公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
もう二週間あたり稽古したかのような感じ。濃い稽古が続いている。
なぜ今回『毛皮のマリー』をやることになったかについての動機と経緯はティーファクトリーのホームページを開いてほしい。そこに企画者である森崎偏陸氏、私などの決意表明みたいなものがあがっている。

今の私の年に寺山は逝ったのだな。

稽古場は用賀だ。ほとんど馴染みのなかった、この世田谷の街を歩く日々である。
経路である西用賀通りは桜並木の道で実に楽しいのである。

私は現代演劇を死なせない。死なせてなるものか。

てなわけで、愛の本格的な発情が始まった。睦に比べると慎ましやかな発情だと思っていたのだが、甘かった。つまり今までのは本格的ではなかったのだ。きっちり、大鳴き、しかもハスキー・ボイス睦よりも高音ソプラノを響かせ、しょんたれである。

で、昨日は稽古休みで、石神井公園、三宝寺池界隈を花見、散策し、豊嶋屋でカレーライス、ラーメン、柿ピーわさび味で、生ビール、ホットワンカップとB級グルメ、ほぼフルコースをやって満喫し、家に帰っていびきをかいて寝てしまった。

DSCN4732.JPG
こういう感じで、稽古場に向かっている、おれ。

DSCN4763.JPG
愛猫小夏とおれ。
稽古二日目。自分でいうのもなんだが、濃い稽古をやっとる。
私はマリーを演じる。演出家として吐く言葉より台詞をいっている時間のほうが長い稽古だ。いやはや。
明日より『毛皮のマリー』の稽古。
今日は準備と原稿書き。

睦の発情はおさまる。しかし、今回はあちこちにしょんたれしたなあ。
書斎もしょんべんくさい。
愛と睦はこれで九ヶ月。十ヶ月になったら不妊手術。それまであと何回発情くるやら。
今日、小夏はほんっとひさしぶりに私の膝に乗った。
最近、外出時間が多くて、この子らもさびしいんだと思う。
睦のしょんたれはそれへの抗議の意味もあるのだろうか。

雨だというのに花粉症ひどく、鼻水がだらだら流れる。ひどい。
DSCN4579.JPG

睦に発情をいさめる私。いさめても仕方ないんだが。

DSCN4520.JPG

これは千秋楽、打ち上げ、味とめの前で、伊藤克さんと。75歳、元気ですぜ。大好きな人である。

てなわけで京都の大学から帰ってきたのだが、自分が人に卒業証書を渡すというのが不思議である。
無事千秋楽を迎え、終わった。
ご来場してくださったみなさん、ありがとうございました。
今さっきやっと二日酔いから立ち直って、これ書いております。

昨夜は打ち上げ、味とめでやって、三茶、新宿と飲み歩いて、最後は気が付くとマッチと坂本君とかで、道後という不思議な飲み屋で飲んでいた。

さてマリーである。
昨日は根岸さんのお知り合いで、山崎ハコさんが来てくれて、もううれしくて楽屋で握手しちゃったよ。

てなわけでいよいよ佳境ですな。
三茶の吉野家は狭い。カウンターに座ると、向かい側の人の顔が近い。だから外から注意して入るのだが、今日腰を下ろしたところ、少ししまったと思ったのは、向かいの男が舞台俳優だったことだ。知り合いではない。名前も知らない。だが、そうだとわかる。服装、顔つき、空気が明らかにそうで、しかも私に気がつくと、おっというような顔をして、牛丼を頬張りながら観察する。
即座に自意識の塊りとなった私は、思わず「並、プレミアムで」とわけのわからないことを口走り、サングラスをしたまま、食べた。
てなことをしたんだが、男は俳優でもなんでもなくて、私の勝手な自意識の一人相撲だったかも知れないのだが。

で、三猫は今の時期、人間の不規則な生活につきあうことになっていて、申し訳ないと思う。みんな元気だけど。
で、こっちがフェロモンまきちらしているせいもあるんだろうが、近所のオスがうろうろして玄関先に来たり、昨日なんざ網戸越しに愛と鼻くっつけてるやつがいやがって、コノヤローって怒鳴ったよ。
もう、この家は、「あそこにカワイイの三人いるんだぜ」って評判の美人のうちになってんだよ、猫界では。
まあ、こうした野郎どもの気持ちもわからないではないが、現実的に愛か睦が妊娠してしまうと大変だから、おいら、勃起してやってくる野郎どもを蹴散らすわけだ。
で、今晩は上演後、アフタートークがある。手塚さんとマッチで。いろいろな話が出てくると思う。

で、睦と愛がまた発情の兆しで、睦はあちこちにしょんたれしちまうし、愛は睦ほどには騒がないが、食欲がない。
暖かくなって、文字通り猫たちにとっては愛の季節なのであーる。

で、昨日の同窓生の平井さんってのは、平井佳子とは別人だからね。ブログってみんなほぼ流し読みで読んでくれちゃうから、って人のブログ熟読する人もそうそうはいないだろうから、いいんだけど、平井さんは川村さんと同窓だったんだ、実は、なんて早とちりする人がいると、またやっかいだから。って何がやっかいなのかわからないんだけど。

とにかく今日は朝から猫といろいろ雑事でしっちゃかめっちゃかだよ。
今日は休演日。
舞台は快調に進んでいる。もう前のめってやってる。手塚、根岸、伊藤、笠木、伊澤、中村、市川、岡田、みんないいよー。かっこいいよー。初めて組む小笠原さんの明かり、かっこいーよー。美術も音も凝ってるよー。受付もいいよー。
いちいち細かくは自画自賛しないけど、ケッサクだよ。ってしてるじゃねーかって?うん。ブログってこわいから妙にかしこぶって書いたりすると、今回自信ないんだなとか読まれたりするから、馬鹿になって書く。これを見ないと21世紀が語れないよ。
って、ほんっと、文章って読む人によって感じ方が違うから、つくづくブログも怖いよ。私が人嫌いになって猫とこもっちゃってるって読む人もいるからねー。ってそう思われたところでいいんだけどね。野心丸出しでギョーカイ泳いでるってノリより、確かに全然いいっ。

で、昨日はわが母校希望が丘高校の同窓生の面々、別所、大須賀、宮沢、平井、平岡、高橋、水戸、海野とやってきてくれて、終演後、短い時間だけどわいわいやった。大須賀って、修学旅行の時、深夜旅館を窓から抜け出て京都の夜を徘徊した仲間。年中一緒に飲み歩いてた。
ってなわけで、同窓生にきてもらってうれしーってのは、年とったよな、おれも。でも、みんな芝居も喜んでくれてて、なつかしいけど芝居はわかんねってんじゃなくってよかった。
で、この人々も私のブログをのぞいてるそうで、トップページの私のちょび髭、和服姿を私の日常と本気で思っていたということで、高校の私から想像するにそういうことも不思議ではない人物であるということだ。
こわいぜ、ブログ。あんまり更新しないと引退かとかいわれちゃうしね、リアちゃん。リアちゃん、相談に来なさい。

で、同窓生たちと語らい、次に『毛皮のマリー』の一回目の読み合わせに向かって三茶の街を走る。
今回衣裳・美粧として関っていただく宇野亜喜良さんもしっかり出席してくださった。巨匠登場なのであった。
で、わいわい読み合わせやって、帰宅したのでした。
今夜、プレビューである。
今はもうとりたててなにも書くこともない。
無事を祈ろうとも書かない。書くと何か起こる。って書いちゃったけど。
観に来てちょーだいっ。