公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
無事終了。二回生のリーディング公演としては十分の出来だったと思う。
さて、すぐ東京。明日の仕事の準備。
2010122417520000.jpg
三回生が、稽古を見てくれというので、見ていたら、軍歌を歌う場面でハッピーバースデーが歌われ、一瞬なんじゃこりゃ、と思ううちに明かりがケサレ、ローソクのついたケーキがやってきて、見事なサプライズにひっかかった。まさにお見事であった。
プレゼントに猫グッズをもらった。なんとも幸せもんである。
三回生のみんな、ありがとね!!
二回生のリーディング公演の幕が開いた。わたくし、21歳時の戯曲。無差別殺人とテロリズムについてを描いたこの戯曲は、逆に今のほうが、リアリティーがあるのではないか。
このスピード感を体現した二回生たちを褒め称えたい。
京都、寒いおます。
そういうわけで、わたくしは冬至の朝に生まれたものだから、当初「川村とうじ」との命名案もあっらしい。これもこれでおもしろかったのに、と思う。
この金曜日土曜日は京都二回生のリーディング公演『爆弾横丁の人々』。
それにしてもあぶない横丁だ。
さて51歳である。先日は木屋町のバーの常連、呉服屋の旦那から輝ける五十代という言葉を聞いた。一番いろいろなことが可能になる年代ということだ。かくありたし。
ゆっくり三猫と過ごそうと計画していたのが、原宿を歩いている。もちろん仕事の打ち合わせだ。思いもよらない仕事が舞い込み、仕事納めはまだまだとなった。
この詳細はいずれ。今は書けん。すまん。
そして、夕刻早稲田の展示会に行く。これは第三エロチカの葬儀なのだが、展示を見るうち、死んだ自分が自分の展示会を歩いている気分に襲われる。ぼんやりと狭間にいるような…
刺激的な展覧会になっている。
さて、先に参りましょう。
押し入れを探っていたら、古いVHSテープを発見。再生された映像を見て、びっくり。第三エロチカの八十年代の舞台の録画である。故人である佐々木、深浦が絶叫しており、当時24歳のわたくしは金髪で歌っている。これをいつ、どこで公開するか、だ。
あえて、ひとつ確認しておきたいのは、犬たちは、革命を起こそうとして失敗したのではなく、革命は成就したのだ。その共和国が、すぐに壊滅させられるのだ。それがグローバル体制世界に真っ向から反対するものだから。
この間はセゾンの森下スタジオ、新稽古場御披露目兼忘年会パーティーに行って、倉持君や小野寺修二さんらと会話をする。パレスチナの演劇人も気になるなあ。リーディング行きたいところだが、時間があくかどうか。
今日は今日で京都。自由時間ができたので、出町柳の名曲喫茶柳月堂でたっぷりパゾリーニ研究。
来年5月、高円寺でパゾリーニの戯曲『豚小屋』を上演する。少年期わたくしはパゾリーニの映画から多大な影響を受けたのである。パゾリーニは五編の戯曲を書いているが、わたくしが数年前、世田谷のリーディングで上演した『オルジア』があるのみで、ほとんど紹介も上演もされていない。生前の戯曲上演は失敗の舞台が多かったらしく、そうしたことから日本では翻訳もされてないのだろうか。当分パゾリーニの古さと新しさとの格闘が続くだろう。
人から京都に長く滞在していたり、へたをすると住んでいると間違えられたりするのは、このブログのせいもあるのでは、とはたと気づいた。京都行きの新幹線とか京都のホテルとかで更新する機会が多いため、確かに京都生活が比重を占めているように読める。
わたくしは東京でしか生活ができない。ここにいなければ『新宿八犬伝』といったものも、生まれようもない。
当たり前のことながら、書き手にとって棲息の場所は重要だ。
学科長をやれと通告された折り、京都住まいも打診されたが、断固できないと主張した。糺すの森あたりに住んだとしても,わたくしは谷崎潤一郎になりようがない。地方の芸術監督もまず無理のようだ。死んでしまう。