公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
新年初めての京都入り。
いよいよ、今月末は二回生の『ハムレット』の授業小発表だ。思いのほか、ハムレットの台詞は難しく、どうなるかはまだ見えない。が、みんな真摯に取り組んでいる。およそ三時間、休憩なしで稽古した。
で、会議とかあって、よろよろと新幹線に乗る。
車中、中上健次の伝記『エレクトラ』のページを開き、読み出すと一気に読んでしまう。つまり、読んでいる最中はおもしろかったわけだが、読後考えると、うーんとなった。どこか物足りない感じもし、それでいいのではないかという気もするし。

ワニを書き進める。もう一度、神なき国の夜三部作を最初に考えた時の気持ちと計画を思い起こし、じっくり書き直していくことにする。それにしても、また自分はやっかいな領域に手を出し、足を踏み入れたものだ。なんで自分はこうなんだろう、という気がひしひしとする。単純にやって単純に認められるようなことをすればいいのに。
書き上げたワニを読み直すが、後半まるでつまらない。
後半放棄。書き直すことにする。まだまだだ。
で、『ワニの涙』の初稿が上がった。
先週は、茂山の仕切りで河原道屋の養老鍋で学科の忘年会やって、美味しくてばかばか食べて、飲みすぎて、翌日はちょいと二日酔い気味のなかで、やれ合評会だなんだかんだって忙しくて、夕方やっと今年が終わったと安堵して京都駅で生ビールにラーメン食べたら、新幹線で身体が冷え切ってしまって、胃腸もダウンし、帰宅して寝込んでしまった。そのまま食欲もないので何も食べず、風呂も入らず、無論飲まず、昏々と眠り続けた。異常なほどに眠れるのだった。
そういうわけで、48の誕生日は蒲団のなかだった。愛が心配して枕元にネズミを置いてくれた。おもちゃのだけど。
で、ほぼ三日ほど眠り爺となって、蘇り、執筆などしていたのだが、M−1、おもしろかったねえ。でもこれからサンドウィッチマン、やっていけるかねえ。
ってんで、フェリーニ、アントニオーニを見直したりとかもしていた。

睦と愛はいよいよ六ヶ月で、ほぼ成猫だな。
睦はほんとおてんば。たまにニャロメかという表情もする。
愛のほうが、おとなしくて臆病。
小夏は太り、窓の開け閉めをしても外に出ようとはしなくなった。獣医さんの言うとおり、一ヶ月以上も家にいると外に出るのは怖くなるということなのだろうか。テリトリーも他の猫に取られただろうし。名実ともにヤンキー卒業したというわけだ。小夏のテリトリーは娘のめめが仕切っているのだろうか、そうだとすれば椎名林檎の『歌舞伎町の女王』だが、めめは小夏と違っておとなしいからなあ。
で、三猫が当然のようにして家にいるのだが、こういった生活が一年前に想像できただろうか。しかもニ猫はこの家で生まれたのだ。
まことに生活というものは不思議だ。
猫との共生によって私は変わった。
猫によって自信をつけられたというところもある。つまり、私はもともと猫的人生観の持ち主だということにだ。演劇などやってると、猫はなかなか猫のままでいられなくなる。だからたまにしかたなく犬や猿や狼や羊を装わざるを得なくなり、それがストレスとなる。
今年はいろいろなことがあり、多くの知人が亡くなった。

まっ、来年もみなさん、おれをいじりまくってくれい。いじめるやつはいじめてくれい。いじっていじっていじりまくってくれい。この世界、いじられてなんぼだ。

DSCN3067.JPG

ダウンしているおれに集う猫猫。背後の破れた障子が泣かせる。

DSCN3055.JPG

イヴの夜、睦を抱きつつ書いている。

DSCN3068.JPG

これらを扶養するために来年もがんばるぞ。

それにしても窓拭きいっぱいやってくたびれたな。
で、『レミング』、終わった。
無事というわけではなく、初日はちょいとしたハプニングがあって奇しくも寺山的展開になってしもうた。詳細はここでは書かない。
で、みんなよくやったと思う。まっ、みんなの今の実力は最大限出したと思うね。私の演出を施すというところまでいかなかったが、授業発表というものは、そもそも担当教員の演劇の欲望を満たすものではなく、あくまで主役は学生と教育であるということを忘れてはならないのだから、よかったように思う。

で、千秋楽は11時から打ち上げというので、それまで時間があるので、ちょいと飲み屋をひっかけたら、隣の見ず知らずの紳士から、以前は味の素大阪支社長で今は味の素冷凍社長のなんとかさんに顔が似ているといわれた。
で、打ち上げ、けっこう酔っ払って3時すぎまで。

で、昨日帰京して今朝猫たちの便所みたら、けっこうしょんべんがあふれてしまっていて、風呂場で洗おうと思ったら、いつも通りシャワーの栓をひねってしまって自分がずぶ濡れになって、ひとり怒りしたり、急に本棚の整理を始めだしたり、ゆっくりとした執筆の時間はまだやってこない。
やばい。早いとこ、精神的カンヅメの状態になりたい。
忘年会出席は最小限に留めよう。
ずっと舞台稽古で、終わるのが十時近く、京都の飲み屋や食べ物屋はいいところは終わるのが早いので、コンビニ弁当の日々が続いている。
で、帰途途中でエサを物色していると、同じようにエサを選んでいる学生と会ったりする。えへへへへとお互いテレ笑いなどをする。

で、今ゲネが終り、いよいよ19時より初日、本番である。
今期はなかなか芸達者がそろい、なかなかおもしろくなった。
怪我とミスがないことを祈ろう。
で、京都にいます。
今週末、いよいよ三回生、川村クラスの公演、寺山修司・戯曲の『レミング』が上演される。
前期はけっこうみんなちんたらちんたらしてて、だいじょぶかあと思ってたところ、このスパートは強力だな。
十二月十日、まさに寺山さんの誕生日に小屋入りしたってわけだ。
それにしてもおよそ一年間『レミング』という戯曲とつきあってきたわけだが、全然飽きなかった。
来年は『疫病流行記』か『奴婢訓』か。

で、これから舞台稽古ね。
公演の詳細は京都造形芸術大学の舞台芸術学科にアクセスしてね。

http://kyoto-bgg.org/

ですわ。
で、昨日六時半より紀伊国屋サザンシアターで劇作家協会新人劇作家優秀賞の公開審査が行われた。

私の読み通りというか、是非取らせたいと密かに決意していた、黒川陽子さんの『ハルメリ』が優秀賞に輝いた。
蓋を開ければ審査員全員が推していて、だからといってすぐ会を終わらせるわけにもいかず、いろいろ議論もあったが、こうした全員一致も珍しい、私にとっては初めてのことだ。
で、『ハルメリ』はおもしろい。こうした才能がまず小説にいかず、戯曲として完成されたことを喜ぼう。
大体、最近の小説界はなんだよ、若い劇作家の青田買いばっかやってんじゃねーかよ。文学界とか新潮とかよ。そんなら芥川賞や三島賞の候補にきちんと戯曲を入れろってんだよ。

とにかく才能ある若者のみなさん、今小説から始めたって、どうってことないよ。編集者なんか冷たい連中だし、今や芥川賞とったってバイトしてるやついるんだよ。小説に過剰な期待しちゃひどいめに遭うよ。
戯曲を始めなさい、戯曲を。
で、先週は中学の時見て以来の『魂のジュリエッタ』とか見て、いやーのってる時のフェリーニはやっぱおもしろいわとか思って、京都行って授業で来た加藤ちか、飲みにつれていったら、もうべろべろになりやがんの。普通でもでかい声なのが、さらに大きくなってひとりスピーカーやってたよ。同行した森山もべろべろよ。
で、二日酔いで病院いって24時間心電図つけてもらって、この日は『レミング』の稽古していろいろ打ち合わせやって、卒業制作の『トロイアの女』とか見て、次の日また病院行って心電図外したわけ。
で、病院が円町だからってんで、嵯峨野まで足を伸ばしたら、もう紅葉が恐らく一番いいときで、人でいっぱいよ。
で、私も天気もいいしで、紅葉狩りに便乗したわけ。暑くもなく寒くもなくで絶好の散歩日和よ。
まず清涼寺、次に宝匡院。ここはもう庭が真っ赤で、なにやらおそろしいほどでした。で、二尊院に向かう途中に厭離庵といういい名前の庭があって、ここは小さいのだが、穴場ですぞ。
で、二尊院歩いて祇王寺ってここもすごかったねえ。さらにここの奥の滝口寺、滝口入道ゆかりの寺で、ここまで入ってくる人はほとんどいないのだが、いいですよ。
で、歩いて落柿舎。いやー、ここもよかったですよ。なにがよかったって、紅葉のおそろしさが身に染みるんですな。
で、さんざ歩いて仕上げに鞍馬の温泉に浸かったんですわ。ここはご存じの通り嵯峨野嵐山とは別の場所ですがね。
で、鞍馬も人が多くて、露天でもうるせい会社員とかいてうるさかったんだけど、休憩所で昼寝したりビール飲んだり。
で、帰ろうとしたら、ロビーで同じくひとっ風呂浴びて帰ろうとしていた映画学科の山本君とばったり会ってしまったんですわ。
おそるべし京都。狭い町。無防備に弛緩できないところ!
てなわけで次の日は、また『レミング』の稽古ですわ。

で、帰京して、さっそく横浜のアイススケートリンクの稽古で、これ、おもしろくなりそうでっせ。
ダンサーたち、さすがだわ。いろいろな身体言語持ってるわ。
てなわけで、昨日は『ワニの涙』のポスター撮りでスタジオに手塚さん来てもらって、三茶いったら『ボルベール』、やってるって知って慌てて見たわけよ。
今日もこれから横浜よ。
別に全然悪意があって書くわけじゃないけど、中日、日ハムの日本シリーズってキョーミわかねーなあ。

で、昨日は神保町で編集会議があって、出たところで古本市やってたんでうろうろしていたら、五柳書院の小川さんにばったり会って立ち話で用事一件済ませてしまった。
で、イタリア書房ひっかけて、劇作家協会の戯曲セミナーには時間があったので、九段下で下車して靖国神社の遊就館に行く。なるほどこの展示の何がよく問題になっているのかがわかった。しばし考えるのでここでのコメントは控える。
で、三茶に戯曲セミナーの講師やりに向かったのだが、これ毎年けっこう二時間何しゃべろうかって苦労して考えるのよ。去年何しゃべったかなんて全然忘れてて、よく二時間もしゃべったなあとか思うし、他の人もよくしゃべれるなあって感心するし、劇作家ってみんなそれぞれ一家言持っていてたいしたもんだよなあ。
で、たまたま『アルゴス坂の白い家』の創作ノートを開いたら、いろいろ創作のプロセスがメモしてあって、これをお見せしながら、しゃべるってアイデアを思いついて、あとはもうでたとこ勝負。こういうのって、面倒だし、あたし、あんま詳しく準備したり考えたりしないのね。ほんっと、でたとこ勝負。だからそれなりに緊張もするわけ。
で、二時間無事やり終えて、今年の受講生はなんかみんなきらきらしているなあ、なんてえらそーに思ってたら、飲みに誘われたんで、受講生の方々とがちゃがちゃ飲んでたら、市来さんがぼんやり現れて、やあやあとあいさつした。前は新宿のナジャでばったり会って、最近よくこのひととは飲み屋で出くわす。セミナーの前には世田谷の奥山カチョーと会ってイタリアのこととかも話したりして、本当によく人に会う日だ。
で、飲み屋の払いは、なぜか受講生の相模原の歯医者さんにしてもらっちゃって、すいませんでしたねー、相模原の歯医者さん、なんかの機会があったら今度は私に払わさせてください。
でも、受講生のおひとりの質問で、「彷徨亭の写真のちょび髭は付け髭ですか」って、あたりめーだろが。
ってんで、今日は小説の執筆。

おれも、渡辺さんにならって川村たけって改名しようかな。
川村タケがいいかな。ばーさんみたいかな。川村竹だと新種の竹に見えるかなあ。おせーて、美輪先生っ。

それにしても小夏はおもちゃのネズミくわえて子供らに狩りの稽古をさせようとして、にゃーにゃー呼ぶんだが、愛と睦も家生まれだから、全然知らん面で窓の外見てたりしてて、なんか小夏もこれまでの野良の子育てと調子が狂っているみたいで、なんかたまにかわいそうになってくる。
活字荒野の住人となり、『ワニの涙』をこの二日でとりあえず50枚ほど書いたが、どうなるかまだわからない。
私は戯曲を書くときはいまだにシャープの書院を使っている。
キーボードの周辺に睦と愛がやってきて、キーを踏み、「へへへへ」と出たりする。小夏は、「だめよ」と書斎の出入り口ふきんでぎゃあぎゃあ叱っている。小夏はこういうところがほんとえらい。もっとも私がいないときはちゃっかり入って日向ぼっこしているらしい。で、見られると恥ずかしそうな顔をするという。猫は表情がないというの人は、猫のことをあまり知らないのだ。表情豊かですよ。
で、睦と愛は別に迷惑じゃなくて執筆という孤独感が和らぐ。

いよいよ小夏の手術が近づいてきた。
そういえば、書き忘れたのだが、先々週京都のアトリエ劇研で松田君のカイロ演劇祭にいったという新作を見たのだが、おもしろいものだった。松田世界が変わったというが、ある意味全然変わってはいない。意地悪な舞台だ。で、カイロでは好評だったらしいのだが、好評だったことをことさらにべらべらしゃべらないところが、松田君のいいところで、こういうところはこの日本では稀有な演劇人である。
演劇人なんて自慢話ばっかで、他人の話題になると突然不機嫌になるようなやつばっかだよ。悪態つき終わり。

DSCN1831.JPG
これは愛。

DSCN1821.JPG
これは睦。

DSCN1826.JPG
書斎の窓から、お外を見ているよ。