公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
いろいろあったが、初日開く!演じた!しゃべった!飲んだ!

愛と睦は、気候がよくなって周囲に他の猫たちがうろうろするせいか、情緒不安定気味である。
あるいは人間の公演期間の不規則な生活が影響しているのかも知れない。かわいそうだ。気の毒だ。だから、蒲団にしょんたれしてしまう睦をむやみに叱ることもできないのだ。
終わったらゆっくり遊べるからね。
いやあ、快晴の今日は、稽古最終日だが、昨日と一転して快調、カイチョー。一日ぶりに自信が戻ってきた。

で、GWに入った街や電車の女子たちは、みな気合入ってまんな。うちの女子たちが、さかりがつくのも無理ないな。人間もこうなんだからね。恋の季節ね。

で、明日は小屋入り、仕込み、場当たり。
あさって初日。
私、これでまた当分役者やるつもりないから、今見ておかないとね、みんな。

これが終わったら次はオリンピックの強化合宿だ。
毎日新聞の取材、受ける。記事は30日に掲載されるらしい。

で、昨日は宇野さんのメークが始まった。私の顔をキャンバスにして宇野画伯が筆を走らせたのであった。
さらに助手の野村さんともども全員のメークをされたのであった。
そして、そのまま稽古。いよいよ本格的に劇の人物が出現されたのであった。
そして、私はその後、ステージ・ウエヴのインタビュー。

二時間のメーク、稽古、インタビューとやって、今日は正直言ってばてばてで、もう口はまわんないし、台詞は忘れるしで、稽古ぼろぼろ。
ああ、私、本番台詞忘れないかで不安。
いよいよ宇野亜喜良さんの衣裳があがってきて、衣裳を着ての通し。
汗だくで稽古終えて、その足で新幹線で京都入り。授業。今年の実習、授業発表は二回生は劇作家協会新人戯曲賞最優秀作の黒川陽子さんの『ハルメリ』。三回生は『ワニの涙』をやる。

愛の発情終わる。やっと静かな日々。

明日はメイク合わせだ。
とにかく忙しい。無駄口をたたいてなどいられないほどだ。
せりふはやっと入ってきた。でも時折変なことを言う。

愛の発情がすごい。そのオカルト的な鳴き声で明け方起こされる。
平穏な日々はまだ遠い。

尻尾遊び小夏.jpg

これは愛のことを心配する小夏。
いやはや稽古あり、京都あり。
そして今年から日大芸術学部演劇科で戯曲の授業を持つことにもなり、先週はしっちゃかめっちゃかで、もういろんな人に会って、忙しいってなもんじゃない。
昨日は江古田と所沢と渡り歩いた。初めてのことが多く、神経がパニくる。

それにしても、どうも正確にせりふ入らず、せりふを考え、思い出しながら芝居をしているので、演技が小さくなる。

睦の発情は爆発せずに終わったが、また愛が高音を発している。
暖かくなってるせいもあり、いろいろありか。

DSCN4876.JPG
寺山修司のせりふは決して覚えやすいものではない。それはほとんどか対話ではなく、果てしなくモノローグに近い詩であるからだ。

睦が文机のパソコンの近くでションベンを垂れる。
愛の発情終わるも、睦がまた不穏な鳴き声をしだしている。

桜は今日で終わりか。
終日せりふ覚え。覚えたつもりでも、稽古場で立つとなかなか出ないんだよな。そういうもんなんだよな。演技っていろいろやんなきゃならないもんだからねえ。
 
この先の忙しさを考えると、パニックを起こしそうになるので、考えない。
マリーの台詞量はけっこうあり、楽ではない。
この上演の目的はいかにせりふを正確に伝えつつ、これまでの上演をなぞることのない『毛皮のマリー』を造形するかにある。いずれにせよ、私がマリーをやるのだから。

稽古を終えて品川から新幹線で京都入り。
入学式、新入生のオリエンテーションをやって、帰京。
愛の発情、おさまらず。このソプラノの絶叫はくたびれた体と神経には響くが、可愛さが勝る。

今日は脳を休めよう。近所の桜を見に行こう。
今日は寒かったわねえ。
稽古は粛々と進んでおり、私、どんどんおかまになっていくわん。
今日は宇野亜喜良氏登場し、衣裳のデザイン画が披露された。
お楽しみですよん。

ところで東京公演後、青森での公演も決まった。
青森県立美術館で四月より『寺山修司劇場美術館』って大規模の催し物やってて、そこのトリを飾るってわけ。
五月四日、すなわち、修司忌のあと、あたしたちは青森に向かうってわけ。楽しみだわ。感激だわ。でもなんか、こわい。
今もわたし、こわい。なんだかとってもこわいの。俳優の仕事ってこんなにこわいものだったのね。

うちに帰ると小夏はおなか見せて撫ぜろ撫ぜろっていうし、朝は朝で睦が遊べ遊べって寄ってくるし、女の子たちの世話で、あたし台詞覚える暇もないわよっ。