公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
睦と飯.JPG

睦と飯。わがまま二人組である。

戯れる愛.JPG

戯れの愛。

版画家の中野洋一という方の文章にえらく感じ入ったので引用させていただきます。
「何にもしないで、ただ、そばでごろ寝しているだけで、ギスギスした人間達にささやかな潤いを与え、猫愛好者には、もっと大切な生きる勇気さえ与え続けている。
 猫は偉いなぁと思う。」
睦はいたって元気です。
ところで人間の自分のことだが、調子でないことおびただしい。
なんだか、頭がもやっとするし、歩いていると、自然に涙が出てくる。
昨日は新宿でゲラを受け取り、日芸の懇親会に出席したのだが、ワイン三杯でぼっとしてしまった。
おかしい、おかしい。地震の影響かと考えつつ、はっと気づいた。
花粉症だ。
地震、原発で、この時期毎年最大の難関である花粉症をまったく忘れていた。
突然の雷はなんとも不吉な兆しのように思われたものの、以前から楽しみにしていたドキュメンタリー番組完成記念打ち上げへと新宿に向かったのだが、最寄りの駅に近くなると、みんなが表に出て、わさわさした雰囲気で、空を見上げて「やっぱりあの雲」とか言ってる人もいたりで、とにかく電車に乗ったのだが、途中不安感がこみ上がってきて新宿に着く前に下車してふと携帯を見ると、安否を気遣うメールがあり、大きめの揺れがあったことを知った。
すると、揺れは駅に向かって歩いている最中だったのだろうか、電車に乗っている最中だったのだろうか、とにかくまったく気づかなかった。
留守番の猫たちが心配になったが、とにかく伊沢が勤める飲み屋で、大いに飲んだ。
けっこうべろんべろんで帰り、無事でいた猫たちにご飯をあげると、睦はすぐに吐いてしまった。
急いで食べると、たまに吐く睦であるのだが、揺れの恐怖のストレスがあるのだなと、かわいそうで仕方がない。
今朝も、私の布団の上で寝ていた三猫なのだが、揺れで飛び起きたのは睦であった。
半纏の裏でじっとしていたらしい。どうやら、睦が一番怖がっているようだ。
睦や。

睦五態5.JPG
お雛様をやっと片付けました。その前で記念写真。いやはや、まだ終わってないけど、大変な一ヶ月でした。三猫もいろいろ経験しました。

2011.お雛様.小夏.JPG

小夏。地震の避難場所は文机の下。かなり安全である。時折私をじっと見つめているその顔はほとんど人間の表情である。

2011.お雛様.愛.JPG

愛。避難場所は書斎の机の下。だが、揺れ始めはうろうろしている。幼猫の折りは、雷で怖がっていたが、今は強い。食欲旺盛。なごみ系。だが、やる時はやる。

2011.お雛様.睦.JPG

睦さま。ますます私に言動が似てきたという。避難場所は本棚の裏なのだが、安全度に疑問あり。

地震後の睦.JPG

ちょっと大きめの余震の後の睦。でかけようとしていたところで、行かないでとすり寄る。

猫といる方々のいろいろな話を聞くと、やはり3月11日の日は大変だったということだ。驚いて窓から飛び出て、ベランダの縁で固まっていたという子。しかも10階のマンションである。想像するだにおそろしい。同じような状況で転落してしまった子もいるという。
そう、横揺れで窓が開いてしまうのだ。あの時、私も睦だけが見つからず、窓という窓が開いているのを見て、心臓が止まりそうになった。結局ポットの裏で見つけて、ほっとしたのだが。

ストレスで食欲不振の子もいるという。
おかげさまで、というか、どういうわけか、というか、ありがたいことに、小夏、愛、睦は、食欲変わらず、小さな余震は完全無視、大きめの余震が来たとなると、さっと三方それぞれの避難場所に走り、快便だ。
睦五態1.JPG
やめてよお。

睦五態2.JPG
やめてったら、しつっこい。

睦五態3.JPG
ほんとやめてくださいね。

睦五態.JPG
てなこといいつつ、あまあまちゃん。

睦五態5.JPG
書斎猫の特権、膝の上。
DSCN3037.JPG

DSCN3024.JPG

DSCN3042.JPG

テレビがつまらないので、買い込み、積み上げていたマンガ本の一冊を取り上げ、読み出したところ、たいそう読みにくいのを、これがこのマンガの手法かと思いつつ、読み終えて初めて気づいたのは、第六巻目だった。おかげで物語の真相を全部知ってしまった。また第一巻から読み直しているけれど。
三猫ファンのみなさま、おまちどうさま!

冬猫1.JPG

書斎の猫猫猫。日だまりの猫はあたたかい。

冬猫.JPG

愛、三歳。

冬猫3.JPG

睦、三歳。このあいだ、深夜ひとりで騒いでて、冷えたらしく一時食欲なくして心配したが、すぐに復活。他人事と思えない性格。お調子者。かまい過ぎるとうるさがり、かといってかまわないでいると、すねる。

冬猫4.JPG

小夏、五歳。宿命猫。12月のあたま、連続くしゃみと鼻汁が続いたので医者様に連れて行き、検査したところ、鼻炎であった。お薬七日分もらって、治った治った。いやあ、猫はやっぱり砂漠の動物ということもあって寒さには弱い。他人事とは思えないのは、わたくし、寒冷じんましん。

冬猫5.JPG

サービスでもういっちょ、愛。このひとは元気いっぱい。

そういうわけで、今年、『大市民』に関わっていただいたすべての方々、『新宿八犬伝』に関わっていただいたすへての方々に絶大なる感謝の念を送ります、ありがとう!!
人生、前向きにいこうな、前向きに!
来年も、ネガティヴ思考は排除。そねみ、ひがみ、ねたみは御法度。
先へまいろう、先へ!
三歳の愛.jpg

みっつになりました。今はラウリーの『火山の下』を読んでいます。

三歳の睦.jpg

あたちもみっつ。三回転ジャンプができるようになりました。

三歳の愛・睦.jpg

おとついはみんなでワールドカップ、日本を応援しました。翌日はがーがー寝ていて起きたのは正午近くでした。
オヤジキラー睦1.jpg

どうです、この小首傾げ。このおやじキラーぶり。
前足に描かれたハートマークも注目してねっ。

オヤジキラー睦2.jpg

ふにゃふにゃ。

オヤジキラー睦3.jpg

これが猫型劇作家の生活ですわ。こうしているあいだ劇場法とかなんとかいろいろ決まっていってしまうのですわ。

オヤジキラー睦4.jpg

もてもてですわ。寒い日だけだけどね。
こどもの日三猫娘1.jpg

たまたま三猫、集まった。

こどもの日睦.jpg

睦。睦は女の子なんだけど、この家では私と睦が男子クラスなんです。