公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
午後、テートブリテンのターナー・コレクションに行く。
これで今回の目的は果たした。ターナーの実物を確かめたかった。
今日は曇天だが、今回散策には絶好の気候だった。暑すぎたり寒すぎたりだとこうスムーズには物事いかない。
しかし草臥れた。20代30代のようにはもはやいかないと実感する。
昼間美術館を周り、夜芝居を見るなど東京でもやらないことだ。旅先では興奮状態にあるから若い頃は平気でこなすのだが、そろそろ怪しくなってきた。一日にやることはひとつがいい。

とは言いつつも夕刻ピーターの友人のアラン氏のレクチャーを聴きにロンドン大学に向かう。
テーマはなんと浅川マキである!浅川マキと60年代アングラカルチャー及び演歌とブルースの兼ね合いについてである。実に興味深い。浅川マキのライブ映像も流された。1992年文芸座ルピリエでのライブである。
ロンドンの教室で「都会に雨が降るころ」を聴く不思議さ。
快晴。ぶらぶらうろうろするのに絶好の気候。
コートールド・ギャラリー。印象派揃い踏みの美術館。
セザンヌ、ゴッホ、モネ、マネ、シスレー、スーラ、ピサロ、ドガ、ロートレック、モディリアニ、スーチン。
ゲップ状態のところ、ウォルター・シッカートに釘付けになる。パトリシア・コーンウェルから切り裂きジャックの真犯人と名指しされた画家の絵4点が、はぐれ者のごとく狭い一画に飾られている。私にとってこの画家は発見だ。
集中するうちに眩暈がし始めたのでホテルに戻り、しばし休む。
夜、オールビーのthe goatを見る。観客はこの芝居に爆笑するのである。
ホテル最寄りの駅を降りてエスカレーターに
乗っていると、後ろにいたおばさんから声を掛けられる。
「今の劇どうだった?あなたは劇場から地下鉄まで一緒だったから聞くんだけど」
「笑いすぎじゃないすか」
「主人公の建築家の、不眠症で頭のおかしくなった世界だわよ。建築家って世界を牛耳っていると思いがちでしょ。それが壊れるわけよ。あなたは建築家?」
「私は劇作家です」
「そうかい。あんたも気をつけなよ」
とおばさんは笑って去っていくのであった。
ホテルに戻ってBBCをつけるとマンチェスターのコンサート会場の爆破騒ぎである。
今朝もテレビはずっとこのニュースである。
空港の入国審査が厳しくなるわけである。
アラブ系の人は子供連れの母親でも何やら長々質問されていた。
ディケンズ博物館に入り、売られていたNIGHT WALKSを買う。ぶらぶらして本屋を見つけ、ジョン・オズボーン、ハロルド・ピンター、サラ・ケインを買う。今さらだが、ここいらは原書が手元にあると心強く、何かと便利だろう。

IMG_5180.JPG
トラファルガーではこんなことやっている。

IMG_5181.JPG
パブで一杯。このセブンスターパブ、古くて最高の雰囲気である。
二階のトイレに向かうゴールデン街の飲み屋のような階段を上がると、
IMG_5183.JPG
愛ちゃんがいた。
IMG_5184.JPG
遊んでばっかじゃねーかって?
そう遊んでばっか。だって着いたの土曜で今日日曜。誰も働いてねーよ。
昨日の夕方に着く。まあこうした時代だから出入国に時間がかかる。かなりぐったりしたがホテルチェックイン後、地下鉄に乗ってピカデリーサーカス辺りをぶらついて、再びラッセルスクエアじ戻り、土曜の晩で賑わうパブでギネスを一杯。
さて本番。この企画は『4』以外の二作品もリーディングされるのだが、詳細は今面倒なのでのちほど。
とにかく本番。

IMG_5149.JPG
楽屋。

IMG_5148.JPG
進行を制作のターニャとキャロリーンが説明します。

IMG_5153.JPG
なぜか般若のデザインのポスター。

IMG_5152.JPG
ホワイエにはリーディングされる台本が置かれています。

IMG_5156.JPG
企画したマスが私と『4』のことを説明。

IMG_5161.JPG
挨拶。通訳はペーターゼン容子さん。

IMG_5163.JPG
快調。俳優達の力量は素晴らしい。

IMG_5164.JPG
客席の反応よく、終わると喝采。
私も舞台に上げられるが、そのショットは撮れず。
そういうわけで続きは次回。
今日はこれからロンドンへ。
昨夜、ベティ・ナンセン劇場で『ハムレット』を見た。ホテルから徒歩10分ほどの500人収容の劇場。
女優ひとり芝居という情報は間違いで、確かにハムレットは女優が演じるが、色々でている。オフィーリアは歌う。その歌声がいい。歌、うまいなあとぼんやり2時間見る。まあよかったですよ。なんちゅうことはないけれど。

IMG_5145.JPG
劇場帰りのキングスロード。

今これを書いているのは一夜明けた朝で快晴、暑い。
今日本番。
背中の乾燥肌、クリーム塗ろうにも硬い体で届かず。ごわごわ。
ここでいきなり『ニッポン・ウォーズ』のわけは手前味噌ながらティーファクトリー日乗の記事を読んで色々思い出したからだ。コペンハーゲンの食堂のテラスで思い出しているという不思議さよ。
あの時期はホント大人どもに騙されたよ。狡い大人どもに。
昼間ベタな観光。埠頭の人魚姫見に行く。ちょっと離れたところなので電車に乗るのに切符の買い方がわからずに溜息ついてると駅員がすぐに助けてくれる。着いた駅から歩くのにまた方向音痴の面目躍如をさんざっぱらやって、やっとたどり着く。

IMG_5132.JPG

どうです?ベタでしょ。
夜は田中壮太郎君に聞いた和食レストランを検索したところ、なんとホテルから徒歩5分の近さなので、向かい、壮太郎の名前を出すとそれはそれは歓待してくれたのだった。ワイン飲み過ぎた。

そして今日は最終稽古。最後の最後まで翻訳チェック。

IMG_5137.JPG

これは劇場のある区域。かつての精肉工場がギャラリー、カフェ、劇場などになっている。

IMG_5139.JPG

これが入り口。

IMG_5140.JPG

仕込んどる。

IMG_5141.JPG

客席。

あとは本番。今夜は女優ひとりの『ハムレット』というのを見に行く。また壁で見えない芝居じゃないだろうな。

稽古、二日目。なんとか最後までやり終える。

IMG_5128.JPG

トンボが好きなホテルから稽古場まで徒歩10分。

IMG_5126.JPG

稽古場、文化の家。

IMG_5127.JPG

こんな感じ。俳優を交えての翻訳のブラッシュアップもあり、ジェスランとの翻訳ワークショップの経験が活きる。
劇場のマネージャーであるターニャに大衆食堂の香りのするレストランに連れて行ってもらった。雰囲気から期待した豚肉料理は期待通りであった。そこで北欧を中心に戯曲の売込みのエージェント手掛けているという方と落ち合い、SH劇場へ向かう。そこはかつて精肉業の工場でレンガ造りの建物が並び、その一部が劇場になっている。
今見終えたばかりの『We are the world』はとんでもないもので、上演時間が2時間か3時間だとアナウンスされている。つまり即興であり、いつ帰ってもいいとターニャから説明される。舞台の前面に壁があって何も見えない。見えないまま劇が続く。壁の向こうからセリフが聞こえ、壁は消える気配はまるでない。上手の部分が20センチほど開いている。50分ほどして席を立つ人が数名ある。私も程なく立ち、帰り際に20センチの隙間から舞台を覗く。舞台では男優、女優が下半身を丸出しにしている。私に続いて続々と覗きに来る。やがて舞台に上がってしまう者も現れる。なるほど、つまりこうしたことが狙いであるわけだ。舞台上では下半身を丸出しにした俳優達が上がってきた観客に何やら話しかけている。私は客いじりされるのが大嫌いなので上がらずに帰った。
こういう舞台であった。
普通思いついてもやらないような事をやっているというわけだ。

ホテルのテレビでは専らアルジャジーラを見ている。