公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
稽古前、笠木が怖い顔をして、「彷徨亭を見ましたが、睦ばかり、えこひいきし過ぎじゃないでしょうか」と言う。
そんなことはないのだ。愛の可愛さは、なかなか写真では出ないんだよな。でも小夏の最近も載せてないし、ぼちぼち登場しますよ。冬と不妊手術のせいからか、小夏はかなり下半身に肉がついた。ジャンプ力もなくなり、かつてのシャープで、いつも気を張ってるような鋭さも失せた。そのかわり、すっかり人間に心を許している。とにかく、この猫は賢く、いたいけである。

で、稽古は順調だ。
で、稽古は早くも佳境に入っています。毎日佳境、ってこれ言葉の使い方間違ってんな。くわしくはティーファクトリーのホームページで稽古場日誌、今年から大学生の細野舞が書いてるから、開いてみてちょうだいっ。

てなわけで、稽古はあるわ、猫たちは食欲旺盛で、大便ももりもりするわで、忙しいわ。

なんかひっそり愛が発情をむかえた気配。しかし、愛は睦と性格が違うから鳴きもせずに、体をどこかにすりすりしたり、おっとり発情か。いや、これは単なる前段階で、鳴き始めるのか。ハスキーな睦と比べて愛は超ソプラノだから、これ始まると、つらおだぜ、たぶん。

DSCN4049.JPG

これはご存知、睦。愛はあまりお膝乗りたがらない。
気合の入った稽古をしております。詳細はティーファクトリーの稽古場ブログ見てちょうっだいっ。

で、先週は大学の卒制採点、講評でとんぼ返りで稽古したりと、48歳、働いておるよ。
で、昨日は稽古後、ディンドンの「ON/OFF」を観た。力のこもった舞台だが、その素朴さにやはり遠さを感じてしまうんだな。アジアの演劇を見ると、決まってそうなんだ。否定してるわけじゃなくて、いいとは思うんだが、なにかどこかで、自分の立脚地点との違和感を覚えてしまうんだな。つまり、描かれてることが知識としては認識できるのだが、どうしても実感として受け取れないというかね。
パンフレットのジョー、ナムロン、コックマンの舞台の解説も、読んだらおもしろそうなので、前日見とけばよかったなとも思ったが、やはり稽古やってからの観劇って、相当つらいもんだし、二日続けては無理だったな。で、これも観て、実感できるかどうかは心もとないわけだ。彼らとつきあった結果で、普通の日本人の観客よりも理解はできると思うのだが。もっとも我々は想像力で実感のなさを補わなければならないのだがね。
しかし、逆の立場を想定して、例えば『ワニの涙』をインドネシアでやったとして、どれだけ観客が実感できるのかということね。

で、睦の発情は今日やっとおさまりつつある。
この間、騒ぐ睦に戸惑う人間の気を遣う小夏が、またいたいけで、抱きしめた。

DSCN4148.JPG
オスの匂いを感じるのか、私の膝に乗ると静かになる睦さん。

DSCN3863.JPG
八ヶ月の子供ら。まんなかの酔っ払いの人の顔が怖い。

DSCN3866.JPG
芸を仕込もうとしているわけではない。遊んであげてるのである。
稽古初日である。
スタッフも揃ったなかで本読み。
さて、旅の始まり。

帰ると、閉め切っているので、猫たちの匂いがする。
この匂いはいとおしい。
京都の大学ではいろいろなことがあり、さまざまなネタ満載の世界なのだが、学科長という立場上、書けない。残念だ。つまらない。
今やこの日本で生きていくには、以前にまして言動に気をつけなければならない。バッシング・リンチが蔓延しているからだ。つまらない窮屈な世界になったものだ。こんな世界しか知らない若者とは、本当にかわいそうだ。

京都からの帰り、のぞみの最終で須賀敦子のミラノものを読んでいると、昨年数日間滞在したミラノの街並みの光景がまぶたの裏側にひろがり、そのまま新幹線のシートで陶然となってしまった。
終電ののぞみはN700で全席禁煙の喫煙ルームつきで、煙草を持ってそのガス室に入り、夜の車窓の光景を眺めていると、ミラノの記憶と相まってまた不思議な陶然さに浸り、さらに終電ののぞみというものは、みな平等に疲れているものでどこか乗客どうし親近感が湧く。
こんなとき、またむくむくといろいろな発想が湧いてくる。
『ワニの涙』について考える。
『毛皮のマリー』を思う。
『路上2』のストーリー・ラインを思いつく。

しかし東京からの金曜夜の中央線はやたら混んでいて、一気にのぞみでの気分は瓦解させられるのであった。
そういうわけで、昨日はワニのリーディングだったわけだが、ご存知の通りの雪の日で、あれあれと心配したのだが、大勢のお客さんが来てくれたんで、もう感謝感激でしたよ。
で、一幕だけやったわけです。約40分ね。
その後、『クリオネ』、『フクロウの賭け』の一部ビデオ上映をまじえてのトーク。いろいろ話しました。

で、味とめで軽い打ち上げをやって、いろいろ本番に向けての感触おおありの一日となった。
ご来場のみなさん、ありがとうございました。
で、今日はちょいとぼーっとしてる。

睦は晴天のなかの雪景色が珍しくて、全部の窓から外をいちいち眺め、興奮しとる。

で、リーディングの前日は六本木のスイート・ベイジルで根岸さんの結婚ライヴに行き、根岸さんの歌はもちろんのこと、ゲストの山崎まさよし、山崎ハコの歌、渡辺香津美のギターなどで大いにのった。いやー、いいライヴだった。っていうか、お得なライヴだったというか。
昨日は編集会議で、しかもちょいと温かもんだから、街を歩いたのだが、頭がぼーっとして何も作動せず、こんなにも疲労しているのかと思ったりしたのだが、これは早くも花粉症の症状だった。
やれやれだ。まったく元気が出ない。でもそんなことはいってはいられない。明日は一回目の読み合わせだ。
二回生の授業公演『ハムレット』が開いた。
戯曲から都合八場を抽出し、一場ごとにキャストが変わり、20数名で演じるという一時間十分の『ハムレット』である。
やはり、この戯曲の台詞は一筋縄では行かず、授業中何度も唖然としたが、どうにか形になり、初日は皆細かなとちりはあったものの、思いのほか、台詞がよく伝わり、まずまずの出来となった。最初は台詞などまるでしゃべれなかった子達がよくぞと、親御さん気分になってしまったよ。

で、夜、特別講義で来校した麿赤児さんと鯖寿司食って、飲んだ。
いやはや、状況劇場、天井桟敷館襲撃、渋谷路上乱闘、唐十郎、寺山修司逮捕事件の真相なども聞き、すさまじく、愉快な夜であった。麿さん、また飲みましょうね。

で、ハムレットと麿赤児、アングラ史と舞踏史などが交錯した、おそろしく濃い夜となったのであーる。
人から薦められて『20世紀少年』、『21世紀少年』全巻読破。おもしろい。往年の少年冒険漫画のテイスト。登場人物たちの色恋沙汰が最小限に抑えられて、ひたすら使命に向かって進むのがいい。
しかも、大阪万博、タイムカプセル、『大脱走』のテレビ放映などなど、私の世代のテイスト満載である。へえー、こういう漫画が流行っていて、今も流行っているのかと、いまさらながらいろいろ啓蒙させられた。漫画もチェックしとかないといかんな。大学生の頃は毎週、ビッグコミックとスピリッツ両方買って、それからモーニングとか拾って、で、漫画ゴラクもたまに買ってってぐらい読んでたんだけどね。

で、渋谷で『やわらかい手』を見るが、これは期待外れ。上映数分で平凡ですらない映画とわかった。ま、マリアンヌ・フェイシフルが見れればいいんだけど。

で、ドリス・レッシングの『なんといったって猫』って本は猫族には、たまらない、涙なくしては読めないもんだった。
ほんとにこの著者のごとく叫びたい。
猫、猫、猫、おまえたちはなんでそんなに美しいのか!

で、今は京都。晴天なのに雪がはらはら降っています。
今日、明日と二回生の授業発表『ハムレット』ね。
昨夜は今年初めて神馬でいっぱいやって、大将とべらべらしゃべって、おでん、さえずり、穴子寿司。
『ワニの涙』、いろいろ手直しし、とりあえず脱稿とする。
台本作成に入る。
来週は二月三日のリーディングの打ち合わせ。
みなさん、例によって一幕だけのリーディング及びトークがこの日にあります。

新作を書いたばかりでなんだが、来年2009年に、いよいよ『新宿八犬伝』の新作をやろうと思ってます。
新宿で、安くて広くてよさげなスペースを探しております。
情報がある方、いただければ幸いに思います。