公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_kari1705.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/蘭妖子

7月前売開始予定!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
『アルゴス坂の白い家』の幕が開いた。
おもしろいと思うよ。初日の出来は二幕にもっとテンポが出ればいいんだけど。
まあ、いろんな人がいろんなことを述べるだろう。おー、こわ。

で、ミラノなんすけど、このフェスは基本的に言葉、戯曲中心なわけね。なんか全世界的に演劇は言葉、戯曲に立ち返るって傾向にあるね。みんなおもしろい戯曲を探し始めているね。
日本からは五本の戯曲が選ばれた。誰が、どういう基準で選んだかは知らない。
で、プログラムはこうなっとる。

九月12日
●アルゼンチン人によるベケットの『芝居』。これはリーディングでなくてショー。
●イタリアの戯曲のリーディング。『DONNA NON RIEDUCABIBLE』。

九月13日
●コロンビアの女優によるガルシア・マルケスの戯曲の一人芝居。

九月14日
●再びアルゼンチン人のベケット『芝居』。
●坂手洋二『屋根裏』、リーディング。
●平田オリザ『ヤルタ会談』、ショー。

九月15日
●イタリアの一人芝居、『POST MORTEM』。
ジャン・カルロ・ジャンニーニに似たニーナ・ロメロという男による自作自演。
●イタリアのひとり芝居、『PRIMO AMORE』
レッチァ・ロッソという若い女性の作になる男優のひとり芝居。
●川村毅『AOI』、リーディング。

九月16日
●松井周『地下室』、リーディング。
●岡田利規『三月の五日間』、リーディング。
●イタリア女性のひとり芝居。『ELEMENT DI ECONOMIA DOMESTIA PER SIGNORINE DI BUENA FAMIGLIA DECADUTE』

日本の戯曲がそれぞれどのような反応で受け止められたかは、ここでは書かない。私の訳は数年前世田谷のパゾリーニのリーディングでつきあったキアラ・ボッタさんが担当し、あとの四本はアレッサンドロ・クレメンティ氏が訳した。アレッサンドロは劇場にもやってきていろいろ通訳などしてもらった。
ローマ文化会館の館長でイタリア演劇研究の高田和文先生もローマから来られ、この方には本当にいろいろお世話になった。
日本以外のものでは、ニーナ・ロメロのものがやたら印象的で、男がひとり、ひたすら酒をあおりながらなにやら語っている。無論、私は理解できない。あとで高田氏に聞くと、遺体解剖士のモノローグで、解剖の描写がやたら即物的で生々しく、どぎついという。イタリア語なのに字幕がついていたのは、シシリーの方言だからだということだ。遺体解剖士はやがて行方不明になっていた自分の娘の遺体と対面することになり、自分の娘の解剖をする事態に陥るという。
これは、おもしろいと思って、まだ読めないのだが、ということは私は本気でイタリア語を勉強する決意なのだが、劇場ロビーで売っていたこの戯曲を買ったのだった。

てな具合で、私は14日のから全部見たわけよ。ってんで、今日は疲れたからあとはまた後日。


DSCN1138.JPG会場のダンテ通りのピッコロ・シアター。ストレーレルの劇場ね。写ってる男はミラノの市川海老蔵。

DSCN1105.JPGこっちは少し離れた新設のピッコロ。この近くにフェス専属のレストランがある。


DSCN1108.JPG街の中心部、ドュオーモ広場のカテドラル。
そういうわけで、イタリア、いってきたよ。ミラノ。で、おととい帰ってきて、昨日は『アルゴス坂の白い家』のゲネ見て、今日は初日の幕が開くのに立ち会います。

で、イタリアなんだけど、えっらい楽しかったよ。ほんっと楽しかったよ。おれ、好きだよ、イタリア、っちゅうか今まで行ったヨーロッパの国のなかでは一番肌にあったかも。今まで行きたくて行きたくて、でもお誘いがなくてずっと片思いだったのが、実際に行ってますます好きになったよ。なんでイタリアが好きかというと、そりゃ映画と料理とファッションだよ。
で、急に来いって言われてあたふた旅の準備して、なんとなくかったるいなあって感じで成田まで行って、KLMのアムステルダム経由だったんだが、席が非常口の前で、足を伸ばせるのはよかったけれど、モニターの映画が観られなくて、ジジェクの本を持っていってて読んでたんだけれどさすがに疲れて、後半退屈で退屈で仕方なかった。
でもアムスの空港のバーは喫煙オーケーで、ビールの見ながらぷかぷか煙草ふかして、さすがオランダだと感心した。
で、夕刻ミラノの空港に着いたんだけど、予想した通り、迎えの人が来ていないのよ。一時間半待ったけど来ないのよ。オフィスに電話しても留守録なのよ。さすがイタリア、やってくれるぜイタリア!ってんでバスとタクシーに乗り継いで自力でホテル、ヴァッキア・ミラノにまで辿り着くと、オフィスから電話せいって伝言があって、電話すると、悪かった悪かった、許してちょーだいって、これから夕飯に連れて行くってんで、車で現れたのが、これはあとでわかるのだが、このフェスティバルの大番頭のブルーノで、しきりに言い訳をして、着いたところがピッコロ・シアター近くのレストランで、小柄で豪華な年配の女性が一切を仕切るプロデューサーのアンジェラで、このレストランはフェスと連携していて、毎晩ここで食べるのだと、昼食と夕食の食券などをもらい、その夜のショーの女優とスタッフ、あとフェスのスタッフらとわいわい、ピザなどを食べ、ビールとワインを飲み、最後はグラッパをぐいぐい飲み、さていいかげん眠くなったのだが、ホテルに送るというブルーノは、グラッパをもう一杯となかなか立ち上がらないので、ホテルへは歩いて帰れる距離のようだが、さすがに来たばかりでわからず、頼みはブルーノで、仕方なくグラッパをこちらももう一杯つきあい、では、まだまだ、じゃあまた一杯を繰り返し、酔っ払ったブルーノの運転でホテルに帰ったのは二時近くで、ミラノとの出会いが始まったのだった。
これがどういうフェスかというと、めんどくさいので詳細は割愛する。とにかく十何年前からやってるもので、これもあとからわかるのだが、一人芝居とリーディングがプログラムの中心になっていて、今年は日本特集なわけだ。
で、イタリアがこういうことをするのはほんと珍しくて、演劇のインターナショナルなことで日本が招待されるのはほとんどドイツ、フランスで、なんでイタリアはないんだろうと思っていたのが、今回でつくづく合点した。イタリア人の事務能力の欠如だ。これは現地で長年住む日本人の方の言葉なのだが、事前に時間の余裕を持って準備するものはたいてい失敗してしまうのだという。途中でやめる人がいたりやなんかで。直前に一気にやってしまうほうが成功するというわけだ。これでは外国のカンパニーは呼べないわな。加えて観客に字幕を読むという習慣がないというのも、外国語演劇紹介が進んでいない理由ということらしい。
そういうわけで、今回のリーディングは日本の現代戯曲が都合五本、イタリア語に翻訳されて、イタリア人による演出、俳優で行われるわけで、まあ、絶好のプレゼンなわけだ。ちなみに、こういうリーディングがやられるようになったのも最近のことだという。
ってんで、ミラノの路上は喫煙自由で、私ぷかぷかやってると、アンジェラが日本人に煙草を吸う人がいると驚かれた。
イタリアも室内はどこもほぼ禁煙というが、外はそんなことはない。
他人の快楽にどこまでも介入するな、歩行喫煙は危険だといわれるが自分の身は自分で守れ、ということだ。
こういう感じがいいんだよなあ。
ってわけで、疲れた。続きはまた。

DSCN1120.JPGこれが大番頭ブルーノ。

路地裏が出入り口のホテル・ヴァッキア・ミラノ。インターネットなしってところがうれしい。
ミラノのピッコロ・シアターでイタリア人俳優、演出による『AOI』のイタリア語リーディングが行われるというので、招待を受け、数日前にイタリアに出発するはずだったのが、さすがイタリア人、いっこうに連絡が来ない。

で、早稲田松竹で『善き人のためのソナタ』、『ブラックブック』の二本立てを見たのだが、二本とも非常によかった。『善き人の』はハイナー・ミュラーを通してドイツ現代史をかじった者にとっては、涙なくしては見られなかった。シュタージの問題を扱ったすぐれたメロドラマだ。主要人物のひとりが劇作家というところも見事につぼがはまってしまって、本当にぽろぽろ涙が出た。
『ブラックブック』もまたいい。ポール・バーホーベンの映画だから品がなく、ばかばかしいところも随所にあるが、なにより気合が入っている。気合で一気に見せられてしまう。思えばこういう気合の監督が日本には見当たらない。黒沢清も青山もいいけど、いまいち賢ぶっててスノッブちっくだからなあ。映画人も演劇人も、おれは頭いいんだぞぶりをやりだすと、つまんなくなるね。
とにかく、今週の早稲田松竹、この二本立てはおすすめだよ。二本見ると都合五時間だけれど、全然眠くならなかったし、疲れなかった。

で、安倍首相退陣の報が入り、あれあれと思って、メール・チェックをするとイタリア、ミラノから連絡が入っていて、明日の航空チケット取れたんで来いという。
ぶったまげーた!さすがイタリア人、やってくれるよイタリア人!ってんで、てんやわんやと旅の準備をしております。
そういうわけで数日ミラノにいってきます。コンピューターはめんどくさいから持っていかないので、当分当日乗はお休みね。
それにしてもイタリア、やってくれるよなあ。
しばらく小夏、愛、睦と会えないなあ。
さみしいなあ。

DSCN1070.JPG

次の首相は麻生さんか。なんかテイチクレコード演歌部・営業部長みたいなんだよなあ、このひと。
新国立に稽古を見に行って、その後懇親会ってんで、近くの飲み屋で俳優諸氏と飲んだのだが、もうひさしぶりの有薗酔いと遭遇したよ。
で、翌日、昨日は酔ってすいませんって留守録が入ってた。ま、劇団にいる時よりさすがに社会的になってるってことね。

で、こうなったら横峯ヨシローだよって別に意味のないつぶやきが自分のひとりごとで流行っている。

しっかし猛暑が終わってだるいねえ。
人の追悼文ばかり書いていて、気が滅入る。
私、実は来週イタリア行く予定が入ってんすけど、イタリアからの連絡が途絶えたな。さすがイタリア人だなあ。
こうなったら横峯ヨシローだよ。

小池栄子は賢くていいねえ。
DSCN0513.JPGDSCN0512.JPGDSCN0510.JPG

おあつうございます。
私ももう全身あせもだらけですわ。皮膚弱いのね。
冷房嫌いなんだけど、さすがにつけとるわ。でも長時間いると身体がだるくて仕方なくなるのね。で、つけてないと、もう熱中症寸前だわ。
そんななかで、ゲラ直しやってるのね。
もう日のあるうちは表に出る気まったくなし。
このあいだ近所のサウナでマッサージしてもらったら、右目がびっくりするほど疲れてるって言われた。なんか目も含めて右半身がこりこりなのね。

で、最近睦は布団のシーツにおしっこしちゃうし、愛は棚の裏でうんちしちゃうし、朝起きるといろいろ掃除やらで忙しいんだわ。根気よくしつけようと思うてます。
で、鯖柄テント「こなつ座」構想は、全国より反響があって支援者が続々名乗り出てる。
これはいけるかも。で、初日は井上ひさし先生の劇と間違えた人とキャッツ・シアターと勘違いした人で満杯になるって寸法。

で、辻仁成先生が京都のキャンパスに現れたとこのあいだ聞いたが、芥川賞作家町田康先生が布袋氏に殴られた評判になっていることだし、ここいらで同じ芥川賞作家辻氏もなんか騒ぎがないと忘れられちまうぞってんで、京都キャンパスで芥川賞作家辻氏、舞台芸術学科・学科長川村に突如殴られるってプランはどうだろうか。
学科長川村は「みほちゃんを返せ」と叫んでいたという。っての。
まあ、こんなことを冗談で書くと、あゆやリアやパリスに本気で怒られるから、このへんにしておこう。

それにしても世間はお盆休みだ。止まった街は美しい。このまま世界は止まり続けていればいい。さすれば戦争も起こるまい。DSCN0509.JPG
新国立着いたとき、すでに服は汗でびっしょりだった。
昨日、いよいよ『アルゴス坂の白い家』の顔合わせ、読み合わせが始まった。おもしろくなりそうな予感。真摯に言葉に向き合っている佐久間良子さんに深く感動する。

私もここいらで自前のテントを購入し、テント公演をやろうと思う。
鯖柄テント「こなつ座」っての。で、猫の大きな顔が描かれていて出入り口が口なんだ。で、キャッツ・シアターと間違えられたりするわけ。

で、愛と睦なんですけど、元気でいいウンチしてますわ。
日に三回大運動会、格闘技大会があって朝七時頃、たまに明け方が一回目、次が夕方五時頃、で、最後が深夜一時あたり。
これが終わるとひたすら寝てるわ。
二匹はすでにご飯を小夏と食べているが、乳もまだ飲んでいる。
小夏は乳飲ませたり、蚤とりしたりしてやって大変だ。

夕刻、ゲラ届く。

で、ウッディ・アレンの本読んだので、今まで見逃していたものを見ようと決意した。『カメレオン・マン』と『さよならさよならハリウッド』のあいだが抜けている。
『ハンナとその姉妹』、『重罪と軽罪』を見たが、どちらもつまらない。『重罪と軽罪』のテーマは近作『マッチ・ポイント』のほうが断然いい。アレンは好きだ。コメディかシリアスか徹底してる作品のほうがいい。だから私は『インテリア』はいいと思うし、『スター・ダスト・メモリー』もいい。
重いシチュエーションをコメディ・タッチ、中途半端なヒューマン・タッチで描かれたものだと、見終えた後、嘘ついてるでしょ、本心は違うでしょとアレンに耳打ちしたくなる。
で、昨日はいろいろあって夜遅く帰って深夜テレビでリア・ディゾンが出てるのを見ていたのだが、どうも動いてるとただのアメリカの田舎娘だなあ。ま、そこがいいのかね。

で、夜遅く寝たら、途中天井でネズミがばたばた駆け回っているので、起きてジャンプして天井をたたいたら、静かになって、小夏が警戒して、私のほうを見ている。愛と睦はおびえて身を寄せ合っている。猫が3匹もいてネズミとは何事かと叱ると、小夏がシャーという。
朝、起きて気がついたのだが、どうやら愛と睦が駆け回っているのを、寝ぼけた私がネズミと勘違いしたようだ。とほほ、だ。

で、暑いなか、大学のレポートの採点。新潮最新号の坪内さんと四方田さんの対談で、四方田氏が、ほとんどのエネルギーを大学の雑事に取られるという発言にしみじみする。
今や大学の教員には学問、研究の時間などないということが、やってみると実感できる。
ただただ大学の経営と運営に関して働かされる者である。
リア・ディゾンがデビュー当時比べて失速気味なのは、CDの歌がよくないのと、なんか最近のメイク変じゃないか。なんか、ほんと栃木から出てきましたってな感じに見えるんだよなあ。それとも実は栃木出身の噂にあえてのってしまおうかという戦略か。

で、おあつうございます。
七時頃から、愛と睦の大運動会、布団のまわりを駆け回りが始まります。で、草木に水やったり、小夏、愛、睦の大小便の掃除やったり、朝食やったりで忙しいんだわ、朝から。
忙しいって言えば、今年の上半期はほんっと働いたなあ。
『AOI/KOMACHI』の国内ツアー、北米ツアー、世田谷公演。大学の新学科立ち上げ。『路上』の執筆と公演。『アルゴス坂の白い家』の執筆。『リハーサル』の連載。初めての演劇論集『歩きながら考えた。』の刊行。参院選への出馬と落選。

そして、何か私が働いたわけではないが、近かった人たちの死。
なんか、いろいろなことが、一気にあったなあ。
はっきり言って、この夏は、なんにもしたくない。フランス人並みのバカンスをとりたい。
でも、今は結局締め切り間近の原稿をしこしこやっている。

それにしても、やっぱり睦と愛の体型の違いが明らかになっていっていて、父親が違うのかもしれんなあ。DSCN0375.JPGDSCN0362.JPG
路上終わって二日酔い終わって、京都ですわ。オープンキャンパスってやつね。で、昨日はなんか疲れでぐったりしてたんだけど、今日は比較的元気で、スタジオで上演の杉原の「四谷怪談」見て、アフタートークでいろいろ述べた。これはアゴラでもやるっちゅうことで、よろしくね。
で、猫なんすけど、いよいよザ・ココナッツ、二階の部屋を出て階段を降りてきたんですわ。小夏がニャーニャー「いいですか」って聞いてきました。いよいよ本格的な保育園の始まりですわ。
今朝明け方では小夏、愛と睦にトイレとつめとぎを教えていたということです。ほんっと小夏って母親だし、ちゃんと仁義切るしあっぱれ猫だ。野良で苦労したからだと思う。
『路上』の感想で、場所、時間、料金等々すべてにおいて、勤め人が仕事をぬけてちょろりと見るのに最適というのを聞いて、うれしかったな。『路上』シリーズは、まさにそこいらを狙っているんでね。
夏の一時間劇、これを見た後、飲んだり、お食事したりできる、そういう体力をお客さんに残しておく劇、主義主張を厚顔無恥に押しつけない劇。
例えば、ふだん劇など見ない同窓生が見に来て、それなりに受け入れることのできる劇、こういうのをやろうとしたんだ。
本日、千秋楽。

で、ハロルド・ピンターの政治発言をアンソロジーにした新書は、おもしろいね。