公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
昨日は松本入り。アンサンブルの稽古つけて、夜は馬肉料理お一人様で。
今日は松本から京都入り。昨日はやや寒くて気分がややローだったが、今日は気持ちのいい晴れで助かる。合間を見て小説の直し。
幕が開いた。まずは横浜、無事開いた。拍手なりやまず、ダブルコールとなった。いろいろな人と会い、いろいろな思いは今ここでは書ききれない。
昨日、稽古終了。本日より横浜小屋入り。
未来社の高橋君が稽古場に『新宿八犬伝・完本』の見本を持って来てくれる。遂に完成したのである。嬉しい夜である。
稽古場では今日まことにいろいろあり、もし稽古のプロセスをドキュメンタリーとして追っていたとしたら、日々素材に事欠かないってな感じだ。
ま、濃い稽古をやっている。
完本は今月下旬に発売される。
なんか、ボリューム相当な芝居なので、やること多くて、私泡食ってるけど、全然平気。こういう忙しい時にかぎって小難しい本を読みたくなるのはなぜだろう。
秋ね。
いやあ、さすが演劇の稽古、すでにいろいろ起こるわ。何が起こったって?
いわにゃい。
早稲田大学坪内博士記念演劇博物館で、第三エロチカ展、開催されています。10月にはさらにかつてのセットなどが展示され、拡大します。10月5日には、唐十郎氏、島田雅彦氏とのシンポジウムもあります。
さあ、行こう、早稲田へ!
明日より早稲田の演劇博物館で「第三エロチカの時代」展が始まる。稽古前に覗いてみようと思っている。稽古は早くも佳境。びっちし。
いやあ、暑い8月に芝居の稽古なんざやるもんじゃないとか言って、ごくろーさんなんて涼しい顔してたら、9月もしっかり暑いや。こりゃ体力を過信せずに、だましだまし行くっかないな。

とりあえず戯曲出版のためのゲラは校了をみた。いいよねえ、本作りって。
稽古場の行き帰りの電車で、トーマス・ベルンハルトの『ヘルデンプラッツ』を読むが、いやはや凄い戯曲だな、これは。
気合いが入るな。