公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
京都から帰ってきた夜、三浦和義自殺のニュースに驚いた。
こういう終わり方か。
しかし、この人はどうも複雑な深みというものが感じられなくて、劇の主人公にするのは難しい。

などと思い、そうだ今日は十三夜だ、月を見ようと玄関のドアを開けると、するりと足元を小夏がすりぬけて、あっという間に門の外に出た。
家は大騒ぎとなって、愛と睦を一部屋に隔離し、窓などを全開して小夏を呼ぶ。
小夏は家の塀の上で鳴いていて、それ以上遠くにはいこうとはしないが、近寄ると逃げる。しばし、私とにらみあう。
で、家のなかから食物でおびき寄せ、はっしとつかんで、なかに入れる。この間、十分ほどだろうか。
小夏、初めての脱走というか、散歩であった。
発情期で外が騒がしいのに触発されてしまっているのだろうか。
愛と睦も不妊手術はしているとはいえ、なにか落ち着かない行動をとる。
あるいは小夏は連載戯曲とうたった「こなつさん」がなかなか進展していかないのに、ストレスを感じているのかも知れない。

いやはや、巨人の優勝といい、ロス疑惑のいやな感じの結末といい、いろいろある日々だ。

かつて週刊文春で三浦と闘った阿部という編集者は今は何をしていて、何を感じているだろうか。
小夏がトイレに座ってなかなか出てこなかったり、何度もいったりするので、病院に連れていくと、残尿感がある故の行動で膀胱炎と診断される。うーん。このところの気候の変化による冷えか。あるいは、ばたばたと始動している人間の不規則生活につきあっているためのストレスか。
思えば夏の一月、人間も猫もまったり暮らしてしたのが、また忙しくなりだした日々である。
申し訳なく思う。
ほんとうは生来規則的な生活を好むのが猫というが、よくもこの不規則人間につきあってくれていると思う。小夏も愛も睦も、日々人間の起床時間が異なるものの、「飯くれ、起きろ」とは絶対騒がず、人間と共に起きている。愛、睦が騒がないのは、小夏の行動を見て、従っているのである。
小夏は薬をもらってきた。まあ、外見はいたって元気なのだが、本来野生育ちの猫は、外敵の脅威から滅多なことでは弱弱しい自分を見せることはなく、がんばっているものだというから油断はならない。
膀胱炎、くせにならなければいいが。
いたいけな小夏である。
リーマン・ブラザースが破綻した。これでアメリカもかつての日本のバブル崩壊後かという話もあるが、アメリカの利点は、悪いところを日本とは比べられないほどのスピードで修正、改革していく、徹底したプラグマティズムを駆使するところで、私はニューヨークで劇を作っていたときですら、それを実感し、いたく気持ちよかった。
日本は手続きが多すぎるのだ。
ここでまたアメリカ大変そーっすね、なんてのんきなことはいってられんぞ。アメリカはアメリカでさっさと修復するだろう。影響を受ける日本のほうが大事になるかも知れんぞ。

今日は猫たちのワクチン注射。
小夏、3.48キロ、睦、3.24キロ、愛、2.92キロ。健康体でした。
私はベッドに寝ている。すると、右隣の襖を破って、手が現われ、私の両足を押さえつけようとする。さらに頭部の側の襖からも手が現われて、私の枕もとのユーロ紙幣の束を取ろうとしている。
私は足を押さえつける力から逃れようと、おーっと怒鳴り、足をばたつかせると、小夏、愛、睦が一斉に私の顔の側を走って逃げていく。
夢であった。小夏、愛、睦が私の足の上で眠っていたのであった。
三人には悪いことをした。
小夏は少し離れたところで香箱をしている。
「こなつや、こなつ、おいで」
というとまた足元にやってきて、そのまま朝までいた。睦も母にならった。愛は座布団の上であった。
それにしても、なぜユーロ紙幣だったのか不明だ。
で、昨日はBSの生放送出て、スタッフの方々と打ち上げで、ちょっと顔出して帰るつもりが、足までつっこんじゃって、けっこう酔っ払って、わーわー騒いで帰ったら、猫たち怯えちゃって、福田退陣を知る。


DSCN6930.JPG

DSCN6931.JPG

睦と泥鰌すくいの稽古をする。

DSCN7104.JPG

ほとんど猫馬鹿旦那である。
ローマのホテル・パゾリーニで執筆再開。
オリンピックはもうどうでもよろしい。

0808a.JPG

ボローニャの寄宿舎での愛。
実はこのオリンピック全部がCGだったりしてね。

射撃のピストル競技っての、いわくありげふうな男たちが片手はズボンのポケットに突っ込んで銃口かまえてんのなかなかノワールな光景でしたな。
みんな闇社会かスパイ関係の者どもに見えてしまうところがミソである。優勝が北朝鮮の選手ってとこがまた、なかなかなんだな。

で、おとといから家のそばで子猫の鳴き声がするもんで、誰かと思っていたところ、昨日、声の主が庭に現れ、網戸までやってきて鼻を押し付けてるので、愛、睦、威嚇するのだが、いっこうにめげない愛と同じバイカラーの子猫、見ると金玉ついてんで、タマオと命名したが、こいつ追っ払っても追っ払っても、「楽しそうなおうち、ぼくも入れてよお」とやってくる。人のことを恐がらないから、どこぞで世話になってるのは確実なのだが、水鉄砲で水ひっかけても、おー気持ちいいってな顔して動じない。小夏がなにも言わないので、いいかとも思うが、どうやら世話になってる家の主がお盆で家を空けていて、腹すかしてくるようだ。やせててかわいそうなんだよなあ、なんとなく。
困ったなあ。
今朝は来ない気配なので、家の人が帰ってきたのだなと安心していたら、またやってきて一鳴きしてから、庭で寝てしまってる。
うーん、どうしたもんか。金玉があるからオスだ。当たり前だ。このメスの館にこの金玉小僧を家に上げる気はないが。どうした対処をしようか。
あー、今もまたタマオの鳴き声が・・・・


0808k.JPG

小夏姐さんと私。こういうわけで、もう一生働く気がしましぇーん。
最近、お店の人によく旦那さんと呼ばれる。へー、おれって旦那さんなんだと思う。ご主人と言われるよりいいから、まあいいかと思っていると、ますますいろいろな人から旦那さんといわれて、すっかり旦那さんになっている。

で、昨日は雷雨、大雨のなか新宿で友人と飲んだ。
明日からまた旦那さん一仕事なんです。
高校演劇全国大会の審査員として桐生にいってきます。
で、昨日ナジャでそのことしゃべってたら、マスターのアンポチャンが桐生出身で、この地は坂口安吾の最期の土地ということにも気づかされた。そういうわけで、なにやら初めての土地、桐生ががぜん楽しみになってきたのであります。

tosto.JPG

朝食のトーストをお相伴しようとする睦さんである。
睦「ママー、人間ってなあに?」
こなつ「人間ってのは、もうひとつの猫さ」
睦「猫ってなあに?」
こなつ「もうひとつの人間だよ」
睦「よくわかんないや」

(つづく)
睦がやってくる

睦「ママー、ママー」
こなつ「なんだい、おまえ」
睦「ママー、あたしねー」
こなつ「いつまで子どもでいるんじゃないよ。猫はおとなになったら人間さまにだけ甘えるもんなんだよ」

(つづく)