公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
みなしゃん、『路上』年末だったよなあとか言ってると、あっという間に年末で、あれ終わってたてなことになるよ。チケットはお早めにねっ。
今は京都。昨日は神馬で、さえずり、くえ、いくらくらげ食べて、すぐ寝た。
今日は元気だ。午前中の授業は快調だった。何をやってるかって?一年かけてスタニスラフスキー『俳優の仕事』を読みとおすってのよ。口に出して読む、トルツォフのセリフは全部おれが読む、演じるってやつよ。午後からニッポン・ウォーズの稽古。
前日の木曜の授業はいろいろな戯曲のリーディング。アラバール、ピランデッロやって今は唐十郎。
こういうことやってんですよ、大学では、私は。昔の私の悪童ぶりしか知らない連中、まいったか、これが学科長の授業ってやつよ、てやんでえ。

明日は江古田で日芸のニッポン・ウォーズ。
まったく違うふたつのニッポン・ウォーズ。
まさかこういうことになるとは、当時23歳の私は知るよしもなく、酒かっくらって夜中の新宿歩いてたよなあ。
日曜日はコミュニケーション入試合格者の開校式のため、京都へ。朝の東京駅は団体の観光客であふれていて、京都に着いて丸太町通りを上がると時代祭の行列で、混雑ぶりの合点がいった。東京人は京都が好きだね。
で、開校式やって、卒業制作の舞台見て、すぐに帰京。車内でipadで『アンノウン』を見る。
ipadで最近、新幹線の行き帰りによく映画を見る。こういう状況に見合った映画を選んでダウンロードする。『アジャストメント』、『デジャヴ』、『ノーカントリー』なんかぴったりだったな。
もっとも三月地震の不安おさまらない時期、卒業式に行く折りに見ようとしたロバート・ロドリゲスの『マチェーテ』にはまいった。いきなり冒頭での大鉈で首を切り落とす、しかも大量殺戮のシーンに、顔面蒼白。いったん映画を止めて見るのをやめようかと思った。結局見たけど。

で、その足で中野で来年のための打ち合わせ。
で、昨日は午前中から江古田で戯曲のゼミ、所沢で戯曲授業、江古田に戻って『ニッポン・ウォーズ』の稽古。途中西武線で人身事故などあって電車止まりなど、さらに稽古前に食べたスパゲッティの量が多く、稽古中胸焼けひどく、吐き気などもして、脂汗たっらたら。
そういうわけで、ぐったりくたびれて、帰って何も食わず飲まず、とっとと寝た。

まあ、そうしたわけで11月に日芸、1月に京都で『ニッポン・ウォーズ』が上演される。上演時にはお互い他校の上演を見合うという交流会も企画されている。おもしろいねえ。

30代、40代の時には、この戯曲をやるのは、なんか気が進まなかった。恥ずかしかったのだ。
だが、今はまったくそういう感情がない。他人の書いたものを演出しているような気分だ。
月日のマジックというものだろう。愚かなことに自作に感心したりしている。
『路上3.11』は12月20日から23日です。
その前に11月21日、世田谷トラム・シアターで来年上演予定の私の書き下ろし戯曲『4』のリーディングがあります。これは劇作家の作業場と名付けられた世田谷パブリック・シアターの企画で、今年の四月、稽古場での一回目作業がすでに行われました。今回はそれを踏まえての発展型で、一時間程度の上演。出演者が豪華ですよ。お楽しみにね。

それにしても、カダフィ大佐の引き回し映像に、どこか陰鬱な気分になる。
唐組の新作『西陽荘』を吉祥寺で見た。実によかった。短くなった唐戯曲上演については、これまでうーんと黙ってしまうものもあったが、今回は短さが上演とうまく合致している。
ぼろ船に乗って進むラストは、まさに私たちの姿だ。すべての日本人にとって、とは言うまい。少なくともこれから演劇をやっていこうという者にとっては、この光景は自分たちである。
経済的に恵まれない登場人物達は、作者の意識無意識に関わらず、格差の現在を照射する。貨幣が涙という詩に転化していく劇構造はすぐれた反資本の物語を紡ぎ出す。
終演後のテント飲みでは、今回は適度なお客さん数でくつろげた。多い時だと唐さんと話せないのだ。しかも、一時期老いに縮んだかとも思われた唐氏はすこぶる元気である。実にうれしかった。この方が元気でいてくれないと困るのだ。なにが困るって、氏の回路がないと、日本の現代劇が、古典のつまらない演出と、社会派エンタテーメント新作だけになってしまうからだ。ま、おれもいるけど。
帰途、雨上がりの井の頭公園、闇の中からの虫の音が美しく聞こえた。

そういうわけで、今日は快晴。いい気分だ。
ところで、昨夜の唐組の反資本の芝居にも絡むのだが、大都市に広がりつつあるデモをどうとらえるか。アメリカの金融機関への抗議は、ドキュメンタリー『インサイド・ジョブ』を見るとよく理解できる。人間の強欲の回路は、世界が資本主義体制で生きる限り消えることはない。
すると、デモは社会主義、共産主義を召還しようということなのか。あるいは融合をベースにしたなんらかの新たな世界体制の構築を模索するものなのか。
反原発デモは、これとは話が違うが、いずれにしても、なんらかの具体案を持っていないと、デモで騒いで満足ということになってしまう。安保闘争の歴史を今一度見据えないと。そんな時間などない、とまでに事態は逼迫している、とにかく声を上げなければ、ということか。共感はするが、理解はできない。理解できれば、私もデモに加わるだろう。今は眺めているだけだ。変心はあるのだろうか。わからない。
『路上3.11』の顔合わせを新宿で。
読み合わせを二回やったが、早くもおもしろさ炸裂だ。
今回はステージ数が多くむはないので、チケッツはお早めにね。

日芸の『ニッポン・ウォーズ』は出演者男ひとりで、あとは女性。こういうニッポン・ウォーズは史上初。見物だ。この女子達がなかなかやるのである。まだ、恥ずかしさとの戦いを一部ではやっているが、期待大だ。
ところで、沢さん、『猿の惑星』のCMはやめたほうがよかったな。
12月に新宿雑遊で『路上3・11』上演いたします。
夏に思い立った、本当緊急公演で、引き受けてくれたキャスト、スタッフの皆様方には、心の底から感謝したい。最近やっと自分で納得できる関係性で劇がやれてる気がしている。
私は元来群れたくない人間であり、徒党も組みたくない。ベタベタ付き合いたくない。専制君主もやりたくない。
ひとりで歩いてるのが、好きでそうしているところ、同じくひとりで歩くのが好きな人たちが並んで歩いてくれる、という今のキャスト、スタッフとの付き合いはそんな感じだ。それがまたテイーファクトリーの関係性の根幹になっているようだ。演劇を始めて30年、劇団は早々に嫌でたまらなくなり、去年はそれにも決着をつけ、やっと自分に合った関係性の下で公演ができるようになった、かのように思える。

今日は日芸の『ニッポン・ウオーズ』の稽古。みんな元気である。
水曜から京都にいるが、連日会議だ、授業だ、入試だとくったくただ。
静かにしていたらいいものを夜はそわそわと居酒屋、バーに通うから、もうほとんどくったくただ。
三猫とは全然会えないし。

ところで下半期の上演がいろいろ本格的に決まってきた。ティーファクトリーのHPは要注意だ。
私の英訳戯曲集が昨日届いた。
いい出来なので感激だ。
seagullという知る人ぞ知る出版社からだ。
出版オーナーはインド人で、インドから欧米、アジア各国に流通出版されている。
アメリカはシカゴ大学出版社が引き受けているようだ。
今年の初め、seagullの出版目録が送られてきたのだが、これが赤茶色の革装で分厚く、すでに一冊の本である。現代思想、現代演劇の本が多く、ジュディス・バトラー、ポール・ヴィリリオ、ペーター・ハントケ、ペーター・ヴァイス、ハイナー・ミュラーといった名前が並んでいる。
『路上3.11』というタイトルの新作戯曲を書き上げた。正確には七月にほぼ書き上げていた。
路上シリーズの一環で、路上4にあたるところ、3.11とした。東京の人間があの震災の日々、何を思い、どうしていたかを是非劇にして書くことで残しておきたい、という決意からだ。
福島に比べて東京は比べものにならないほど、無事である。
しかし、東京も被災地の一部ではあるという思いが私にはある。建物等々外のダメージは受けなかったものの、人の内面にはそれぞれ相当のダメージを蒙ったのではと思うからだ。これらのことは、東北の方々に比べれば大したことではないと一笑に付される程度のことではある。しかし、一笑に付されたまま無視され、誰にも書かれることなく時間の経過に埋もれてしまっては、私たち都民、ことに私らのような浮き草稼業の者どもも浮かばれまいという思いから書いた。
いつもの路上シリーズの登場人物であるから、都会の浮き草であり、ふだん人類愛など糞の役にも立たないと生きている、すばらしきノータリンたちである。
このノータリンたちが、震災発生時から一ヶ月間何を考え、どう生きていたかを書いている。
今のところ12月公演予定。詳細決まれば、ティーファクトリーHPで発表されます。

さらにもう一本新作の初稿が上がりつつある。
これも年内になんらかのアクションがある予定。
とにかく、この夏、どこにも行かず、せりふ、言葉との日々格闘だ。まさしく肉体労働だ。