公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
食欲もあって元気なのですが、三日間うんち、おしっこしてなくて、心配で、今日しそうだったのが、愛が近ずいてきて、気が散ってしないのです。それじゃってんで、抱き上げて便所の砂の上に乗せたら、すぐにモリモリ犬のもの並みのうんちをした。
それでタワーに戻ったのだが、オシッコもさせてみようと、嫌がるのまた抱き上げて、シートの上に乗せたら、今度はすぐにジョロジョロ、オシッコしました。
もうすっきり顏。
一安心。まだ採尿はできてないんだけどね。
オシッコ採取できず。というのは、今日はまだ一回もしていないのだ。
食欲は普通だが、どこかアンニュイだ。

で、夕方、吉祥寺コピス前で行われた劇団おぼんろのパフォーマンスを見た。
終演後、主宰の末原拓馬さんと初めて挨拶を交わした。
今の三十前後はいいですね。
やっと普通に戻った。
これで今日、検査用のオシッコ、採取出来ればいいんだけどね。

昨日は新国立でやってる『安部公房の冒険』を見に行った。
実はこの公演のプログラムで対談といういっちょ噛みしてるわけですよ、私。
見ながら、色々考えた。
俳優たちがいいです。プログラム、読み応えがあります。
食欲は戻りましたが、どこかアンニュイです。ゴダール映画のアンナ・カリーナに似た表情、仕草をしています。
広島の土砂災害。動物たちはどうしているのだろうか。
夜になっても暑いですね。なんだか冗談でなく、この奇妙な時代、生き抜くのはそうそう楽ではない。
でも皆さん、たかだか人生ですから気楽にいきましょう。
睦は午後より通常の食欲を取り戻し、嘔吐もせず、現在眠っております。
ひとまず安心いたしました。ご心配を掛けました。
オシッコは快調なのだが、こんなもんで大丈夫なのかなとおもうほど、少ししか食べない。
お薬をウエットに忍ばせて飲ませようとするのだが、見つけてすぐペッしてしまう。
小夏、愛は元気いっぱいなのが、救われる。睦が残したものを食べてしまうので、気をつけなければ。
オシッコは普段どうり、たっぷり出るようになりましたが、夏バテもあるんですかね、グッタリしていて、食欲がありません。
まだ心配ではあります。
睦の具合がよくない。
昨日、病院で膀胱炎と診断された。薬が合っていなかったようで、昨日は夜中一晩中、
出ないオシッコを出そうとしたり、吐いたりしていた。
今日、また病院に行って薬を変えてもらい、お注射されて帰ってきた。
睦や、こんな小さなからだで、膀胱炎なんて可哀想に。
睦や、早くよくなっておくれ。
昨日は愛、睦の誕生日。
七歳になりましたよ。元気で健康でなによりですよ。
写真はまた後日。

ところで、私は湿邪で顔と背中はかゆいは、頭は重いはで、不調そのものなのだが、書き物はしっかりやっています。

先々週の『生きると生きないのあいだ』のプレイベントは実に楽しいものでした。
これからは本当に、ただ上演しましたってだけではなくて、お客様との交流、劇場周辺の方々との交流が必要だと実感した。俳優志望、将来芝居関係につきたい学生たちだけでなく、ふだん現場とは直接関係のない方々とのワークショップがいいと思う。演劇にまつわることを、それぞれの仕事場、生活の場で利用していただくのがうれしい。それだけ人間と演劇の仲は深いということでもある。
小夏は睦と愛を生む前、当初、すでにふたりに子猫を連れて庭にやってきていた。それがメメとハナグロだ。メメは目がまん丸で黒目が大きいのが特徴なのでそう名づけた。
やがてメメは小夏と離れて、お向かいの家の猫となった。そこでは、みかんという名前だ。ちなみに小夏の野良時代はこのお向かいにもよく出没していたらしくて、そこではゆずと呼ばれていた。ゆずちゃんとみかんちゃんだったわけだ。
昨日、お向かいの方に、みかんちゃん(メメ)は元気ですかと尋ねると、メメを抱いてきて見せてくれた。
ショックなのは、メメはどうやら生まれつき、視神経に異常があることがわかり、今はほとんど見えないのだという。
子猫の頃の黒目の広さは、やはり普通ではなかったとわかった。でもあの頃はまだ、見えていたと思う。次第に見えなくなっていったのではないか。
メメは、それでも空気の流れで、周囲を感知して、そう支障はないという。
さらに、メメは子供を生み、その子供が子供を生みと、小夏の孫、ひ孫が、お向かいの家で元気でやっているという。
メメ、きをつけて暮らせ。
そして、ハナグロ、君は今どこにいるのだろうか。あまり可愛がらずにすまなかった。
猫たちよ、永久に。