公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
で、オープンキャンパスっちゅーのやってて今日が最終日なんだけど、昨夜は南座で岩松さんの芝居見た。四条通りは人であふれてて、夜だってのになんか尋常でない暑さでめまいがしたな。で、バー寄ってウイスキー飲んでたら赤塚氏逝去のメールが来る。武居さん、今はご遺体の側にいるんだろな。60年代が消えていくなあ。80年代とは、積極的な60年代への反駁故に60年代とは無関係ではなかった。というと80年代を持ち上げ過ぎだろうか。少なくとも60年代への無知や無視はなかった、とは言いたい。
で、このあいだは親族と赤坂見附の焼き肉屋で飲み食いしてたら例の雷雨の日で、当分帰れないねえとか言ってたら飲みに飲んで、どうやって帰ったかも定かでないほど酔っ払った。で、今はまた京都でオープンキャンパスってやつ。旦那48歳、働いてるよ。

ところでウヤマさん、元気デスカーッて、多分キョロンと元気だろーね。
そういうわけで、『路上2』、無事、滞りなく、終わり、今の今までボヤッとしております。まだ当分、実生活のテンポに戻るのは難しいだろう。今はただの猫好きが高じてるいかれた男である。

花田清輝の映画論集を精読するが、実におもしろい。

で、今月は上半期最後の教員モードをやって、夏は全面的に作家モードに突入し、書きまくる。小説とあと来年の戯曲を書いてしまおうかとも考えている。アイデアがちょいと脳みそから零れ落ちそうだから。
で、『路上2』、いよいよ今日四時と明日千秋楽2ステージです。
勝也さん、快調だな。毎日お客さんと飲みにもつきあってて、体力だな。私なんぞ、飲み疲れで、もう居酒屋に座っただけでも疲れて、人の話もまったく脳に入ってこない。
で、昨日は長谷川が来て、最近ブログで映画のこと書きませんね。って言われて確かに、今年上半期はほんっと映画を観る時間がなかった。

で、歌舞伎町の信濃屋でアブサン・フェアやってて、おーってな感じで買っちゃったよ。
で、飲んだよ。ほんとに昔のヨーロッパの味かね、これ。EUの味なんじゃねーか。
で、『路上2』ってのやってんだけど、昨日は平岡が四倉と渋谷を連れてきた。何を隠そう、このふたりこそ、私の高校時代、海よりふかーい関係にあったふたりである。正確にいうと、四倉は大学時代、第三エロチカに誘って、卒業してからのほうがふかーくなって、渋谷はほんと高校ではいっとうふかーいつきあいをした。つまり親友だった。
で、四倉は今はテレ朝のプロデューサーであり、渋谷は成功した編集者、さらにふたつのペンネームを持って小説も上梓している。
で、渋谷とは三十年ぶりくらいよ。
もう高校の時は一緒に悪さしたり、悪さ考えたりしていた仲よ。
で、いろいろしゃべったわけよ。
二軒目はナジャ行って、ジェームソンのボトルいれて飲んでたら、四谷シモン氏も現れたりして、わーわーしゃべったわけよ。

路上シリーズをやってると、ほんっと不思議な出会いに出くわす。
さらに、いよいよ自分が人生の後半を生きているのだと実感する。
これは第二章か第三章か。

高校時代、高校生活も、思えば濃かったなあ。深かったなあ。
で、『路上2』、無事初日開いてやってます。
で、初日にはかの赤塚不二夫の当時の担当編集者、伝説の赤塚版・武居俊樹氏が見に来てて、飲んでって、たいそう喜んでくれた。
なんで、武居さんが来たかというと、勝也さんと早稲田時代からの親友なわけですよ。
で、今回の劇は明らかにナンセンスを狙っているところ、ナンセンス、ギャグのいわばホンちゃんである武居さんが、私の赤塚の影響についてとか、あの台詞は秀逸だとか色々、笑いの観点から感想いってくれて、私は、うれしかったですよっ!
「でもまだインテリ臭があるな。赤塚さんはなかったからな」
っていうのを、
「いやいや赤塚さんの漫画は十分インテリチックっすよ」
と私が反論すると、
「おっ、反撃に出たな」
と武居氏いい、不意に「タリラリラーン」と池林房のテーブルの上に上がって踊りだすので、私は「ニャーロメッ!」と床にはいつくばり、アリスと共に猫ダンスで対抗したのであった。
意外と思われるだろうけど、おれって真剣に笑いを考えてんだ。
そこいらのコント野郎なんかより、ツボおさえてるつもりなんだ。
で、武居氏に、こういう人がいてうれしいとか言われて、おれほんっとうれしい初日の夜だったよ。
ひさびさにバカボン読み直そうっと。

で昨日は昨日で五柳の小川さんとか、旧知の編集者なんかが来てくれて、いろんな人が私に向けて言葉をくれる。
「あなたもいよいよ折り返し地点ですな」とか言われて、まあ人生半分過ぎたということなのだが、折り返しといって戻る気はないのですよ。
「いよいよこれからですね」
とかもいわれて、そうなんだよな、二十歳代からやってる人間は二十歳代でやったことを代表作とされがちなんだけど、これからなんだよ。
これから、おれはヌーベル・アナーキーでいくぞっ。

てなわけで、睦も愛も一歳になって元気はつらつだよ。

0708ai&mutsu.JPG

これが去年の夏。ふたりとも片手にすっぽりおさまっとる。

0806ai&mutsu.JPG

これが今。暴れるし、重いしで同時に抱えるのがやっと。
さて、今週末「路上2」の幕が開く。
美人、かわいこちゃん、イケメン、太った人、渋い人といろいろな人が出てるから、おもしろいと思うよ。まだ席あるから、みんな新宿へ突進だあ!

ところでタスポなんか絶対おれ、つかわねー。
どうせ欧米とか行けば、自販機とかなくて対面買いなんだから、欧米いった気分でいく。

で、六月23日は、睦と愛の誕生日で一歳になりました。
いやはや、てんやわんやの一年だった。小夏も家猫になって一年というわけだ。最初は猫缶に総合栄養食と副食があるなんてことも知らなかった男が、いきなり多頭飼いになってあたふたと過ごしたわけだ。
今はもう愛も睦も重くなって暴れるはで、二頭いっぺんに抱き上げての写真は無理となってしまった。

DSCN6242.JPG

DSCN6243.JPG
で、今日は大学のオープン・キャンパスで『ハルメリ』のワークインプログレス。一場と二場、都合三十分ほどをスタジオで上演したのだが、舞台芸術学科一期生でもある二回生、なかなかよくやる。

京都にいるとついつい飲んだくれるので注意している。
みんなも、注意しよう!
ひさっしぶりに唐さんの赤テント見に行ったら、もうなんか知ってる人、ひっさしぶりに会う人ばっかで、なかでも柄谷行人さんとなんかニューヨークで会って以来なんで、上演後の恒例テント飲み会ですっかり話しこんでしまった。小林恭二なんか一時間ぐらいで帰るとか言ってたくせして、延々とだらだら飲んでて、私が帰ろうとするのをついてきて、いったんは外に出たものの、「もうちょっといようっと」とか言って戻ってやがんの。もちろん唐さんともしゃべって、金守珍ともひさびさに話した。

で、『路上2』、すごいことなっちゃってんだけど、すがぽんはおもろいし、アリスは可愛い!

で、京都は今週末オープン・キャンパスなんで、『ハルメリ』のワークインプログレスをスタジオで公演するんで、京都入りしたわけよ。
忙しいわけさ。
肩、首なんか、ほんっと誰かが乗ってるんじゃないかってぐらいこりこりよ。どうにかしたいですよ、この石の背中。

で、昨日は神馬で岩牡蠣食った。おいしかった。
ざんざんぶりで、湿気多く、頭がしびれる。

で、一昨日のことなんだけど、なんか、えらくむかむかしてるところに睦を膝に置かれたので、邪険に払ったら、その後敷いてあった毛布にたっぷたぷおしっこして、復讐しやがんの。
いやはや、さすが睦。気の強い女、女優気質のメス。
小夏と愛は、睦がしょんべんしたとたん、まずいと思ったらしく、だっと二階に駆け上がって、その夜は降りてこようとしなかった。
稽古、なんか日々エネルギッシュで楽しいぞ。こんなに楽しくていいのかっていうぐらい楽しいぞ。
勝也さんがつぶやいたぞ。「大作になってしまうねえ」
ってホントだぞ、これ。

ってなわけで、稽古場の行き帰り、山田詠美と高橋源一郎がホストになって島田とかの話聞いてる『顰蹙文学カフェ』っての読んでんだけど、おもしれーな、これ。
読んでてつくづく思ったけど、八十年にデビューした連中ってのは、みんなしぶてーや。自分もそうだから、みんな元気だとこっちも元気出るわ。
若者は、われわれのしぶとさを見習うよーに。なんでこんなにしぶといのか、若いころ、さんざっぱら生意気やって、たたかれて、で、テキトーだから。まじめにテキトーやってっからだと思うわ。

でも演劇でこーゆー感じでしゃべれる人っていないなー。
やっぱ、演劇人って良くも悪くも基本的にクソまじめだからなー。