公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
元第三エロチカの劇団員だった野並哲郎が奥さんとともに現れる。真っ当に生きてるようで実にうれしい。
長久手の皆々様、佃くん、ありがとう!
味噌カツ弁当つまみながら。

さて今日はベイスターズがジャイアンツを完膚なきまでに叩きのめす様を見よう。
『ダウントン・アビー』は最終回だし、火曜日はW杯予選対オーストラリアだし、色々忙しい。
『シン ゴジラ』をまだ見れていない。
無事幕が開き、無事終わりました。京都と違ってプロセニアムの空間で、これはこれで全体の構図が鮮明に見え、私としては新鮮だった。久しぶりの愛知県公演、またやりたいものです。今度は少し名古屋グルメを摂れる時間を持って。さて、いよいよ 来週は最後の地、神奈川、横浜です。
大千秋楽が待っている!
京都で授業やって名古屋駅から長久手入り。仕込み完了。久しぶりの愛知県。いろいろグルメりたいところが…
昨夜日本勝ったものの、指揮官への不信は払拭できず。
今夜は早めに風呂を浴び、日本対イラク戦に備える。小夏、愛、睦も万全の備えである。
シェイクスピアの史劇、薔薇戦争の周辺を読み続ける日々。
愛する三猫に日常が戻る。
両日満席、盛況で幕が下りました。旧知の皆さんとの再会もあり、なんだか人生いろいろの感慨ありの京都公演だった。
無事幕が開きました。翻訳の松岡和子さんに来ていただき、アフタートーク。中日打ち上げ。
昨夜は久しぶりの神馬で土瓶蒸しなど贅沢した。今日は授業後、学生見学入りで場当たり。勉強なったろう。
そして通し稽古。
今は河原町三条のよしみで一杯。
昨日の東京スポーツ掲載、高橋三千綱氏の連載エッセイには泣かされた。愛犬のブルドック、氷見子の死を悼み、哀しむ。
とても他人事と思えない。うちの三猫は元気だけれど。
新幹線で読んで胸を打たれた。
舞台監督・小笠原幹夫指揮のもと着々と進んでおります。