公演情報
■ティーファクトリー
『4』
川村毅2012作・初演出
平成24年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、第16回鶴屋南北戯曲賞受賞作品
tf_4_a4-omote_200228.jpg 
【公演日】
2020/5/29(金)〜6/7(日)
【会場】
シアタートラム(三軒茶屋)
【作・演出】川村 毅
【出演】
今井朋彦
加藤虎ノ介
川口 覚
池岡亮介
小林 隆
http://www.tfactory.jp/
・京都芸術劇場 春秋座
2020/6/13(土)〜14(日)
CD/DVD/BOOK情報
クリシェ書籍表紙.jpg
1,200円(税別)
――――――
2,200円(税込)
ーーーーーーー
¥2,200(税別)
ーーーーーーー
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
早くもエントリーメンバーから書き下ろしが届きました。
その気迫が素晴らしい。
作品が揃った時が本当に楽しみです。
負けないように私も頑張ります。
2020-09-17 23:50 この記事だけ表示
明日より日芸総合実習の稽古が始まる。
『ノート』をやる。
11月公演である。
しっかり感染防止対策をとってやるのである。
今日はリモートでスタッフミーティングでした。
2020-09-14 21:13 この記事だけ表示
面白かったですね!
2020-09-13 13:42 この記事だけ表示
さて土曜日はキックオフミーティング。
演出と劇作家の顔寄せ。
事前予約すれば一般の方も見物できます。
吉祥寺シアターにて。
2020-09-10 14:55 この記事だけ表示
シネマ・チュプキ・タバタというミニシアターに初めて行った。
大島新監督のドキュメンタリー『なぜ君は総理大臣になれないのか』が現在都内で上映しているのは、ここだけということと田端のミニシアターというのに引かれた。
視覚聴障害の方に向けての配慮がされた、予約10名限定のまさしくミニシアターだが、椅子の座り心地はよく、画面が見やすい作りになっていて落ち着いて集中できる。
映画は実に面白いドキュメンタリー映画だった。今年の邦画のなかでベストスリーのなかに入るのではないか。
ドキュメンタリーとはなかなかに厄介なことを常に内包させているもので、演出が何割かされているとか、人はカメラの存在を意識した時から演じだしてしまうとか、真のドキュメンタリーとは何か?そもそも演出のないドキュメンタリーなどあり得ないのではないかとか、そうなるととにかく長時間フィルムを回して、すると上映時間も自然と長大にならざるを得ない、それをドキュメンタリーの真実と良心と捉えるか、などなど色々様々議論は尽きない。
カメラと演技に関しては、もともと演技者としての存在性を持った対象だと、あまり気にならないということが言えてて、故に今回の対象は政治家というそもそも演技者なので、撮る側が距離感を正確に把握していれば成功する。このドキュメンタリーは成功している。
この監督の映画に『シアトリカル 唐十郎と劇団唐組の記録』というのがあったが、まだ見ていない。
単純な唐十郎万歳映画だと勝手に予想して、そんなものを今更見せられてもつまらないと決めつけていたが、そのように対象を撮っていないに違いないと判り、見たくなった。もっともこれは久保井研氏に『シアトリカル』撮影を巡っての裏話を聞いていたせいもある。
ちなみに、去年話題になった『主戦場』はマイケル・ムーアの手法に影響されたプロパガンダだ。ドキュメンタリーではない。アメリカのドキュメンタリーと称するものは、今やことごとくプロパガンダだ。

見終わって晴天とゲリラ雨が混在する空の下、田端、赤紙仁王通りを散策する。通り沿いにはかつて祖父祖母の棲まう家があったのである。
銭湯、蕎麦屋砂場、中華こよしはすでになく、区画整理されてしまったが、かつての匂いは感じられる。
路地を抜けて田端銀座を歩き、動坂に出たところで、祖父の死んだ日のことを想っていた。
動坂シネマで『大魔神』、『妖怪百物語』を見て、お正月には本屋で必ず本を買ってもらった。
タバタ・センチメンチル・ジャーニーだ。

シネマ・チュプキ・タバタへは次にケン・ローチの新作を見に行こうと思っている。
2020-09-09 13:55 この記事だけ表示
さて先週土曜日より、『路上5 東京自粛』がオンライン配信されたおります。
皆さま、是非ご覧ください。
2020-09-07 13:28 この記事だけ表示
ダイジェスト等々がYouTubeに上がっています。ご覧ください。
つまり、ティーファクトリーでチャンネルを持ったわけだが、さて次に何をあげよう。とどのつまり猫ちゃんチャンネルになるか?!
2020-08-30 13:47 この記事だけ表示
9月5日より、『路上5 東京自粛』、オンライン配信されます。
本編40分、出演者インタビューの特典映像付きです。
詳細はtfactory.jpで。
2020-08-22 12:37 この記事だけ表示
八月いっぱい、参加希望劇作家のエントリー登録を募集します。
このフェスの構想は二年前からあり、この新型コロナ・ウィルス禍のなかで思いついたものではありません。
しかし、たまたまこうした時代に遭遇してしまったわけで、中止の憂き目に遭って憤懣やるかたない日々、鬱々たる日常を送っている劇作家たちの救命艇の役割を果たすことになるかも知れません。それが主目的ではないものの、その役割を担ってもいいと思っています。新型コロナ・ウィルス禍以前においても、演出を兼ねない故に発表の場がない劇作家に向けてのフェスと目論んでいたからです。
目的は、演出をやらず、自前のカンパニーを待たない純正劇作家が生きるための環境作りです。欧米と比べて日本の劇環境はそうしたことに劣っていると思うからです。それにはいろいろな原因があるでしょう。大手出版社が書き下ろし戯曲を出版していたという時代はあっという間に去りました。そうした事態を踏まえて『せりふの時代』という戯曲雑誌の編集に携わりましたが、これもリーマンショック後、出版社は戯曲に関わっている余裕も底力も無くしました。
それから年月が経ちましたが、その間大学で劇作の授業などに立ち会いつつ、何か出来ないものかと考え続け、今回のこうしたことに、たどり着きました。
純正劇作家と書きましたが、演出を兼ねられている方、カンパニーを主宰あるいは所属されている方を別段拒否するものではありません。
戯曲、台詞、言葉の現在について真剣に取り組んでいる方であるならば、刑務所からのエントリーでも構いません。
とりあえず、第一回です。演出には川口典成氏と赤澤ムック氏に参加をお願いしました。戯曲の言葉を大切にし、演出をマッチョイズムと混同させない方々と思っての依頼です。
どうなることか、どうなるものか、やってみなければわからないこと多しですが、第一回を開催します。
さらにこれを踏まえて第二回、三回と続けたいと考えています。


2020-08-18 13:33 この記事だけ表示
来年2月、第一回TCrossroad 短編戯曲フェスを開催します。
キャリア、年齢問わず短編戯曲を募集します。
詳細はTFactoryのHPをご覧ください。
2020-08-14 15:58 この記事だけ表示