公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
本番日、四時間の稽古で、無事終了。出演者皆さん、若いので瞬発力あり、乗りきった。
終演後、高円寺の飲み屋で忘年会。出演者に『大市民』、『新宿八犬伝』のメンバーが加わり、やいのやいのと、やたら水っぽい酒を飲んだ。
今年の新人戯曲賞の審査員は選ばれなかったので、やらない。司会を要請されたが、わたくしのなかで、この審査会、実にマンネリ感漂っているので断る。まあ、劇作家協会も人手が足りないのに、いろいろ企画があって大変そうだ。
もうすぐ51歳である。東スポの記事で、横山やすしがアルコール肝硬変で亡くなったのが、この年と気づかされ、若くして死んだのだと認識する。晩年の酔っぱらいぶりを思うと、相当の酒量だったのだな。感慨無量。
来年の『豚小屋』のチラシデザインのことでマッチと打ち合わせ。
久しぶりに高田馬場の文流を使う。以前とスタッフは変わったが、味は変わらず。私の好物ラム肉のマスタード焼き、美味し。キノコのスパゲッティ、カツレツなども美味しく食し、最後はカルバドスでしめる。打ち合わせも快調で、満足マンゾーの夜であった。
年内、仕事納めはまだまだだ。今週末は座・高円寺で『ハルメリ』のリーディングをやる。チラシでは三本のリーディングが掲載されているが、私だけが、演出とクレジットされている。他の方々はコーディネートだ。なんだよ、こういうことなら、俺も最初からコーディネートにしといてくれよ、と言いたいところだが、時すでに遅し。下手なものはできない。
クリスマスは京都で二回生のリーディング『爆弾横丁の人々』だ。これで仕事納めになるはずなのだが。
千秋楽を迎えた。レベルの高い公演になった。昨日、一昨日と2日続けて、知人らと江古田のイスラエル料理店シャマイムで食事。昨日は次にずっと気になっていた江古田コンパでマティーニを引っかけ、打ち上げの飲み屋へ。終電で帰る。つまり泥酔は回避。
初日、いい出来だった。今日は昨日と違うキャストで幕が開く。
昨日は倉持裕さん、岡本健一さん、西田尚美さんと世田谷、現代能楽集チームが見に来てくれたのだ。
観劇後、この面々と江古田の焼き鳥屋で飲む。倉持君は、私の、台詞は一語一句たりとも変えないでくれという約束を守った演出家である。話はそのことに及び、書き下ろしの戯曲をテキレジとかいって自分がやりやすく改変する演出など、その時点で演出家として敗北であり、言語道断だという意見で一致する。
テキレジなんで古典にだけやるもんなんだよ!
朝7時起き。江古田で場当たりと一回通し。
課題あるも、みんなのがんばりあり、おもしろくなりそう。
明日初日。
午前中の朝バスは空いていて気持ちがいい。
昨日に引き続き山田宏一氏の本についてだが、巻末のラウール・クタールのインタビューが傑作だ。アンナ・カリーナも非常に賢い女優だというのが、インタビューから読み取れる。まあゴダールと丁々発止できた女なのだから、並大抵ではないのは当たり前と言えば当たり前だ。
さて今日は早稲田の演劇博物館に行って展示をチェックし、江古田に参ります。小屋入りしております。
疲労に鞭打って。
山田宏一氏の内蔵「ゴダール、わがアンナ・カリーナ時代」を読み終える。
最高に面白い。今や、このようにゴダールを書ける人は山田氏ぐらいしかいないのではないか。おおむねみんなJLDのご託に律儀にくそまじめに付き合ってるからねえ。もっとも私もまたこの偏執狂的JLDご託は好きなのだが、やっぱりゴダールは『はなればなれに』と『ウィークエンド』だな、私は。
日芸の稽古は順調に進んでいる。みんな、やる気まんまんだよ。
世田谷トラムも順調に千秋楽を迎えそうで、私としても嬉しい限りだ。いろいろな感想が出たようだから、私も言ってもいい頃だと思うから書くが、倉持君の演出はいい。だが、やはり「春独丸」には疑問がある。この母子の闘争を理解できてはいない。やはり若いのか、はたまた極めて健康な親子関係でいるせいで、この母と息子の、単純な母子物語の破壊を内蔵した構造を把握しきれなかったか。だが、総体的にはいい演出だった。ガンガン先に行くことを望んでやまない。
みんな、ありがとう!!