公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
マドンナと結婚して、そいで離婚して慰謝料がっぽりもらいてえなあ。劇作家のカワ・タッケーさんとかいってさあ。
八月、この糞暑いさなか芝居の稽古とかやってる方々はごくろーさんだなどと思って、この時期もまた本来なら大掃除などしながら、この不景気の年末年始に芝居なんざやってる方々はごくろーさんだと呟いてるはずが、ごくろーさんのほうになってしまってる。ところで施設に入った母親はすこぶる元気になって、その証拠に他人の悪口とか文句を大いに復活させてるという。
人は、あの聡明なお母様が、とかいうが息子からすれば、一貫して聡明でもなんでもない、粗忽だ。おっちょこちょいのくせにプライドが高いから厄介だ。
私を気遣ってくれる声もあって有り難いが、全然大丈夫。感傷もまるでない。
稽古前、取材一件。バリバリしゅくしゅくと稽古を終える。明日は場当たりである。
帰り道、飯島愛さんの急死を知る。言葉が出ない。
年末の死は遺された者、知人友人に辛いことだろう。
昨日は稽古場でお誕生日ケーキなどいただいた。
それにしてもベニサン・ピットで稽古ができるという贅沢もさることながら、地続きの劇場というのが、本当にうれしい。東京の劇場はほとんどビルの上だからね。

で、ウィーンから一時帰国している原サチコさん、あらわる。作者の声をやる。
若者たち、がんばっとる。
手塚さん、勝也さんももちろん。お二方にはいろいろ助けられいる。お二方はダブル・キャストなので、お気をつけて御来場ください。
49歳である。
森下のベニサンでガンガン、バリバリ稽古をやってる。
それにしても読売新聞の記事のおれの写真、疲れた顔してんなあ。ちょうどへとへとの日だったからねえ。
『ウルリーケ』の稽古ががんがん始まっている。
ベニサン・ピットが閉館のせいもあって取材も多い。

それにしても先週の『ワニの涙』の二日目の舞台の出来はよかった。
ラスト・シーンの市と百年の沈黙との掛け合いの間合いか゜奇跡的とも思えるほど正確だった。

それにしてもブッシュという人はさすがだね。
投げられた靴をよくあの年ですばやくよけるし、よけた後、いい腕だねってな感じで薄笑いしてるし、その後間カンペイみたいな顔でKYなコメントするし、やっぱりアメリカ大統領ってのはこれぐらい厚顔無恥じゃないとつとまんないんだねえ。
それにしても投げられたときの隣のイラクの首相の無表情ぶりもケッサクだったな。

新人戯曲賞の公開審査も終わった。
今年は私は強く推すものはなし。
楽屋で、紀伊国屋で本番中の鴻上氏が、やたら「くたびれた」を連発するのに、横内氏が冷めた口調で「出てんの?」と聞いたのには笑った。
「出てないけど、くたびれた」とか答えてた。
授業発表の『ワニの涙』の幕が大事なく開いた。
ほっとした。
途中、この戯曲の言葉の強さ、重さを担うには学生の荷が重すぎたかと思うことしばしばで、実際背負いきれていないところは随所にあるのだが、よく形にはなった。

ひとりで寿司食べたよ。

今日は打ち上げには出られない。帰京して明日の新人戯曲賞の準備に入らなければならない。
旅人だよなあ。って別に悦にいってるわけではないが。
恋しいのは猫ちゃんたちの感触、肌触り。
今週の日曜、月曜は寒かった。
自分だけ寒いものと思って、例年どおり大騒ぎをして周囲に迷惑をかけた。
「さむい。生きる気力がない」とかいって大騒ぎをするのである。

横浜の病院に行って、翌日は『ウルリーケ』の稽古。
その夜、京都に入って、今日は『ワニの涙』の稽古。『ワニ』は明日本番なのだが、予想を超えたいい出来だ。やはり中心がいて、しっかり引っ張る人物がいるクラスはたいていいい成果を上げる。
今日は、『ワニ』の合間を縫って『ハルメリ』の稽古もした。
楽ではないのだが、最近になってやっと、未だものになるかならぬか、才能の未知の若者と創ることが、楽しくなってきた。
まさしく、やっとだ。

それにしてもつくづく不思議な年となった。
八月はほんっとに休んで、今年は知り合いが死ぬこともなさそうでよかったと思っていたところが、深浦加奈子の訃報があり、その翌日録画出演のため、テレ朝へと向かうタクシーから夜の六本木の光景を眺めたとき、なんだか妙に不思議な気分だった。
その奇妙な感覚が今でも続いている。
『ウルリーケ』もあり、母親のこともあり、どういった正月になるのか、明日も知れない日々だ。
tptのキャスティング・オーディションが行われ、やっとキャスティングが決まる。
その後、取材を受ける。
それにしても、これからチラシ作成の、情宣の、か。
お客さん、来るのかにゃー。
ま、おれが心配しても仕方ないんだけど。
ここ毎週、京都はいつも雨。
昨日はくたびれてホテルでマッサージを頼んだ。って本当のマッサージですよ。背中ばりばりだとマッサージのおばあさんに言われる。なぜか旦那さん弁護士ですか?って聞かれたので、面倒だから、うんって答えちゃったもんだから、それからいろいろ聞かれちゃって、いろいろ作り話して疲れた。
来週はいよいよ「ワニの涙」本番だ。