公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
京都で授業をしている。
母親のことが心配だが、つきっきりというわけにはいかない。
学生とわいわいやってると不安な心がまぎれる。

母親を急激な精神の不調に陥らせた一因は、今回の世界金融恐慌である。
株をやり、老後の資金を外債に当てていた母は、日々報道される株価下落のニュースで、一切の自分の拠り所を失ったと錯覚した。
重要なのは、錯覚だということだ。年金がストップしたわけではなく、質素に暮らそうと思えば可能なのだが、貨幣を生きる拠り所にしていた人故の悲劇だ。
資本主義、貨幣の虚妄と恐ろしさを思い知らされる。
哀れみと憤りと、愛憎が私のなかで交錯する。
母親は息子という私より貨幣を信じ、頼りつづけてきたのだから。
私と母親のあいだには、さらに根深い、様々な経緯とエピソードが裏打ちされている。

やがて、これらのことについて長い文章を書くことになるだろう。
書くことで、乗り切っていくだろう。
当日乗にそれを当てようとも思ったが、それとこれとでは性格が違うので、ここには書かないことにした。

とにかく、あと数日京都にいなければならず、目覚めて小夏、睦、愛のぬくもりがないのが、今さみしくて仕方ない。
母が起こしたことの、金銭面の後始末をしなければならない。
これは相当のダメージではある。
麻生首相という人は会えば聡明でおもしろい方なのだろうが、女性宇宙飛行仕に「子持ちだそうで」はないだろう。ししゃもじゃあるまいし。渋谷での学生との飲み会ひきずっちゃってんじゃねーのか。どうも言動に品がない。

昨日の病院では、家に帰る、金がないなどと母親ひとあばれする。
横浜に向かっている。母親が入院した病院に行くためだ。この一週間はピンチと怒涛の週だった。TPTのワーク・ショップ、榎元さんの出版パーティーに出席やらに並行して、多忙な週、電話口の母親の言う内容がおかしいのに気がついた。日々刻々と変になり、週末にはまるで発狂したかのような言動を起こしだした。入院に至るまでには今回だけでは書き切れないほどの騒ぎがあり、医者の診断は認知症で、おそらく介護認定が下りる症状だという。これはまったく予想だにしなかった事態で試練といっていい。事態の詳細をこの日乗に書いていこうと思う。人生の第三幕に認知症の母親という主要登場人物が加わったのである。いやはや、みなさん、これから当日乗は人生の勉強になることばかりが、書かれていくぞ。
ワーク・ショップが始まった。三十名ほどが集まり、熱気である。さて、これからこのテキストはどうなっていくのか、誰も知らない。ぼくは知ってるけど。こんなの書きやがって、あとは演出ご自由にとうそぶくイェリネクという作家、さすが勝手な人だ。ヨーロッパにはまだ劇作家が勝手に振る舞える土壌があるということだ。作家というカテゴリーのなかで劇作家ほど従順この上ない者はいないという日本において、この身勝手さは多少見習っていい。ま、いずれにせよ、テキストこのままでやる気はない。ドイツ現代史に私が奉仕しなければならない謂れはないのだから。
TPTから演出を依頼されたイェリネクの「ウルリケ・マリア・シュトゥアルト」のワークショップがいよいよ今週始動する。
本当にこれがベニサン・ピットの最終公演となってしまうのだろうか。
とにかく初めてにしてこれが最後のピットでの演出が楽しみでならない。
京都の後期の授業が始まった。昨夜は早速、神馬に行って鯖寿司等々食べた。
で、帰京しようと新幹線のホームに駆け上がり、生ビールなどを購入してると「川村さん」という声に振り返り、しばし見つめて、詩人の城戸朱理とわかる。十数年ぶりだ。いろいろ苦労していることは噂で聞いていた。辻仁成と三人で西荻窪の焼鳥屋、スナックを飲み歩いた昔が思い出される。城戸は私と同い年。人生の第三章を元気でやってるとみた。なによりだ。
京都でオープン・キャンパスニ連発やって、その間学科で主宰したイッセー尾形さんの体験授業見たり、春秋座でやっていたパパ・タマフマラのリハ見学したりして、で、翌日は日芸の授業で、その後プロレス見に行く予定でいたのだが、小雨の天気で体が冷え、どうにも疲れがどっと押し寄せたので、プロレスは諦める。
帰ってこんこんと眠り続けた。

で、昨日は朝日新聞の取材。深浦のことで、これで本当に打ち止めとしたい。
で、次にオーストラリアから来た演劇人と一時間ばかし、ミーティングをして、新宿の鼎で友人と飲む。
話題はアメリカ帝国の崩壊について。
ローマ帝国の繁栄が永遠でなかったのと同様に今アメリカ帝国の時代が終焉を迎えつつあるのではないか。
経済とは要するに虚であり、幻想を相手にし続けたアメリカ型の資本主義が今限界にきているのではないか。
などなど、くっちゃべりまくる。

演劇はとことんアナログである限り、この時代強い。と確信する日々。
そういえば会場を後にしてエスカレーターに乗ったら篠井英介さんに声かけられて、篠井さんも皺が増えたなあとか思ったら北村魚さんだった。マニアックな話だ。わかる人にはわかるだろう。
で、感想としては、深浦の死は最終的にはテレビ・ドラマ俳優としての死ということだな。で、昔一緒にやっていた我々としては舞台人としての死を強調してやろうってことなのだが、やはり無理があったな。
というのが、お別れ会の感想だな。
演劇のジャーナリズムは会にはあまり見かけなかったということは、世間がそうは思っていないということなんだな。

で、これでやっと終わったと思ったら、またまた取材、いろいろ依頼された。深浦はなかなか解放してくれない。
それにしてもこんなにいろいろ反響があるとはねえ。大腸がんということもあるのだろうが。

で、世間が勘違いしてほしくないのは、第三エロチカは深浦退団後も20年あまり続いていて、その20年ほうが実は濃くて、波乱万丈で怒涛の歴史を抱えているということで、彼女はあくまで「初期の」第三エロチカの中心女優だということをしっかり認識してくれないと、他の劇団員が浮かばれない。
私の優柔不断のせいで、劇団の解散時期を逃してしまい(数年前に格好の時期があったのだ)、解散は延び延びになってしまっているが、しっかり劇団を閉じてから、どういでもいい思い出話に耽りたいものだ。
『ゆらゆら』を見たが、だいじょぶかね、鐘下君。

で、恵比寿に向かって、深浦加奈子お別れ会。
会場のホテルで喪服に着替える。
大勢の人。お葬式が家族葬だったせいもあるのだろう。
弔辞、読む。
いろいろな人がいたが、マスコミはシャットアウトという方針のせいか、ジャーナリスト、評論家がほぼいない。いてもよかった。
元劇団員も大勢きていたが、別におもしろみもないので、とっとと帰る。どうも基本的に終わった事柄に関して興味が湧かない。