公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
いやあ、さすが演劇の稽古、すでにいろいろ起こるわ。何が起こったって?
いわにゃい。
早稲田大学坪内博士記念演劇博物館で、第三エロチカ展、開催されています。10月にはさらにかつてのセットなどが展示され、拡大します。10月5日には、唐十郎氏、島田雅彦氏とのシンポジウムもあります。
さあ、行こう、早稲田へ!
明日より早稲田の演劇博物館で「第三エロチカの時代」展が始まる。稽古前に覗いてみようと思っている。稽古は早くも佳境。びっちし。
いやあ、暑い8月に芝居の稽古なんざやるもんじゃないとか言って、ごくろーさんなんて涼しい顔してたら、9月もしっかり暑いや。こりゃ体力を過信せずに、だましだまし行くっかないな。

とりあえず戯曲出版のためのゲラは校了をみた。いいよねえ、本作りって。
稽古場の行き帰りの電車で、トーマス・ベルンハルトの『ヘルデンプラッツ』を読むが、いやはや凄い戯曲だな、これは。
気合いが入るな。
今週はアンサンブルの稽古で、京都、横浜と飛ぶ。

合間に『キャタピラー』絡みで平岡正明の『若松プロ夜の三銃士』を読む。面白いので、マチャアキの昔のものもつらつら読む。
今でも面白いのは花田清輝と平岡正明か。
この四日間、びっちり六時間。普段の倍長い稽古時間。戯曲が普段の倍だから自然こうなる。みなさん、元気。
私は今日、稽古前に取材あり、いささかくたびれる。まえのめり、不思議な夏。
さて、いよいよ今日、本格的に稽古開始。
顔合わせでもあり、各プロダクションのマネージャーなども含めると、稽古場には、50名ほどの人が集まる予定。
暑く、熱い一日になりそうだ。
京都の80年代トーク。秋元康氏の登場!
ほとんど初対面で、正直どうなるのか、話合わなかったら黙ってよう、なんて思っていたのだが、秋元氏も東京出身で、少年期青年期過ごしていた時間、空間、見聞きしていたものが、ほぼ一緒と判明し、会話はスウィングしまくり、時間が足りないほどだった。私自身が実に面白い時間を過ごさせてもらった。
秋元さん、またどこぞでしゃべりましょう。
楽しいねえ、人との出会いは。
で、夜は夜で伊藤キム氏と大いに飲み、木屋町でふたりで沈没したのでした。
赤レンガ倉庫で五大路子さんの一人芝居『横浜ローザ』を見て、大いに心動かされてしまった。ハマッコならたいてい一度は目にしたことのある、伊勢佐木町の白塗りの老婆。私も高校生の頃まで見ていたのだが、彼女が売春婦で、通称メリーさんだと知ったのは、五大さんのこの芝居の情報からではなかろうか。今回初見なのだが、最後客席を歩く五大さんは、本当にかつて路上で見たメリーさんがのりうつっているかのようで、涙が出てしまった。
帰りの横浜の夜景を見つつ、喪失した昭和を想った。やがて現実のメリーさんはAIDSを恐れられて横浜から排除されるのだ。もちろん実際に感染していたわけではない。
五大さんには『新宿八犬伝』の横浜公演、テアトル・フォンテの公演に特別出演していただく。
それにしても、さすが早稲田小劇場出身の女優だ。下半身にしっかり芯がある。