公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
京都の神馬は最近いつも満席。
いつもの通り、さえずり、白ずいき、鯖ずし。絶好の気候ですな。でもいつもこの時期、いつも疲れが出ている。最高のはしご酒気候なのだが、すぐ酔ってしまう。

秋・小夏、睦.JPG

小夏と睦。

秋・愛とおれ.JPG

愛とおれ。

秋・睦.JPG

ポーズをとる睦。

秋・睦とおれ.JPG

睦とおれ。でかい顔ですまん。しっかし、おれはいつもごろごろしてるな。
このあいだはワクチン注射、小夏、愛、睦みんな3キロ代。ちょいとさりげなくダイエットすっか。

おれのことだが、年上の男たちとの会話でよくあることなのだが、とりたてて持病はないというと意外だあとか驚かれる。そんなにどっか悪いように見えるのか。それとも仲間に無理やりにでも入れたいのか。
いやあ、なんか眠い日々ですね。三猫から残暑お見舞い申し上げます。
ごろごろしてますが、快食快便です。

2011夏・睦.JPG

睦です。蝉が気になって網戸に張り付きます。

2011夏・愛.JPG

愛です。これベストシヨットです。

2011夏・小夏.JPG

朝食の光景です。パンくずを待ってる小夏です。
環境省で、動物愛護管理法についてパブリックコメントを募集している。
「深夜の生体管理展示規制」
これは歌舞伎町あたりでよく見られる光景だ。酔っ払い、ホステスが寿司折りとかドレスを買う勢いで動物を買って、責任を持てなくなるということだ。
ここいらのことは『新宿八犬伝・第五巻』で扱っている。
さらに、「犬猫オークション市場」の見直し、「犬猫幼齢動物を親等から引き離す日齢」の見直し、検討などペット業者にとっては不利な改正が多い。そのため五年前の改正では、ペット業界の組織票が作動され、改正反対票が大多数という結果になったという。
これは看過できない。
「殺処分方法の改善」もまた検討されている。これもまた八犬伝・第五巻で問題にした事柄だ。
先進諸国のなかで、殺処分等々、この国、国民の動物に対する野蛮さはダントツだ。

例えば、どこかの村、町でいのしし、サルといった動物が住宅地に迷い込んだ際の、まさしく凶悪な異物が侵入してきたかのような人間たちの異様に興奮した対処ぶりには、一体動物をなんだと思っているのだろうかと呆れる。徹底的に意識と現実の対処方法が遅れている。

人間と動物の健やかな共生を求める方は是非このパプリックコメントに参加されたい。今週土曜締め切りです。
詳しいことは以下のサイトでわかります。

http://blog.goo.ne.jp/jure2856/
ジュルのしっぽ

もしくは
One Action for Animal
で。

人間は、この世界が人間だけで呼吸しているという傲慢さを考え直さなければならないと本気で思っています。
愛四歳.JPG

愛四歳。

睦四歳.JPG

睦四歳。

愛とわたし.JPG

愛とわたし。

睦とわたし.JPG

睦とわたし。

小夏五歳.JPG

小夏五歳。
今日は愛、睦の四歳の誕生日。
お誕生日、おめでとう!!
小夏、宿命の猫よ、ありがとう。

写真は後日。
六月の睦と俺.JPG

まだ完全に疲れがとれずにいる私。睦が近づき香箱。

小夏とリハーサル.JPG

できあがった本、小説「リハーサル」を早速囓る小夏。

愛とリハーサル.JPG

「あたしはちゃんと読もうと思っています」と愛。

睦とリハーサル.JPG

「あんま興味ないにゃ」と睦。
五月猫.JPG

睦と愛が近づいている。

マック.JPG

桜の下でマック赤坂をやっている。
「10度、20度、30度っー!」ってやつ。ワークショップに取り入れようかな。
睦と飯.JPG

睦と飯。わがまま二人組である。

戯れる愛.JPG

戯れの愛。

版画家の中野洋一という方の文章にえらく感じ入ったので引用させていただきます。
「何にもしないで、ただ、そばでごろ寝しているだけで、ギスギスした人間達にささやかな潤いを与え、猫愛好者には、もっと大切な生きる勇気さえ与え続けている。
 猫は偉いなぁと思う。」
睦はいたって元気です。
ところで人間の自分のことだが、調子でないことおびただしい。
なんだか、頭がもやっとするし、歩いていると、自然に涙が出てくる。
昨日は新宿でゲラを受け取り、日芸の懇親会に出席したのだが、ワイン三杯でぼっとしてしまった。
おかしい、おかしい。地震の影響かと考えつつ、はっと気づいた。
花粉症だ。
地震、原発で、この時期毎年最大の難関である花粉症をまったく忘れていた。
突然の雷はなんとも不吉な兆しのように思われたものの、以前から楽しみにしていたドキュメンタリー番組完成記念打ち上げへと新宿に向かったのだが、最寄りの駅に近くなると、みんなが表に出て、わさわさした雰囲気で、空を見上げて「やっぱりあの雲」とか言ってる人もいたりで、とにかく電車に乗ったのだが、途中不安感がこみ上がってきて新宿に着く前に下車してふと携帯を見ると、安否を気遣うメールがあり、大きめの揺れがあったことを知った。
すると、揺れは駅に向かって歩いている最中だったのだろうか、電車に乗っている最中だったのだろうか、とにかくまったく気づかなかった。
留守番の猫たちが心配になったが、とにかく伊沢が勤める飲み屋で、大いに飲んだ。
けっこうべろんべろんで帰り、無事でいた猫たちにご飯をあげると、睦はすぐに吐いてしまった。
急いで食べると、たまに吐く睦であるのだが、揺れの恐怖のストレスがあるのだなと、かわいそうで仕方がない。
今朝も、私の布団の上で寝ていた三猫なのだが、揺れで飛び起きたのは睦であった。
半纏の裏でじっとしていたらしい。どうやら、睦が一番怖がっているようだ。
睦や。

睦五態5.JPG