公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
ひさしぶりに小説について書く。
カズオ・イシグロの『日の名残り』を読んで、面白いので驚いた。これまで氏の作品は一度も手に取ったことがなく、ご多分にもれず、ノーベル賞のニュースで、さして期待もせずに読み出したのだが、その面白さに途中で止めることができずに一気に読んでしまった。
正統的、本格的な英国小説である。
などとエラソーに書いてみるが、20代30代の頃は英国、ロンドン系統には一切興味がなかった。イギリス映画にのりきれないものを感じ、演劇と言えば、退屈な保守だろうと決めてかかっていた。
気取って紅茶すすってんじゃねえよ。
だから、私にとっては英語圏と言えば、圧倒的にポップにして実験的なニューヨークだったわけだ。
日本生まれの英国作家カズオ・イシグロの小説など、ジェームス・アイボリーのつまらない映画みたいなものだろうと高をくくっていたわけだ。
英国及びロンドンがいいと思い始めたのは50代に入ってからで、去年のロンドン滞在は短期間とはいえ、実に楽しかった。
保守とは、動こう変えようとしない退屈を意味するものではないと理解してきたからだ。
するとティータイムの深さ、パブの楽しさがぐんと近くなった。

今回、『日の名残り』が英国貴族の執事の話というところも、読んでみようと思った動機である。
『ダウントン・アビー』である。読んでいる最中もこのドラマの場面場面がかなりの読書の補助線となった。
また、老人の執事が主人公のこの小説の面白さは中年か初老でなければ理解できないかも知れない、とも言える。
小説でしか味わえない妙味というものに堪能した。
アンソニー・ホプキンスの主演で映画にもなっているが、見る気はしない。どうせ無用にドラマティックに脚色されているのだろう。そういうのは見たくない。そういうのは『ダウントン・アビー』で見られるからけっこうだ。
続けて『わたしを離さないで』を読んだ。これも、舞台化、映像化されたものなど見たくもない。妙味は失せ、お涙頂戴青春モノになってんじゃないかと推測する。カズオ・イシグロの持ち味は抑制の妙味だから、ドラマにするとその味は薄れるか消えるに違いない。

そういうわけでさらに『夜想曲集』を読んだ。
なんとわかりやすい面白さに満ちた短編集だろう。抑えられつつもあふれわたるコメディ・センスにミスター・ビーンを思い起こした。ジェントル・スラプスティックとでも名付けたい。
さて、『忘れられた巨人』にとりかかろう。
2018-02-03 14:13 この記事だけ表示
エンタクシーの編集長田中さんが、観劇にきて、次号で休刊と聞いて大ショック!
次号掲載は『猫雪』の後篇。
で、もう一章書いて完結の予定だったんだが。
どうしよう。
今年、推薦されて文芸家協会に入会したのだが、毎月送られてくる冊子には、出版不況、文学衰退といった話題が必ずあり、目を通してると元気が出なくなること夥しい。

さあて明日からまた頑張るぞえ。
今週発売されますen-taxiに『猫旅またたび 其の二・猫生』が掲載されます。
よろしくお願いいたします。
久しぶりに小説を書いた。
今発売中のen-taxiに掲載されています。
『猫旅またたび』といいます。
よろしくお願いいたします。
戯曲『ヘルデンプラッツ』のトーマス・ベルンハルトの小説『古典絵画の巨匠たち』は、苦い痛快さに満ちたオモシロ本だ。こういう小説は、日本の風土ではなかなか現れないだろう。
新刊『私のもらった文学賞』を読み始めているが、これもまた苦い。
ロシア、ヨーロッパの小説ばかりを読んでいると、やたらアメリカが恋しくなり、サリンジャー、村上春樹訳の「キャッチャー・イン・ザ・ライ」を読んだ。
「ライ麦畑でつかまえて」を中学生の時に読んだ時には、もう、もろに主人公に自分を同化させて痛快さを覚えていた。が、今読むとその印象がまるで違うのに驚いた。
読みだして、まず驚いたのは、ほとんど忘れていたことだった。何日間にわたる冒険小説のように思い込んでいたところ、わずか二日間ほどの、ニューヨーク地獄巡りではないか。
こんな陰惨な小説だと今再読して知った。読んだことがあるモノというのは、気をつけなければならない。50代まで生きた者にとって、10代の読書経験は当てにならないのかもしれない。
タブッキの死をラジオ講座のエッセイ欄で知ったのだが、実は読んではいなかった。須賀敦子のエッセイで知り、自分好みだという直感から『イタリア広場』も買っていたのだが、近年とみに小説を読むことに興味をなくしていて、積ん読であった。
逝去の報を聞いて、『時は老いをいそぎ』を読んだのだが、もう、陶然としてしまった。その陶然の中身はここでは書き切れない。久しぶりに小説を読んで面白いと思った。
新幹線で『グロテスク』を読む。中村光夫のである。
『シャボン玉に映る』、『妄想』、『グロテスク』三篇から成る連作である。
私はこれを昭和54年に初版本を買っている。箱入りの本である。
なぜ、今これを読んだのかというと、蓮實重彦氏の『随想』に中村氏の記述があり、そういえばとずっと気にしつつ読んでいなかったこれを本棚から取り出したのだ。
17歳の時に買って、今やっと読んだのである。
まったく、この小説は劇薬であり、爆裂弾であった。60代の時にこんな小説を書いた氏はなんと過激であろうかと、一気に中村光夫熱に感染した。
ひさしぶりに小説に興奮した。

ところで私の新作『4』のリーディングは世田谷トラム・シアターで11月21日に行われます。
私の小説出た。小学館文庫、価格的にもお求めやすいと思います。
書店で手にとっていただければ幸いです。
連載中の小説八回目と『路上2』を書いている。
読みたいものもたくさんあり、いささか困る。