公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
久しぶりに『気狂いピエロ』を見たのだが、ほんっとこれでゴダールが死んでいてくれたら他人はどんなにか気楽だったろうかと感じ入ってしまった。ゴダール伝説すなわち青春伝説として分かりやすく流布、刻印されただろうに。
生き残った宿命としてゴダールは以後傍目にはやまほど複雑さを背負い、ある意味演じなければならない羽目に陥る。この事態を認めるか否という態度決定を強いてしまうところが、ゴダールの過剰な現役さ加減だ。
この現役さと同い年のイーストウッドの現役さの度量を比較論じなければならない。
このふたりの巨匠と呼びまとめてしまうには、あまりにあまりの変態な過剰さについて。
花山大吉見ていたら同じチャンネルで座頭市も始まってしまっていよいよ忙しくなってしまった。
で、新しい木枯らし紋次郎見て丁寧に撮っていていいのだが、今の時代劇は悪役が難しいなと感じたのは、渡辺いっけいが悪いのではまったくなくて、悪役造型のシナリオ段階でのことで、絵に書いたような悪役がうざったくて途中で飽きるんだよね。
ところで時代劇といえば京都だが、私のこと、もう京都に住んじゃってると勘違いしてる人がいるけど、違いますからね。
わーい、休みだ、休みだ!こんなうれしいことないよ。先週末はずっと京都でくたびれたよ。私がいないとどうも睦が情緒不安定になってるみたいだし、この休みはうちの娘っこたちと思う存分遊ぶ。っておれが遊んでもらってんだけど。
授業で『新宿八犬伝』のキャスティング・オーディションをこれまでの授業枠内ではなかったほどにシビアにやったのだが、みんなよくついてきた。なかなかよろしい。なかなかよろしい。
『路上』の猫ちゃんチラシ、学生たちで取り合いになるほどの大人気!

で、昨日は神馬で筍の土佐煮、鯛の白子、ローストビーフと食べちゃって鯖寿司で締め、木屋町のバーで酔っぱらったのだが、飲み屋じゃどこでも泥酔全裸の話題で持ちきりだった。裸になるという酒癖ってこまりもんですね。
今京都で三猫と離れているのですが、さみしくて仕方ない。
まあ、学生とわいわいやってて元気なんですが、さみしいはさみしい。毛の感触が恋しくてしょうがなくなるんだよねえ。
昨日は『路上』のワークショップで勝也さんが来て、みっちりやって帰って、で、これから『新宿八犬伝』の学生たちの間でのオーディションという週なわけですが、時折研究室から見える比叡山を眺めて、「小夏、睦、愛」とかつぶやいているわけ。
そういえば先週坪内祐三さんが来たそうで、すれ違いになってしまって残念だったな。

今夜は心置きなく飲もうと思っている。
台本が上がった。
チラシも土曜に上がる。
今回のチラシ・デザインは見物ですぞ。
始動であーる。
で、今、睦さんが膝の上で寝てるわけ。
この生活を無下にはできない。
美しさとは、退屈を友達とするもの。
我はそこで退屈さと上手く友達にならなければ、新作もまた産まれないと心しなければならない。

こんなふうに1日に三度も更新して、要するに情緒不安定なのよ。
で、早速夜の徘徊生活について質問されたわけよ。若い頃、ほんっとそれで肝臓の数値上がるし、精神状態とかも最悪。20代で劇団とかの主宰なんかやるとこんなもんで、楽しいことなんかめったにないのよ。
ただそれで若死にすれば伝説だけど、生きてんのよ、おれ。
だから伝説作るのはこれからってことなのよ。
劇団やめてほんっと自由になりましたよ。
これで現役で75ぐらいまで生きれば十分。
なんでいきなりこんなこと書くなかというと、今パーティー帰りでいろんな演劇人と会って楽しかったからなのだ。
これでいーのだ。
美しい生活もやや飽きる。まあ生活というものはこうしたものだが、たまに良識やら常識やらを罵倒しつつ夜の街を徘徊していた日々が恋しい。ま、今もたまにやってんだけどね。

授業公演のため、『新宿八犬伝』を20年ぶりかで読んだのだが、若い戯曲だねー。
普段戯作指導でCG処理でしかできないようなト書きは書くなとか言ってるおれが25歳の時は「八犬士、巨大化して、超高層ビルの上に乗り」とか書いてる。ま、これでいーのだ。
若者よ、人のアドバイスなど信じるな。
このアドバイスもだ。
新学期が始まった。
いやー、今年の桜は例年にましてムッチムチですな。
京都の桜もムッチムチよ。
昨日、京都入りしたのだが、数週間ぶりに元気が戻ってきた。

で、今日は午前中からチェーホフを講義したのだが、その準備で行きの新幹線、ずっとチェーホフの短編を読んでて、すっかりチェーホフ・モードで京都駅に降り立ち、いろいろわが身について考えたわけよ。
サハリンへ行こう、サハリンへ!