公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
赤レンガ倉庫で五大路子さんの一人芝居『横浜ローザ』を見て、大いに心動かされてしまった。ハマッコならたいてい一度は目にしたことのある、伊勢佐木町の白塗りの老婆。私も高校生の頃まで見ていたのだが、彼女が売春婦で、通称メリーさんだと知ったのは、五大さんのこの芝居の情報からではなかろうか。今回初見なのだが、最後客席を歩く五大さんは、本当にかつて路上で見たメリーさんがのりうつっているかのようで、涙が出てしまった。
帰りの横浜の夜景を見つつ、喪失した昭和を想った。やがて現実のメリーさんはAIDSを恐れられて横浜から排除されるのだ。もちろん実際に感染していたわけではない。
五大さんには『新宿八犬伝』の横浜公演、テアトル・フォンテの公演に特別出演していただく。
それにしても、さすが早稲田小劇場出身の女優だ。下半身にしっかり芯がある。
今日は新宿フェイスの劇場下見。スタッフの皆さん、戦友たちが集合して軽く打ち合わせ。この公演、戦争ですよ、戦争。
てなわけで、やることたくさんなんだけど、iPadでダウンロードした戦争ゲームにはまっちゃってるよお。それにしても今この暑さのなかで稽古がなくて助かった。もう8月に稽古とか公演とかは無しね。
公演にあわせて、未来社より『新宿八犬伝』第一巻から新作の五巻までを収録した完本が出版される。ゲラの目次を眺めただけでも壮観だ。分厚い本だ。百年後にも残っている本作りを目指す。
さらに連載していた小説のゲラも届くし、世田谷の現代能楽集も論創社から出版される。
多くのゲラに囲まれて書斎にこもっている。
予定では私の英訳戯曲集も年内にロンドンで出版されるはず。
出版情報は逐一、日乗で報告します。
『新宿八犬伝・第五巻』、まずは二日間、濃い稽古をした。八犬士のキャスティング、ばっちり。

二日後だったっけか、雷雨の日、参ったなあ。暑さと湿気の攻撃で体も頭も動かなくなってしまい、エスプレッソメーカーに水を入れずにコンロにかけて、はっと気がついた時はすでに遅く、このパリで買ったやつを駄目にしてしまった。

で、ふらふらと座・高円寺の月イチ・リーディングっての行っていろいろしゃべったものの、懇親会で酒飲む気まるで起こらず、とっとと帰宅する。猫たちがご飯待ってるし。
昨晩は就寝中冷房に冷えたらしい小夏がタオルケットに入ってきて私の背中に自分の背中をぴたりとつけてきて、愛しいったらありゃしない。
『八犬伝』のテーマ曲を作曲していただく久米大作さんと吉祥寺で飲み、大いに盛り上り、魚真での飲み食いの後はハモニカでしめた。

で、翌日は田端の倉庫の引っ越し、記録的と言う猛暑日のなかでえっさえっさやったよ。区画整理のため、祖父母が長年住んでいた家が取壊されるわけだ。一階の空きスペースを倉庫として借りていた。区画整理の対象は赤紙仁王通りの一帯で、周辺の古い家々はすっかりどこででも見られる住宅地に変わった。
私の風景である湿った路地はなくなったわけだ。
ここいらは文士村として知られているのだが、幼少の折り栄えていた道坂の商店街はもう今はまるでかつての面影もない。かつてはそこには映画館もあり、サンダ対ガイラ、大魔神、妖怪百物語などなど、夏休みの怪獣映画はほとんどそこで見た。
それでも道坂から駒込方面に入った小道に現れる田端銀座は健在だ。
嗚呼、我が心の 田端銀座よ!
先週、かたづけに訪れた時には、道坂の鰻屋源氏で鰻重と肝焼きを食べた。
それにしても、猛暑日の引越しを無事終えて、暑さに自信を持った。
ヒットラーを終えたばかりの笠木も来たが、さすがにバテ気味であった。
2010071318100000.jpg
『新宿八犬伝・第五巻』、ほぼ出来上がる。愛が最終チェック。愛は昨日トロワイヤの『ベルレーヌ伝』を読み終えたばかり。
『告白』の監督を調べたところ、この人は、私と同い年でしかも明治大学出身ではないか。
道理で、と深く納得した。この映画のこの感覚は、私の世代のものだからだ。
共感した。
今新幹線の車内っす。明日の日曜日、公開授業ってのがあるため。土曜日の夜、ひとりで新幹線って、うら寂しいっす。
選挙、期日前投票しました。大方の無党派層がそうだと思うが、今回迷ったなあ。でも放棄したらあかん。みんな、選挙に行こう。

ところで来月末の京都の80年代トークのゲストは秋元康氏である。川村と秋元氏との対談なんて滅多に見ることのできない代物ですぜ。詳細は舞台芸術研究センターのホームページで。

で、話題の映画『告白』を見た。面白いねえ、これ。見事なスリラー映画だよ。観客を泣かせようとするばかりのバカ映画がいっぱいの日本映画のなかで、この後味の悪さは貴重だ。
スリラーとしての語り口がいいんだよな。スローモーションの多用はデ・パルマか。と思わせるところが、ぎりぎり映画になっている。下手を打てばビデオ・クリップになってしまうのだ。映画館には中学生だか高校生がたくさんいて、へえーっと思ったのだが、この映画に関して妙に難しく論評する必要はない。これはスリラーなのだから、今のスリラーとして、この語り口が正しいかどうかが問題だ。問題はそれだけだ。
松尾さんとのトークは、キッチュ誕生秘話と笑いについてで、盛り上がった。松尾さん、小堀さん、ありがとう。
それにしても例年のごとく、祇園祭の近いこの時期の京都の湿気は尋常でない。新幹線の日帰りはかなりこたえた。
帰りのタクシーの運ちゃんから祇園祭の先頭、長刀鉾に乗るお稚児さんのことを聞く。
毎年、小学校三年ぐらいまでの男子が選ばれるのだが、選ばれるといっても誰も彼もというわけにはいかない。お稚児さんはいわば神の化身で、七月の一ヶ月間は地面に足をつけてはならない生活を送るのだという。そのために世話役の人を頼んだり、タクシーに乗せて移動させたり、学校も協力するのだとう。また、お稚児さんに選ばれたお祝いの宴なども開き、なんだかんだとその家に三千五百万円は費やすのだという。つまり、それほどに資産のある家の子でなければ無理というわけだ。なあるほどねえ。

で、今日は原稿のゲラに目を通す。
en−taxiの原稿で私の1984年についてである。
村上春樹の『1Q84』によって偽の1984年像が流布してはならないという坪内さんの企画である。
『新宿八犬伝』の最終巻を書いている私にとっても実にタイムリーな原稿である。
みんな、読んでね。