公演情報
■ティーファクトリー
『4』
川村毅2012作・初演出
平成24年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、第16回鶴屋南北戯曲賞受賞作品
tf_4_a4-omote_200228.jpg 
【公演日】
2020/5/29(金)〜6/7(日)
【会場】
シアタートラム(三軒茶屋)
【作・演出】川村 毅
【出演】
今井朋彦
加藤虎ノ介
川口 覚
池岡亮介
小林 隆
http://www.tfactory.jp/
・京都芸術劇場 春秋座
2020/6/13(土)〜14(日)
CD/DVD/BOOK情報
クリシェ書籍表紙.jpg
1,200円(税別)
――――――
2,200円(税込)
ーーーーーーー
¥2,200(税別)
ーーーーーーー
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
大人の仕込みである。
粛々と進むのである。
黙祷を終える。
忘れるものか。
順調に仕込んでいます。私は夜、三茶へ。終演後の戯曲の行商へ。今日はなかなか売れ行きが良かった。皆さん、ありがとうございます。
稽古終了。
順調であった。20代から70代というメンバー。
しかもそれぞれ濃いキャラクターにも関わらず、順調に進んだのは、麿さんのお人柄にも依ると思う。
とにかく気を引き締めて本番に向かおう。
ここにきてさらに仕掛けてくる者もあり、まさしく男騒ぎの劇である。
このブログを下にスクロールしてください。左側に出版されたばかりの戯曲本の情報が、掲載されております。
読んでから見るか。
見てから読むか。

10日にはロビーでサイン会やります。お名前書きます。
今日も購入していただいた方々、ありがとうございました。
午前中、銀座で打ち合わせ。その後、稽古場へ。
皆さん、いいですよ!

稽古後、三茶で『神なき国の騎士』を見る。後半の掛け合いが、ぐんっと良くなっている。野村萬斎氏と中村まこと氏の息がいよいよ合ってきた。初日も合ってたが、さらに繊細にパワーアップしている。
俳優たちは皆心の底から麿赤兒さんを尊敬している。
たいたいやってるよ。たいたい。
ヘイヘイやってるよ。ヘイヘイ。レオレオとの戦いもやってるよ。
昨日、幕が開いた。
稽古中は稽古に集中していたので、いたって普段通りだったのだが、稽古を終えて三茶に向かう井の頭線車中で初日の緊張感がじんわり訪れて歯が痛くなった。そして幕が開いた。麿さんも客席にいる。いろんな人が固唾を呑んで見守っている。いつもながらこの緊張感はたまらない。怖いが故の快感。

いい出来だった。
野村君、グッジョブだ。
ほっとした。自作のものだからこれ以上は述べまい。皆さん、劇場に足を運んで、どういう舞台か見てみてください。
俳優の皆さん、自信を持ってやってください。