公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
停電事故を今初めて知る。普段だったら確実に帰京にぶつかる時間帯の事故だ。今週は明日まで公演があるから日がずれて助かった。ああ、おそろし。
無事幕が開く。この学年らしい生真面目な出来。
夜、神馬で飲む。なんか本当に今年は八犬伝シーズンだなあ。実は『大市民』も八犬伝チックなんだよね。
二回生の『新宿八犬伝・第二巻ベルリンの秋』のリーディング公演が今週末だ。
幕間と二幕でおよそ一時間。この学年は至極まじめで、しっかりとした仕上りになった。出てますよ、エネルギー。ソウルに負けるな。

で、昨夜はおみやげのキムチ持って例の木屋町のバーいったら、ちょうどキムチのことしゃべってる最中だったということで、他のお客さんたちと早速食べ、おいしいおいしいと喜ばれてよかったな。
で、けっこうぐびぐびウイスキー飲んだ。
いやあ、やっぱり京都、いいねえ。よく君は大阪向きなんじゃないかって言われるが、そうでもないと思う。一筋縄でいかない京都のほうが、へそ曲り傾向のある私には向いているかも知れない。
そういうわけで、ソウルの寒さを体感した身にとっては、京都の寒さは屁でもねえ。
スタッフ打ち合わせとか編集会議とかなんやかんや。『大市民』の久米さん、ここへきて次々と曲を上げてくる。
今週末は京都二回生『新宿八犬伝・第二巻』のリーディング公演。移動の人生。
アシアナ航空いいわ。サービスいいし、機内清潔で、トイレが広いし、機内食美味しいし、美人度高いし。ここ数年のなかでベストかも知れない。ワーストはスイス航空。
昨夜は最終日、全体の打ち上げが行われた。豚の焼き肉だ。ここでは豚肉が一番高く、高級だそうだ。韓国の唐十郎、別役実もいらして盛大な宴会であった。私の正面ぬ韓国の別役さんがいて、自殺と売春について話した。
冷麺が出た。東京で出るものとは違い、美味しい。冷麺がうまいと思ったことはこれまでなかった。
その旨を話すと、韓国の別役さんは日本のラーメンのほうがうまいと言う。氏は日本に来ると三食ラーメンで過ごし、そんなに好きならラーメンと結婚しろと呆れられると言う。
さらに今回の演出家たちもテーブルにやってきてわいわいの途中お開き。
韓国の唐十郎氏の演出する清水さんの『楽屋』が近くで上演中というので向かう。
これが速いテンポの、一切叙情を廃したラテン楽屋で面白かった。
小顔マッサージのせいで、誰も私と気がつかない。
なぜか韓国語で道を尋ねられる。
なぜ私が劇場にたどり着かなかったと言えば、初日に歩いたルートが、案内の木村さんが現地の人にしかわからない、いわゆる猫道を使ったからなのだ。
猫道。いい言葉だ。
うちの猫ちゃん、元気にしているだろうか。してるって。
岡田利規氏が現れて、こちらが今日は比較的暖かいと言うと、驚いていた。我々も着いた初日が一番寒く、要するに体が慣れてきたのだろう。しかも室内は床暖房などで東京のうちより暖かい。
で、汗蒸幕っちゅう韓国サウナ行ってびっしびし汗かいてアカスリやって小顔マッサージとかやった。小顔になった。
そして出てサムゲタン。美味しかった。
で、夜は岡田さんの『三月の五日間』のリーディング。ミラノに続いてこの戯曲のリーディングを見るのは二度目だが、やはりどこでも渋谷の若者ふうの衣装とか渋谷の街の映像を使うねえ。
まあ紹介だからいいか。私から見ると、それが退屈で、渋谷を表象の対象としてとらえずとも考えるが、となると大変か、そのように演出するには年月が必要か。
マキノさんとラーメン食べて帰る。この人はこの人でとうに締め切りの過ぎた仕事を持ち込み、部屋に引きこもり状態で辛そうだ。
今朝は予想通り、「昨日どしたの?」と会う人ごとに聞かれ、何度も説明。今日は誰かに連れて行ってもらうことにする。