公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
無事千秋楽を迎え、終わった。
ご来場してくださったみなさん、ありがとうございました。
今さっきやっと二日酔いから立ち直って、これ書いております。

昨夜は打ち上げ、味とめでやって、三茶、新宿と飲み歩いて、最後は気が付くとマッチと坂本君とかで、道後という不思議な飲み屋で飲んでいた。

さてマリーである。
昨日は根岸さんのお知り合いで、山崎ハコさんが来てくれて、もううれしくて楽屋で握手しちゃったよ。

てなわけでいよいよ佳境ですな。
三茶の吉野家は狭い。カウンターに座ると、向かい側の人の顔が近い。だから外から注意して入るのだが、今日腰を下ろしたところ、少ししまったと思ったのは、向かいの男が舞台俳優だったことだ。知り合いではない。名前も知らない。だが、そうだとわかる。服装、顔つき、空気が明らかにそうで、しかも私に気がつくと、おっというような顔をして、牛丼を頬張りながら観察する。
即座に自意識の塊りとなった私は、思わず「並、プレミアムで」とわけのわからないことを口走り、サングラスをしたまま、食べた。
てなことをしたんだが、男は俳優でもなんでもなくて、私の勝手な自意識の一人相撲だったかも知れないのだが。

で、三猫は今の時期、人間の不規則な生活につきあうことになっていて、申し訳ないと思う。みんな元気だけど。
で、こっちがフェロモンまきちらしているせいもあるんだろうが、近所のオスがうろうろして玄関先に来たり、昨日なんざ網戸越しに愛と鼻くっつけてるやつがいやがって、コノヤローって怒鳴ったよ。
もう、この家は、「あそこにカワイイの三人いるんだぜ」って評判の美人のうちになってんだよ、猫界では。
まあ、こうした野郎どもの気持ちもわからないではないが、現実的に愛か睦が妊娠してしまうと大変だから、おいら、勃起してやってくる野郎どもを蹴散らすわけだ。
で、今晩は上演後、アフタートークがある。手塚さんとマッチで。いろいろな話が出てくると思う。

で、睦と愛がまた発情の兆しで、睦はあちこちにしょんたれしちまうし、愛は睦ほどには騒がないが、食欲がない。
暖かくなって、文字通り猫たちにとっては愛の季節なのであーる。

で、昨日の同窓生の平井さんってのは、平井佳子とは別人だからね。ブログってみんなほぼ流し読みで読んでくれちゃうから、って人のブログ熟読する人もそうそうはいないだろうから、いいんだけど、平井さんは川村さんと同窓だったんだ、実は、なんて早とちりする人がいると、またやっかいだから。って何がやっかいなのかわからないんだけど。

とにかく今日は朝から猫といろいろ雑事でしっちゃかめっちゃかだよ。
今日は休演日。
舞台は快調に進んでいる。もう前のめってやってる。手塚、根岸、伊藤、笠木、伊澤、中村、市川、岡田、みんないいよー。かっこいいよー。初めて組む小笠原さんの明かり、かっこいーよー。美術も音も凝ってるよー。受付もいいよー。
いちいち細かくは自画自賛しないけど、ケッサクだよ。ってしてるじゃねーかって?うん。ブログってこわいから妙にかしこぶって書いたりすると、今回自信ないんだなとか読まれたりするから、馬鹿になって書く。これを見ないと21世紀が語れないよ。
って、ほんっと、文章って読む人によって感じ方が違うから、つくづくブログも怖いよ。私が人嫌いになって猫とこもっちゃってるって読む人もいるからねー。ってそう思われたところでいいんだけどね。野心丸出しでギョーカイ泳いでるってノリより、確かに全然いいっ。

で、昨日はわが母校希望が丘高校の同窓生の面々、別所、大須賀、宮沢、平井、平岡、高橋、水戸、海野とやってきてくれて、終演後、短い時間だけどわいわいやった。大須賀って、修学旅行の時、深夜旅館を窓から抜け出て京都の夜を徘徊した仲間。年中一緒に飲み歩いてた。
ってなわけで、同窓生にきてもらってうれしーってのは、年とったよな、おれも。でも、みんな芝居も喜んでくれてて、なつかしいけど芝居はわかんねってんじゃなくってよかった。
で、この人々も私のブログをのぞいてるそうで、トップページの私のちょび髭、和服姿を私の日常と本気で思っていたということで、高校の私から想像するにそういうことも不思議ではない人物であるということだ。
こわいぜ、ブログ。あんまり更新しないと引退かとかいわれちゃうしね、リアちゃん。リアちゃん、相談に来なさい。

で、同窓生たちと語らい、次に『毛皮のマリー』の一回目の読み合わせに向かって三茶の街を走る。
今回衣裳・美粧として関っていただく宇野亜喜良さんもしっかり出席してくださった。巨匠登場なのであった。
で、わいわい読み合わせやって、帰宅したのでした。
今夜、プレビューである。
今はもうとりたててなにも書くこともない。
無事を祈ろうとも書かない。書くと何か起こる。って書いちゃったけど。
観に来てちょーだいっ。
稽古場での稽古終了である。
誰が稽古場の詳細のことなど書くものか。ほとんどヒ・ミ・ツ。

で明日は仕込みである。

で睦は発情再び始まり、今朝などは最高潮に達したかのような騒ぎっぷりである。やはり火の女小夏の娘だけあって、激しい。しかし、それに比べて愛の淡白、おっとりぶりはどうだ。睦がヒステリーのごとく愛に突っかかるのを、ただただきょとんと見過ごすのである。
私は落ち着かせようとして睦を撫ぜる。と、睦はごろごろぐうぐう鳴いて尻を突き上げてくるのである。なんとかしてやりたいが、この人間の男子に一体なにができようというのだろうか!できることがあればしてやりたいのだが!

で、今日は稽古後、稽古場でゲラをチェックして帰る。
みな、すさまじく調子がいい。

DSCN4451.JPG

ひさびさに小夏とのツーショット。小夏は睦のことが心配でならないのだ。その不安顔はほとんど人間の表情に近い。といったら猫のことを馬鹿にしているな。猫は猫であって人間とは別の高尚な生き物なのだから。
今日は稽古休み。
花粉の鼻水ひどし。

稽古は粛々と行われている。
イタリア語の勉強は続いている。
『毛皮のマリー』の準備も並行して始まっている。
オーディションの内容はティーファクトリーのホームページで。
で、イタリア語は美しい。
今日は猫と一日中、いられてうれしい。

神なき国の夜、三部作完結記念でマッチが、写真集を出すことになった。夜中、そのページに添える言葉を考え、書き連ねる。
この写真集がどんなものであるのかは、公演の始まった劇場でのお楽しみである。マッチが何者かは、アフタートークの日に判明する。
すばらしい写真集だ。
で、その写真集とはまったく関係ないのだが、

DSCN4169.JPG

お風呂場の前に陣取る愛。ちょっとぽっちゃり系ね。

DSCN4170.JPG

愛である。
稽古前、笠木が怖い顔をして、「彷徨亭を見ましたが、睦ばかり、えこひいきし過ぎじゃないでしょうか」と言う。
そんなことはないのだ。愛の可愛さは、なかなか写真では出ないんだよな。でも小夏の最近も載せてないし、ぼちぼち登場しますよ。冬と不妊手術のせいからか、小夏はかなり下半身に肉がついた。ジャンプ力もなくなり、かつてのシャープで、いつも気を張ってるような鋭さも失せた。そのかわり、すっかり人間に心を許している。とにかく、この猫は賢く、いたいけである。

で、稽古は順調だ。
で、稽古は早くも佳境に入っています。毎日佳境、ってこれ言葉の使い方間違ってんな。くわしくはティーファクトリーのホームページで稽古場日誌、今年から大学生の細野舞が書いてるから、開いてみてちょうだいっ。

てなわけで、稽古はあるわ、猫たちは食欲旺盛で、大便ももりもりするわで、忙しいわ。

なんかひっそり愛が発情をむかえた気配。しかし、愛は睦と性格が違うから鳴きもせずに、体をどこかにすりすりしたり、おっとり発情か。いや、これは単なる前段階で、鳴き始めるのか。ハスキーな睦と比べて愛は超ソプラノだから、これ始まると、つらおだぜ、たぶん。

DSCN4049.JPG

これはご存知、睦。愛はあまりお膝乗りたがらない。