌舞伎町のマンションの一室でぼんやり執筆してるわけよ。
さて、どこまでが嘘だ!?

DSCN3167.JPG
やっぱ、お正月はいいねー。もうほんっとひさしぶりに脳みそ休めてる感じ。ずっと続いて欲しいな。あといくつ寝ると次のお正月が来るのかにゃー。
てなこといいつつ読んでなかった去年の文芸誌広げて、いまさら知った情報にへーっとか感心したり、フェリーニの映画見直したりしてる。これはイタリア語を聞きたいから。『崖』、『カビリアの夜』、『ローマ』、『サテリコン』。ほんっと懐かしいわ。『ローマ』は今見てもおもしろいねー。
餅食ってるとなんか便通いいねー。
吉祥寺のタワーレコードで浅川マキの二枚組CD四巻買ってきて聞いてるよ。浅川マキは中学生のとき、担任の川部から教えてもらってLPとかもらって聞いていた。コンサートもよく行ったなー。時代がユーミンになっていって、マキの名前はあまり聞かなくなってっちゃうんだよなー。マキさん、あなたは今どこでどうしているのでしょう。
今、私はまたじっくり聞いております。
なんだよ、大晦日の桜庭、船木戦はよ。つまんねーな。船木はまだ試合勘がまるでないじゃないかよ。桜庭もこれに勝って喜んでても仕方ないぞ。
で、思ったとおり、つるべの司会はなんにもおもしろくなかったなー。あれほど事前にポロリだなんだと言われてちゃ、ポロリとかいかないまでも、なんにも言えなくなるよな。結局紅白って自己規制するか、逆に意識しすぎてやんなくてもいいことやっちゃうか、なんだよなあ。自然体を人に拒否させるところがあるなあ。ま、そういうもんか。おれは呼ばれたけど、出なかったんだけどね。

で、年末年始ってのは、ほんっと私具合悪くて、年末はどっと疲れがきて身体的によくなくて、正月ってのはなんか気分がぐんぐん落ち込むんだな。どういうことなのかわかならいが、自分はいまだたいした仕事やってねーなーとか考えてひたすら落ち込むのよ。
だから、今なんかも、もうブログはやめよっかなとか思ってやってるわけ。
やれやれ。
今年の抱負ですか?ねーよ、んなもん。
猫とイタリア語に明け暮れるよ。
そーなんですよ、イタリア語に惚れてしまって、秋から勉強してるんです。イタリア語っておもしろい、美しい!
でも、忙しくなりだした時が心配。いっつも語学は公演が入ると挫折してしまうんだ。

てなわけでぐだぐだ正月おくってる。
今年もよろぴく。

それにしても、去年、イノシシ年だと言ったら60歳ですか、と返されたのにはショックだったなー。私は落ち着いた雰囲気だからそう見えるのだという。こんなこともう百年前から言われてたよ。10代のころは20代に20代のときは30代に。で、いっつも落ち着いて見えるとか言われるんだ。このぶんでいくと100歳のときは110歳に見られるんだろな。落ち着いて見えるからって。
てなわけで、こういうくだらないことをぐたぐだ書いてるとだんだん元気が出てきた。
どーせ、くだらねー人生だ、みんな、気楽にいこーぜ。
来週の金曜のアイススケート・ショーの演出の打ち合わせで、桜木町から赤レンガ倉庫まで歩いたが、なんときれいに整理整頓されたデートコースになっているので驚いた。もうほんっと完全にハマもアミューズメント・パークだなあ。時間があったので野毛を歩いたのだが、翻ってこちらのさびれっぷりは泣けてくる。東横線が桜木町を停まらなくなったせいなのだ。
嗚呼、もう私の横浜はなくなった!
この日は次に池袋で打ち合わせ。

寒くなってきた。執筆遅々として進まず、というか、遅々とながら進んでいるというか。

観劇すべき舞台もいろいろあるのだが、多数不義理をしそうだ。
関係者の方々、すまん!
『ワンの涙』だと犬の話だって。『ワニの涙』ですからね。
『フクロウの賭け』のときも『フクロウの儲け』って書いてるところがあった。フクロウが何を儲けようってんだよ。

で、昨日のお酉様は人がわんさわんさだったよ。毎年買う熊手屋のダンナによると、人が出てるっていっても参拝客ばっかで、こっちにはまわってこないってことだけど。
で、たこ焼き、焼きそば食ったんだけど、東京ミシュランって結局東京に来た外国人向け、もしくは外国人への接客用だな。あんなもん参考にする普通の東京人がいるかね。で、これを演劇に置き換えて考えてみたらむらむら頭にきだした。ヨーロッパだかのわけのわかんねう批評家が東京の舞台を見まくったと称して、舞台のランク付けをしてるってことだろ。冗談じゃねえや。てめえらの審美眼がそんなに絶対なのかよっていいたくなる。
それで思い出したけど、中野のラーメン屋平凡がつぶれてしまったようだ。いついっても閉まってるし、このあいだガラス窓から店内をのぞいたらもう完全撤収の様相だった。接客態度最悪のオヤジとババアが若いのに店と味を譲ったようなのだが、それからけっこうすぐこうなってしまった。だから青葉にいくのだが、ここももうかつての行列はない。ラーメン・ブーム終了か。
とにかくミシュラン片手に街をいく日本人がいたら軽蔑しようと思っている。でもぼくに軽蔑されたって別になんちゅうこともないから、気にしないでね。
今は私はなんといっても近所の蕎麦屋甚作だよ。

それにしてもサッカーU−22の監督反町の勝利後のスピーチには笑った。
「これからもっと訓練してがんばりたいと思います!」
って訓練ってなんだよ、訓練ってのは。蛇娘の調教じゃないんだからさ、せいぜい練習だろが。
ってなことをお酉様の見世物小屋の前で、思った。

今日は天気がよくて実に調子がいいので、こういう日こそ早々に原稿に向かうべきなのだが、調子が良すぎてトイレ掃除をしたり、ブログちゃりちゃりやっちゃったりしてる。
とてもいい天気なので、詩仙堂にいく。紅葉はまだだ。暑かった夏のせいで、今年は遅いということだ。次に曼殊院に向かう。こちらは少しは見られる。
田邊さんちで、茄子と胡瓜の雲母漬けを買って、けいぶん社をひっかけてアルトー、川端、谷崎なんかを買い込み、天下一品で屋台の味、並、にんにく入りを食べるというおいでやすの世界の満喫である。
コンビニでボジョレ・ヌーボーのハーフボトルを買ったのは、これは帰りの新幹線用。
そういうわけで、今年の川村クラスの発表公演『レミング』、おもしろくなりそうでっせ。

ところで秋の健康診断で心電図の結果がひっかかった。悪いといわれるとほんとに悪くなったようで、心臓のあたりがもやもやして仕方がない。
で、再検査、精密検査で病院に行った。やはり心電図には心臓への負荷が見られるというが、その後のエコーによる精密検査では心臓の異常はまるで見られないという。こういうことは一度十年ほど前の検査でもあった。心電図にやや異常があったのだが、心臓自体はまるでどうということなかった。
今回もそうなので、今具体的に治療だ、薬の投与だということはなく、やるとしたら24時間、心電図をつけての検査だという。
大人の男は、病院嫌い、医者嫌い、薬嫌いと宣言するほうがかっこいいのだろうが、私は病院も医者も行くのが好きで、いっこうに苦にならない。だって、治療ってやつ、いろいろ体験できておもしろいじゃないですか。病院も待ち時間でいろいろな人を観察できるし、看護婦さんのなかに可愛いのや美人を見つけると楽しいし、薬もこまめに飲むんですわ、私。
ってなことも基本的に健康だからいえることなんだろうけど、とにかく、私医者通い、病院通いが好きなほうで、年をとったら一日病院にいるってジジイになるかも知れない。
24時間、心電図をつけて生活するってのも、大いに好奇心を駆り立てられる。やってみようと思う。

で、心臓をいわれたということとは関係なく、咳が出るので煙草をやめたら、けっこうやめることができて一週間禁煙してしまった。以前は三ヶ月ほどの禁煙もあり、禁煙は別に苦にならずにできる。すぐ止められるとわかってるから、安心して吸い始める。
酒も三日ほど一滴も飲まないという日がなんとなく続いた。
四日目に飲んだ酒のおいしいことといったらなかった。二合で酔っ払った。これもまたやってみないとわからない節酒の良さというわけで、こういうことを繰り返したいと思う。酒と長くつきあえる極意のように感じる。
で、酔っ払って萩原朔太郎の『猫町』を声に出して読んだ。
これはほんっと猫を飼ってみないとわからない小説だ。
私はすでに猫町の住人である。猫町のしきたりに合わせていくうちに私が変えられていっているのだ。
12月7日のアイススケートリンクの話だが、さっぱりみえねーぞという声が多かったので、説明すると、要するに横浜赤レンガ倉庫に設営されるアイススケートリンクのオープニングってことよ。
出演ダンサーはJOU、アレッシオ、すがぽん、山田海蜂、松本大樹、上村なおか、笠井端丈という豪華メンバーですわ。JOUがアレンジしたんだけどね。
というわけで、私、この演出楽しみなんですわ。って何もしないかも知れないけど。

それにしても突然だが、これまで途中で投げ出していた大作を読了していこうとつくづく思う今日この頃である。そこいらのくだらないものはもういいから、ダンテの『神曲』、トルストイの『戦争と平和』、ドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』も途中挫折したままだ。ベンヤミンの『パッサージュ論』もまだだし、ハイデッガーもまだだ。東スポ伝説とか読んでる場合じゃねーぞ。『南総里見八犬伝』も途中までだ。読み終えて『新宿八犬伝』、最終章にして決定版、黙示録へと向かおうと思う。
ちょっとかっこつけすぎかね。