公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
南大門市場を散策し、ホットトックなどを立ち食いし、ホットドッグじゃないんだよ、トックだよ、梨泰院の路地を歩き、明洞でうどん食べ、足マッサージにかかる。地下鉄にも慣れた。プラットホームに伊沢とそっくりの男がいて、しかも私を見てニコニコしてるので、ついに「伊沢あー、おまえここで何してんだよー」と声掛けると相手は怪訝な顔をする。やはり伊沢ではなかった。
それにしても地下鉄車内では遠くに立っている老人を呼んで席を譲る若者などもいて、いい街だなあ。
調子に乗って手ぶらで劇場に向かったところ、道はうろ覚えながら歩けばわかるとたかをくくっていた劇場がなかなか現れない。時計を見ると、マキノノゾミ氏の『東京原子核クラブ』のリーディングがすでに始まっている。焦って通りすがりの女子二人組に聞いたのだが、とにかくこちらは劇場の名前も知らないというか覚えようとしていなかったからお話にならない。それでもしばしこの女子たちは劇場探しに付き合ってくれた。
制作の太田さんに電話すれどもリーディングが始まっているので留守番でつながらず、二時間あちらこちら。交番の警官もわからない。なんか分かりにくい場所なのだ。結局たどり着かずホテルに戻る。
トホホだ。まったくのトホホだ。いやになるほどのトホホだ。たまに思い出したかのようにこうしたことをやる。
ご注意遊ばせ。
マキノさん、ごめんなさい。
昨日4時にキンポ空港着いて7時半から『新宿八犬伝・第一巻犬の誕生』のリーディング始まる。劇場満席。堂々二時間強全編が演じられる。もちろん韓国語。客席反応すこぶる良く、随所に笑い。私も笑った。特に焼き物バイキングの歌はプルコギバイキングと訳され、独自の節回しで歌われていて笑った。
奥方とバギナをやった女優が良く、また演出は戯曲の文体を確実に理解していた。
終演後、演出家と共にアフタートーク。ここいらのことはまた詳しく後程書く。とにかく打ち上げはもちろんプルコギでマッコリあおり、舞台の装置として掲げられていた、巨大なペニスが描かれた布を記念にと俳優たちからいただいた。
しかし気温は零下七度あたりであり、今日など零下14度という話もあり、街歩きもさてどうしたものかと思案中。
いやあ昨日今日は暖かくて助かるねえ。いろいろ一気に仕事片付けたよ。で明日からソウル。私、韓国って初めて。なんか太りそうな予感。
『大市民』、決定稿を上げ、印刷所に入れる。

新年会の連続で疲れた。
渋谷と神楽坂で飲み、今年の抱負を語り合う。

浅川マキ死去の報。この歌手を知ったのは中学生の時。全共闘世代の、当時新任の担任教員のアパートで聞き、ファンになった。文芸座ル・ピリエのライヴにも行ったものだ。山下洋輔作曲の『都会に雨が降るころ』を『ワニの涙』で使ったばかりだ。
今夜はひとつ冥福を祈ってウイスキーで聴こう。
小林投手といい、シブイ人たちが亡くなる冬だな。
いよいよ『大市民』の前売り開始が近くなっていた。

ところでこれまでスタッフとしていろいろ参加していた波多野君が私の印刷されていない初期戯曲を肉筆原稿からデータ化してくれている。
『世紀末ラブ』、『爆弾横丁の人々』、『チャイルド・オンリー』、『世紀末ラブー西暦2008年のロミー・シュナイダー』、『新・爆弾横丁の人々』の五本である。
正確にいうと『新・爆弾横丁の人々』は岸田戯曲賞を取った直後「新劇」誌に掲載されたのだが、その「新劇」を劇団事務所から持っていった劇団員がいて返却されないままだ。

そういうわけで二十代で書いた自分の戯曲をちらちら見たりしている。よくもまあこういうものを書いたものだ。

で、遅ればせながらマイケル・ジャクソンの『This is it』を見た。ビリー・ジーンがよかったよ。この歌が一番好きだ。
新春のカミングアウト。
デーブ・スペクターが好きだ。
ケーシー高峰が好きだ。
土曜午後のTBSラジオの「宮川まさるのパカパカ行進曲」が好きだ。
やっと今年の仕事納まった。
新宿で人と打ち合わせあり。その後久米さんに初稿を渡し、なんやかんやしゃべる。
そして阿佐ヶ谷のtpt『キレイじゃなきゃいけないワケ』を見る。ニール・ラビュートのこの戯曲、弾けたものと予想していたら、思いの外正統で劇作コースの一年生に手本にさせたいような保守であった。
いやはや、やはり米英の戯曲は保守だねえ。ドイツ戯曲のぶっ飛び方が逆に際立つな。
日本の現代戯曲はそれらとさらに古典の生理、手法までを咀嚼せんとする雑食動物なわけですな。
ま、少なくとも、私はね。
とにかく『大市民』の執筆。こりゃ二十代に書いてたスタイルに似たドタバタ・ラディカル・コメディになりそうでっせ。
「喜劇は批判精神だ」という観世栄夫さんの、かつての言葉が身に染み渡る。『黒いぬ』ご出演の折り、いただいた言葉である。
今日は暖かくて助かる。いよいよ五十代に突入。よくぞ生きた、書いた。ま、でもさしたる感慨もない。執筆を続けます。
とにかく人のこと60だ五十の半ばだと言ってる人々、おれ今日から五十だからね。
大掃除も忘年会もクリスマスもなし。とにかく『大市民』の執筆!