公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
今新幹線の車内っす。明日の日曜日、公開授業ってのがあるため。土曜日の夜、ひとりで新幹線って、うら寂しいっす。
選挙、期日前投票しました。大方の無党派層がそうだと思うが、今回迷ったなあ。でも放棄したらあかん。みんな、選挙に行こう。

ところで来月末の京都の80年代トークのゲストは秋元康氏である。川村と秋元氏との対談なんて滅多に見ることのできない代物ですぜ。詳細は舞台芸術研究センターのホームページで。

で、話題の映画『告白』を見た。面白いねえ、これ。見事なスリラー映画だよ。観客を泣かせようとするばかりのバカ映画がいっぱいの日本映画のなかで、この後味の悪さは貴重だ。
スリラーとしての語り口がいいんだよな。スローモーションの多用はデ・パルマか。と思わせるところが、ぎりぎり映画になっている。下手を打てばビデオ・クリップになってしまうのだ。映画館には中学生だか高校生がたくさんいて、へえーっと思ったのだが、この映画に関して妙に難しく論評する必要はない。これはスリラーなのだから、今のスリラーとして、この語り口が正しいかどうかが問題だ。問題はそれだけだ。
松尾さんとのトークは、キッチュ誕生秘話と笑いについてで、盛り上がった。松尾さん、小堀さん、ありがとう。
それにしても例年のごとく、祇園祭の近いこの時期の京都の湿気は尋常でない。新幹線の日帰りはかなりこたえた。
帰りのタクシーの運ちゃんから祇園祭の先頭、長刀鉾に乗るお稚児さんのことを聞く。
毎年、小学校三年ぐらいまでの男子が選ばれるのだが、選ばれるといっても誰も彼もというわけにはいかない。お稚児さんはいわば神の化身で、七月の一ヶ月間は地面に足をつけてはならない生活を送るのだという。そのために世話役の人を頼んだり、タクシーに乗せて移動させたり、学校も協力するのだとう。また、お稚児さんに選ばれたお祝いの宴なども開き、なんだかんだとその家に三千五百万円は費やすのだという。つまり、それほどに資産のある家の子でなければ無理というわけだ。なあるほどねえ。

で、今日は原稿のゲラに目を通す。
en−taxiの原稿で私の1984年についてである。
村上春樹の『1Q84』によって偽の1984年像が流布してはならないという坪内さんの企画である。
『新宿八犬伝』の最終巻を書いている私にとっても実にタイムリーな原稿である。
みんな、読んでね。
戯曲、上がりつつあり。登場人物に暗がりママという役があり、これは各地様々な女優さんにゲストとして出ていただく予定。まだ公表しないが、大物ぞろいでっせ。

で、今日は京都で例の80年代トーク。今回のお相手は松尾貴史さん、かつてのキッチュさんだ。司会を大阪のフィクサー小堀純さんにやっていただく。小森純ちゃんじゃないのよ。
お別れの会の会場東京會舘に行くと、もう大勢の人で、また、知り合いに大勢会った。宮沢章夫さんとも久しぶりに話したな。

そんなこんなで昨日は造形大の東京キャンパスの開場式に出て、高円寺で『青ひげ公の城』見て、ここでまたいろいろな人に会って、社交な日々だな。
キャスト決定。詳しくはティーファクトリーHPで。

初稿脱稿。200枚。これより推敲作業。
ワールドカップもあり、いささか興奮気味。
今日は睦、愛の三歳のお誕生日。元気に育ちました。小夏に感謝だな。三年前、小夏はこの可愛いふたりを生んでくれた。母乳で育ったから骨格もしっかりしてて丈夫なんだな。
わたくし、大仕事終えてヘロヘロなんで、写真はまた後日。三猫ファンのみなさん、近日中にアップしましから、お楽しみにね。
この間、東西線でつり革掴まって立ってたら、前の席の若者に「座りますか?」と言われた。
どーゆーこった!

この間、サウナにいたら、「私は今64で、同い年ぐらいとお見受けしますが、締まった体をしてらして、うらやましい」と話しかけられた。「まだ50です」と訂正するのも面倒なので、そのまま話しを合わせて、その方の入院話し、検査に言ったら出血ぎりぎりだった脳梗塞の発見の話しなどを聞き、それはそれでためにはなったが、なんとなく、どーゆーこったよ!
白髪は年上に見られるということか。せいぜいエラソーにさせてもらおう。
席譲られたら、今度は「おお、ご親切痛み入ります」とか言って座っちゃおうっと。
新宿で打ち合わせ。その後、新潮45の取材。深浦加奈子の追悼記事だそうだ。
次の打ち合わせまで時間が空いたので、『アウトレイジ』を見る。つまらなくはないが、よくわからない。なんでこういう映画なのかよくわからない。

早稲田大学、文学部キャンパスの研究室へ。かつての職場は懐かしく、気分がいい。見沢知廉の研究を目論んでいる方がいて、彼に見沢氏からの手紙などで資料協力するため。
周知の通り、月曜日は日芸の劇作授業を受け持っている。四年生の卒制ゼミと一年生の基礎授業で、なかなか楽しいのだ。
ところで、今年の岸田戯曲賞を受賞した『わが星』はまったくいいと思わない。これは戯曲ではなく、上演台本だ。これが賞を取ったせいで、今後これでいいのだ、としてこのてのものが、戯曲として増えるとしたら、審査員たちの罪は重い。一年生には絶対これを真似したり、参考にしないように言った。
京都の三年生、今年の授業発表は、私35歳時のチョー問題作『オイディプス、WHY?』を取り上げとる。 で、昨日はなぜか香川照之氏が稽古場に現れ、「いい演技とは演じないこと」という深い言葉を学生に残して去っていった。
で、なんやかんやあって東京に着いたのは夜中、さあ、今日は休むぞお。