公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
ウルリケ騒動が終り、半ばぼーっとしつつ、日芸の卒制の戯曲を読む日々。
さらに京都ではいよいよ来週『ハルメリ』の上演を控え、わらわらと追い上げ。
寒さがこたえる。

ベケットの戯曲を読み直しているが、やたら心に染み渡る。がんがん理解できるという気がしながら読み続ける。
結局ベケットの言葉とは、四十代にならなければ理会できないのではないかとも思う。
演出は一切演出家の美学を投入せずに、戯曲に書かれているままにやるべきだということもまた心の底から理解できる。
つまり、圧倒的に戯曲優位の立場を貫いているのだ。演出家の出世主義と野望をあらかじめ打ち砕いているというわけだ。
千秋楽、終演。
カーテン・コールでさようならベニサン・ピットを言ううちにじんときてしまった。
思えば、閉館に演出家として立ち会えて、なんとシャーワセ者だろうか。
打ち上げまでの時間、串っこで一人で飲んでいる。
いよいよ千秋楽である。
日々、閉館になってしまうこの劇場に通うのが、楽しくて仕方ない。私の舞台人生においてまた重要なページが刻まれた思いだ。
なんだか、不思議で、しんとした、透明な気分。
昨日は客席後方にビデオカメラを置いて、ディレクターズ・アングルで撮った。独自のパン、ズーム満載であるのだが、妙な格好でしゃがんでいたので途中で足が痺れ、据えっぱなしにしてカメラから離れ、よろよろとロビーに出た。

終演後、山利喜で飲む。

それにしても年賀状って、出さないと来なくなるものね。
さていよいよカウント・ダウンですな。
今日はまた本番におもしろいことがあった。
何だって?
書かニャーいさん。
それにしてもハードな劇だ。
みんな、寒い、痛いと傷だらけでがんばっとる。
前回の牛の笑い声のくだりにおきまして、ブーフッフとあったのは、ビーフッフの誤りでした。関係各所にお詫び申し上げます。
今年の舞台が終わった。無事であった。
来年は三日からまた公演が始まる。
昨夜は友人たちと新宿を飲み歩いた。帰宅は3時で今日はさすがに上演が終わると同時にどっと疲れが出る。
いやはや何とも、結局、結果的に、怒涛の年であった。
が、まだ何も終わってはいないのだが、とにかく年末年始は愛しの小夏、睦、愛とゆっくり過ごしたい。
初日。
いつもの通り上演中心臓バクバク。テレビ・モニターとか使ってるとさらに血圧は上がる。
無事終了。
よかった。
初日乾杯の席でマーチン・ネイラー氏と久しぶりに会い、話す。

今日ってなん曜日?
ここってどこ?そう、今は2008年の年末。
ってな感じ。
今日はゲネ。
明日はいよいよ初日。
毎日劇場にいることの幸せ。
これ以上の幸せはない。
噛みしめつつ、最後の詰めに入ろう。