公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
ここ毎週、京都はいつも雨。
昨日はくたびれてホテルでマッサージを頼んだ。って本当のマッサージですよ。背中ばりばりだとマッサージのおばあさんに言われる。なぜか旦那さん弁護士ですか?って聞かれたので、面倒だから、うんって答えちゃったもんだから、それからいろいろ聞かれちゃって、いろいろ作り話して疲れた。
来週はいよいよ「ワニの涙」本番だ。
森下のtptの事務所で打ち合わせ。
『ウルリーケメアリースチュアート』、始動であーる。
それにしても不思議な年末年始になりそーだ。
森下、京都、横浜と移動の人生であーる。
なんかいろいろすごいことになりそーだ。
12月になって、いよいよ公私いろいろ超のつく多忙になってしまってきた。
今日は日芸の授業だったのだが、終日ぼっとしていて所沢校舎のトイレの個室にネグリの本を忘れてきてしまったことに、帰ってきて気がついた。たぶん、二階のうんこ個室だと思う。拾った方は落とし物係までお願いします。
うんこをしながら読もうと思って、おそらく置いてあったトレペの上に置き忘れた。
三回生の授業発表『ワニの涙』が本番近くになってやっと気合が入ってきた。休憩なしの一時間三十五分。さて、この気合が無事本番で成就するかどうか。

新宿花園神社のお酉様に行き、例年通り熊手を買う。来年用におかめのやつを購入した。今年はざるのやつだった。三の酉の最終日ですごい人出。で、例年通り、高嶋易団の占い買って、「あなたの性格」とか読んで、「全然当たってねーぞ」とかいって怒る。これもまた毎年やってること。
それにしても今年もいろいろあったなあって過去形でくくれないことばかりなんだけどね。
年末の28日にはベニサンで『ウルリケ・マリア・ステュアルト』の初日が開く。イェリネクってオーストリア人のおばはんが書いた戯曲を切り刻んで、再構成してやったる。
そういうわけで、まだ今年は全然終わってないんだった。

蒲団に寝てると人生の重さに目覚める。小夏と睦と愛が乗ってるからだ。睦も愛ももう子猫じゃないから、重い、重い。
神馬で、おでん、てっぱい、きす天、鯖寿司などを食べ、ホテルでヌーボーを飲む。

脳とこころが疲れているせいか、よく眠れる。

午前中、金福寺の紅葉を見る。

ところでtptはどうなってるのかというと、門井さんから連絡ないから、わかんにゃーいんだ。
とにかく台本作成作業は進めてみゃーす。
卒業制作発表の都合上、京都に長く滞在している。
今の時期、京都はどこも人でいっぱいだ。

昨日は研究室で「ウルリケ」の第一部の台本を上げる。
「ワニの涙」の授業公演は12月であり、「ハルメリ」を含め、これらを合わせると三本抱えていることになる。
小説も今かかっているのが、いよいよ最終回で、終りがあるというのは何やら幸せでもあり、おそろしくもある。
まだまだ脳味噌が休まるときはないが、適度に休ませて前に進もうと思う。
京都で授業をしている。
母親のことが心配だが、つきっきりというわけにはいかない。
学生とわいわいやってると不安な心がまぎれる。

母親を急激な精神の不調に陥らせた一因は、今回の世界金融恐慌である。
株をやり、老後の資金を外債に当てていた母は、日々報道される株価下落のニュースで、一切の自分の拠り所を失ったと錯覚した。
重要なのは、錯覚だということだ。年金がストップしたわけではなく、質素に暮らそうと思えば可能なのだが、貨幣を生きる拠り所にしていた人故の悲劇だ。
資本主義、貨幣の虚妄と恐ろしさを思い知らされる。
哀れみと憤りと、愛憎が私のなかで交錯する。
母親は息子という私より貨幣を信じ、頼りつづけてきたのだから。
私と母親のあいだには、さらに根深い、様々な経緯とエピソードが裏打ちされている。

やがて、これらのことについて長い文章を書くことになるだろう。
書くことで、乗り切っていくだろう。
当日乗にそれを当てようとも思ったが、それとこれとでは性格が違うので、ここには書かないことにした。

とにかく、あと数日京都にいなければならず、目覚めて小夏、睦、愛のぬくもりがないのが、今さみしくて仕方ない。
母が起こしたことの、金銭面の後始末をしなければならない。
これは相当のダメージではある。
麻生首相という人は会えば聡明でおもしろい方なのだろうが、女性宇宙飛行仕に「子持ちだそうで」はないだろう。ししゃもじゃあるまいし。渋谷での学生との飲み会ひきずっちゃってんじゃねーのか。どうも言動に品がない。

昨日の病院では、家に帰る、金がないなどと母親ひとあばれする。
横浜に向かっている。母親が入院した病院に行くためだ。この一週間はピンチと怒涛の週だった。TPTのワーク・ショップ、榎元さんの出版パーティーに出席やらに並行して、多忙な週、電話口の母親の言う内容がおかしいのに気がついた。日々刻々と変になり、週末にはまるで発狂したかのような言動を起こしだした。入院に至るまでには今回だけでは書き切れないほどの騒ぎがあり、医者の診断は認知症で、おそらく介護認定が下りる症状だという。これはまったく予想だにしなかった事態で試練といっていい。事態の詳細をこの日乗に書いていこうと思う。人生の第三幕に認知症の母親という主要登場人物が加わったのである。いやはや、みなさん、これから当日乗は人生の勉強になることばかりが、書かれていくぞ。
ワーク・ショップが始まった。三十名ほどが集まり、熱気である。さて、これからこのテキストはどうなっていくのか、誰も知らない。ぼくは知ってるけど。こんなの書きやがって、あとは演出ご自由にとうそぶくイェリネクという作家、さすが勝手な人だ。ヨーロッパにはまだ劇作家が勝手に振る舞える土壌があるということだ。作家というカテゴリーのなかで劇作家ほど従順この上ない者はいないという日本において、この身勝手さは多少見習っていい。ま、いずれにせよ、テキストこのままでやる気はない。ドイツ現代史に私が奉仕しなければならない謂れはないのだから。