公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
山下洋輔は曲と曲の間のトークが長過ぎる。しかもさして面白くない。ま、市井の人々向きの内容を目指しているのだろうが、さくさく演奏を進めて欲しい。
増尾好秋は去年と全く同じ曲を、これまた全く同じトークを添えて、女性ボーカルとヤニ下がって歌っていた。なんとかならないものか。
ゴードン・フランクは80歳で未だ元気という触れ込みで登場したが、ほとんど音が出せない。まわりのメンバーの気遣いに心打たれた。文句を言う気はさらさらない。音を出せなくなったトランペッターを目の当たりにするという貴重な経験をした。
さて、鈴木良雄カルテットである。
ピアノの野力、パーカッションの岡部の力量に感服、感激。
今回のフェスは野外舞台の演奏が駅のホームまで響いて来ない。苦情の類いがきて音量を抑えたのだろうか?
残念だ。あの感じ、よかったのに。
2018-10-28 14:10 この記事だけ表示
中野ブロードウェイで開催されているマカロニほうれん荘原画展に行く。熱気ムンムンの会場である。私の世代でこのギャグ漫画に影響を受けた者は多い。夢の遊眠社の舞台を初めて見た時、これはマカロニだと思った。
次に新宿、損保ジャパン日本興亜美術館でターナー展を見る。気合の入った展覧会で堪能したが、後期の黄色いターナーはやはり招べなかったのだな。
金井美恵子の『カルロスの尻』を読む。笑った笑った。サイコーっすよ、これ。
2018-06-01 17:42 この記事だけ表示
なんだか気温の変化に体がついていかない。冷やしていいんだかあっためていいんだか体が戸惑っている。
今更ながら言うが気がつけば57歳。リーディングのキャスティングで歳をとった役者を用意して欲しいと言ったところ、1957年生まれの人が候補に上がってきたのを見て、自分が1959年だから、若いじゃんと思ったら、ふたつ上だから59か60あたりで問題なかった。
気がつけば87だったという日が来るのだろうか。
まあ元気ですよ。二十歳代から演劇絡みで何十カ国と訪れて、慣れていたはずが、やはり久しぶりのヨーロッパは落ち着かない。
まあ気負いなどまったくないんですがね。ひとり旅はさみしい。
ニューヨークのジョン・ジェスランからメールが届く。
大統領選挙結果以後、ニューヨーク人々は絶望的なムードだと言う。自殺の森だと言う。
来年の3月のニューヨーク/東京往復書簡はジョンが先に書く。
絶望のニューヨークからどのようなテキストが届けられるのか、楽しみだ。
睦のことは心配だったのですが、先日吉祥寺ゆかりのメンバーで、飲み会をやって、それはそれは楽しいものでした。音楽のことを山ほど話しました。
メンバーの構成はヒ・ミ・ツ。
京都で常宿にしており、およそ10年間使っていたホテル・アバンシェル(旧ホリディイン)が今月27日で閉館となり、今日私は最後の宿泊を終えた。従業員の方々とももう顔なじみで、チェックアウトの際、お互い深々とお辞儀をして別れのあいさつを交わした。
糺の森を散歩した。宿泊の時にはよく午前中森を散策したものだった。こういうことももうないだろう。
パチンコ店になるそうだ。
四日間にわたるコニュミケーション入試が終わり、昨夜帰京。
三日目の晩、お盆の六道の辻に向かい、現世と異界の境の夜を彷徨う。
五条坂では陶器祭りが開かれ、歩道に陶器の屋台が並ぶ。
六波羅蜜寺の萬燈会をのぞき、お参りの人々でにぎわう珍皇寺の境内を歩き、西福寺に至る。ここの風情が最高にいい。畳を上がり、「九相観図」を見る。生きているときには美人の女性が、死後腐乱し、蛆が湧き、次に鴉につつかれ、野犬に食べられ、やがて骨になり、最後にその骨も消えて土になるのが、九つの絵で描かれている。
あっけらかんとした無常感だ。もともと無常とは淡々とした明るさに支えられたものだとも言える。
近所の「櫻バー」で一杯やろうとするも満席。
陶器の屋台連なる五条坂を上がり、四条に向かう。道中、徳利に注意するが、いまいちこれだというものにめぐり合わず。縄手通りの小さな鰻屋に入って、肝焼きときんし丼を食べる。

日本選手、メダル決定とか四強決定の時に、喜びすぎ泣きすぎで、それで終わった感が無意識に刻印されちゃって金取れないんじゃないの。通過点だと思ってクールにできないのかな。それで金取れない結果になったら喜びそびれちゃうから、メダル決定時に大いに泣いておこうというのだろうか。まあ、メダルの色にこだわるなってことか。でも金、金っていっててそれを目標にしているのなら、決勝進出決定でもちょいとクールに決めるところがあってもいいのにな。ニュースの絵としては盛り上がらないだろうが。
それにしても、国が貧しくなっていくとサッカーが強くなるという仮説が現実味を帯びてきた。
渋谷で馬鹿騒ぎしてる場合じゃねーぞ。三位決定、男子サッカー、女子バレーの相手がともに韓国。そしてこの時期韓国大統領竹島上陸か?ってこれ、両国民の大多数、政治とスポーツは別物と割り切れることか?
不吉な予感。
別にあたらしもの好きでは全然なくて、住む家などもぴかぴかなのは嫌いなのだが、このアップルに関しては、無性に欲しくて買った。しかし、機能としては別に斬新なところはなく、私は現在、持ち運びできるノート・パソコンを持っていないので、どうせ買うなら、この話題製品を、というわけだ。
で、昨日は京都日帰りだったのだが、新幹線車内で十分に遊んだ。
同時にニューズウィーク紙のiPhone4の不備についての記事を読んだ。

来週より『新宿八犬伝』の一発目の稽古が始まる。
で、今日も飲み屋にいたんですわ。で、もう耳ダンボになってしまったのは、わたくしカウンターにいたんですが、後ろのテーブルの男女がしゃぶのことしゃべってるんですわ。のりぴーはドジ踏んだとか、吸引の仕方とか。それが単なる知識なのか自分たちのことなのかわかんなくて、気になって仕方なくて、便所行って帰りにちらり見すると四十代前半の男女ですわ。
で、そのふたり帰ったので、やれやれと思って上がりのお茶飲んで、店出ると、件の男女の男のほうが、ひとりで自転車にかがんで、携帯電話してるんですわ。「自転車の鍵のさしかたわかんないんだけど」とか言って、鍵、穴の手前でこちょこちょやってるんですわ。
男は一体どうなってるのか。さらに今はいない女との関係を考えるとわかんないこと多々あって、やはり、京都は一筋縄ではいきまへんな。
深い。
大学の仕事で京都なのだが、昨晩、飲み屋で最近亡くなった某芸能人の弟という人と隣り合わせになった。「さみしい葬式やった」とつぶやいたかと思うと、「テレビでおれうつっとった?」としきりに聞くのであった。
で、いろいろその筋の情報を仕入れてしまった。

賀茂茄子のしぎ焼き、骨付きまぐろトロの塩焼き、稲庭うどんと食べた。
いやー、骨付きまぐろおいしかった。おうどんもおいしかった。
と店を出て、バス停のベンチに座っていると、隣に座ってきた男が、
「パチンコでっか?」と聞いてくる。
「飲んだ帰り」
と答えると、
「パチンコの負けはじわっとつらいわ」
と語りだす。
「二万ぐらい?」
「六万。つらい。パチンコの負けはじわっとこたえる」
としゃべり続ける。

不思議な宵である。京都ではよくこうした不思議な日常にでくわす。
本当に不思議である。
京都のタクシー・ドライバーもまた不思議にすばらしい。
京都で起こってる闇情報を知るならタクシーである。

そういうわけで次回は『夏の猫たち2』です。
お楽しみにね。