公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
いやはや稽古あり、京都あり。
そして今年から日大芸術学部演劇科で戯曲の授業を持つことにもなり、先週はしっちゃかめっちゃかで、もういろんな人に会って、忙しいってなもんじゃない。
昨日は江古田と所沢と渡り歩いた。初めてのことが多く、神経がパニくる。

それにしても、どうも正確にせりふ入らず、せりふを考え、思い出しながら芝居をしているので、演技が小さくなる。

睦の発情は爆発せずに終わったが、また愛が高音を発している。
暖かくなってるせいもあり、いろいろありか。

DSCN4876.JPG
寺山修司のせりふは決して覚えやすいものではない。それはほとんどか対話ではなく、果てしなくモノローグに近い詩であるからだ。

睦が文机のパソコンの近くでションベンを垂れる。
愛の発情終わるも、睦がまた不穏な鳴き声をしだしている。

桜は今日で終わりか。
終日せりふ覚え。覚えたつもりでも、稽古場で立つとなかなか出ないんだよな。そういうもんなんだよな。演技っていろいろやんなきゃならないもんだからねえ。
 
この先の忙しさを考えると、パニックを起こしそうになるので、考えない。
マリーの台詞量はけっこうあり、楽ではない。
この上演の目的はいかにせりふを正確に伝えつつ、これまでの上演をなぞることのない『毛皮のマリー』を造形するかにある。いずれにせよ、私がマリーをやるのだから。

稽古を終えて品川から新幹線で京都入り。
入学式、新入生のオリエンテーションをやって、帰京。
愛の発情、おさまらず。このソプラノの絶叫はくたびれた体と神経には響くが、可愛さが勝る。

今日は脳を休めよう。近所の桜を見に行こう。
今日は寒かったわねえ。
稽古は粛々と進んでおり、私、どんどんおかまになっていくわん。
今日は宇野亜喜良氏登場し、衣裳のデザイン画が披露された。
お楽しみですよん。

ところで東京公演後、青森での公演も決まった。
青森県立美術館で四月より『寺山修司劇場美術館』って大規模の催し物やってて、そこのトリを飾るってわけ。
五月四日、すなわち、修司忌のあと、あたしたちは青森に向かうってわけ。楽しみだわ。感激だわ。でもなんか、こわい。
今もわたし、こわい。なんだかとってもこわいの。俳優の仕事ってこんなにこわいものだったのね。

うちに帰ると小夏はおなか見せて撫ぜろ撫ぜろっていうし、朝は朝で睦が遊べ遊べって寄ってくるし、女の子たちの世話で、あたし台詞覚える暇もないわよっ。
もう二週間あたり稽古したかのような感じ。濃い稽古が続いている。
なぜ今回『毛皮のマリー』をやることになったかについての動機と経緯はティーファクトリーのホームページを開いてほしい。そこに企画者である森崎偏陸氏、私などの決意表明みたいなものがあがっている。

今の私の年に寺山は逝ったのだな。

稽古場は用賀だ。ほとんど馴染みのなかった、この世田谷の街を歩く日々である。
経路である西用賀通りは桜並木の道で実に楽しいのである。

私は現代演劇を死なせない。死なせてなるものか。

てなわけで、愛の本格的な発情が始まった。睦に比べると慎ましやかな発情だと思っていたのだが、甘かった。つまり今までのは本格的ではなかったのだ。きっちり、大鳴き、しかもハスキー・ボイス睦よりも高音ソプラノを響かせ、しょんたれである。

で、昨日は稽古休みで、石神井公園、三宝寺池界隈を花見、散策し、豊嶋屋でカレーライス、ラーメン、柿ピーわさび味で、生ビール、ホットワンカップとB級グルメ、ほぼフルコースをやって満喫し、家に帰っていびきをかいて寝てしまった。

DSCN4732.JPG
こういう感じで、稽古場に向かっている、おれ。

DSCN4763.JPG
愛猫小夏とおれ。
稽古二日目。自分でいうのもなんだが、濃い稽古をやっとる。
私はマリーを演じる。演出家として吐く言葉より台詞をいっている時間のほうが長い稽古だ。いやはや。
明日より『毛皮のマリー』の稽古。
今日は準備と原稿書き。

睦の発情はおさまる。しかし、今回はあちこちにしょんたれしたなあ。
書斎もしょんべんくさい。
愛と睦はこれで九ヶ月。十ヶ月になったら不妊手術。それまであと何回発情くるやら。
今日、小夏はほんっとひさしぶりに私の膝に乗った。
最近、外出時間が多くて、この子らもさびしいんだと思う。
睦のしょんたれはそれへの抗議の意味もあるのだろうか。

雨だというのに花粉症ひどく、鼻水がだらだら流れる。ひどい。
DSCN4579.JPG

睦に発情をいさめる私。いさめても仕方ないんだが。

DSCN4520.JPG

これは千秋楽、打ち上げ、味とめの前で、伊藤克さんと。75歳、元気ですぜ。大好きな人である。

てなわけで京都の大学から帰ってきたのだが、自分が人に卒業証書を渡すというのが不思議である。
無事千秋楽を迎え、終わった。
ご来場してくださったみなさん、ありがとうございました。
今さっきやっと二日酔いから立ち直って、これ書いております。

昨夜は打ち上げ、味とめでやって、三茶、新宿と飲み歩いて、最後は気が付くとマッチと坂本君とかで、道後という不思議な飲み屋で飲んでいた。

さてマリーである。