公演情報
■ティーファクトリー
『クリシェ』
川村毅作・演出・主演
クリシェ_チラシ表web用.jpg 

【公演日】
2020/1/29(水)〜2/2(日)
【会場】
あうるすぽっと(東池袋)

【作・演出】川村毅
【出演】加納幸和(花組芝居)/鈴木裕樹/笠木誠、秋葉陽司(花組芝居)、松原綾央(花組芝居)/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)/川村毅

http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
2,200円(税込)
ーーーーーーー
¥2,200(税別)
ーーーーーーー
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
0476864C-F0AB-4FDE-BC54-C9A30E9A79C1.jpeg

小夏「あんた、もう帰んな」
三毛子「なか入れてよ」
小夏「あたしも昔はそうだったから気持ちはわかるけどね、ここは箱入り娘がふたりいるの。お腹が空いたら来ていいけど、ご飯を食べたら行きなさい」
三毛子「わかったわ」
2019-10-16 21:33 この記事だけ表示
稽古は絶賛中。
今日は下前君とむさしのFMに生出演。
私はもはやそこいらの若手でもないので、凄い舞台!見て見て!などとは自分から書かない。
書いてるじゃん!

ところで最近庭先に現れるは三毛子、彷徨える女、睦と愛の天敵。
ご飯はあげて帰してるのだけれど。


DD95593B-6717-4B9D-ADFB-039C8E2C9DF0.jpeg





2019-10-16 21:05 この記事だけ表示
160C9DEC-64AD-4265-9007-0E4B682D4C27.jpeg
睦です。新作原稿を温めています。
もうすぐです。 
蝉さんが鳴いてます。
2019-08-12 01:23 この記事だけ表示
9CD0CA9A-9F36-4786-A38D-D7A8C627C07A.jpeg

初めてやってきた頃の小夏、メメ、ハナグロ。

89013440-E47F-45B5-BF6C-CED873EFF306.jpeg

窓辺で寝てるメメ。

メメ、元気でな!
2019-08-10 18:51 この記事だけ表示
CBB5E040-C6F2-4400-BC1A-498B11760623.jpeg

写真は若き小夏。バリバリのヤンキー時代。
最初、家の庭に現れた小夏はふたりの子どもを連れていて、その子たちは、うちではメメ、ハナグロと呼んでいた。
うちでは、というのは親子は複数の家で世話になっているようだから、他では小夏も違う名前なのだ。

メメは可愛かった。目が特徴的なのでメメと名前をつけた。
やがて親離れをして、小夏は愛と睦を産んだ頃、メメはお向かいの家にいると知った。
そこの家ではミカンという名前だ。全く目が見えない猫であった。だが生活には支障がないというので安心した。
わたしは呑気にメメと呼んでいたことを恥じた。
そのお向かいが引越しするというので、メメに会わせてもらった。
もちろんメメもご家族と一緒である。
達者で暮らせよ、メメ!


BD050AD1-D7BE-4C64-B014-EF39FE5F4AA9.jpeg

写真が今のメメ。
ちなみに小夏は、かつてお向かいでは、ゆずと呼ばれていたそうだ。

2019-08-08 13:21 この記事だけ表示
E5C2D835-6EE8-4661-A4BB-E67741CDBCD6.jpeg
2019-07-25 13:23 この記事だけ表示
今日、愛、睦、12歳誕生日!
元気でなにより!

F698B249-0FA6-48C8-B9FE-9670FDF552DD.jpeg


2019-06-23 19:57 この記事だけ表示
睦は食べるのが一番早く、とっとと平らげて小夏のお皿に頭を突っ込むので、私執筆中でかなりイライラしていて、自分でも思いのほか強く叱ってしまうと、もうそれから数時間、しょぼーんで可愛いやら可哀想やらで、その後かなり構いました。
0713480A-3B24-4FAC-92B1-D89C80A5CDE8.jpeg
2019-04-12 18:05 この記事だけ表示
B88F821A-178C-4BB9-8EA1-06D5808A771A.jpeg

349B8E75-B41F-4BF9-BC6E-F489FFB8794F.jpeg


2018-12-30 14:32 この記事だけ表示
5FF53438-AF56-40A3-A836-5EEE15D25A1D.jpeg
2018-12-29 12:27 この記事だけ表示