公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
そういうわけで、西巣鴨でロメオ・カステルッチを見た。
主演の女の子が華奢で可愛かったよ。
ビジュアリティ実験劇では、見場のいい人をキャスティングできるか否かが舞台の成否に関わってくる。ここいらあたり日本じゃうまくいかない。

それにしても花粉ひどいので近所の馴染みの薬屋に相談したところ、「これのみゃ一発」ともらった薬を飲むと、本当にぴたっと鼻水、くしゃみ止まったのだが、頭はぼーっとするし、なんだかずんずん気分が落ち込んでくるのでやめようと思う。
もっとも気分の落ち込みは単純に疲労がある。観劇ひとつとっても、なんと立て続けに芝居を見てて、見過ぎだわ、おれ。くたびれるよ。当分いかない。
「路上3」初稿50枚上がるも、読み直して、ダメだと思い、全部破棄。
肩の力のぬきかたを忘れてしまっている。それは簡単に上げるということではない、無論。路上シリーズ三作目ということで妙に意識してしまった。
難しく考えてしまっている。これはよろしくない。
WBCの大勝を励みとして書き直しだ。
ベケットが生前出版を許さなかったというこの処女戯曲を京都行きの新幹線であっという間に読んでしまった。
途中ほんと何度も大笑いしそうなのを我慢した。おもしろくて、おかしいねえ。
失敗作とみなすのもわかるが、偉大な失敗作だな。
もっともこんなことを言えるのも我々がベケットのその後の全作を読むことができるからであって、もしこの作家がこの一作で終わっていたとしたら、誰も相手にしないかも知れない。
このほとんどアングラとも呼べる戯曲、西村とか杉原あたり、演出しねーか。

昨日はportBってとこの舞台初めて見た。
イェリネクをネタにした現代能だな。
途中寝たのだが、いい眠りだった。
褒めてんだけど。
なんか寒くて肩首が凝るのと、花粉症で調子わりい。
こわもてらしいっすけど、おれ、肌皮膚弱いのよね。
乾燥肌が終わったと思ったら、花粉アレルギーでかゆいんすよ。
なんか、たいしたこともないパニック障害にも怯えるしさ。
時代の不安感が伝染してんのかな。
時代の子だからね、おれ。
すいません、ゴーマンいいました。

それにしても、おれって娯楽と実験のあいだをゆらゆら揺れるダンシング・ドールなんだな、自分のことをつらつら鑑みるに。
ま、どうでもいいや。
でも、実験ばっかやってると世間が狭くなることは確実でね。
つきあう人間のジャンルも狭まるし、やたらつまらないシンポジウムとか誘われたりばかりでさ。ま、たまにはそういうことも必要なんだけどね。娯楽もしっかりやんないとだめだよ。親兄弟親戚が見に来ておもしろがる芝居もやんなきゃだめなんだよ。
というか、おれの場合、無理にやるんじゃなくて、娯楽やりたくなったり、でもななんか飽きてとんがったのやりたくなったり、それにまた自分で辟易として、ってその繰り返しなんだな。
なに独り言いってんだろうね。
明日は京都で卒業判定会議だ。
「路上」執筆中。
ここで確認すれば、路上シリーズとは、私なりの笑いと娯楽の追求だ。

その合間にポツドールを初めて見に行くが、けっこうおもしろかった。にしすがもで「資本論」も見た。いやはやちょうどマルクスかじってるところで、私にとってぐっど・タイミングで資本論の勉強になったよ。ま、舞台は正統的なドキュドラマだけどね。

ところで、私は大学は経済学科を出ているのである。
演劇とか文学とかは大学なんぞで勉強しなくても独学で学べるし、そのほうがいいと思ったからである。
エラソーだが、でもほんと経済学やってよかったと思っている。経済学って、哲学だよ。絶対がないとわかっていながら、絶対の思考を考えようって学問で、おもしろい。
で、在学中はアダム・スミス、リカード、新古典派理論、ケインズあたりはかじったけれど、マルクスはやんなかったので、今やろうとしているわけ。どうなることやら。
確かに中川元大臣の父上は自裁された政治家だった。
このことと彼の大量飲酒が関係しているのかどうかは本人にしかわからないし、本人にもわからないことかも知れないが、男の子にとって父親の生き様のみならず死に様は、多大な影響を与える。
中川氏の酒は深い、と思う。
私は昼酒はしない。
それは私の父の死に様が影響しているのかも知れない。
ま、というか昼飲む酒って全然おいしくないんだよね。
基本的に酒は夜九時以後。その酒がいっとうおいしい。

で、ひさしぶりに大駱駝艦を見て、おもしろかった。
予想されるスペクタクルな雰囲気をあざ笑うかのように、冒頭麿さん、ひらひら舞ってて、見る気十分の観客を眠気に誘い、夢現のまま見るうちに、やがて大団円、そこで麿氏は自らが音楽と化すのであった。
この作品はまさしく身体の音楽化なのであった。
しかも、しっかり老いたと自覚されたからだが晒されるのであった。
氏はすでに介護される身体を覚悟している。それを楽しんでいるのである。
筋肉のそげたからだは美しかった。
もし飛行機乗ってて石川遼が1日機長ってアナウンスあったら、おれ、即刻空港に戻ってくれって、歩いてくるおねーさんに泣きつくだろう。
新宿で勝也さんと打ち合わせ。
いよいよ『路上3』が始動。
今年は一区切りということで、『路上』1、2、そして新作の3と通し上演をする。
新宿娯楽劇、重喜劇と軽喜劇の狭間を行き来する『路上』が今年も元気に幕開く!
さて今年はどういう趣向が飛び出しますやら!
ブレヒトの『アンティゴネ』をたまたまストローヴ=ユイレの映画化で見終えていたところ、東京演劇アンサンブルの伊藤さんから、劇団でこの『アンティゴネ』を上演するという知らせをいただいて、ブレヒトの芝居小屋に足を運んだ。
おもしろかった。
なんか、さすがブレヒトと感じた。
アンティゴネがクレオンの暴挙について批判して去るのを見送る老人が、「あの娘もかつては奴隷のつくるパンをたべて生きていたわけだが」と意地悪につぶやくところとか傑作だし、クレオンも単純な悪役ではなく、文句をいう人民に、てめーら潤ってるときは政治がいいふうにいうし、悪くなるととたんにいい時を忘れておれを非難するといった意味のことを吐くシーンも、傑作だ。
戦争犯罪者としてのクレオン像がリアルなのではなく、こうした台詞が今リアルなのだ。
まったく政治は今最悪だけど、全部を総理大臣のせいにしようとするのは間違いだよ、国民の責任だよ。
自民党を選挙で選んだ人。
そして選挙にいかなかった人。
かっこつけて選挙に行かないで、今更文句いったって遅いぞ。
とにかく選挙にはいこう。選挙にもいかないでぶーたれる国民ってのは総幼稚化って状況だよ。
ラ・ママからの仕事なのでてっきりニューヨーク行きかと思っていたら、イタリアだという。ペルージャ、スポレートといった街のあるウンブリア州にラ・ママのレジデンス・ハウスがあって、そこで一週間、ワークショップをやって欲しいということだ。
そういうわけで、またイタリア行きのだ!
愛するイタリア!

で、ラ・ママというわけで、横浜の母が75歳の誕生日を迎えた。
新たな診察によると、当初いわれたアルツハイマーではなく、老人性鬱病と下された。
ここに至る経緯はいろいろあって、ここでは書かないし、書ききれない。
とにかく、今は介護認定を外すというわからんちんの施設長に憤慨することしきりである。ほんとにこのジーサンはわかっていない。
で、横浜の家は貸すことにした。
このあいだは家の整理した。
川村ゆかりの一軒家、借りて住むのも一興ですぞ。