公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
今日はまた本番におもしろいことがあった。
何だって?
書かニャーいさん。
それにしてもハードな劇だ。
みんな、寒い、痛いと傷だらけでがんばっとる。
前回の牛の笑い声のくだりにおきまして、ブーフッフとあったのは、ビーフッフの誤りでした。関係各所にお詫び申し上げます。
今年の舞台が終わった。無事であった。
来年は三日からまた公演が始まる。
昨夜は友人たちと新宿を飲み歩いた。帰宅は3時で今日はさすがに上演が終わると同時にどっと疲れが出る。
いやはや何とも、結局、結果的に、怒涛の年であった。
が、まだ何も終わってはいないのだが、とにかく年末年始は愛しの小夏、睦、愛とゆっくり過ごしたい。
初日。
いつもの通り上演中心臓バクバク。テレビ・モニターとか使ってるとさらに血圧は上がる。
無事終了。
よかった。
初日乾杯の席でマーチン・ネイラー氏と久しぶりに会い、話す。

今日ってなん曜日?
ここってどこ?そう、今は2008年の年末。
ってな感じ。
今日はゲネ。
明日はいよいよ初日。
毎日劇場にいることの幸せ。
これ以上の幸せはない。
噛みしめつつ、最後の詰めに入ろう。
マドンナと結婚して、そいで離婚して慰謝料がっぽりもらいてえなあ。劇作家のカワ・タッケーさんとかいってさあ。
八月、この糞暑いさなか芝居の稽古とかやってる方々はごくろーさんだなどと思って、この時期もまた本来なら大掃除などしながら、この不景気の年末年始に芝居なんざやってる方々はごくろーさんだと呟いてるはずが、ごくろーさんのほうになってしまってる。ところで施設に入った母親はすこぶる元気になって、その証拠に他人の悪口とか文句を大いに復活させてるという。
人は、あの聡明なお母様が、とかいうが息子からすれば、一貫して聡明でもなんでもない、粗忽だ。おっちょこちょいのくせにプライドが高いから厄介だ。
私を気遣ってくれる声もあって有り難いが、全然大丈夫。感傷もまるでない。
稽古前、取材一件。バリバリしゅくしゅくと稽古を終える。明日は場当たりである。
帰り道、飯島愛さんの急死を知る。言葉が出ない。
年末の死は遺された者、知人友人に辛いことだろう。
昨日は稽古場でお誕生日ケーキなどいただいた。
それにしてもベニサン・ピットで稽古ができるという贅沢もさることながら、地続きの劇場というのが、本当にうれしい。東京の劇場はほとんどビルの上だからね。

で、ウィーンから一時帰国している原サチコさん、あらわる。作者の声をやる。
若者たち、がんばっとる。
手塚さん、勝也さんももちろん。お二方にはいろいろ助けられいる。お二方はダブル・キャストなので、お気をつけて御来場ください。
49歳である。
森下のベニサンでガンガン、バリバリ稽古をやってる。
それにしても読売新聞の記事のおれの写真、疲れた顔してんなあ。ちょうどへとへとの日だったからねえ。