公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
ニューヨークのジョン・ジェスランからメールが届く。
大統領選挙結果以後、ニューヨーク人々は絶望的なムードだと言う。自殺の森だと言う。
来年の3月のニューヨーク/東京往復書簡はジョンが先に書く。
絶望のニューヨークからどのようなテキストが届けられるのか、楽しみだ。
睦のことは心配だったのですが、先日吉祥寺ゆかりのメンバーで、飲み会をやって、それはそれは楽しいものでした。音楽のことを山ほど話しました。
メンバーの構成はヒ・ミ・ツ。
京都で常宿にしており、およそ10年間使っていたホテル・アバンシェル(旧ホリディイン)が今月27日で閉館となり、今日私は最後の宿泊を終えた。従業員の方々とももう顔なじみで、チェックアウトの際、お互い深々とお辞儀をして別れのあいさつを交わした。
糺の森を散歩した。宿泊の時にはよく午前中森を散策したものだった。こういうことももうないだろう。
パチンコ店になるそうだ。
四日間にわたるコニュミケーション入試が終わり、昨夜帰京。
三日目の晩、お盆の六道の辻に向かい、現世と異界の境の夜を彷徨う。
五条坂では陶器祭りが開かれ、歩道に陶器の屋台が並ぶ。
六波羅蜜寺の萬燈会をのぞき、お参りの人々でにぎわう珍皇寺の境内を歩き、西福寺に至る。ここの風情が最高にいい。畳を上がり、「九相観図」を見る。生きているときには美人の女性が、死後腐乱し、蛆が湧き、次に鴉につつかれ、野犬に食べられ、やがて骨になり、最後にその骨も消えて土になるのが、九つの絵で描かれている。
あっけらかんとした無常感だ。もともと無常とは淡々とした明るさに支えられたものだとも言える。
近所の「櫻バー」で一杯やろうとするも満席。
陶器の屋台連なる五条坂を上がり、四条に向かう。道中、徳利に注意するが、いまいちこれだというものにめぐり合わず。縄手通りの小さな鰻屋に入って、肝焼きときんし丼を食べる。

日本選手、メダル決定とか四強決定の時に、喜びすぎ泣きすぎで、それで終わった感が無意識に刻印されちゃって金取れないんじゃないの。通過点だと思ってクールにできないのかな。それで金取れない結果になったら喜びそびれちゃうから、メダル決定時に大いに泣いておこうというのだろうか。まあ、メダルの色にこだわるなってことか。でも金、金っていっててそれを目標にしているのなら、決勝進出決定でもちょいとクールに決めるところがあってもいいのにな。ニュースの絵としては盛り上がらないだろうが。
それにしても、国が貧しくなっていくとサッカーが強くなるという仮説が現実味を帯びてきた。
渋谷で馬鹿騒ぎしてる場合じゃねーぞ。三位決定、男子サッカー、女子バレーの相手がともに韓国。そしてこの時期韓国大統領竹島上陸か?ってこれ、両国民の大多数、政治とスポーツは別物と割り切れることか?
不吉な予感。
別にあたらしもの好きでは全然なくて、住む家などもぴかぴかなのは嫌いなのだが、このアップルに関しては、無性に欲しくて買った。しかし、機能としては別に斬新なところはなく、私は現在、持ち運びできるノート・パソコンを持っていないので、どうせ買うなら、この話題製品を、というわけだ。
で、昨日は京都日帰りだったのだが、新幹線車内で十分に遊んだ。
同時にニューズウィーク紙のiPhone4の不備についての記事を読んだ。

来週より『新宿八犬伝』の一発目の稽古が始まる。
で、今日も飲み屋にいたんですわ。で、もう耳ダンボになってしまったのは、わたくしカウンターにいたんですが、後ろのテーブルの男女がしゃぶのことしゃべってるんですわ。のりぴーはドジ踏んだとか、吸引の仕方とか。それが単なる知識なのか自分たちのことなのかわかんなくて、気になって仕方なくて、便所行って帰りにちらり見すると四十代前半の男女ですわ。
で、そのふたり帰ったので、やれやれと思って上がりのお茶飲んで、店出ると、件の男女の男のほうが、ひとりで自転車にかがんで、携帯電話してるんですわ。「自転車の鍵のさしかたわかんないんだけど」とか言って、鍵、穴の手前でこちょこちょやってるんですわ。
男は一体どうなってるのか。さらに今はいない女との関係を考えるとわかんないこと多々あって、やはり、京都は一筋縄ではいきまへんな。
深い。
大学の仕事で京都なのだが、昨晩、飲み屋で最近亡くなった某芸能人の弟という人と隣り合わせになった。「さみしい葬式やった」とつぶやいたかと思うと、「テレビでおれうつっとった?」としきりに聞くのであった。
で、いろいろその筋の情報を仕入れてしまった。

賀茂茄子のしぎ焼き、骨付きまぐろトロの塩焼き、稲庭うどんと食べた。
いやー、骨付きまぐろおいしかった。おうどんもおいしかった。
と店を出て、バス停のベンチに座っていると、隣に座ってきた男が、
「パチンコでっか?」と聞いてくる。
「飲んだ帰り」
と答えると、
「パチンコの負けはじわっとつらいわ」
と語りだす。
「二万ぐらい?」
「六万。つらい。パチンコの負けはじわっとこたえる」
としゃべり続ける。

不思議な宵である。京都ではよくこうした不思議な日常にでくわす。
本当に不思議である。
京都のタクシー・ドライバーもまた不思議にすばらしい。
京都で起こってる闇情報を知るならタクシーである。

そういうわけで次回は『夏の猫たち2』です。
お楽しみにね。
スポレートは、初夏に開催される国際芸術祭で有名だ。かつて天井桟敷が招かれて『奴婢訓』を上演したことは蘭さんから聞いた。
芸術祭はそのころよりも規模は縮小され、音楽中心で開かれ続けているということだったが、近年再び舞台も取り上げられ、今年は死ぬ直前のピナ・バウシュ、そしてロバート・ウィルソンの『クラップス・ラスト・テープ』などが上演されたという。
へー、ロバート・ウィルソンってまだ演劇やってんだね。もうオペラしかやってないと思った。
さらに来年から舞台で盛り上げようという現地の演劇関係者とも会ったが、現在のイタリア首相ベルスコーニはテレビ局のオーナーということもあってか、国民は演劇など見に行かなくともテレビも見ていればよろしいなどとまじめに語り、演劇への支援が極度に削減されているという。このことはこの後、ローマで野外オペラの『トスカ』を見に行った際、上演前、スタッフ、キャスト全員がベルスコーニの政策に対する反対表明を舞台上でアピールしていたことからも伺われた。

で、ウンブリアをあとにした。
出発の朝、窓辺に真っ白い鳩がとまって、私を見るのだった。
惜別の意味か、あるいはローマの旅の無事を祈ってくれたのだろうか。

DSCN9994.JPG

さて、これよりローマ。私、単なる観光人。

DSCN0002.JPG

トレヴィの泉の前で。一人旅のはずがなんで撮られてるんだって?
近くのおっさんにシャッター切ってもらったのさ。

DSCN0006.JPG

DSCN0008.JPG

DSCN0009.JPG

パンテオン。天井の穴から夕刻の西日が。
なんとも不思議な穴だ。
この下にラファエロの墓がある。

DSCN0017.JPG

DSCN0018.JPG

ナヴォーナ広場のカフェでビールを飲んでいると、大胆にも一羽の鳩がテーブルに上がってつまみのピーナッツをぱくぱく食べ出した。鳩に縁がある一日だ。どこまで食べるのかと思うほどに大量に食べ、もたもた飛んでいった。

DSCN0019.JPG

翌日の午前中は元気にコロッセオへ。なかに入ろうとするが、長い行列で、しばし並んだが、やめてヴァチカンへ。

ヴァチカン博物館には並ばずに入れた。正午頃である。この時間がどうやら空くようだ。人々の後をついてシスティーナ礼拝堂までいってしまて、いきなりメイン・エベントのミケランジェロの『最後の審判』を目の当たりにして、外界の音が一切遮断されてしまうほどの感動を覚える。大勢のひとが静かにせよという警護の者の警告の言葉を無視してわいわいするなか、私はひとりっきりの気分で長時間見上げていた。首が痛くなった。
で、もうこれでいいやと思ったものの、まだ見てないものがあると再び来た道々を歩き、ラオコーンかアンソール、ダリ、エルンスト、ベーコン、シャガール、ルオーとゲップが出そうになり、最後はラファエロの『アテネの学会』で締める。
いやはや、もう満腹なんてものではなく、これで十分とホテルに戻る。

DSCN0031.JPG

ラオコーン。

DSCN0032.JPG

アテネの学会。

で、夜九時よりカラカラ浴場で野外オペラ『トスカ』。

DSCN0034.JPG

日の入り間近のカラカラ。

DSCN0036.JPG

上演前の舞台での反ベルスコーニのアピール。

終演は12時近く、文化会館の高田さんの車で送ってもらったのだが、深夜だというのに車は多く、しかも横入りがんがんくるし、びゅんびゅん飛ばす。私の血は騒ぎ、こういう土地ならば車を所有して運転したいと思った。

なんかしみじみイタリア、好きだ。
スローなくせにせっかちで、スマートなんだか愚か者なのか不明であり、なんだかよくわからないところが好きだ。
いやはや働く気が起きない。明らかに連休の後遺症なのだが、早く来ないかなー、お盆休み。なんか日々退屈だなあ。
と思ってたところ、ニューヨークのさる知人が出した本を発見し、読み出したところ、オモロイ。

小夏は今やたらに元気で、私がいると調子に乗り気味の睦に怒り、私にすりすりしてきて、平等な愛情配分も楽じゃあないっす。
街を歩くとやたらキヨシローの歌声があちこちから聞こえてくる。
長生きしてーよなあ。
用事があって久々に田端駅に行き、その変貌ぶりに驚いた。
駅にエスカレーターが設置されて、上がると、スタバと田端商店街マスコット河童のりゅうのすけくんが出迎えた。
赤鬼仁王通りは区画整理で、道坂寄りの一画がすでに街ごとごっそりなくなり、平地になっている。赤鬼二体はベニヤ張りで囲まれて休業中である。
祖父祖母が住んでいた家、母が育った家、つまり実家の実家に向かう。今そこは主はいない。
周辺の路地にかつての暗がりの染みはなくなった。馴染みの蕎麦屋砂場もなくなったのであった。
職人や労働者の生活感が染みこんだ路地の暗がり。これに比べると京都の路地の暗がりは正真正銘、こわい闇である。
なんてことを考え、さらにこうして街と町はそれまで住んでいた人々の痕跡をすっかりきれいに消して生きていくのだと思い、百年前ここを歩き、住んでいた人たちについて想像したりした。
そうするうちに文化座のアトリエの前に出て、新井純さんが出演している舞台のポスターを眺めた。
帰りは田端銀座を通り抜けて駒込駅まで歩いた。
この駅の周辺の商店街はまだ、かつての界隈の匂いをわずかながら残している。
私に原風景というものがあるとしたら、それは横浜の新興住宅地では決してなくて、田端・滝野川界隈の路地の暗がりだろう。