公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
ソウル行きを決めたと連絡をいれると、早速現地記者からの書面インタビュー、アフタートークの打診など、色々大変なことになってきた。小劇場の公演なのだが、気合が入ってる。
来週、『4』のソウル公演があります。このことを人に話したところ、行って来なさい、観て来なさいとやたら盛り上げられ、遂に来週ソウルに行くことになりました。ぼんやりしてたら、そういう訳で、旅ですわ。2回目のソウル。最初は『新宿八犬伝・第一巻』のリーディング。
さて、今回は『4』。しかもリーディングではなく、本公演。どういう反応があるのだろうか。想像ができない。
日曜日、『ニッポン・ウォーズ』リーディングの一回目の集まり。色々な方が集まって面白い。
帰宅すると都議選の結果が出ている。自民大敗、大満足。
『4』のソウル公演の詳細。
お近くの方は是非。


恵化洞1番地 6期同人 企画招請公演 セウォル号2017

『4 four』
作:川村毅
翻訳:イ・ホンイ
演出:マ・ドゥヨン(ディレクターグ42)
出演:ペク・ウンチョル、ユン・サンファ、キム・ハラ、キム・セファン、マ・ドゥヨン

7月12日(水)〜7月16日(日)
開演:平日20時、土15時/19時、日15時
会場:演劇実験室 恵化洞1番地
チケット:1万5千ウォン

外国旅行というのはいかなくなるとめんどくさいが、一度行くと火がついて、また早くどっか行きてえなあとなる。
どっか行きてえなあ。でも観光で行く気はないのね。というか、これまで何十カ国行ったけど、観光で行ったのは新婚旅行のハワイだけよ。ざわざわ外国の演劇人と仕事するのは、簡単なことじゃないけど、面白いっすよ。
どっか行きてえなあ。
『4』がこの七月、ソウルで上演される。韓国人の演出家、俳優たちによる。大学路の小劇場でやるようだ。大学路というのは小劇場がいろいろある場所である。
セウォル号演劇祭というフェスティバルでやるということだ。沈没したあのセウォル号の名を冠したこの演劇祭は、このことを決して忘れずに、さらに被害者のやり場のない悲しみと加害者の罰則について考える契機にしようという意図からの命名だという。
つまり、限りなく『4』の描くことに肉薄した動機の演劇祭である。

ところで今国会運営にはがっくりだ。結局まだこういうゴミ政治、三流政治の国で私たちはあくせく生きているわけだ。がっくりだ。何も変わっていない。
さって今朝はチラシの撮影、午前中で六時起き。三猫、むしゃむしゃ食べて、ぼんやり。朝稽古の後の相撲取りである。
朝スタディオに向かう。なぜか中学生時代の朝練を思い出す。剣道部。一週間でやめたけど。
異国の街、異国での仕事は脳に刺激を与えてくれる。行く前は不安だったが、この街を好きになってしまった。

IMG_5176.JPG

こういう部屋。快適でした。

IMG_5175.JPG

ビュッフェ形式の朝食。有機栽培の野菜がうれしい。

IMG_5142.JPG

『ハムレット』上演のベティ・ナンセン劇場前。8時前の白夜。

IMG_5167.JPG

俳優諸氏と。みんなでかい。左からOを演じたラース。Fのベンジャミン。Uのカーステン。Rのニコラス。
ラース、カーステン、ベンジャミンは当地の有名俳優。ニコラスは新人。四人とも短期間のリハーサルだったが鋭く戯曲を理解した。

IMG_5169.JPG

スタッフ。左からマス。制作のカロリーン、ターニャ。そして芸術監督のロリケ。

IMG_5178.JPG

チェックアウト後、ホテルの中庭で。その日東京に向かうというターニャを待つ間一服中、佐々木君に撮ってもらう。
出国は実に楽でスムーズだった。出て行く分には厳しくする謂れはないわけだ。
マンチェスターのテロは、自国のテロ対策に自信があった英国民にとってかなりのショックだという。
共謀罪が成立したが、未だによくわからないところがある。私はなんでも反対の立場は取らないが、よくわからない。
日本だわ。湿度だわ。
機内で見た映画、『ラ・ラ・ランド』、『パセンジャー』、『淵に立つ』。
iPadで『百円の恋』、ケン・ローチの二本。
今スカイライナー。後ろの男たち、デンマーク人だかポーランド人だか興奮状態でうるさい。