公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
金曜の出来は初日よりは劣ったな。
幕が開いてしまえば、私は一切稽古をしないのだが、ここが大学で19、20の子供たちを相手にしていることを忘れていた。
ここらが現場と大学を行き来していることの難しさなんだな。
子供は子供扱いしなければいけないのだ、やはり。劇団員のように。
二年生の『ハルメリ』は総勢三十八名という大所帯で、稽古中、私酸欠でぼーっとなることしばしばだったのだが、けっこうみんなしっかりしていて、おもしろく仕上がった。
戯曲自体の力もあるわけだが、書かれた言葉、台詞が学生たちにとって実にリアルであるということが、よかった。

てなわけで、正月挟みで公演をしていたせいか、まるで時間感覚を喪失し、お正月は来週だったっけかってな時差ぼけがようやく解消されてきたものの、早く来ないかなー、お正月。
今年の抱負は「のんき坊主」。
京都では最近しばしば渡邊守章先生と出くわすが、お元気ですよお。
ゆっくり温泉とかいきてーなー。
猫たちと。
無理か・・・・
猿じゃないんだからなあ。
猫が温泉につかれたらなあ・・・
無事初日開いた。
よかった。
学生、緊張見えたものの、キャスト、スタッフ共々よくやった。
昨日は日芸の卒制・戯曲の最終面接。
で、一年生の課題戯曲を抱えて帰ってくる。
一日中、眠く、なんとなく鬱な一日であった。さして理由はないのだが。

で、今日は終日、書斎で戯曲業務。
さらに、ベケット研究。
睦を膝に抱えつつ。ってか、ほんっと睦はわがままお嬢。
数日、書斎暮らししたところだが、明日は京都で『ハルメリ』の場当たりだ。
それにしても先週の京都では不思議な卒制の舞台を見た。
「ご婦人がヒステリーを起こしたぞ!」ってせりふの芝居で帰りの新幹線乗るまで、思い出し笑いしてた。
さぞかし変な人だったと思う。
最近、独り言も多い。だいじょぶだろーか、おれ。
ウルリケ騒動が終り、半ばぼーっとしつつ、日芸の卒制の戯曲を読む日々。
さらに京都ではいよいよ来週『ハルメリ』の上演を控え、わらわらと追い上げ。
寒さがこたえる。

ベケットの戯曲を読み直しているが、やたら心に染み渡る。がんがん理解できるという気がしながら読み続ける。
結局ベケットの言葉とは、四十代にならなければ理会できないのではないかとも思う。
演出は一切演出家の美学を投入せずに、戯曲に書かれているままにやるべきだということもまた心の底から理解できる。
つまり、圧倒的に戯曲優位の立場を貫いているのだ。演出家の出世主義と野望をあらかじめ打ち砕いているというわけだ。
千秋楽、終演。
カーテン・コールでさようならベニサン・ピットを言ううちにじんときてしまった。
思えば、閉館に演出家として立ち会えて、なんとシャーワセ者だろうか。
打ち上げまでの時間、串っこで一人で飲んでいる。
いよいよ千秋楽である。
日々、閉館になってしまうこの劇場に通うのが、楽しくて仕方ない。私の舞台人生においてまた重要なページが刻まれた思いだ。
なんだか、不思議で、しんとした、透明な気分。
昨日は客席後方にビデオカメラを置いて、ディレクターズ・アングルで撮った。独自のパン、ズーム満載であるのだが、妙な格好でしゃがんでいたので途中で足が痺れ、据えっぱなしにしてカメラから離れ、よろよろとロビーに出た。

終演後、山利喜で飲む。

それにしても年賀状って、出さないと来なくなるものね。
さていよいよカウント・ダウンですな。
今日はまた本番におもしろいことがあった。
何だって?
書かニャーいさん。
それにしてもハードな劇だ。
みんな、寒い、痛いと傷だらけでがんばっとる。