公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
また不意思い出し。
やはり八十年代、新宿のしゃぶしゃぶ店にいむらで辻元清美氏に会ったことがあったなあ。わたくしの知り合いが辻元氏としゃぶしゃぶ食べてた。その知り合いの大学の同窓生ということで、紹介されて挨拶した。ピース・ボートやってた頃だったな。最近テレビを見てると、どっかで会ったなあって人がたくさん出てくるなあ。
そういえば不意に思い出したのだが、八十年代、二十歳代の時、日本テレビの深夜情報番組11PMで、次代を担う人特集みたいので、ゲストとして菅直人氏と同席した記憶がある、わたくしめ。
土日、二日間にわたっての『新宿八犬伝・第五巻』のためのワークショップ・オーディションが終わった。いろいろな出自の方々が多数参加してくれた。
さて、来週の博多でのワークショップ・オーディションを経て、キャスティングを決定させてもらう。

それにしても昨日はほとんどヘロヘロで帰宅し、ばったり倒れるようにして寝入った。そうしたせいか、思いの外、今日は全日元気である。
来週は京都で内田春菊さんとのトークもあり、当分飲んだくれてはいられない。
書いている、とにかく書いている。ある意味、新宿への挽歌になるかもしれない。
母親から恨みの込められた支離滅裂の手紙が届く。ただただ哀しみと憤りが湧き上がる。
盲導犬の訓練施設に取材に行った。いろいろ学んで実にためになった。アイマスクをして見えない状況で盲導犬と歩くという実施体験もした。我々が誤解しがちなのは、盲導犬といる盲人の方を見たとき、どうしても犬のほうばかりに注目してしまうことだ。仕事の最中である盲導犬に声をかけたり触れたりしてはならないのだが、盲人の方には「お手伝いすることありましか」等々、私たちはもっと声をかけるべきなのだ。盲導犬と歩くということは、とても貴重な体験だった。
あのう、今度やる『新宿八犬伝・第五巻』はバリバリの新作ですからね。なんか再演と勘違いしてる方いるんで。

で、昨日今日と松本。松本市民芸術館で芸術監督の串田和美さんらと打ち合わせ。レジデンツシアターのチャペック作『白い病気』もなかなか面白かった。
で、今日は映画館を劇場にしているピカデリーの堀内さんに挨拶に行く。第三エロチカが松本演劇フェスティバルに参加したのは、21年前。それ以来の再会であった。
それにしてもこのピカデリーの風情は凄い。
21年ぶりの松本には暖かく迎えていただいた。
そして夕刻京都へ移動。
もう記者会見も終わったことだし、書いてもいいと思うが、世田谷パブリックシアターの企画、現代能楽集Xを書くのは私だ。『AOI/KOMACHI』以来のシリーズXである。
昨年の夏、ウンウン言いつつ書いていたのは、実はこれのことだ。故にもう上がっている。今回は『綾鼓』、『俊寛』、『弱法師』を題材にした。「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」というわけだ。この三本は各々独立してはいるものの、この順番で上演されるのを求められる、離して上演されてもあまり意味がない、という構造を持っている。
で、今書いてるのが、八犬伝なわけだが、一幕書き終えたところでひどく疲れて先になかなか進めないのはどうしたわけかと悶々としていて、はたと気がついたのは、一幕ですでに普段の一本分の枚数を書いてるからだった。
これはくたびれるはずだ。焦らずいこう。
『新宿八犬伝』の第一巻から新作の第五巻までをまとめて完本ということで出版される準備が進んでいる。第四巻の仮ゲラをチェックしたばかりなのだが、第四巻も面白いねえ。なんかこの八犬伝って壮大な現代史ってな趣もあるな。
『新宿八犬伝・完本』は第五巻上演に合わせて出る予定。つまり、第五巻でもってして完結なわけです。

それにしても忙しいっす。ぼんやりして新幹線のトイレ、鍵閉めずに糞してた。出る時に気がついた。これを二度もやった。よく開けられなかったものだ。
土曜日は父の十七回忌。東京から横浜霊園までお坊さん呼んで、母親連れてきてで、なんやかんや12時間。くったくた。でも天気が良くてよかった。

日曜日は花園神社の唐組へ。一幕30分強の二幕と短いようだが、テント芝居、これぐらいが見るほうの集中力が途切れなくていい。
ここでもまた実にいろんな人と会う。
終演後、テントで飲む。
唐さん、元気じゃん。
金守珍が私の耳元で悪魔のささやきをする。
どこにもいってないすよ。っていうか、なんか疲れが出てヘロヘロですわ。
執筆は続けましたが。なんか結局わたくし、もの書いてるときが一番楽しいのかも。
それにしてもあと3日は休みたかったな。