公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
土曜日は父の十七回忌。東京から横浜霊園までお坊さん呼んで、母親連れてきてで、なんやかんや12時間。くったくた。でも天気が良くてよかった。

日曜日は花園神社の唐組へ。一幕30分強の二幕と短いようだが、テント芝居、これぐらいが見るほうの集中力が途切れなくていい。
ここでもまた実にいろんな人と会う。
終演後、テントで飲む。
唐さん、元気じゃん。
金守珍が私の耳元で悪魔のささやきをする。
どこにもいってないすよ。っていうか、なんか疲れが出てヘロヘロですわ。
執筆は続けましたが。なんか結局わたくし、もの書いてるときが一番楽しいのかも。
それにしてもあと3日は休みたかったな。
昨夜は新宿のバーで、私のブログを読んでるというチョビ髭男に絡まれた。「ツイッターの批判してるが、あんたはブログで自分のことばかり書いてるだろがっ、同じ穴のムジナだ」というので、「うるせい、おれのはつぶやきではなく、語りなのだ」と反論すると、男は急に民主の仕分けを批判しはじめた。

明日京都よ。GWだってのに、よく働かせてくれるよ、この大学は。これは批判じゃないよ、感想よ。どうもありがとう!
って、つぶやいてるか、おれ?
演劇をめぐる状況がきびしいなか、博多の演劇への熱は驚くべきことで、うれしい限り。今必要なのは原初的なエネルギーであり、不景気は静かな劇と連動する。

ところで私はツイッターはやっておりません。これからもやる気はありません。ツイッターって、いい大人がどうかと思うね。そんなに自分のこと、語りたいのかね。
ワークショップ、終了。みなさん、よかったですよ。博多、好き。
JAL機で帰京。
いいねえ飛行機は。京都からより全然速い。
夜の羽田空港。
夜の空港の滑走路の風情が好きだ。羽田空港が特に好きなのは、モノレールから見える東京湾の風情がまたいいからなんだ。
昨日は中洲でさっそく能古うどんにめんたいご飯食べた。
夜、10月「新宿八犬伝」博多公演を視野に入れてのワークショップ。参加者20名。「東京トラウマ」をテキストにしての、この決して簡単とはいえないワークショップを、みなさん、おもしろくこなしてくれた。
今日の午後は二回目。参加者30人近くの予定。
なぎら健壱は、飲み屋の星だよ。
それにしても、私もう最近劇作どっぷり。
明日は博多でワークショップ。久しぶりの博多はうれしい。
舞台芸術センターじゃなくて舞台芸術研究センターだろっとセンターの土屋に怒られた。そうだよな、研究しないといかんよな。
で、辻仁成氏とのトーク、おもしろかったどすわ。これは10月の新作「新宿八犬伝・第五巻」に向けてのイベントなんだけど、辻さんには気をつかってもらっちゃったな。内容はここでは書かない。直接来た人の特権的体験よ。
次回は内田春菊さんを予定しております。

で、昨夜は吉祥寺のマンダラ2で、なぎら健壱ライヴを楽しんだ。会場で売られていた東スポワルツのCDも買ってしまった。

一晩でも留守にすると睦が甘える甘える。
明日は京都で辻仁成氏と対談する。公開対談である。辻君と会うのは十数年ぶりだ。詳細は京都造形芸術大学 舞台芸術センターで検索してね。
そういえばついこの間、吉祥寺の飲み屋で、わたくしのブログを読んでるというやつに声をかけられ、絡まれた。「あんた、中小企業社長型演出家、政治家型演出家でないなら、なんなんだよ」とか言うので、「はい、わたくしは猫型劇作家です」と答えたら不意にだまりこみ、ちくわ食って出ていった。フリーのAV男優とかぬかしてたてめー、もう俺に声かけんなよ。