公演情報
■ティーファクトリー
『4』
川村毅2012作・初演出
平成24年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、第16回鶴屋南北戯曲賞受賞作品
tf_4_a4-omote_200228.jpg 
【公演日】
2020/5/29(金)〜6/7(日)
【会場】
シアタートラム(三軒茶屋)
【作・演出】川村 毅
【出演】
今井朋彦
加藤虎ノ介
川口 覚
池岡亮介
小林 隆
http://www.tfactory.jp/
・京都芸術劇場 春秋座
2020/6/13(土)〜14(日)
CD/DVD/BOOK情報
クリシェ書籍表紙.jpg
1,200円(税別)
――――――
2,200円(税込)
ーーーーーーー
¥2,200(税別)
ーーーーーーー
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
日々、暑さとの戦い。皆さん、お元気ですか?
全身、汗疹。汗疹ってこの文字だけで、うわあ汗疹って感じで嫌になる。
これだけ汗疹だとストリッパーになれないし、AVにも出られない。物書きでがんばるしかない。
日曜日、ドラマドクター講座。
月曜日、日芸。その後『マッドマックス』見る。
火曜日、京都、会議。
水曜日、今日、ドラマドクター講座。

明日から物書きに専念できる。
汗疹だらけ。
劇を書いている最中だが、ブログをこんなふうにやれているのは、今京都だからだ。
明日後祭りの巡行。ホテルの外の通りはわさわさしている。
ずっと執筆に没頭していたいが、なんやかんやとそうもいかない。
間隔をあけるとやっと手に入れた文体を逃してしまいそうなので、ワープロから離れることが、恐ろしい。
若い頃のように、書き飛ばすなんてことはできない。
一作一作、一字一字命がけだ。だから、身体の弱いとかがやられる。私の場合、皮膚が悪くなる。暑いさなかイライラするがイライラしても仕方がないので、イライラしながらなんとかやっている。
ガートルード・スタイン。
image.jpg
睦さん、ぐったり。

image.jpg
小夏さん、けっこう元気。

image.jpg
愛ちゃん、まあまあ。
いずれにしても、みなさん、食欲は落ちません。
昼間ワープロを開いても、この暑さで頭が作動せず、絶望的な気分になるが、これまで何作も真夏に上げたのだと思い起こし、明日に向かう。皮膚の具合が良くない。汗で炎症を起こす。諦めるなよ、ベイスターズ。
ステージレジェンド、『ボディ・ウォーズ』見ました。いやあ〜なんだか面白いね〜。
色々なことが、見える
命がけの舞台。今に通じるストーリー。
野外劇ということもあり、わかりやすい物語を書こうとしていた。
当時より100倍楽しく見た。
当時は満足感は全くなかった。劇団員の着ぐるみ芝居の限界をひしひしと感じ始めていた時期だった。28歳の川村は、すでに劇団に絶望して苦しかった。絶望を越えようとして無謀なことをやったとも言える。
しかし、助成金もない時代、よくこれまでやったと、驚いてしまう。
関わってくれたすべての人に感謝します。
凄いことやりましたよ。
BSスカパー、日曜日午後10時半、インタビューなどいろいろ中身豊富。面白いですよ。
明るい。良い。ドラマドクター講座とか学生の劇作ゼミをやってる者としての実感。みんな真剣に文体と物語を探し、模索している。書こう、書いていこう。
レジェンドと呼ばれるには、早すぎるが、7月19日、夜、BSスカパーの番組ステージ・レジェンドで、『ボディ・ウォーズ』が放映されます。この間の森下スタジオで、私やジョンのインタビューなども撮られていったので、そうした模様も編集されていると思います。私の過去、現在、未来が見ることができる趣向のようです。お楽しみに!
ジェスランの書いてきた後半が、キテレツだと言ってたら、あんたの前半も十分キテレツだという意見多し。確かにそうだ。このコラボの鍵は、信頼だ。
それにしても、このじとじと天気、疲れが取れんぞ。