公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
いよいよわたくしの狂い方といったら、まさしく尋常ではなく、女の子ばかりなのだが、まあいいかというわけで兜も買ってしまったのであった。吉徳で。
睦は喜んでいる。思えば生まれた当初は活発で、しかも股の柄がチンポに見られて男の子だと思われ、騒太郎と名づけられるところだった睦なのであった。

DSCN8909.JPG

DSCN8905.JPG

DSCN8906.JPG
いい天気ですね。
この休みで、途中までしか読んでいない本の数々を一気に片付けようとしている。
昨日は深夜BSの唐組の舞台中継に引っかかって、最後まで見てしまって、くたびれた。唐組の面々テレビで見ると微妙だな。

hizasake.JPG
横浜へ行く。
母は元気である。
まあ、くわしいことはここでは控える。

さて、睦は私の膝上を堪能してやっとスポンジかじりをやめた。
かつて私の膝上は小夏の場所だったりだが、小夏は睦に譲った。
それでも要所要所で小夏はニャオンと上がってくる。睦がそれに続き、ふたり、膝上でまどろんでいることもある。優雅な女優たちである。
一方、新進劇作家の愛はまったく膝上に関心を示さず、日々の観察と食欲に明け暮れている。ふたりと同様、基本的に抱かれるのが嫌いだが、小夏、睦のように力ずくで逃げようとせず、おとなしくしていれば過ぎていくものだとばかり、流れに身を任せている。無論決して楽しいわけではない。
ここいらが劇作家の所以である。

hondana.JPG
笑点かなんか見て笑ってると、三人が寄ってくる。

現場では『路上』と『新宿八犬伝』の日々。
活字の荒野では相変わらずの神経戦。
三猫のおかげで精神のバランスが取れているのだった。

tenteke.JPG
猫と暮らしながら、『新宿八犬伝』の稽古に入ってる不思議かな。
それにしても学生の口から発せられるわが八犬伝の台詞は、まさに生き生きしており、一気に光明が見えたのであった。

sanneko.JPG
街角で目にする迷い猫、たずね猫の張り紙は、胸が痛む。
今朝、京都下鴨神社近くの電信柱で、たずね猫の掲示を見る。
10才のアメショーで外に出たことがない男の子、今月の二日に表に出て音信がないという。うまれつき心臓の悪い子でずっと薬を飲んでいるという。
飼い主の方の心配と心痛を思うと、いてもたってもいられない気分になる。
どこに行ったのだ、プリンちゃん。それとももうおうちに帰ってこれただろうか。そう願う。
あまりに馬鹿にされそうなので、載せるのやめようかと思ったんですが、いまさらなんなんで、載せます。
三猫娘のためにお雛様買ってしまいました。久月で。
猫馬鹿と呼んで!もうぶって!

DSCN8747.JPG

小夏とお雛様、似合いますね。

DSCN8738.JPG

三猫入れて撮ろうと思ったが、睦逃げる。

DSCN8745.JPG

撮れたと思ったが、愛動き、尻のみで失礼。
ま、中川元大臣、これまで表に出なかっただけで、酒でいろいろ小失敗していたんだろうなあ。で、家族なんかは、ついに表舞台でやらかしてしまったか、とポワーンポワーンポワーンポワワワーなんだろな。
奥さんとか大激怒で、中川さん、海より深くしゅんとしてんだろな。

で、小夏のことを脱走と書いたが、彼女の名誉のため説明すると、正確にいうと脱走ではないわけだ。二月のこの猫発情期を迎えて、家のまわりにはいろいろな猫がうろうろしていて、小夏は家のなかから尾っぽぼんぼん太くさせて怒ってるわけですよ。
だから、小夏としては家のまわりの地回り、テリトリーの安全巡回のつもりで、ほいと外に出たんだと思う。
で、人間がやたら騒ぐので、走ったんだと思う。
そう私は考えてんですが、いかがですか小夏さん。
違いまっか?


DSCN8449.JPG

DSCN8453.JPG
睦である。
テレビの猫番組とか出したいんだけど、この三人じっとしていられるかどうか。

DSCN8648.JPG
実はこの愛が一番美人なのではという噂も界隈ではなされている。
チョコもらった。
うれしかった。
食べた。
おいしかった。
もうダンボール五箱分送られてくるなどということはないものの、十二分うれしい。

睦は一歳七ヶ月になるのに、まだジャンプして網戸に張り付く。
網戸登りは子猫の男の子しかやらないと書いてあったりが、睦は常識を越えて生きている。
睦が夜、吐いた。でも元気にしている。

夜はいつもの土曜の夜の通り、NHKFMのジャズ放送を聞きながら、シングル・モルトを飲る。近所の酒屋で見つけたボウモア。
シングル・モルトといえば、マイケル・ジャクソンの「モルトウィスキー・コンパニオン」はウイスキー飲みのまさしくバイブルだね。
日本語版はちょっと訳文がこにれていないのが難だが。
土曜の夜のジャズとウイスキー。
ま、中流貧乏人のささやかな楽しみですよ。
おとついのことである。
朝、いつもの通りに雨戸を開けて、みんなにご飯をあげてぼっとしていたところ、網戸が十センチほど開いているの気がつき、はっとして見ると庭に小夏が降りてこちらを見ている。
一瞬、幻覚か小夏に似た猫かと迷い、声をかけるとだっと門の外を走り去ってしまう。
脱走!?
慌てて、睦と愛の動向を確かめると、ふたりはいる。
泡食った。
家のまわりをうろうろするが、小夏の姿は見えず、数分後、隣の駐車場に姿を現すが、数分後走り去る。
次に隣の猫屋敷さんの庭にお邪魔して探していると、黒猫を追っかけながらの小夏を発見。
小夏、そのまま猫屋敷さんの物置の下に隠れる。
そこで小夏とにらみ合いが続く。小夏はかつての野良の目つき、顔つきである。三十分後、小夏飛び出し、またいなくなる。
いったん家に戻り、どうしようどうしようとしていると庭に小夏ひょっこり現れるが、私、「あっ」とか大声を出してしまって、小夏その声にまた逃げ去ってしまう。
戻ってきて小夏がすぐ上がれるようにと、窓や戸を開けっ放しにしているので、睦と愛を部屋から締め出す。愛はマイペースでしきっぱなしの布団の上でまどろんでいるが、睦は「なに締め出してんだオメーラ」と騒ぐ。その睦の声に応じるかのように小夏の声がする。
睦が鳴くと小夏が答え、どうやら家のまわりをうろうろしているらしい。
二十分後あたり、小夏ついに家に上がってきたところを一気に戸、窓を閉める。
脱走から三時間経っていた。
まあ、戻ってくるだろうとは考えてはいたが、一年七ヶ月外出していないので、心配であった。
しっかし、ひさしぶりに小夏の野生の姿を見たが、かっこよかったなあ。そういう猫生もあったわけで、考えてしまった。
とにかく睦、愛が今から外で生きていけるわけはないのだから、小夏ともども気をつけなければならないと気を引き締め直した。
小夏は外から睦に来いと呼んでいたとも思われるからだ。
私、外出の予定がない日でよかった。

で、その日は夕方メルボルンから日本に来ているピーターが打ち合わせ、飲み食いで家に来る日で、この猫騒動のことなどしゃべり、楽しい夕餉であった。
ピーターによれば今年これから開催される東京演劇フェスのプログラム、外国からのやつは相当おもしろいということらしいので、ドイツとイタリアのやつは是非行こうと思っている。

それにしても小夏、帰ってきてよかった小夏。
友人の川西蘭が新刊の本のなかで、飼っていた犬が死んで号泣する妻の姿を目の当たりにして、自分か死んだ時、このひとはこんなに泣いてくれるだろうかと不安になったと書いているが、ペットロスはつらいと想像する。
三頭のうちの一頭がそんなことになっていなくなれば、私は当分立ち直れないだろうが、それが未来、三回続くのである。その時、私は終わるかも知れない。
まあ、先のことを心配ばかりすると、わが母のように深い鬱病にかかるのでここいらでやめておこう。