公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
『騙り。』チーム。キャスト、スタッフ、いいチームであった。いろいろ個々のキャラクターa書きたいところだが、そういうのは回想録までとっておこう。
まだ航路の最中だ。さらに困難な道に進んで行こう。満足したら、それで停止だ。
さて、この一週間は休みぬく。原稿書きあるけれど。
『騙り。』京都公演無事終わりました。
昨夜はもつなべで打ち上げ。今日は午前中打ち合わせ。午後から大学のオープンキャンパス。
東京、京都、ご来場の皆さん、ありがとうございました!
パゾリーニの旅はまだまだ続く。戯曲は書かないのか、おめー、ってか?書いてるもーん、書いてるもーん、書いてる書いてる書いてるもーん。
東京公演は終わりました。見られなかった人は今週土曜日、京都春秋座に直行だ!!昼夜二回公演、観劇の後は京都観光。いい季節だよ。
いやはや、色々な方々が見に来てくれている。うれしい限り。役者もスタッフも絶好調だ。
無事開いた。さてこの調子でまいりましょう。ーー
初日。キャスト、スタッフ、全員気合い十分でございます。
皆さん、よろしく御来場ください。
待ってます!!
午前中、日芸の卒ゼミの第一回目の授業に行ったものの、助手さんが時間の掲示を間違えていて誰もおらず、仕方がないので、いったん帰宅して猫ちゃんたちにご飯やり、劇場入りしてメイクの動向チェックなどし、夕方日芸一年生の学外授業、すなはち劇場ツアーをする。そして座・高円寺毎年恒例の記者会見。いっぱい人が集まってる。一年生も合流。会見は一人持ち時間二分というので、最初の私はきっちり二分で納めて後続にプレッシャーをかけようと思い、本人は二分でやったつもりが、けっこう長くしゃべっていたそうだ。会見終えて、劇場で映像のサイズチェックなど。
吉祥寺でビール飲んで帰る。卒ゼミのみんな、すまない。でもボクのせいじゃない。
衣装を着ての最終稽古。明日小屋入り。やっとビジュアルの全体像が見られる。楽しみだわい。見なきゃソンソン。
稽古休みで今季初めての授業。
授業を終えて手塚さんとばったり会い、祇園での事故を知る。なんで手塚さんが京都にいるんだって?
6時から『騙り。』京都公演のためのプレイベント、トークショーがあるからなのです。
で、パゾリーニ・ルネサンスの仕掛人であり、日本チャップリン協会の会長大野裕之さんと三人でパゾリーニを語ったわけ。大野さんって面白いねえ。
日帰り。明日からまた稽古。