公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
そういうわけで、ブログ移行したわけだが、だらだらしていたら手塚さんから、『AOI/KOMACHI』の記事が日本版、アメリカ版両方のニューズウイーク誌に出ているというので、慌てて手にしていたニューズウイークのページを開いた。買ってあったのだが、まだ見ていなくてまるで知らなかった。驚いたなあ、うれしいなあ。アメリカ版はもっといいところに掲載されているというので、買おうと思う。
大体、日本ってとこは自国の文化、芸術に対しては不親切で意地悪なんだけどね。

で、松坂、完投できてよかったねえ。でも松坂って、国内でも開幕当初はこんなもんだったよなあ。だから心配することないんだよね。
井川はマイナー落ちだけど、ビートたけしが井川がチューインガムを噛みながら投球していると、集中力を高めるためっていうより、味わってるとしか見えないってコメントには、当たってるから笑ったな。

で、ちょっと前にテレビで川上麻衣子が、プードルの子犬だといって山羊の子供を売りつける通信販売の詐欺が流行っているというのを聞いて、多くの方々に吹聴していたところ、東スポによると、これは新手の都市伝説で笑い話なのだと知って、ずっこける。東スポでは、このことがロンドンの東スポみたいので話題になっていて、日本人はプードルをあまり飼っていないから、こういうことになるらしいとまじめに分析しているらしい。
そういうわけだから、私からプードルの話を聞かされた方々、あれ、嘘でした。

母親殺害頭部切断に関して、子供が親に殺意を持つことはなんら異常なこととは思えないとか、いろいろつらつら考えていたのだが、今回のこの少年に関しては、どうも親の抑圧、干渉への反発からとも思えず、特殊ケースだと考え直す。
こうした殺人に関して「あってはならないことです」とコメントするのは当たり前のことで、「あってはならないこと」なのだが、なぜ起こったのかかを善悪という概念を超えて考えるのが演劇なのだということを大学の一回生の前でしゃべる。

寺山の授業をしていると十代の頃、初めて見た天井桟敷の舞台『疫病流行記』のこと、寺山さんに初めて会って詩集にサインをもらったことなどが陶然とよみがえってくる。

で、小学生の頃、村田英雄の「ふけばとぶような将棋の駒」という王将の歌詞が本当なのかどうか確かめたくて、大人が対局中、将棋盤に向けて、息を吹きかけたところ、本当にばらばらに駒が飛び、ひどく怒られたことを思い出す。

で、小説の連載第五回目を書き終えてほっとする。なんかいよいよ大変なことになっとるな。
で、今演劇エッセイ集のゲラが届く。

小夏はどっか遊びにいってしまっている。

昨日は世田谷で死ヴァリを見た。演出のコーベさんは、『AOI/KOMACHI』に二度も足を運んでくれたり、京都の大学に講義にも来てくれたのだが、その都度すれ違いで会えなかったので、終演後、会って話した。いろいろヤン・フォッセのこととか聞けたりして、有意義な時間を過ごした。アントワーヌ、それと通訳につきあってくれためぐちゃん、ありがとう。舞台を見て思ったことは「せりふの時代』次号に書くとして、まずは翻訳がよくて、出演者が皆真摯に取り組んでいるのが見えて気持ち良かったとだけ、ここではとりあえず書いておこう。

で、今日は昼間くたびれてぐったりしていたのだが、急に絵心が勃発して小夏の絵を色紙三枚に描いたり、執筆もしてしまった。
これから「アメリカン・アイドル」を見るつもりだが、ぼちぼち今日あたりでサンジャヤは落選だろう。

それにしても辻ちゃんが婚約、妊娠ってのは、私別にファンでもないから、どうってわけでもないのだが、所属の事務所のスタッフの思いを想像すると、ほんとにみんな冗談じゃねーぞってところだろうし、記者会見で、避妊云々の質問なんか、普通だったら止めるだろうところを、事務所側ほっぽらかしのままであるのは、あったーきた、もー勝手にさらせーって態度の表れではかなろうか。で、私はどっちにつくかと言えば、もはやスタッフ側に決まっていて、まー劇団なんてやってた時分には、このてに似たことばかりで、ほんとに若者っちゅうのは、やれやれなのだ。愛はすべての障害を越えねーぞ。

今日は総勢15人。5時近くに終わり、勝也さん、雑遊オーナーの太田さん、平井の四人で参加者についての討議。大体意見は同じ。男優陣弱し。若い男役は勝也さんというなれば漫才の掛け合いをしつつ、ぐいぐいと劇を引っ張っていかなければならない。ま、ワークショップでもあるわけだから、完成は求めずというところもあるのだが、みにくる人はそうそう親切でもなかろうという思いもある。
なんだか最近くだらないことを思い付く暇がない。
だが、討議後は池林房でチラシをデザインするマッチとそのスタッフ三人ら打ち合わせを兼ねてわいわい飲んで楽しかったっす。ポップとは基本硬派だという結論。俺はポップだよ。敵は無粋、朴念仁。とかおだ上げて帰る。あと昨今の若者について、偏差値の高い不良がいないものかってことなど。

「いやあ、ブログ読んでますよ、猫好きに悪い人はいませんからねえ」
なんてことを飲み屋で見も知らない人に声かけられ、こっちも相当酔ってたから、
「猫好きでも悪人は悪人でいるだろう」と答え、会話が止まってしまった。
それにしても、私の猫歴は実は今突然始まったわけではなくて、十数年前、哲学堂近くのマンションにいた時は、ホセと名付けたオスが出入りしていた。こいつもまた賢かった。オスなもんだから、私が寝ていると、隣で腹を上に向けて寝るというお茶目なやつだった。マンションは三階だったのだが、そこまでやって来てドアの前で鳴くのである。ションベンをしたいとちゃんとドアの前で鳴く。ホセとはずっといたかったのだが、利賀村で芝居を作るので一ヶ月家を開けた時期にいなくなってしまった。
あと、新宿の猫で、うさこというメスがいた。これはまたさすが歌舞伎町で育ったせいか絶対人間を信用しようとはせず、手を出すとすぐにひっかいた。それでも私のところにはよく餌を食べに来ていた。小夏はこの二匹とまたまるで違う性格の猫だ。

ところで、今日は昼間『路上』オーディションの初日、16名の男優、女優が来て、小林勝也さんを相手に戯曲の一部分をやったのだが、なかなかに高レベルであった。

今なにしてんのかって。
大学で授業やってとるよ、授業。まじめにやっとるよ。
昨日は『ハムレット』の読み込み。リーディング、小公演と発展していく予定。
今日の午前中は講義で、今日は築地小劇場について。意外でしょ。意外だけど教養、知識として学生には必要だからやっとるのよ。で、研究してみると本人もおもしろいのよ。この講義はこれからアングラ小劇場に向かっていくわけね。
で、午後はこれから寺山修司をやるわけよ。
そういうわけで毎週盛りだくさんなんすよ。
で、夕刻には鈴木裕美ちゃんが夏の集中講義のガイダンスのためにやってくる予定なわけよ。
土曜には『死のバリエーション』の演出家アントワーヌ・コーべさんが来ていろいろしゃべってくれるわけよ。コーべさんは『AOI/KOMACHI』を二度見てくれて、京都の地で会いたいところなのだが、そうなると日曜まで滞在しなければならないので、無理なわけで残念だわ。

今年は巨人を応援しようっと。とかいったら長年のジャイアンツ・ファンには怒られるかも知れないけれど。
昨夜は、さえずりつつきながら一杯やった。

そういうわけで授業やっとるんですわ。まじめな顔してやってるよ。ちょび髭とかつけてないよ。

さして考えもせずに引き受けて、その後考えて嫌でしかたない原稿を今度こそ書かなければならない。

昨夜は神保町で会議だったのだがA氏が新作公演中のB氏に触れて珍しく理事会でチラシを配っていたから相当な自信作なんだろうと言っていて、へーっ、ふーんと思った。自信作の時はこういうふうに周囲にアピールしなけりゃいけないんだ。意外かもしれないけど、私こういうのがけっこう苦手なんだ。終演後なんかもけなされれば即座に反応するけど、褒められるとどういう顔をしていいかわからないからポカンとしていて、素直に喜べとか言われる。パーティーなんかも隅でコソッと飲み食いしてすっと退場したいのだが、そうやって素直に慎ましくいると、脂ぎった連中がやたらよってきて、元気ないねとかもっと真ん中にとか余計なことを言ってよこし、そうなると私はエンターテイナーぶりを発揮してしまって、それもそれで楽しいから、たまに過剰に騒ぐという粗忽さを露呈させる。
で、結局批評ってけなすか褒めるか、気に入ったのか気に入らないのかはっきりしかも欲を言えば上手に書かれているものがいいと思うってのが今日この頃で、別に目新しいことを考えてない限り、御本人の思想なんざ読みたくもないね。
一時期、思想を開陳しない者は批評の資格なしとも思ったこともあったが、結局文章が人格、思想、すべてを語るわけだからね。

なんて何朝っぱらから御託並べてんのかね、俺。今京都に向かう新幹線の車中。たった今検札に来た車掌さん、平田オリザ氏にそっくりで声をかけそうになっちゃった。まさかね。ぼちぼち映画館巡りをしたいなあ。

それにしても松坂バカスカ打たれて、思いの外日本のメディアはアメリカの記事紹介しないが、いろいろ書かれてんだろうなあ。アメリカのスポーツ欄読みたいなあ。ウェブで読めるかもしれないけど新聞はやっぱ紙で読みたいよ、紙でよお。戯曲や小説も紙だよ紙。トイレは洗浄器でいいけど、活字は紙だよ紙。

とりあえず『路上』の初稿を上げる。59枚。登場人物は三人。男ふたりと女ひとり。
文字通り路上の劇で、装置はいらないかも知れないし、いるとしても逆にけっこう難しいかも知れない。
このあとまた書き直すかも知れないし。
いろんなところで、いろんな人が予算格安で上演できる、出前劇みたいなところも狙っているのだが、うまく書けているかどうかはまだわからない。社会派という無粋、朴念仁とは遠く離れた、しかし社会のこと描いたもののつもりなのだが。

『路上』出演者募集、どしどしオーディション来てくれ。

とにかく曇天、なんとなく寒いこの天気は、具合が悪い
小夏は妙に甘ったれていて、膝から降ろそうとすると苛立ってかみついた。よくない子だ。
今は座布団の上でおとなしく寝ているが。

大学の授業が始まった。午前中は座学の講義でひさびさの一時間二十分しゃべりっぱなしにけっこうくたびれた。実習はハムレットと寺山修司で、まだ私は軌道に乗っておらず、くたびれた。学生たちのやる気が頼りである。
新しい舞台芸術学科で研究室も竹やぶのなかの校舎に移り、私の机からは隣の犬の調教場の屋上が見える。何匹もの犬が寝そべっている。
最近、動物に縁があるのだ。
小夏は発情期らしく、戻っていないのだという。まったくこの娘はどれだけこの中年男を心配させれば気が済むというのだろうか。

先の忙しさを考えるとパニックを起こしそうなので、あまり考えないことにしよう。

七月にスペース雑遊で上演する「路上」の準備が、あたふたと始まっている。
勝也さんと作る新作です。今、書いています。
相手役のふたりはオーディションで決めます。詳細はティーファクトリーのホームページを見て、奮ってご応募ください。

ティーファクトリー
http://www.tfactory.jp/

ところで昨日、小夏にまたたびなめさせたら、興奮して走り回っちゃってえらい騒ぎになってもーた。ごめん、小夏。
なんですか、最近小夏小夏って、猫のことしか関心ないの、って怒られ声が聞かれますが、仕方ないです。また近々小夏の写真アップします。