公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
それにしても昨日のJRの事故、乗客のみなさん、埼京線に二時間閉じ込められてたっていうが、俺だったら冗談じゃねーな。窓こじあけて降りるかも。日本人我慢強すぎねーか。
そういうわけで無事終わった。昨日は一日中死んでおりました。
あーあ、でもほんっと千秋楽見られずに、ひとり京都へ。さみしいー!猫ちゃんたちとも離ればなれ。こんなにさみしいこたーない。こーゆー人なんだよ、俺って、悪いか。
ソワレはいろんな方が偶然ながら来られた。唐さん、渡辺えりさん、門井さん、手塚さんと壮観ざんしょ。で、私今新幹線よ。明日の京都の卒業式に出席するためなの。なんか寂しくて涙出てきそうよ。連休中ののぞみ号最終、混んでまっせ。
ところで今日のマチネ上演後、某氏にこの劇の方法論について質問されたけど、難しいことはないのよ、本当に私音楽劇やりたかったのよ。歌、踊りって大好きだし。
劇中の八人の女子たちは猫カフェの猫たちなんすけど。気づかない方もいるみたいなんで、悪しからず。
順調に進んでます。おとついは渋谷や川西たちとずいぶん飲んだ。さいごは闇太郎。
で、昨日はオーストラリアからフィアンセを連れてきたラッセルと晩御飯。この人はアデレードで『ロスト・バビロン』を演出した人。
出演者大勢で大変でしょうとか言われるけど、大変でもないっすよ。みんなあたまいいし、劇団時代とか比べると全然やりやすいっす。
昨日はウイスキーを飲みすぎた。
ところで今回のテーマ曲の振り付け誰とよく聞かれるんだけど、実はボクなんだよね。みんなびっくりするんだけど、本格的な振り付けデビューってわけね、今回。って本格的かどうかはわかんにゃいけど。いろんな方たち、見に来ていただいてうれしーっす。それにしても今日はくたびれたな。飲みすぎだな。
幕が開いた。無事開いた。子供らと焼き肉食った。たるたるホルモンってとこ。ここも若者向きだな。ま、この面子には会ってるわけだが。劇場近くの立ち飲みもいまいち若者向きで居心地悪いってわけでもないのだが、ちょいと違うんだな。
帰ると猫たちが、遅いぞてめーと騒いでいた。
さあて、みなさん、大市民を見て大市民のテーマ、なんじゃこりゃソングとかを口ずさみ、大市民になろう!
大市民を見ればあなたはもうれっきとした大市民!
おもしれーぞ、おめー。

で、今日は稽古後、五日市街道沿いの飲み屋闇太郎デビュー。いい!大人の飲み屋!いい!
いきなりだが、パイプに懲り始めた。葉巻とはまた感触が違ってなかなかによい。
で、夜中煙を燻らせているといろいろアイデアが浮かんでくる。
『大市民』、濃いエンターテイメントですぜ。