公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
先週、京都のホテルで深夜、不意に火災警報が鳴り、火元が私の部屋の階というアナウンスで、ノーパンで廊下に飛び出したところ、すぐに風呂場の湯気が反応したと知らされた。やれやれだ。
その翌日の八犬伝の稽古ときたら、山のてっぺんの能楽の稽古場・楽心荘で寒くて仕方なかった。

それで横浜の母のところに顔を出したりもしたのだが、頭にくることおびただしいことばかりである。まともに話を聞いてはならないとはわかっているのだが、ほんっと頭にくることばかりを言う。わが母ながら情けない。認知症だから仕方ないのだが。

そういうわけで亀田・内藤戦はつまらない。昔のボクシング・ファンである私からすると、どちらもチャラ過ぎだ。

と寒がっていると、唐十郎氏より直筆のファックスが届く。
「毅、唐じゃ。よろしゅうな」
池袋で上演される近畿大の『腰巻お仙・義理人情いろはにほへと篇』観劇のお誘いである。どうやら、おもしろく仕上がったご様子である。
へい、わかりやした、旦那。
ってここで返信しても仕方ないんだが。
予習で大昔買った「特権的肉体論」収録の『腰巻お仙』を読んだのだが、堕胎児が登場するシークエンスなど傑作ですね。
「アルゴス坂の白い家」は、学生スタッフ、キャストが思いの外よくやってなかなかの出来になったと思う。
それに中講堂の最終授業総合実習を頼まれたわけだが、この古い中講堂、雰囲気もので私好みだったな。
あと卒生の舞台とさよなら特別公演があって二月には取り壊しということだ。なかなかの亡霊が棲みついている劇場でしたよ。
とにかく、みんな、お疲れさんでした!楽しかったよ!

千秋楽後、感慨に耽るおれ。

中講堂・おれ.jpg

千秋楽後、中講堂の階段下でのみんなとおれ。

中講堂・みんな.jpg
毎年この時期に特別講師として呼ばれる劇作家協会の劇作セミナーでいろいろしゃべった。
この手のものは、私詳しく話す内容を準備しないで、トピックをひとつふたつ携えて、あとは会場の雰囲気、受講者の顔などを見つつの、でたとこ勝負なんですわ。
よくこういうのであらかじめ書いてきた原稿を棒読みする人っているでしょ。あれってどうかと思うんだよねえ。
で、私はでたとこなわけ。
だから二時間しゃべられるかどうか、けっこういつも不安でもあるわけ。
でもその不安がいいわけ。
で、結局ほぼ二時間しゃべった。しゃべっているうちに自分でも、そうだ、そういうことだったって発見もあるわけ。
そういうわけで、けっこう楽しかった。
今日は今日で京都だが、日々日が落ちると猛烈な睡魔に襲われる。

それにしても母は同じながら愛と睦の性格の違いといったらどうだろう。
外見、体格も違うし。睦は相武ちゃん、愛は柳原可奈子ってところかね。
千秋楽の幕が降りた。
無事終えられてよかった。来てくれた友人、知人の皆さん、ありがとうございました。
日曜日は死んでた。
幕が開いた。初日なかなかいい出来だった。江古田の焼き鳥屋で酔っぱらった。
中講堂に一日中いる日々だけど、昨日はいろんなニュースがあったねえ。
私が聞いた一報は、市橋死去、森繁逮捕だった。
驚いた。
行きの新幹線ではなんか寒気がするし、胸がむかむかするしでやっばいなあと思ったが、着くとそれほど体調悪くも感じず、夜も神馬で酒が美味しく飲めた。この日の神馬では、斜め向かいの酔っぱらいから「陶芸やってる方でっか」と話しかけられる。
『新宿八犬伝』の稽古場には音響指導で原島さん登場。学生ら、そのこわもてに一気に緊張。しかも音響の学生が見事に遅刻。原島さん、バカヤローと机をひっくり返す、というのは嘘。
『大市民』の仮チラシが上がってきた。いいピンク色。出演者の名前を眺めつつ戯曲の構想を練るのである。目指すはラディカル・エンタテイメント、メタフィジカル・スラプスティック、ハッピー・アナーキーだ。
祝日返上で『アルゴス坂の白い家』の稽古。
いやはや順調な仕上がりを見せてますよ。みんな、なかなかやりますよ。冒頭のミュージカル音楽も学生が新たに作曲したものなのだが、これがまたなかなかおもしろいんすよ。
見に来てよ。
無料よ、無料。無料ってことはお金払わないで見られるってことよ。すばらしいっすよ、タダって。
でもちゃんと予約してね。
殺戮と自殺のこの時代、われわれはどう生き延びるかについての劇ですよ。

やっと湿疹も治まってきて、小夏、睦ぶ、愛も日々元気いっぱいっす。
やれやれ京都の『新宿八犬伝』もやっと出演者が揃い、まともな稽古が可能となった。一時は私がマーロウをやらなきゃならんのかという事態にもなったのであった。酒を飲むと湿疹が痒くなるので節酒の夜である。
疲れた体をだましだまし日々を送っている。とにかくちょいとほっとしております。