公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
もう先週は、しっちゃかめっちゃか、どたばたのぐだぐだって、何のことかというと、もう活字の荒野で銃撃戦やらなにやらでばたばた。
まず、後半のおよそ100枚を放棄することにして、またしこしこ書き出したのだが、翌日20枚ほどのその新しい部分をワープロ(わし、未だワープロなんですわ)に保存していなかったことが判明。
もう、ちゃらちゃーん、鼻からぎゅーにゅーの、半狂乱。こういうことはこれまで一度もなかった。ひどく疲れていたなか、また、小夏の世話でふんたらなんたらやってたなかの執筆だから、こういうことになったのかも知れなかった。
とにかく、気を落ち着けようと思って猫をならって毛繕いとかしたんだが、収まらず、この馬鹿者と自身を叱咤し、着ていたTシャツをひっちゃぶり(でも、もう古くて捨てようと思ってたやつ。こういうところは計算済み)、夕方やっと落ち着いて再スタートしたものの、記憶をたどろうとするのは無理。私はほとんどトランス状態で書いていることが多いせいだろう。戯曲の場合、書くそばから忘れていく。だから、長期空けると筋がわからなくなる。なので、ほとんど前日書いたものとは違うものになったわけだが、ああ、消えた言葉は、一体どこに行ってしまうのだろうか。

てなわけで、そういうへろへろのなか大学行って講義とか実習やって、学科の飲み会とかやって、もうへろへろになって新幹線乗って、ビールも飲みたくないほど疲れていて、寝て、翌日、小夏が午前中から、にゃーにゃー鳴いて甘えてくるので、これはいよいよ出産かと思っていると、鳴き続け、家を落ち着かずうろうろしているので、これはほんともう今日だと、小夏は小夏ですでに用意して、本猫もここだと定めていた産箱に入るも、人が離れると、「心細いの。そばにいてよお」と鳴くので、ほぼ一日中小夏の視野の範囲にいるも、なかなかいきまず、心配になって途中動物病院に電話して聞いたりしていると、夕方あたりから鳴くのを止め、なにやらまどろみだした。小夏、食欲はなく、朝から何も食べない。
で、執筆などをして、夜、風呂入る前にのぞくと、相変わらずで人の顔見て、小さくにゃーと言うので、風呂入って出て飯食って午後11時半頃、様子を見ようとのぞくと、すでに子供が小夏の乳を吸っているではないか!
「生まれてるぅー」とびっくり。こちらがまったく気がつかなかった空白の二時間の間、にゃーとも騒がず、小夏は自力で出産を無事終えていたのであった。しかも、胎盤も食べたらしく跡形もなく、地べたが濡れているだけで、乳にありつく二匹もきれいで、小夏が十分なめてきれいにしたのだろう。
こちらは、へその緒を切るはさみなども用意していたのだが、この女はさすが、野性の女、すべて自分で騒ぐことなく一切を終えた。やっぱり、半野良は強いよ。さすがだねー、よくやったねー、小夏。と、これは自然界においては当たり前のことなのだろうが、この私にとっての運命の猫をますます、なんか尊敬してしまった。
そういうわけで、二匹、小夏に似た柄をすでに持つ小さな小さな命、今も小夏にくっついているようです。
あまり、のぞかないようにしている。
里親探しも始めるかもよ。

全国のみなさん、ご心配かけました。小夏は無事二匹を出産いたしました。
ああ、これから日々子猫も育っていくし、ほんと猫ブログになっていくなあ。

浅田さーん、書いてるから心配しないで。
2007-06-24 11:58 この記事だけ表示
ずっと自主的カンヅメで、執筆中で、妊婦の小夏は昼はずっとけだるそうにして長椅子の上でまどろんでいる。その寝顔を見ると、戯曲の次の展開をどうしたものかといらいらしている気分がほぐされる。
で、昨日はほんっとひさしぶりにめめが現れた。小夏のお皿から残っている餌を食べていった。それを小夏は何も言わずに見守っているのだった。めめはやせていた。やっぱり猫の世界も大変なんだと思う。もしかしたら、やせている我が子を見て、小夏が呼んできたのかも知れないとも思う。猫界からすれば、小夏はいい旦那に囲われたラッキーな女ということになるのだろうか。
だんだん日々、小夏のお腹は大きくなっていて、本猫はやや大儀そうだ。

ところで、話は変わるが、「すべらない話」って、なんか芸人たちが必死だし、お互いの競争意識も読み取れるしで、見ていて疲れるな。それを見物して、知った風な感想述べたりしているタレント連中のやにさがった顔がまた嫌だ。
まっ、どうでもいいことを書いてしまった。
すいません、わたくし、執筆の荒野に戻らせていただきます。
13.jpg14.jpg

そういうわけで、こんなふうに仲良く暮らしているのですが、ついに決意して小夏をお医者に連れて行って、健康診断、予防接種を受けさせることにしました。
午後、本猫がぼんやりしているところを、キャリー・バックに入れました。思いの外、すんなり入りましたが、運び出しし歩き始めると、鳴き続けましたね。
でも、お医者さんで順番待ちしている時は静かになって、診察台の上では、怖くて固まってしまっているのか、まったく暴れないで、かんねんしていました。カラーを首につけられて、お耳掃除をされている時など、もう瞳孔開いちゃって、震えてました。私は顔を見ながら、だいじょぶだよと声を掛けてました。血液をとるお注射には静かでした。
で、ノミもいないようで、耳ダニもいないようで、血液検査からの病気も陰性ということで安心しまして、で、お腹が張ってるというので、透視するやつで視てみますと、検査室に入れられ、しばらくして、お医者さんの「川村さん、赤ちゃんいますよ」の声に、もうびっくり、というか、やっぱりそうきたかと「ええっ」と声を上げてしまいました。
もっとくわしく視るというので、レントゲン写真を撮り、見せてもらうと、小夏の背骨の左右に明らかに二本の小さな背骨がうっすら写っております。「心臓はここです」とお医者さんは指さしました。
あと、二、三週間後の出産、二匹は確実でもう一匹いるかも知れないということでした。
そういうわけで、いよいよです。
うちで生ませる心づもりでおります。
ま、一度出産、子育てはしていますから、本猫への心配はないですけど。
もう、夜回りはさせないで、家にいさせようと思っています。

小夏は娘のような存在かと聞かれますが、これは違いますね、彷徨邸の住人、大好きな同居人というところですかね。

で、本猫も、いろいろ感じるところがあるのか、夜出さないよと宣言して戸を閉めると、この晩、今まで近づかなかったトイレに初めてオシッコをしたのでした。
2007-06-04 11:12 この記事だけ表示
移行後、初の小夏です。
どうも猫馬鹿ですいません。
なんか、最近ちょっと貫禄も出て参りました。雄猫もうろうろすることがなくなりました。猫の世界ってのは不思議なもので、この家が小夏のうちであるということが、猫界で認知されたということなのでしょうか。他の猫が小夏のお皿のものを食べに来るということもなくなりました。そのことを日夜確認するためでしょうか、明け方には必ず地回りに出て行きます。たぶん、小夏は今や駐車場かなんかでの猫集会でも顔なんじゃないのかなとも思います。
そうそう、小夏の子供めめのことですが、今や完全に違うテリトリーで生活しているらしく、来ることはなくなりました。
そういうわけで、元気だにゃー。

10.jpgtarget="_blank">11.jpg

そういうわけで、GWが終わったが、この間何をしていたかというと別段どこぞに出かけるということもなく、家で仕事をしておりました。書き物であります。それでよく進むと元気で、うまくいかないと不機嫌というのを繰り返しておりました。
マーティン・スセッシの『私のイタリア映画旅行』を観たが、作品、物語の紹介の仕方が相変わらずスコセッシは上手で、もうそれを観た気になってしまうね。スコセッシは少年の頃、アントニオー二の『情事』が難解で何度も観たと語っていたが、これって大切なことだよね。私だと中学の頃ベルイマンの『叫びとささやき』が、謎でわかりたくて何度も映画館に足を運んだ。そうしていくと、見逃していた細部に気がついて、わからないことがわかってきたり、わからなくていいのだということがわかったりするのだ。
ついでにロッセリーニ『イタリア旅行』を観てしまう。

ところで私は映画が好きというより、映画館が好きということなのではないかと最近ふと思う。

子供の日は、NHK FMが一日中ジャズを流していて、ずっと聞いててうれしかったな。
で、アメリカン・アイドルもしっかり観たよ。
で、まだ目を通してなかった文芸誌をぺらぺらめくっていたら、四方田犬彦氏の『先生とわたし』ってのに立ち止まって、読み出したら止まらなくなり、この400枚、一気に読んでしまった。ここで書かれた由良君美という人、私知らなかった。勉強になった。それと大学ってところは本当の大学人、研究者にとってはいろいろ派閥闘争で大変だよなって、会社員の世界もどこもそうなんだけどね。
まっ、私は大学人になれないし、なる気もないし、教師にもなれないし、なる気もない。

で、いつかこういうことが起こるのではないかと思っていたところ、現実になったというのは、家でネズミのおもちゃで遊んで、やたら興奮気味に飛び出していった小夏、深夜、本物のネズミのぺちゃんこになった死骸を持ってきて、得意げに遊んでんだ。
もうヒェーッですよ。
わかったわかった、わかったからもってってって言っても、弄んじゃってんですよ。まいりました。
ほんとこの子のおもしろいところは、いくらなついたといっても基本的に野性なのね。何かあってびくっとして、だっと走る姿なんて、もうほんと野良の面目躍如って感じだし、でも昼間とか遊び疲れてる時なんか、でれでれ甘えてくるのね。不思議ですよ。まっ、猫ってみんなそうなのかも知れないけど、野良と家猫の両面が極端に違うんだな。

そういうわけで、『路上』のオーディションも今週だし、しこしこ執筆もしなくちゃ。

昨日はさりげなく、『武蔵野八猫伝』と書いたが、これいいなあ、本気で考えようかなあ。ちょうど晴天の井の頭公園のなかでは女の子モデルの撮影会がそこかしこでやっていて、カメラ小僧ならぬカメラオヤジたちが群がっていたのだが、八猫士、普段は撮影会のモデルの女の子たちで非常事態になると猫士に変身する。だけど、みんな気まぐれでマイペースで寝てばかりいて全然戦いにならないってストーリー。
それにしても猫見てると他人と思えないところがあるなあ。おれってこんなもんだからなあ。みんなで運動なんてだいっ嫌いだし、自分でやろうと思っていることでも人に指図されるとやりたくなくなり、絶対やらない。

で、『ブラック・ブック』見たけど、基本的に私、ポール・バーホーベンって監督好きね。
で、夜は衛星で『怪奇大作戦』見たけど、「かまいたち」って回のはすごいね。女子がばらばらになる冒頭ってのもすごいけど、こういうの日曜六時にやってたってのが驚きだし、深い。岸田森がいいよ!
この番組は当時親も見るの許してくれなかったし、何より子供には怖すぎだったよ。

で、今日はぐだぐだ、いいともとかちょいと見てたんだけど、「女の品定め」っていうコーナーは無理があるんじゃないの。どこがおもしろいのよ、これ。ひねりもないし。

新たに執筆開始。

猫は確かに気まぐれだが、こちら彷徨邸の彷徨亭の生活と人生も相当気まぐれで、猫のほうでも迷惑だろう。だが、気まぐれ屋の性格は気まぐれがいっとう理解できるものだろうし、だから小夏が夜遊びしても、どこいってたの、この不良猫!とは怒らない。
どうやら、やはりひとりで勝手に発情期を迎えているらしく、うちでは可愛い声を出しているが、一歩塀の外に踏み出すと、すさまじい野性の声を上げる。可愛い姿だけが猫ではない、猫なで声、猫をかぶっているとはよく言ったものだ。
小夏は家を持ったという実感からだろうか、やたら家のなかの地回りをし、庭の皿に他の猫が来ると、突進して追い払う。家の次は婿だとでもいうのだろうか、雄猫の気配がするとやおら落ち着かなくなって、後を追いかけていく。私は雄猫の姿を発見すると水鉄砲を手にして追い払おうとするのだが、それより早く小夏がそれを追う。隣の駐車場に自身より一回りも大きい雄を追う小夏の姿が見えて、なんとも複雑な気分でなおかつおかしい。
「あたしのこと好きなの嫌いなのはっきりして」と追い回している図である。

夜はもうほとんどおらず、昼時になると、疲れたにゃーんと人の膝に乗って爆睡を始める。
それにしても私はほとんどここ数日ポンコツである。東京公演が終わっておよそ一週間、今になってどっと疲れが押し寄せている。大学の帰りの新幹線が最悪の体調だった。
ポンコツだ。言葉が出てこない。最悪な事態ばかりを考える。
だから、こういう時は何をしても無駄なので、小夏と眠ることにする。
ちょっと今仕事の電話くれてもお話になんないと思うよ。すいませんけど。

現場から急に大学に行くと、その落差にしばし愕然とし、気分がアンバランスになる。できれば365日劇場にいたいが、そうもいかないのが人生というやつだ。

で、夜祇園にいってなじみの芸妓そら豆奴に会いにいくと、
「そないに猫がええなら、猫といしょになりおし」
と笑顔でいわれる。それがそら豆奴の嫉妬には聞こえず、そら豆奴に小夏が乗り移って発せられた言葉のような気がする。げにおそろしきなりけり。

で、帰京すると、小夏がにゃーにゃーと私を出迎え、私は小夏を抱きしめる。
発情期とうわけではなさそうだ、またたびがよくなかったのではなかろうか。

近すぎすんですけど。

おれは猫たけしだにゃあ。
ってベタだにゃあ。

写真は眠るメメ。小夏の子供だけど、オスかもしれん。目が変だからメメ。
たけしと一緒にいるのが小夏。
夏に現れた小さいメスだから小夏。
もう最近、あまったれっこで大変。