公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
今日で年内の日芸の劇作授業は終わり。
で、セゾン文化財団の懇親会、銀座へ。
この会に出るのは五年ぶりだろうか。堤清二氏の顔を見るのも久しぶり。
きたまりもいた。
ペーター・ゲスナーとも、宮城聡とも久しぶり。宮城さんには、あなたは本当に我慢強い人だと労を労った。タニノ氏とも会った。私にとっては安藤玉恵の旦那という言い方のほうが近い。
高山明氏と初めて会う。いろいろ話す。

さて仕分けに舞台芸術はどうした論戦を張るか。
劇作家協会新人賞の公開審査で座・高円寺へ。
終わって授賞式、忘年会出てヘロヘロや。
京都のみんな、打ち上げ出られなくてゴメンね。おにーちゃんいろいろあるんや。堪忍やで。
渡辺えりと久しぶりによくしゃべった。
千秋楽、無事終了。みんなよくやりました。戯曲に書かれた仕掛け全部やっちゃった。なんかラストの玉出てきたところとか涙出てきちゃった。来年の第五巻に向かって、いよいよ新宿八犬伝シリーズの開始といった気分だ。
キリシマを演じた馬場君のお父さんは初演を見ているということだ。さらに初演でルドルフを演じた香取早月も見に来ていた。うれしさと同時に何やら時というものの恐ろしさを感じる。
春秋座に「騒乱情痴遊戯性愛」の八個の玉が輝く。ゲネなんとか終了。
6時開演!
いよいよ春秋座での『新宿八犬伝』が明日開幕だ。
昨日、通しを見たのだが、良くなっているので驚いた。
一体なにがあったというのだろうか。
底力のようなものを感じた。あとはインフル感染者が出ないよう願うのみだ。いやいやこれから場当たりだが、なにが起こるかわからないのが舞台だから気を引き締めなければ、ね。
唐さんには悪いけど、近畿大の『腰巻お仙』はちょっとがっかりだったなあ。なんで興奮して電話してきたんだろなあ。
なんかここ数日学生が演じる舞台ばっか見続けていていやんなってきた。
そうは言ってられない、いよいよ『新宿八犬伝』が金曜日に開いちゃうよお。

昼間ずっと原稿書いてて、日が落ちてファスビンダーの映画とか見るとどっと気分が暗くなるなあ。それにファスビンダーのって監督が監督だから男の裸ばっか出てきて全然楽しくない。

で、キャプラの『毒薬と老嬢』とか見直したんだけど、最初見た時よりおもしろくねえなあ。こんなにおもしろくなかったかってぐらいおもしろくなかったなあ。
コメディって二回目はつまんないってこと多々あるなあ。
スタージェスの『サリヴァンの旅』とかも今はなき扇町スクエアで見た最初の時なんざ、えらく感動したんだが、見直したらどうってことなかった。困ったもんだ。

で、京都の木ノ下歌舞伎、池袋で見たけど、まあまあだったな。
その後、アリスのベリーダンス見に行って、お腹ぷるぷるとか堪能しましたよ。
先週、京都のホテルで深夜、不意に火災警報が鳴り、火元が私の部屋の階というアナウンスで、ノーパンで廊下に飛び出したところ、すぐに風呂場の湯気が反応したと知らされた。やれやれだ。
その翌日の八犬伝の稽古ときたら、山のてっぺんの能楽の稽古場・楽心荘で寒くて仕方なかった。

それで横浜の母のところに顔を出したりもしたのだが、頭にくることおびただしいことばかりである。まともに話を聞いてはならないとはわかっているのだが、ほんっと頭にくることばかりを言う。わが母ながら情けない。認知症だから仕方ないのだが。

そういうわけで亀田・内藤戦はつまらない。昔のボクシング・ファンである私からすると、どちらもチャラ過ぎだ。

と寒がっていると、唐十郎氏より直筆のファックスが届く。
「毅、唐じゃ。よろしゅうな」
池袋で上演される近畿大の『腰巻お仙・義理人情いろはにほへと篇』観劇のお誘いである。どうやら、おもしろく仕上がったご様子である。
へい、わかりやした、旦那。
ってここで返信しても仕方ないんだが。
予習で大昔買った「特権的肉体論」収録の『腰巻お仙』を読んだのだが、堕胎児が登場するシークエンスなど傑作ですね。
「アルゴス坂の白い家」は、学生スタッフ、キャストが思いの外よくやってなかなかの出来になったと思う。
それに中講堂の最終授業総合実習を頼まれたわけだが、この古い中講堂、雰囲気もので私好みだったな。
あと卒生の舞台とさよなら特別公演があって二月には取り壊しということだ。なかなかの亡霊が棲みついている劇場でしたよ。
とにかく、みんな、お疲れさんでした!楽しかったよ!

千秋楽後、感慨に耽るおれ。

中講堂・おれ.jpg

千秋楽後、中講堂の階段下でのみんなとおれ。

中講堂・みんな.jpg
毎年この時期に特別講師として呼ばれる劇作家協会の劇作セミナーでいろいろしゃべった。
この手のものは、私詳しく話す内容を準備しないで、トピックをひとつふたつ携えて、あとは会場の雰囲気、受講者の顔などを見つつの、でたとこ勝負なんですわ。
よくこういうのであらかじめ書いてきた原稿を棒読みする人っているでしょ。あれってどうかと思うんだよねえ。
で、私はでたとこなわけ。
だから二時間しゃべられるかどうか、けっこういつも不安でもあるわけ。
でもその不安がいいわけ。
で、結局ほぼ二時間しゃべった。しゃべっているうちに自分でも、そうだ、そういうことだったって発見もあるわけ。
そういうわけで、けっこう楽しかった。
今日は今日で京都だが、日々日が落ちると猛烈な睡魔に襲われる。

それにしても母は同じながら愛と睦の性格の違いといったらどうだろう。
外見、体格も違うし。睦は相武ちゃん、愛は柳原可奈子ってところかね。
千秋楽の幕が降りた。
無事終えられてよかった。来てくれた友人、知人の皆さん、ありがとうございました。
日曜日は死んでた。