公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
みんな、ぐったり。
まずは睦。

DSCN0008.JPG

DSCN9954.JPG

DSCN9997.JPG

次に愛。

DSCN0012.JPG

DSCN9898.JPG

起きてたけど、すぐ寝ます。

DSCN9914.JPG

さて、小夏姐さん。

DSCN9948.JPG

DSCN9980.JPG

DSCN9991.JPG

おまけで睦のおおあくび。

DSCN0009.JPG
『路上』は順調に進んでいる。勝也さんの体力気力たるやすごいもんだ。私は飲みすぎでおでこにぼつぼつが出だした。

ところで睦と愛が二歳の誕生日を迎えた。これまで健康できてほんとに
育てた小夏と日々に感謝したい。

DSCN9731.JPG
DSCN9504.JPG

最近、小夏が完全娘返りしてて、食事してるとテーブルに乗ってくるわ、睦に怒るわで大元気なんですわ。
かつての自分のテリトリーであった私の膝を巡っての女優たちの攻防が勃発してるんですわ。さあ、どうするタケポン、すがぽんに相談すっか?!

DSCN9501.JPG

一方劇作家志望の愛はこの通り、マイペース。
最近、コミックの原作をやりたいなとどぬかしつつ、寝てばかりいる。
歩いているとやたら散歩中の犬が足元に寄ってきて匂いを嗅ぎ回ったり、路上でまどろみ中の猫が半睡半眼でニャーとあいさつをくれたりする。
恐らく、私のからだには猫の匂いが染み付いているのであろう。
さらに猫はある種のアナーキストであるから、猫人間になってしまった私の人生は今後アナキズムとどう折り合いをつけていくのであろうか。

で、『バーン・アフター・リーディング』を吉祥寺で見て、大いに笑った。でも映画館で笑い声を上げてたのはふたりだけで、私とあと若いんだかとしくってるのかわからない女性の笑い声が時折響いてた。

で、プール・デビューした。近所の区営プール。
いやー、いいねー、バックでばっか泳いでた。クロールは息継ぎが下手で、というか、根性ないんですぐ途中で足ついちゃうんだ。
肩、腕のこりがちょいと消化したし、去年の後半から延々と取れない首の付け根のこりがちいとばかし解消してたよ。
毎週泳ぐことに決めた。メタボ腹ぶるぶるさせて。

しっかしキヨシローの死は八十年代という時代についての再考を促す。
いよいよわたくしの狂い方といったら、まさしく尋常ではなく、女の子ばかりなのだが、まあいいかというわけで兜も買ってしまったのであった。吉徳で。
睦は喜んでいる。思えば生まれた当初は活発で、しかも股の柄がチンポに見られて男の子だと思われ、騒太郎と名づけられるところだった睦なのであった。

DSCN8909.JPG

DSCN8905.JPG

DSCN8906.JPG
いい天気ですね。
この休みで、途中までしか読んでいない本の数々を一気に片付けようとしている。
昨日は深夜BSの唐組の舞台中継に引っかかって、最後まで見てしまって、くたびれた。唐組の面々テレビで見ると微妙だな。

hizasake.JPG
横浜へ行く。
母は元気である。
まあ、くわしいことはここでは控える。

さて、睦は私の膝上を堪能してやっとスポンジかじりをやめた。
かつて私の膝上は小夏の場所だったりだが、小夏は睦に譲った。
それでも要所要所で小夏はニャオンと上がってくる。睦がそれに続き、ふたり、膝上でまどろんでいることもある。優雅な女優たちである。
一方、新進劇作家の愛はまったく膝上に関心を示さず、日々の観察と食欲に明け暮れている。ふたりと同様、基本的に抱かれるのが嫌いだが、小夏、睦のように力ずくで逃げようとせず、おとなしくしていれば過ぎていくものだとばかり、流れに身を任せている。無論決して楽しいわけではない。
ここいらが劇作家の所以である。

hondana.JPG
笑点かなんか見て笑ってると、三人が寄ってくる。

現場では『路上』と『新宿八犬伝』の日々。
活字の荒野では相変わらずの神経戦。
三猫のおかげで精神のバランスが取れているのだった。

tenteke.JPG
猫と暮らしながら、『新宿八犬伝』の稽古に入ってる不思議かな。
それにしても学生の口から発せられるわが八犬伝の台詞は、まさに生き生きしており、一気に光明が見えたのであった。

sanneko.JPG
街角で目にする迷い猫、たずね猫の張り紙は、胸が痛む。
今朝、京都下鴨神社近くの電信柱で、たずね猫の掲示を見る。
10才のアメショーで外に出たことがない男の子、今月の二日に表に出て音信がないという。うまれつき心臓の悪い子でずっと薬を飲んでいるという。
飼い主の方の心配と心痛を思うと、いてもたってもいられない気分になる。
どこに行ったのだ、プリンちゃん。それとももうおうちに帰ってこれただろうか。そう願う。