公演情報
■ティーファクトリー
『4』
川村毅2012作・初演出
平成24年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、第16回鶴屋南北戯曲賞受賞作品
tf_4_a4-omote_200228.jpg 
【公演日】
2020/5/29(金)〜6/7(日)
【会場】
シアタートラム(三軒茶屋)
【作・演出】川村 毅
【出演】
今井朋彦
加藤虎ノ介
川口 覚
池岡亮介
小林 隆
http://www.tfactory.jp/
・京都芸術劇場 春秋座
2020/6/13(土)〜14(日)
CD/DVD/BOOK情報
クリシェ書籍表紙.jpg
1,200円(税別)
――――――
2,200円(税込)
ーーーーーーー
¥2,200(税別)
ーーーーーーー
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
だが、あえて申せば台詞をもっと速射砲のごとくのスピードでしゃべってもよかった。そうしたほうが、この戯曲はわかるのである。リーディングの極意とは演技しないことだ。だからリーディングにおいては、稽古は極力やらないほうがいい。つまり技量のある俳優でなければリーディングとはそもそも成立しない。
ジョン・ジェスランの『ピロクテーテス』のリーディングが昨日六本木で行われた。
2005年に故観世英夫氏、長谷川博己氏、久保酎吉氏によってやられたものだ。
今回は笠木誠、真那古恵二、中村崇の三氏が演じる。
ご存じの通り酷暑、猛暑であり、会場に行く折り地下鉄構内で、熱中症のような症状、体が熱く、頭がくらくらするといった事態になり、かなりやばいと思いつつ、どうにかたどりついた。
途中でらーめんを食べたのがいけなかったのかも知れない。つけ麺を考えていたのが、入ったその店ではなかったのである。

舞台はよかった。三人がよかった。以前は理解できなかった戯曲部分が今回のリーディングでかなり明解になった。

ところで『黒い報告書3』がすでに放映されたが、わたしはまだ完ぺきには見れてないのである。
じっくりDVDで観賞しようと思っている。
実は『黒い報告書』は私のお祝い会でも、私の場面だけを編集し直した映像を会場で流したのだが、プロデューサーヒラノ氏の、合間に入れるコメントがまた絶妙で場内大うけであった。
酷暑、頭クラクラさせつつ書いている。書いております。
三猫もぐったりよ。
ところでネコエコバッグ、まだまだよろしく。
お問い合わせはティーファクトリーへ。
ところで会の報告がなぜこんなに遅れたかというと、わたくし只今執筆荒野にてとぼとぼ歩いているからなのです。失礼いたしました。今声を掛けられてもぼんやりしていると思います。よろしく。
先週、日本出版クラブで私の「南北賞、芸術選奨を祝う会」を友人知人に開いてもらった。たくさんの方々来ていただき、ありがとうございました。
佐伯一麦、島田雅彦、富岡幸一郎、渋谷和宏、小林勝也、宇野亜喜良、各氏のスピーチはどれも身に染みた。楽しい一夜だった。みんな元気だ。
DSC_0225.jpgDSC_0488.jpg
書き忘れた。今日は愛と睦のお誕生日、六歳。
待っててね。早く帰るからね。
無事終了。昨日のゲネ後、最後の天使の背景に地中海の海の映像を足した。この不意の要求に、今回がたがたあって急遽東京から呼んだ今西君は平然と対応した。学生スタッフだけだったらはなから諦めていただろう。
今日その海の映像が入ったラストシーンを見ていてパゾリーニが殺害されたのは浜辺だと気がついた。

これでパゾリーニ戯曲連続上演企画の本当の終わり。清々しい気分だ。
『ピュラデス』のリーディング京都公演が明日、明後日、上演される。
東京、大阪、京都の俳優たちと学生という混成のキャスティングで東京でのリーディングとは雰囲気の違う仕上がりとなった。仕上がりといってもまだこれから小屋入りだが。
これが本当にパゾリーニ戯曲連続上演企画の最後である。
京都、今日は雨で涼しいが、明日明後日は晴れで暑いらしい。京都の暑さである。
これでパゾリーニとの旅が終わるのである。

ところで、今週福島の動物救援隊 にゃんだーガードにおもむき、ボランティア活動に参加してきました。
詳細はみっちり後日当ブログでやります。
ネコエコバッグの収益はこの団体に寄付するつもりです。
このテレビドラマ面白いねえ。長谷川博己あってるねえ。
NHKスペシャルのこのシリーズはグリコ・森永事件、オウム真理教と続き、昨日は尼ヶ崎死体遺棄事件を扱っていた。この事件の再現シーンは実に恐ろしかった。親族、親戚間の事件は本当に恐ろしい。血の繋がりは逃れられないから恐ろしく、他人事とも思えないところがある。
さらにこのシリーズの醍醐味は事件を未然に止めることの出来なかった日本の警察機構の不便と無能さに容赦がないところだ。