公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
さあて、みなさん、大市民を見て大市民のテーマ、なんじゃこりゃソングとかを口ずさみ、大市民になろう!
大市民を見ればあなたはもうれっきとした大市民!
おもしれーぞ、おめー。

で、今日は稽古後、五日市街道沿いの飲み屋闇太郎デビュー。いい!大人の飲み屋!いい!
いきなりだが、パイプに懲り始めた。葉巻とはまた感触が違ってなかなかによい。
で、夜中煙を燻らせているといろいろアイデアが浮かんでくる。
『大市民』、濃いエンターテイメントですぜ。
吉祥寺はかつては新宿に似た埃っぽさがあった街だった。明治大学の学生だった頃、荻窪のアパートに住んでいたので和泉校舎に通うのに吉祥寺を経由していた。今通っている稽古場の近くに同級生が賄いつきの下宿していて、よく遊びに行った。吉祥寺イーストであるこの一帯は当時はピンサロやらが軒並み立ち並んでいてことさらに埃っぽかった。だからこの界隈が今一番昔の吉祥寺の佇まいが残っている。
確か公園口のほうだったと思うのだが、どでかいスピーカーが設えられたジャズ喫茶があって、二十歳代のわたくしはよくそこで戯曲を書いた。もちろん原稿用紙に手書きの時代だ。
そういうわけなので吉祥寺を歩いていると、戻ってきたという感覚がある。街並みは変わったが、この街の底は変わってはいない感じがして、歩いているだけで楽しい。
しやはや佳境だわ。
すごいもんだわ。
何がすごいって?わからないけれど。

稽古場吉祥寺で吉祥寺通いが日々うれしい。

で、稽古帰り、バウスでヘルツォークの『バッド・ルーテナント』をやってるのに気がついて飛び込んだ。
まあなんてことない映画だけど、ニコラス・ケイジが『リービング・ラスベガス』以来の得意の依存症演技、絶好調でやってておもしろかったっすよ。今回はアル中でなくてヤク中だけどね。ヘルツォークって動物登場させるのが好きね。ヴェンダースはインテリの臭みが最近鼻につくんで、ヘルツォークのなんでもなさが、私には逆に気持ちいいです。
『大市民』の上演時間、大人数なので三時間とかじゃないかと心配してる人いるみたいだけど、そんなことないですからね。一時間40分ほどですので、皆さん安心してみにきてちょーだいっ!
快調。なんかすごいことなも。
怒涛の演出やっとる。これほどの怒涛は久方ぶりだ。ティーファクトリーのHPの稽古場日誌も開いてちょーだい。私は冬場になると着るいつものセーターで演出しとる。もうずいぶん前にニューヨークで買ったもので、軽くて暖かいので稽古用にもってこいなんだよね。襟も袖も裾もぼろぼろなんだけど、動きやすくて手放せないのです。
ところでバンクーバー・オリンピックの開幕式を見ていたわけだが、もし自分が選手だったら、この長時間寒いところでオシッコじょろじょろ確実だろうから、パンパース薄型つけなきゃなあとか考えた。

アドモドバルってのは間違いでアルモドバルね。指摘してくれたクロード・メバル君、ありがとう!
私の戯曲『AOI』を上演したい旨がローマの劇団から届く。どうした劇団かはまだよくわからないが、実現されるとうれしい。

外は雪だ。最近小説というものをほんっと読まなくなってしまっが、何気なく手にして読み出した西村賢太の小説が面白く、はまってしまった。Amazonで慌てて購入したら同じ本が二冊送られてきた。私は何を慌てていたのだろう。
『大市民』の稽古が吉祥寺で始まった。
いやはや33名、しっかり揃ったよ。
歌稽古もあり、写真撮影あり、本読みありでたっぷりの初日だった。

で、次の日は法事。清澄白河駅からのお寺さんに実は川村家のもともとのお墓があるんだよね。私の父親は入ってはないが、ここには川村の骨壺が17個入ってるんだと。もしかしたら先祖に芸能者がいたかもしれないな。

で、次の日、つまり昨日また稽古。
ここには稽古のことは書かない。思うことはすべて稽古場で言おうと思う。それがいつもの私のやり方。