公演情報
■ティーファクトリー
『4』
川村毅2012作・初演出
平成24年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、第16回鶴屋南北戯曲賞受賞作品
tf_4_a4-omote_200228.jpg 
【公演日】
2020/5/29(金)〜6/7(日)
【会場】
シアタートラム(三軒茶屋)
【作・演出】川村 毅
【出演】
今井朋彦
加藤虎ノ介
川口 覚
池岡亮介
小林 隆
http://www.tfactory.jp/
・京都芸術劇場 春秋座
2020/6/13(土)〜14(日)
CD/DVD/BOOK情報
クリシェ書籍表紙.jpg
1,200円(税別)
――――――
2,200円(税込)
ーーーーーーー
¥2,200(税別)
ーーーーーーー
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
ほぼ順調に公演は進んでいる。
当ブログの左側の公演情報に会場がシアタートラムと間違えて記載されていたのを、今日になって人に指摘されて慌てる。おそろしい間違い!
みなさん、座・高円寺ですからね!間違えたのはイープラスですからね。

明日はアフタートーク。ゲストはいない。私がひとりで出たとこ勝負でくっちゃべる。
これを人は「たけし独演会」と呼ぶ。
ちょっと皆さん勘違いしているようで。これはもともとパゾリーニ自身が書いた戯曲であって、映画豚小屋を私が舞台化したわけではないですのよ。
パゾリーニは若い頃の習作含めるとけっこうな本数戯曲書いてるわけ。代表的なのは六本で、できれば全部今後上演したいと思ってるわけ。
昨日は仕込み。今日は場当たり。けっこうな大仕掛けあるんですよ。決して楽な仕掛けではない。見てのお楽しみ。
パゾリ−ニのこの戯曲は難解というイメージがあるようだが、決してそうではない。
構造は古典的悲劇、詩劇であり、内容は引きこもりの青年と、社会の隠蔽体質を描いていて、まことにアクチュアルだ。
やっていて飽きない。
宇野さんの衣装デザインも上がってきた。さすが!!ここも見所でっせ。
稽古終わるとみんなさっさと帰る。仲が悪いのではない。これが大人の稽古というものだ。女性陣も群れないところが気持ちいい。女子部も根拠なく群れたがるからね。
明日は休み。この間の休みは新宿に撮影しにいったり、なんやかやで結局休めず、明日は本当にに久しぶりの完休。
休むぞ!なにもしないぞ!
GW中も休みなく稽古。粛々とやっている。
いやあ、なんか面白い。
四方田犬彦氏からもエールのメールをもらって元気満々。
京都での浅田彰氏との対談も実に有意義であった。
で、明日はほんっと久々の休み。
やっとるよ。
順調にやっとるよ。
ドンピシャのキャスティングだと今さらながら思うよ。
おもしれえよ、これ。
そういうわけで、浅田彰氏とパゾリーニについて語り合った。
映像ホールは満席であった。浅田氏とは初対面なのだが、のって話した。
トーク終了後、ふたり並んで『テオレマ』を見たのだった。

この映画やっぱすごいわ。家でひとりでDVD見るのとは迫力が違う。
画面の大きさだけでなく、大勢の他人の集中の息遣いが、映画世界と連動してパゾリーニという思想の彼方を漂うがごとき、快感である。
シルバーナ・マンガーノ、ラウラ・ベッティと女優陣がすごいね。

会場にはいろいろな方がいらしていた。京都の知識層というのも、また独特だ。
どう独特かというと、ああ京都だあ、という感じがするのである。
大忙しだ。京都も始まったし。日芸も始まった。稽古も本格的に始動だし、小説のゲラを抱えている。
水曜日は京都の映像ホールで、『豚小屋』京都公演のプレイベントとして『テオレマ』の上映会が開かれる。上映前には、私と浅田彰氏とのトークがある。なんという贅沢さであろうか!!わたくし、浅田彰氏ときちんと話すのは初めてで、実はちゃんと挨拶を交わしたこともない。
わくわく。
昨夜は京都市内のホテルにいたので、関東の地震を体験することはなかったのだが、本当に西にいると別世界のようで、あの揺れを体感した人としていなあ人との間には、かなりの温度差がある。

で、マック赤坂の政見放送は、ケッサクで、三回見てしまった。もうサビ部分は真似をできる。