公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
80年代の情報誌と言えば、ぴあとシティロードだった。当時は情報だけでなく、紙面には批評もあり、読み物としての雑誌の機能もあった。殊にシティロードは情報と同時に批評性を重視していて、けっこう読み応えがあった。若手の演劇人にとっては、朝日新聞の扇田昭彦氏とシティロード演劇担当の渡辺弘氏に注目され、紙面に取り上げられるのが、世に出る第一歩であった。第三エロチカは両人に取り上げられた。第三舞台とこみで書かれることが多かった。すでに周知のごとく両劇団はまったく違う。そこで現在、これだけ違うのだから、なぜ同列に上げられるのを拒否しなかったのか、などという若い研究者の言葉に遭遇したりするのだが、だから研究者、学者は嫌だ。どういうかたちであれ、記事にしてくれるというのを拒否する芝居屋がどこにいるのだろうか。裸になれと言われれば裸にだってなる。それが芝居屋だ。演劇の実験は嫌いではないが、おおむね実験野郎は気取った顔して、あたしくたちはアートですからみたいな顔してるのが多いから、あまりおつきあいしたくない。
たとえ実験であるにせよ、ごたごたゴミゴミしてるところでやっていたい。

シティロードはぴあの購買力に敗北して廃刊した。
ぴあはチケットぴあシステムの導入とともに拡大し、批評性を抑え、すべてを同列の情報として取り上げていった。
のように当初は見えたが、次第にそれは変わっていき、チケット収入の多い公演が紙面取りにおいて優遇されだし、しかも資本のある大手はばんばん大きい広告を組んで、すべてが一律の情報などではなくなった。しかし、これはこれで資本の拡張を目論んだ企業にとっては実に当たり前であってとりたてて批判されるべきではない。
ただ、今でも思い出すのは、静かな劇がブームになる頃のぴあの記事だ。
ぴあにしては珍しく演劇に関して大きく紙面を割き、いかに静かな劇が今求められている新しい演劇形態であるかを年表入りで特集した。そこでは80年代の軽やかな演劇、軽やかではないが騒々しい演劇(殊に第三エロチカ)は葬送されるべきものとして静かに主張されていた。
まさしく、情報誌というオブラートにくるまれた批評であった。無論無記名の記事であったが、書き手の悪意が手に取るようにわかるものだった。それが誰だかは未だに知らない。
要するに、拡大したぴあは、情報だけを載せるとカマトトぶりながら、けっこう静かな陰謀にも手を貸していたことを、私たちは忘れてはならない。
資本力というのは怖い。だが、それもまた永遠のものではない。
長谷川、ありがとな!
板で育った者、すなわち舞台出身の俳優は、底力があるだろうから、
今後さらに活躍するだろうし、願っております。
ところで、ハセヒロと呼び始めたのは、私だ。(と思う。どうでもいいけど)

『ブラック・スワン』見たが、こういうものとは想像してなかった。
ホラーじゃんか。おもろいが、最近わたくし、刃物ずぶずぶシーンが全然だめ
になので、途中何度も目閉じた。

それにしても、妙に醜くなったバーバラ・ハシー、すさんだウィノナ・ライダーを
そのままのキャラクターでキャスティングするこの監督の手法は、落ちぶれたミッキー・ロークに
おちぶれたレスラーを演じさせた『レスラー』ですでに確認済みなのだが、この残酷さは、
このようにして繰り返されるという偏執性によって、愛が感じられる。
こうした監督の要請に応える俳優達も立派だと思う。
東スポだけでなく日刊ゲンダイもよく読む。キヨスクの売店に出るのはゲンダイのほうがたいてい早い。
京都へいくときはゲンダイを買うのだが、今新幹線で買ったばかりのゲンダイのページをつらつらめくっていて、もービックリ!!
えーっ、見慣れた顔のやつ、俺だ俺。
俳優の長谷川博己が私のことを語っている記事なのだ。悪口記事じゃなくて良かった。
でも変な顔写真、俺の。
明日からそこそこ忙しいのだが、ここ数日体重く、力が出ませぬ。三十年前の初めてのパリで感じ入ったのは、乾燥した空気だった。昼間からビールを飲んでも体がだるくならない。
最も今はヨーロッパも以前よりは湿度が高くなり、蚊が出没するようになったと聞いたのは、三年前のローマでだ。
京都公演無事終演。
2ステージ、前売り完売の満席であった。
今回、舞台監督、演出部、照明、仕事するのは初めてのスタッフが多かったのだが、皆日々実に元気で、ぐったり感を出したり、ぐちぐち愚痴垂れたり、文句言ってる類の人種ではなく、実に晴れやかに成功したスタッフ編成であった。

さて、この夏は新作の戯曲、映画に向かってのシナリオ作りに取り組もうと思う。
夏、暑いのかな。

小学館文庫の小説本が出来上がったとのメールが届く。すこぶるうれし。
『豚小屋』、無事千秋楽。
いやはや地震などなとなくてよかった。
当ブログの左下、本の紹介もやっと更新されてよかった。イープラスの仕事ですが。
これでも記載されている通り、来月に小学館文庫から久々の小説が出版される。

さて、今週末は京都公演。
花粉アレルギーによる顔のぼつぼつはやっとひいてきたが、ただ今腕や足に移動中。
さてアフタートーク、結局ひとりで50分くっちゃべった。最後まで聴いていただいた観客の皆さん、ありがとうございます。でもパゾリーニとイタリアのこと、色々話せて、けっこうお得なトークだったと思います。
いよいよ公演、ラストスパートですな。
それにしても今回初めて高円寺という街を本格的に散策しているが、駅近く、?み屋天国だな。
高架下?み屋街すばらしい光景だねえ。荻窪、阿佐ヶ谷は縁があったが、なぜか高円寺はなかったんだよな。
いやはや中央線沿線はまだまだ深い。
酒が飲めない芸術監督佐藤氏は気の毒だ。
ほぼ順調に公演は進んでいる。
当ブログの左側の公演情報に会場がシアタートラムと間違えて記載されていたのを、今日になって人に指摘されて慌てる。おそろしい間違い!
みなさん、座・高円寺ですからね!間違えたのはイープラスですからね。

明日はアフタートーク。ゲストはいない。私がひとりで出たとこ勝負でくっちゃべる。
これを人は「たけし独演会」と呼ぶ。
ちょっと皆さん勘違いしているようで。これはもともとパゾリーニ自身が書いた戯曲であって、映画豚小屋を私が舞台化したわけではないですのよ。
パゾリーニは若い頃の習作含めるとけっこうな本数戯曲書いてるわけ。代表的なのは六本で、できれば全部今後上演したいと思ってるわけ。